FC2ブログ

秋が、粘り腰。

メモ#1399:

ついに10月は、
北海道のどこでも、初雪が観測されませんでした。
(標高が高い山での、『初冠雪』は除きます)。

じつは結構な、珍しい記録だそうで、
今後も、平年より暖かい日が続くようですから、
札幌の初雪はかなり、遅くなりそうです。

先週、ちょっぴり寒い日が続き、
いよいよ冬か、と、身構えてましたが、
土俵際で堪える、秋。
まるで大寿山や巨砲のようです。
あ、後者は「きょほう」 ではなく、「おおづつ」 と読みます、念のため。

あれから一週間ちょい過ぎてますが、また、中島公園へ行ってきました。

11月の中島公園01

まだ、紅葉真っ盛りです。

銀杏並木

例の銀杏並木です。
「いっせいに散る直前」 がピークだとすると、
まだそこまでに達してません。

鴨々川沿い

今回は、中島公園を出て、
鴨々川沿いを歩いてみました。
一般的には、かなり、『ススキノディープスポット』 との印象が強い地域なのですが、
実際に歩いてみると、閑静です。
もっとも、夜は閑静かどうかはわかりませんが。

この分だと、
もう一週間くらい、紅葉が楽しめるかもしれません。




あ。

二回連続、変わり映えの無い紅葉の写真を載せてしまいました。
これでは、常連の読者様には、ご不満のことでしょう。
なにしろ私のブログのことですから、
ここはひとつ、
「食べ物」 の写真を最後にご覧頂きましょう。

鴨々川の、鴨。

鴨です。

スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ガマンできなかった私。

メモ#1398:

どうやら土日は天気が悪くなるということで、
金曜日に、ガマンできずに行ってきました。
恒例の中島公園です。

中島公園01

このところ、花見と同じくらい好きな「紅葉狩り」を、近所の公園で楽しんでいたのですが、
やはり、市内随一の紅葉の名所といえば、私にとってはここです。

もちろん、山のほうへ行けば、雄大な景色も楽しめるのですが、
『紅葉のバックに、高層ビル』 という、
いかにも札幌らしい景色が、好きなのです。

中島公園02

中島公園002

なぜだか、私たちを見ると、鴨が寄ってきます。
シバイヌだけでなく、どうも、生き物に好かれる傾向があるようです。
なんらかの特殊なニオイでも発しているのでしょうか、私たち親子は。

中島公園03

札幌で生まれ、小樽でお子様時代を過ごした私。
デパートが大好きな私が次に引っ越したのは、摩周湖と屈斜路湖がある町でした。
それはそれは、大自然を満喫したものでしたが、
やはり幼少期の記憶のほうに、惹かれるのでしょうか。
もっとも、私が生まれた頃の札幌は、まだ、それほど高層ビルはありませんでしたが。

おもえば、母もススキノど真ん中の生まれです。
中島公園でもよく遊んだそうです。
この景色を見て、何を思うのでしょうか。

中島公園04

公園北側のイチョウ並木は、まだところどころ、青味を帯びている樹もあって、
今回の雨で散っていなければ、もう一度くらい、楽しめるかもしれません。

では帰りましょう。

菖蒲池を眺めながら、物憂げでしたね、お母さん。

「実はね、らざーろ。」

はい。

「おなかがへっていたのよ。」

私もです。

やっぱり鴨南

もうガマンできません。
鴨南そばです。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

あっついどー、ほっかいどー。

メモ#1383:

先に謝っておきます。
すいません。

北海道に住んでいるクセして、
「暑いよう、暑いよう。」
などと言ってごめんなさい。
でも暑いんです。

今日の札幌は、
最高気温が33.9℃。

「たいしたこと、ないじゃないか。」
と、お思いの方もいらっしゃいましょう。
しかし、そもそも暑さに慣れていないうえ、
エアコンが無しでこの気温はキツイです。

お昼はだいたい、
こんなものになりがちです。

そうめんとテンプラ

そうめんか、蕎麦・うどん、の、気分になりますよね。
そして同時に、
「それだけじゃ栄養が摂れない、そうだ、テンプラを。」
と思います。思いますが、自分で揚げる気にはなりません。

『テンプラより、煮物とかのほうが、暑くなるんじゃねーの。』
とか思った方、あなた、料理しないヒトですね。

たしかに、煮物のほうが火を使う時間は長いのですが、
揚げ物の場合、
「火元から離れてはいけない」
というオキテがあるのです。

そんなわけで、スーパーの惣菜売り場には、
揚げ物が並ぶことになります。

主婦じゃないけど主婦の気持ちがわかる私は、
きっと良いムコになることでしょう。




しかしテンプラと、そうめんでは、
一応、炭水化物と脂質は摂れるものの、
タンパク質が不足です。

特に、成長期のお子様をお持ちのオクサマ、
子供にはタンパク質を積極的に摂らせましょう。
おススメのメニューがあります。

夏のグラタン

そうです。グラタンです。
大抵のお子様は、グラタン好きですから、
少々暑くても、喜んで食べることでしょう。

オーブンを使うと暑いという場合、
「魚焼きグリル」 の使用をおすすめします。

子供がいないのに、子供の栄養に気を使う私は、
きっと、よいパパになるでことしょう

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

暑いけど行動的な私。(その分疲れた私。)

メモ#1375:

いやぁ、ブログって、ちょっと放置すると面白いくらい順位が下がるんですねえ。

まだ6月上旬なのに、
30度に迫るような気温が続き、
ちょっとした、『夏バテ』 状態だったのです。

暑いならおとなしくしてれば良いものを、
喜んで出かけちゃったりするから、余計に疲れたのです。

先日は、久しぶりにコチラへ。

私の別荘。

中島公園です。
真ん中に写っているのが私の別荘です。うそです、豊平館です。
別荘は奥に写っているビルのほうです。

テレビで見た、『藤棚』 は、すっかり時期を過ぎてしまいましたが、
しかし、この時期でなければ見られない光景も。

鴨の親子

鴨の親子が泳いでました。
実にメンコイものです。

公園の中心部にはコンサートホールがありますが、
その正面には、金色に輝く、なにか縁起がよさそうな木が。

金色

『キングサリ』 と言うのだそうです。
じーっと観察していると、
なにか宝くじでも当たりそうな気がしてきました。




翌日も暑い日でした。

近くのコンビニでざるそばでも、と、思いましたが、
コンビニよりも安いお店があるじゃないですか。
すこし、遠いですが、車のエアコンを最強にして、出かけました。

らざーろすぺしゃる

『ゆで太郎』 です。
母と出かけた際、ひとりが『もり』 、
もうひとりが『かきあげ蕎麦』 をオーダーすることで、
「小さめのかきあげ蕎麦二人前」 が出現するという、
『らざーろスペシャル』 と呼んでいるオーダー方法です。

なにせ合計740円。
近所のコンビニでざるそば二つを買うよりも安いのです。
それに、美味いし。

ぜひとも一度頼んでみたい、
「カツカレー」 や「カツ丼」 は、涼しくなってからになりそうです。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

花を見て、行きたかった店で食事する、行動的な私。

メモ#1372:

少し前、
満開の桜の記事を載せたのですが、
それから10日ほど経って、今度は梅を見に行ってきました。

いや、間違ってませんよ。
桜が満開の、10日後に、梅が満開。
北海道では普通のことです。

札幌市民のあいだでは、
『梅といえば、ココ。』 という、平岡公園です。

みんな、考えることは同じですね。

ぐずついた天気が続く中、すっきりと晴れた土曜日。
テレビでも、『今が見ごろ』 などと報道されたせいでしょうか、
駐車場が満杯です。

臨時駐車場になんとか車を納め、そこから階段を上って、梅林へ。

梅も人もいっぱい

たくさん写真を撮ったのですが、
なにしろ人が写りすぎていて・・・。
きっと、この中にもブログとかやってる人が、何パーセントかいるに違いません。

それにしても、きれいな梅です。

咲き誇る梅

思えば私、
こんなにしっかりと、多くの梅を観賞したことなど、
あったでしょうか?いえ、ありません。

まるで、人工的に飾り付けたかのように、
枝にずらりと花が並ぶんですね。
面白かった。

紅梅と白梅

赤いヤツがピークで、
白いヤツは盛りを過ぎてましたが、
場所によっては競演が見られました。

ああ。

今までの人生で見た梅の、数百倍を一気に見た気分でした。
ここらで、
名物の、『梅ソフト』 などを頂きたい気分でしたが、
なにしろ、はてしなく行列が続いているものですから、
あきらめました。
どこか、別のところで、なにか頂きましょう。

さて、
札幌市の北のほうに住んでいる私が、わざわざ平岡公園まで行ったのです。
市民の方ならご理解いただけると思いますが、
結構な距離です。
実際、駐車場待ちの時間を含めると、
小樽や岩見沢へ行くよりも時間がかかりました。

せっかくここまで足を伸ばしたのです。
毎度おなじみの、『さ〇ぱち』 とか、
『サイゼリヤ』 とか『ガスト』 とか、『ゆで太郎』とかじゃ、
あまりにアレです。

行きたかった店があったのです。

白石区に、
「むかしダイエーだったイオン」 がありまして、
そこの飲食店街が、面白いのです。

最近はどこの商業施設でも、
全国チェーンが多く、個性的な店が減ってますが、
ここは、なぜか、昭和っぽい店が軒を並べているのです。

ラーメン屋や蕎麦屋にも惹かれたんですが、
私の心を掴んだのは、このサンプルたちでした。

レトロなサンプル

まるで、一昔前の、デパートの大食堂みたいです。
メニューが豊富で、ラーメン・蕎麦・カレー・スパゲッティ・ハンバーグやエビフライのセット、
お弁当、さらには、あんかけ焼きそばまで。

すてきなセット

迷った挙句、
「ラーメンとカツカレーのセット」 という、大胆なメニューを。

お店の雰囲気も、なんとも昭和です。
あ、昭和30年代とかじゃなく、
昭和50年代後半から昭和終了までの、あのときの、「昭和」 です。

第一、このところ増えた気がする、
東京タワーが出来た頃をコンセプトにしたような、
「昭和レトロっぽい居酒屋」 など、確かに面白いのですが、
思えば私、その頃は生まれてなかったではないですか。
「懐かしい雰囲気だなぁ」 と思ってしまうのは、錯覚です。

このお店の場合、決して、いわゆる「昭和レトロ」 という感じではないのですが、
私にとってはそちらのほうが懐かしい。

味ですか?
まさに、「あのときの昭和」 の味がしました。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR