FC2ブログ

グラタンおじさん、初期の設定を忘れる。

メモ#1409:

「おじさん、おじさん。」

おや、前回、『声変わり』 を表現しようと、セリフを斜体にしたのに、
本文にはまったく反映されてなくて、記事の意味がイマイチ伝わらなかった、
王子ではありませんか。

「なんのこと?」

なんでもありません。
ところで今回のグラタンは、
具は貧弱ながら、チーズたっぷりですよ。

チーズが多いグラタン

「うわーい。
具が見えづらいけど、その理由は具の貧弱さではなく、
あくまでチーズが多いからであるという、僕の理想のグラタンだぁ!」

お、私の理想もそれですよ。
さすが、王子。

「はふはふ。おいしいね。
ところで、王宮の財政が逼迫している折、
このチーズ増量は、なーぜ?」

おや王子、『逼迫』 などというムズカシイ言葉を覚えたのですね。
あ、そうですか、私がいつも使っている?そうでしたか。せつないなぁ。
いや実はですね、この年末、最強寒波がやってくるらしいのですよ。
ソレを乗り切るためには、チーズのタンパク質と脂肪分で、という、
大臣のお達しらしいですよ。

「ふふふ・・。」

あ、悪い顔。

「なかなか、使える男だな、あの大臣・・。」

ひょっとすると、王子の意向で?

「あ、なんでもないよ。じゃ、おやすみー。」




なんだろうなぁ。
まさか王子、王宮の財政を省みず、自身の贅沢を優先させる気じゃないでしょうな・・。
いやいや、それはない。
質素倹約を旨とする我がグラタン王(何世だっけ?)の教えを、
王子もきっと・・。

・・・。

アレ、そういえば、王様って、生きてたっけ。
いやいや、王様が生きているからこそ、『王子』 なんだから、
生きてるんですよね。




などとつぶやきながら、
せっせと雪かきをする、グラタンおじさんなのであります。
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

風邪が流行ってます。お気をつけください。

メモ#1406:

おじさん、おじさん。

おや、王子、風邪ですか?

いや大丈夫だよ。今日のグラタンは、なーに?

今日はですね、
お待ちかねの、これですよ。

えびぐら


やったぁ、エビグラタンだぁ!

声がアレですが、大丈夫ですか、そうですか。
緊縮財政が続いていた王宮ですが、
いろんな経費を削り、せめてグラタンだけは、という、
各方面からの意見を取り入れ、ついに、エビが復活したのです。

はふはふ。おいしいよ。エビグラタン、さいこーだよ。

さっきから声が斜体になってますが、え?かんけーない?
まあよろしいでしょう。
これで、風邪を治してくださいね。

風邪じゃないやい。
 ゴチソーサマ、おやすみ。

あらそっけない。
これだから思春期はメンドクサイ・・・。

あ・・。声変わりか。




『いつになったら、何らかのモノを七つ集めて、最終的には龍を倒す旅に出るのだ?』

という声も一部にありますが、
グラタン王国では、今日も平和な日々が続いているようです。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

グラタン王子の手のひらの上で転がされるグラタンおじさん。

メモ#1392:

昨夜は湯豆腐を。
あ、写真は撮り忘れました。

各家庭で、
「我が家流の湯豆腐」 というものがあるのだと思います。

らざーろ家では、豆腐がメインであることは当然ですが、
助演として、「鶏肉」、「えのきだけ」、「ほうれん草」を使います。
たいへん美味しく頂きました。

さて、
鶏肉とほうれん草が、少し余りました。
ちょっと前までは入手困難だった、牛乳はあるし、
チーズは買い置きがあるし、マカロニもあるし・・・。




「おじさん、おじさん。」

おや王子、久しぶりですな。
きょうのお夜食は、これですよ。

ほうれんそうのぐらたん

「うわーい。ほうれん草のグラタンだー♪」

昨夜のユードゥフの食材が、少し余りましたからね、有効活用です。

「おいしいね。
 それにしても、最近は、ほうれん草のグラタンが多いのは、なーぜ?」

それがですね、聞いてくださいよう、王子。
私がよく行く、サイゼリーヤという、まちの食堂なんですがね、
最近、私が一番好きだった、ほうれん草のグラタンを、メニューからはずしたんですよう。
まあ、昼間の場合はランチを頂くことが多かったんですが、
スープが謎味、いえ、お得感があまりないもので、ついつい、単品メニューになるんですよう。

「単品をいくつか頼んでも、
 ほかのファーミレスにくらべると、安いって、聞くよ。」

そうですね。
で、いろいろ頼んだのですが、結果、一番、私の好みだったのが、
ほうれん草のグラタン』 だったのです。それなのに・・・。

「メニューから消えちゃったんだね。」

そうなのです。ですから、最近はこれをよく、作るのです。
王子はファーミレスなどに行かないでしょうから、ご存じないかと思うのですが。

「いや、じつは、あるんだよ。」

ええっ!
護衛の目を盗んで、学校帰りにファーミレスなど。

「それが実は、出来るんだよ。
 実際に、夕方4時頃のファーミレスには、学生でいっぱいさ。
 学校行事の打ち合わせで、使うこともあるんだよ。」

ふーむ。最近の王室も、開かれてきたものですなぁ・・。
もっとも私は、
ある日突然この世界に飛ばされてきて、
この王宮で働くことになったので、昔の王宮は知りませんし、
あ、詳細は右のリンクページの、『グラタン王子』をクリック、ですが、
そうですか、王子もサイゼリーヤを時々・・。

「うん。それでね、おじさん。」

なんですかな。

「お店と比べると、おじさんのグラタン、もう一歩だね。」

きぃー。気づいていたのに言わなかったことをグサリと!
まったく憎たらしい。

「それでも僕は、おじさんのグラタンが好きだよ。」

・・・・。王子ったら、まったくぅ。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

グラタンおじさん、土鍋グラタンをこんな時間に。

メモ#1360:

らざーろさんといえば、「お夜食」。
「お夜食」といえば、らざーろさん。

そんなつもりでブログを少しづつ更新してきたのですが、
最近、勤務環境の変化で、
「お夜食」が楽しめないことに。

このところはもっぱら、
「お夕食」
を楽しんだり、
日によっては「充実した朝食」 を、楽しむ日々です。




「おじさん、おじさん、あっ!」

わぁ、王子!ばれてしまいましたか。

「まさか、こんな時間に・・・!?」

夕食グラタン。

「まだ、17時12分なのに。
 しかも、一食分としては大量の、『ドナーヴェグラタン』!」

まるでデジカメの記録を確認したかのような正確な情報ですな。
いやじつは、そうなのです。
最近、王宮の使用人の勤務時間が変わりましてな。
私は早朝勤務になったのですよ。

「ええー、なんで?
 それじゃぁ、僕はおじさんのお夜食を楽しめなくなるの?」

なんでも、『働き方改革』らしいですよ。

「なに、それ。」

わかりません。
とりあえず、お夜食については、ご安心ください。王子の分は冷蔵庫に入れてありますから、
あとでチンして食べてくださいね。
あ、春休みだからといって、あんまり夜更かししちゃいけませんぞ。
この春から何年生だとか、そういうことはあえて言いませんが。

「おじさんと一緒に食べるのが、楽しみだったんだよう。」

お、可愛い事を仰りますね。
この春から高等部に進学なのに(あ、言っちゃった)。
まぁ、この勤務状況もまた変わるかもしれませんから、
それまではご辛抱ください。

「ただ、おじさん。」

何ですかな。

「こんな時間に、この量のグラタン、
 『お夜食なら大量に食える』体質のおじさんに、食べきれるかな?」

さすが王子です。
私のことをよく理解していただいてますね。
もちろん、全部は食べられません。少し残すのです。
そして、明日の早朝勤務が終わった後に、頂くのです。

「うわぁ、『朝グラタン』 かぁ・・。さすが、おじさん。」

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

体調は良いけどアタマはヘン。

メモ#1335:

たいへん有難いことに、新年早々、体調が良いのです。
朝はすっきりと目覚めるし、
昼も夜も、美味しく食事はいただけるし・・・。

あと、食べ物が多いブログでこういうことを書くのもナンですが、
オツージ的なものも快調なのです。
もうね、びっくりするぐらいの、たとえて言うなら、そうですね、あ、やめておきましょうね。

1月3日の夜に、モーレツに腹が減りまして、
久しぶりにグラタンを焼きました。
運が良いことに、元旦の買い物で、「冷凍ミックスシーフードつめ放題」で、
エビ・イカ・アサリが手元にありました。

あと、冷蔵庫のチルド室を掃除したときに、
一部がカビたチーズを見つけまして。
いや、チーズはね、カビを取り除けば大丈夫なんですよ。
(個人の感想です。)

その他の材料、すなわちバター、牛乳、タマネギ、調味料等は常備してますから、
上等なシーフードグラタンを、さぁ、作ろう。

作っている最中、何か忘れ物をしているような感覚に襲われましたが、
きっと、気のせいでしょう。

2018初グラタン

さあ出来ました。食べようっと。




「はい、どうもー。」

え?誰?

「ひどいよう。忘れるなんて。」

あ、なんとなく覚えているぞ。
誰だ、誰だ、お前は誰だ。
大事な人、忘れたくない人、忘れちゃだめな人ぉ。

「棒読みだよ。」

いや失礼。久しぶりですな、王子。

「・・・。」

ご機嫌斜めのようですが。

「・・・。あのねぇ、ほぼ1年2ヶ月の放置だよ。
 よっぽどのマニアでも怒るよ。この放置は。」

ですよね。ですよね。
私もうすうす、感じてはおったのですが、
何しろ、諸般の事情で体調がアレで、お夜食にグラタンを焼くことが少なくてですね・・。

「そのくせに、時々サイゼリーヤでグラタン食べてるくせにぃ。」

あ、なぜ知っていらっしゃるのですか。

「手のひらを見てごらん。」

え?
あ、何か書いてある。
『さいぜのほうれんそうのぐらたん さんきゅっきゅ』
はっ。

ひょっとして私たち、夢の中で、
いれかわっ

「だから棒読みだよ。」

失礼。ではお詫びに、このシーフードグラタンをお召し上がりください。

「いただきまーす。はふはふ。
 うーん。いろいろ言いたいことはあるけれども、グラタンおじさんのグラタンは、
 やっぱり美味しいね。」

でしょ。

「肝心のシーフードが見えないところが、
 おじさんらしいね。」

はい。これなら具なしグラタンでも、
いかようにも誤魔化せますからな。ふふふ。

「ふふふ。」

はーっはっはぁ。
まったく愉快愉快。あれ、王子。

「オヤスミ。次は早めに呼んでね。今、冬休みで暇なんだ。」

はい。なるべく早く。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR