ビバ極寒。

メモ#1282:

「数年に一度クラス」の、猛寒波が来ています。呼んでないのに。

札幌では久しぶりに、「氷点下10度以下」を記録しました。
ただ、幸いなことに風もなく、雪もそれほど降らず、
むしろすがすがしいと感じるくらいの、キリっとした寒さです。

こんな日には、そうですね、露天風呂です。

今日、久しぶりにスーパー銭湯へ行ってきました。
風がなく、そして、とんでもなく寒い日の、露天風呂はサイコーです。

残念ながら、画像はありません。

まずは体を洗い、その後、内風呂でしばし温まります。
「打たせ湯」で、首根っこに刺激を与えます。

そいていよいよ、露天風呂です。

ひゃぁ寒い。そりゃ寒いですよ。
だって、最高気温でも氷点下7度程度ですからね。

湯船につかりながらテレビを見ますと、
各地のあすの最低気温が表示されているようです。

そういえば私、報告してなかったのですが、
去年、「メガネ男子」になったのです。
露天の湯船から、テレビ画面は若干遠く、
裸眼では数字が見えにくいのです。

湯船を出て、画面に寄って行きます、マッパで。

ほほう。千歳で氷点下22度とな。
私がかつて千歳市に住んでいたころ、このような寒さは経験していません。
やはり地球は温暖化してないのかもしれません。おっと寒い。湯船に戻ります。

おっ、新番組か?そうなのか?
見えずらいので画面に寄って行きます、マッパで。
おっと寒い。湯船に戻ります。

そんなことを繰り返すうちに、
なんだか肩こりも解消したような気がします。
きっと気のせいでしょうが、
「気」は大事です。

帰りに、コンビニでおでんを買って帰りました。
極寒の日に露天風呂。
その帰りに買った、おでん。

いつもより、ちょっぴり美味しく感じられたのでした。




やっぱり、画像がないと寂しいので載せます。

今年一軒目の新店開拓です。
店名も載せず、感想も書かないことで、
私の評価を察してください。

しのろあんかけ

うーん、
もうちょっと腹ペコだったら、よかったかなぁ・・。

スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

「全身筋肉痛」の方が、「肩こり」よりはマシ。

メモ#1278:

全身が筋肉痛で痛いです。

理由は昨日の大雪です。

今回は、札幌市内でも特に中央区がすごかったらしく、
私が住まう「北区の北のほう」は、それほどでもなかったのですが、
しかし、なにしろシーズン初の本格的豪雪とあって、なかなかのグッタリ具合でした。

これが、1月中旬ぐらいなら、体もすっかり雪かき慣れをして、
疲労度も抑えることが出来るのですが。

全国ニュースでもトップ扱いになった、今回の雪ですが、
私が、「それほどでもない」と思ったのは理由があります。

今回の豪雪

これが今回の、我が家の車の状況です。
もちろん、これはこれで大変ではあるのですが・・。

2年前の12月下旬は、こんなカンジでした。

2年前の豪雪

これに比べたら、たいしたこと無い、と、思ったわけです。

それと、何といっても一番の違いは、
当時は、出勤前の雪かきだったことです。

今回は、「オヤスミ」ですから、
天気が穏やかになったころを見計らって、少しずつ、ゆっくりと除雪します。

体が冷えたら車に乗って休みます。
ラジオなんか聞きながらペットボトルの暖かいお茶を飲み、
体力が回復したら、また除雪です。

「早くしなきゃまにあわないぃっ」とか思いながら作業すると、
体力だけではなく精神的にも疲れます。
今回は、それがなかった分だけ、ラクでした。

さて、ゆっくり作業を出来たことは良いのですが、
少々、のんびりしすぎました。

ではラーメンでも、と思ったのですが、
もう午後三時になろうとしているではありませんか。

私が狙っていた、あの店とかあの店などは、3時で中休みなのです。

こうなると、あとはチェーン店しかありません。

毎度おなじみ、「〇んぱち」か、それとも「味〇時計台」か・・。

迷った末に選んだのは、

暖龍のタンタンメン

『暖龍』のタンタンメンでした。
辛いものが食べたかったので。




ここまで書いたところで気づいたのですが、
最初の写真の一部に、なにやらドーブツが写っていました。

あっ、さすけ。

メンコイなぁ。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

秋の行楽、セレブ編。

メモ#1269:

ペナントレース争いも一息つき、
やっと、穏やかな日々を取り戻している私なのです。

とにかく、9月下旬の私ときたら、
贔屓チームの大逆転優勝に向け、念力を送りまくっていましたから、
観戦後は、もうグッタリです。

通常、負けた日には食欲が若干減退し、
勝利の日にはゴージャスなお夜食で祝う、というのが私のスタイルだったんですが、
先月は、勝っても負けてもグッタリでした。ちょっとやせましたよ。

そうこうしている内に、来週にはCSのファイナルが始まります。
ゆったり気分に浸れるのは今のうちです。

先日、公園へ行ってまいりました。
ゆったり気分に浸りたかったのです。

今回は、札幌といってもかなり小樽に近い、
「前田森林公園」へ。

貴婦人

初訪問なんですが、おお、なんだか外国みたい。
中央に写っている、後姿のご婦人も、ホラ、
西欧の貴婦人的な佇まい・・。

カナール

この「池」というか「川」というか、「水溜り」というか、
ソレを、中央から写してみました。
向こうに見える建物が気になりますね。あれはきっと宮殿に違いありません。

まずは、ちょっと歩いてみましょうか。

お昼ねカモ

水辺では、鴨たちがノンビリとお昼寝です。

鴨がヨチヨチと歩く姿は、なんとも可愛いものです。
もしも生まれ変わりがあるとして、

「人間以外の動物になってもよろしい。ただしイヌは除く。」

とカミサマに言われたのなら、鴨なんかも良いですね。
もちろん本心では、『ええ、イヌが良いよぅ・・。』
とか思いうのですが、ソレがダメなら鴨ですね。
だって、歩けるし、泳げるし、おまけにアナタ、飛べるんですよ。

生息地まで選べるなら、サロマ湖とかは勘弁してもらいます。
オジロワシとかが怖いですから。前田森林公園が良いです。

そんなメルヘンチックなことを思いながら歩いていると、
ハラが減ってきました。
『食欲の秋』なんてことも申しますし、けっこう、歩きましたからね。

さっき見えた建物に入ってみました。
外観はちょっとした英国の宮殿のようです。

見下ろす。

宮殿から下界を見下ろします。
『まぁ、アチラの芝生は、ちょっと刈り方が雑じゃございません?』
『あら本当ね。さっそく庭師をクビにしましょう。おほほ。』

ひとは、宮殿に入るとなぜか、「オネエ言葉」になるものです。
あ、ご安心ください。思っただけで、口には出してませんから、たぶん。

では、私がお連れした貴婦人と供に、
軽く、「アフタヌーンティー」と参りましょうか。

では、アールグレイとスコーンを。

あ、そういったものは置いてないようです。


・・・


豪華なお茶会

『ソース・ヤキソーヴァ』
『ブタ・ソーヴァ』

の二品をチョイスします。
どちらも4ポンドくらいのお値段だったでしょうか。お安いわね、おほほ。
なお、お水はセルフです。
というか、全部セルフです。給仕はいません。
「豚そばでお待ちの方ぁ!」と大声で呼ばれます。
ちなみにアールグレイもイングリッシュブレックファストもありませんが、
コーヒーはあります。

白樺林

セレブなランチを楽しんだ後は、ゆったりと白樺林を散策します。
このほかにも公園内には各種の植生のエリアがあり、
「なんちゃらの森(忘れました)」と名づけられた、広葉樹が中心のエリアでは、
栗がたわわに実ってました。

秋の行楽シーズン、好スタートを切りました。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

夏、終わりました。

メモ#1265:

台風でとんでもない目にあった夏の北海道ですが、
どうやら、秋になったようです。

本州付近には秋雨前線が。
前線の北側では高気圧が頑張ってます。秋の高気圧です。
はい、北海道の夏が終わったと宣言します。お疲れサマー。

いろいろなことがあった北海道の夏ですが、
ふと気づくと(とっくに、気づいてはおりましたが)、8月中、
3本しかブログを更新していない私・・。

今年の目標、「出不精克服」「新店開拓」を順調にこなしているのですが、
その一方ですっかり「ブログ不精」になっていたことは、
皆様ご案内の通りです。

たまりにたまった、夏の思い出を大放出です。

でかい海老天

そういえば、
せっかくいただいたコメントのお返事として、
「じつはゴージャスな蕎麦をいただいたのですよ、アップは後日。」
とか書いて、書きっぱなしなのが私の悪いクセ。
上の写真は、父も好きだった蕎麦屋の、ゴージャスな、「天せいろ」です。
なにしろお箸と同じほどの長さがある海老天です。
蕎麦が少ないわけではないのです、天麩羅がでかいのです。


お盆には休めなかったのですが、
その一週間後、お墓参りに行ってきました。
お盆を過ぎたのだから行列も無かろうと。

ぎょうれつ

あ。行列が。
最後尾に立つ妙齢のご婦人が私の母です。

ご存知さらしなのラーメン

もう何度もアップしている、
三笠・更科食堂のラーメンです。

そういえば、以前、
「このお店の、『海苔が中央』というレイアウトには、秘密があるのです。」
という思わせぶりな記事を書き、そのままほったらかしになっていたことを思い出しました。

思わせぶりなことを書いておいて、
ほったらかしにするのは私の悪い癖です。
来年の夏までには直しましょうね。

解答を書きます。

正解は、
「出前のとき、海苔に胡椒を乗せていた、名残。」です。
え、そんなことか、と、お思いでしょうが、胡椒といえば高級です。
昔はもっと高価でした。
かといって、出前だから胡椒を無視するのもアレだし、
別添するにも細かすぎてくしゃみの元となるし・・。
で、苦肉の策がこの、「海苔に乗せる」奇策であったのであろうと、
私は想像します。あ、正解ではありませんでしたね。あくまで私の想像です。
ただし、出前のとき海苔に胡椒を乗せていたのは本当です。




そういえば、ラーメン屋に行ったとき、
テレビの取材に出くわしたこともありました。それは書きましたよね。

映ってなくてちょっとホッとし、
その反面、一瞬だけなら映っていても良かったかなぁ、などと残念がる、夏の思い出。
いや、インタビューとかされたら全力で断りますが。

小樽の夏。
シャッターが下りていたなじみの店の前で、
「もしや閉店か!」と、思って近づいてみると、
定休日だと知ってほっとしたあの日。
近づいたついでにあんかけやきそばのサンプルを撮影。

写りこむ私

思い切り写り込む、私と母。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

公園へゴー!

メモ#1264:

「公園へ行きたい」と、母が。

よろしいですな、と私。

そういえば、
「出不精克服」と「新店開拓」を、今年の二大目標としている私なんですが、
市内の公園でも、まだ開拓していないところが数多くあります。

今回は、「西岡公園」へ向かいました。

市内に住む、私と同じか、それ以上のセンパイ方にとっては、
「西岡水源池」と言ったほうがとおりが良いように思います。
この公園へ向かう道も、「水源池通り」と称しますし。

9月になったというのに、暑い日が続く札幌です。
なんとなく、涼しい感じがするじゃないですか、水源池って。

こうえんそのいち

ね。涼しげでしょう。
実際のところ、そのときの私の身なり、半そで短パンでは、若干肌寒いと感じるほどでした。

こうえんそのに

虫とり網や釣竿を持った子供も見かけました。

そういえば最近の公園ときたら、路上駐車による近所迷惑も顧みず、
ゲーム上のモンスター採集を目的に、イイトシをした大人が集まっているのが話題になっているようですね。

しかしこの公園では、リアルな生物をゲットしようと、
子供たちが楽しんでいるのです、キラキラとした目で。
ああ、好ましい。

オトーサンと一緒に来た男の子に、母が声をかけます。

「何を捕まえたの?」

あのね、アメンボ!と、男の子が元気に答えます。好ましいなあ。

その様子をニコニコしながら見ているオトーサンは、私より年下でしょうか。
うーむ、私もモンスターやアメンボより、大事なものをゲット・・・。

こうえんそのさん

水源池の名残が残る、今となっては、「池」です。
右側に写っているのは、「取水塔」だそうです。

ははあ、「取水施設」と聞くと、なにやらモンスター級にデカイ建物を想像してしまいがちですが、
昔は、このような趣のある建造物で・・。勉強になりました。

大変満足して、家路につきました。
唯一残念だったことは、なにしろ地理的に不案内なエリアだったため、
途中でお昼ごはんをゲットし損ねたことです。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR