蕎麦を腹いっぱい食う。

メモ#1301:

もう5月も終わりですね。
札幌では30日も夏日を記録し、これで、5月中の夏日は6度目となりました。
これは51年ぶりの記録だそうです。
どうりで、「こんなに暑い5月は記憶に無いなぁ。」と思ったはずです。
だって前の記録のときは生まれてないんですもの。

さて、そうなると蕎麦が食べたくなりますね。
もっとも私の場合、
真冬でも、「もり蕎麦」や「冷やし狸」を食べたり、
真夏でも、「鍋焼きうどん」を食べたりするヒトですから、
本当は気温に関係なく、単に蕎麦(もしくは、うどん)が好きなだけなのでしょうが。

ところで、「蕎麦が食べたい!」と思うとき、
私にはいくつかのパターンがあります。

① とにかく暑くて、冷たい蕎麦以外に選択肢がないとき。
 北海道とはいえ、特に札幌近辺は、ここ十数年、真夏には気温がかなり高くなりますから、
 たまにこのようなときが訪れます。
 そのようなとき、まれに、「ぬるい」もり蕎麦を出されると、暴れだしたくなります。
 もちろん、私は大人ですから暴れません。二度と行かないだけです。

② ちょいと小粋に、高級蕎麦などを手繰りたいとき。
 昔はね、よく探訪したものです。高級蕎麦店に。
 もちろんブログなどをはじめるずっと前です。ちょうど、手打ち蕎麦屋がちょっとしたブームになったこともありまして、
 本を参考に、あちこちへ。
 大抵、たしかに美味いことは美味いのですが、何といっても圧倒的に量が足りません。
 それでもその当時の私は、「ああ、美味かった。」などと呟いて、お店を後にしたのでした。
 で、次に行くかというと、行かないのです。なぜならお値段が高いからです。
 もっと正直に生きればよかったのにね、当時の私。

③ コバラがすいたので、ちょっと蕎麦でも・・というとき。
 おもに、立ち食い蕎麦です。
 学生のころですが、昼にしっかりと食ったのに、帰宅する際の駅のホームで、
 ついつい・・・。なんてことが、よくありました。至福の時間でした。
 金銭的にピンチのときなど、昼メシをガマンし、さあ、帰ろうと。ああ、でも食いたい、蕎麦食いたい。
 やめておこう。もう千歳線の電車が来るし。あ、あのぅ、かけそば下さい。
 今思えば、どんな高級蕎麦よりも、あのときの蕎麦が美味かったような気がします。

④ さぁ、腹いっぱい蕎麦食うぞ!というとき。
 一番多いパターンで、かつ、もっとも好ましいパターンです。
 かつての職場の近所には、まさに、「大衆蕎麦屋」と呼ぶにふさわしい店がありまして、
 頻繁に通ってました。いつも近所の勤め人でイッパイでした。
 特徴としては、
 ④-① メニューが多い
  常連を飽きさせないための工夫です。私もついつい、普段は頼まない、「なっとう蕎麦」などをオーダーしてしまいました。
  あと、「丼もの」「セットもの」が豊富なのも特徴です。
 ④-② 量が多い
  大衆蕎麦屋の必須ポイントです。まだ若かった私は、それでも、「おおもり」などを頼んでました。
  そしてそれをぺろりと胃に収めたものです。
 ④-③ 価格が安い
  一番大事なポイントです。あの時ブログをやっていたなら、
  メニューと価格を克明にメモしていたのに・・・。




さて先日、 ④ の気分になりました。 
もちろんこの場合に行く店は、いくつか候補があります。
ここ数年、北区にある、新川駅近くの、「天寿庵」か、
麻生イオン(元ダイエー)地下の、「大雪庵」が行きつけです。
ブログにも何度も登場しています。ただ今回は、

『今まで行ったことのない蕎麦屋へ行きたい。』

との、母の一言で、新店開拓を試みました。
このところ、西区・手稲区方面で、アタリが続いているので、
手稲区の店へ行きました。

ところで最近の、母と私の蕎麦屋テクニックとして、
「母が天ざる、息子がもり」、略して、「ハハテンムスモリ」と称するオーダー法があるのです。

いかに庶民的な蕎麦屋とはいえ、種物はそれなりの価格です。
しかも、母はなぜか、種物の王者(価格的には)である、「天ざる」を好むのです。
いや、私も好きです、天ざる。
でも、高いじゃないですか、天ざる。
そこで、母が天ざるを頼み、私がもり蕎麦(または、大盛蕎麦)を頼み、
天麩羅をシェアする、という、高尚にしてイジキタナイ?テクニックです。
実は高級蕎麦屋でも有効なテです。

さて今回も、母が天ざるをオーダーしました。
それでは私は「盛り蕎麦」を・・・。と思ったのですが、
価格に着目し、「天もり」を。

『蕎麦を腹いっぱい食べたい、でも、天麩羅もちょっと食べたい。』 なんてとき、
お助けとなるのが天もりです。
でも、目の前に現れたそれをみて、私は驚愕したのでした。

てんもり

「天もり」といえば、私の今までの認識で言えば、
「天ざる」よりはちょっとお安い代わりに、
天麩羅は海老が一匹のみ、とか、そういったものを想像していたのですが、
給仕されたそれは、キス・タマネギ・ナス・ピーマン・しいたけ・カマボコ(!)という、
魚介1種、野菜4種、練り物1種という豪華版です。

ふたりで来店したときに、これをひとつ頼み、
もうひとりは「もり蕎麦」を頼めば、
もう充分に、「天ざる二人前(ただし海老はないよ)」です。
ああ、これは良いオーダーをした。

と、思ったものの、
あ、そういえば母は「天ざる」を注文したんだっけ。

母のてんざる

私の「天もり」に加えて、えび2本。
母の記憶によるとタマネギ天は無かったようですが、蕎麦の量がさらに多くなっています。
まだまだ元気だとはいえ、吉永小百合の3コ上である母。
「らざーろ、ちょっと手伝って。」と。でしょうね。私が手伝いましょう。

しかし、さすがにこれは食いきれぬ。と、思ったものの、
たっぷりと蕎麦徳利に注がれたつゆのせいでしょうか、
(最近、つゆがケチくさい店が増えました。)
あるいは、大サーヴィスされた薬味のせいでしょうか、
気づくと、しっかりとたいらげていたのでした。
(ちなみに、母の海老1本と、お蕎麦の1/4は、私がサルベージしました。)

「ああ、おなかイッパイだわ。」と、母。
「これは良い店を見つけたね。」と、私。

先ほど、
『価格に着目し、「天もり」を。』
と書いたのですが、
このお店の天もり、このボリュームで、680円でした。

札幌市手稲区、『松寿庵』というお店でした。
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ポイントカードでゴー!

メモ#1273:

皆様、レシートってどうしてますか?
私の場合、とりあえず取っておいて、一週間ごとに、
内容を確認した後、廃棄します。
ただし、セブン・イレブンのレシートは、ナナコポイントを確認するため、
最新のものだけを残しておき、次の買い物のときに捨てます。

そうしないと、お財布がパンパンになってしまいます。
お札でパンパンになったらいいのにね・・・。

ただでさえ、ナナコカードはじめ、各種のポイントカードでお財布がパンパンなのに。

ところでこの、「ポイントカード」。
肝心のポイントが、なかなか貯まりません。

お財布に常備しているのは、
近所のスーパー2店、ドラッグストア、ブックオフ、あと、中華料理店のポイントカードですね。

考えてみると、
たとえばスーパーの場合、私が良く行く「A」が、税込み324円で1ポイント。
「B」の場合は税込み216円で1ポイントです。

そうすると、1000ポイント貯めるとなると、
「A」の店では概ね33万円、
「B」の店では概ね22万円弱の、お買い物が必要になります。
気が遠くなりそうです。

しかしそれでも、
「あの店ではポイントがつかないから。」と、
せっせと「A」または「B」に通う私なのです。




11月上旬としては記録的な雪が降りました。
もう、アレですね。
小粋に、「盛り蕎麦」などを手繰っているわけには行きません。
「大雪庵」という店で、好物の鴨南を。

ごぼうが決め手

うーむ染み渡るなぁ・・。
この店の「鴨南」は、ささがき牛蒡が味の決め手です。

お会計時、ついにポイントが貯まりました。
この店は、500円ごとに、スタンプカードにはんこを、「ぽん」と、1コ、押してくれるのです。
10コ貯まると、次回利用時に、お会計から500円引きとなります。

なんと、ポイント還元率、脅威の10パーセント!
ただし実際には、たとえばお会計が1200円の場合、はんこは2個までしか押されませんから、
実勢ポイント還元率は、若干、低くなります。

寒い日が続く札幌です。
「カレー南蛮」が食べたくなりました。
そういえばポイントが貯まっているぞ、と、母を誘ってその店へ。

正調カレー蕎麦

ああ、うまい。
ちなみに母は、日替わりのサービスメニュー、「ミニ天丼セット」を。

さてお会計です。
合計額は、1450円。
はんこがイッパイになったカードを遠慮がちに差し出すと、
500円引いてくれます。

1000円札で50円のおつりが。

そして、

「えーっと、950円ですので・・・。」と、
なんと、新しいカードに、はんこを、
「ぽんぽん」と、二つも押してくれたじゃありませんか!

やはりポイントカードは、
「はんこ方式」に限ります。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

わたしの蕎麦つゆ。

メモ#1260:

いちおう、
「残暑お見舞い申し上げます」と申し上げておきます。
夏は始まったばかりなんですけど・・。

さて、札幌のクセに、今日も30度を越えました。真夏日です。

エアコンが無いらざーろ家では、
暑い日中を、「せんぷうき」という文明の利器を用いてしのいでおります。
ちなみに夜になると、気温は下がって快適です。

今(午後11時)など、むしろ肌寒いほどです。
なんでかな?あっ、裸だからか。

さて、真夏でもグラタンなどををたしなむ私ですが、
さすがに、先日の、気温が下がらない夜は、
「そば」を、お夜食としてセレクトしました。

お夜食蕎麦

蕎麦は、その辺のスーパーで手に入る安い乾麺です。
そば粉含有率15%くらいでしょうか。
舞茸と大葉の天麩羅は、自分で揚げました。

あと、つゆも自作です。

以前にも書いたのですが、
私流の「蕎麦つゆ」のレシピをご紹介します。
大変作りやすく、覚えやすい分量になっております。




 材料

濃口醤油  ・・・ 100cc
みりん   ・・・ 100cc
ザラメ   ・・・ 小さじ1/2
かつお節  ・・・ ひとつかみ(30グラムくらい)
水     ・・・ 400cc

なお、辛口がお好みの方は、ザラメを省略しても結構でございますよ。

 手順

① まず、片手なべ、雪平鍋などが良いでしょうか、そこに、
  醤油とみりんとザラメを入れます。

② 弱火でゆっくりと温めます。ザラメが焦げ付かないように、
  時折、鍋をやさしくゆすったりします。

③ 沸騰したら水を入れ、同時にかつお節を加え、
  弱火~中火で沸騰するまで待ちます。

④ 沸騰したら弱火にし、5分ほど煮出します。

⑤ 火を止め、自然に冷まし、室温近くになったら、
  キッチンペーパーなどを敷いたザルで濾しながら、
  注ぎ口のついたボウルなどに移します。

⑥ ボウルから、500ccのペットボトルへ注ぎ、冷蔵庫で冷やします。

⑦ 十分に冷えたら、出来上がり、です。

※ 「そうめん」のつゆの場合は、醤油を50ccほど増やします。

※ 液体調味料を、全体で600cc使いますが、出来上がりは400ccになります。
  そのため、この分量が非常に便利で、500ccのペットボトルが重宝します。

※ つゆを濾す際、かつお節を、「ギュッ」と絞りたくなりますが、自重しましょう。
  苦味が出ます。

※ サバ節を使う際は、かつお節「ひとつかみ」に対してサバ節「ひとつまみ」
  程度にしておきましょう。

※ 市販の、「かつおだし」を使っても結構なのですが、
  そうすると、市販の「めんつゆ」と似たような味になり、『自作感』が味わえません。

※ いただく前に、ペットボトルをよく振って使いましょう。

※ このまま丼つゆにも流用できますが、
  お好みによって、カツ丼ならちょっぴり、天丼ならすこし大目に砂糖を加えると、
  イイ感じです。

※ ペットボトルは、ラベルをはがして使用したほうが無難です。
  『麦茶』や『アイスコーヒー』のボトルを使用する際は、さらに注意が必要です。

※ お客様に出す際は、事前につゆをペットボトルから蕎麦徳利に移しかえるなどの
  配慮が求められます。
  蕎麦徳利が無い場合は、蕎麦猪口に盛り切りでお出しするのが吉です。
  蕎麦猪口も無い場合は、なにかガラスの器でごまかすなどの機転が必要となります。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ゴージャスな冷やし狸

メモ#1258:

北海道にもようやく夏が。
最近は、さすけのサンポも買い物も、基本的には半袖です。

そして外食も、
ちょっと前までラーメンや担担麺、あんかけやきそばや、鴨南蕎麦、などからチョイスしていたのですが、
いよいよ、あの夏の味が食べたくなってきました。

そういえば、私、ある組織に所属していたのでした。

ひやたぬ2016夏

最近、西区に出没することが多くなった私なんですが、
このお店もまた、西区です。

冷やし狸、なんですが、わたしの大好きな、
「春菊天」が乗っているという豪華版。
「すずしろ」という有名店ですが、今回初訪問でした。

うまかった・・。また好きなお店が増えた・・。
今年の目標の一つである、「新店開拓」、順調です。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

老舗へゴー!

メモ#1245:

あまりにも久しぶりなので、
メモナンバーが半角だったか全角だったか忘れてしまいました。
きっと半角で良いでしょう。

不規則な勤務時間により、
なかなか外食とブログに割く時間が取れないのですが、
先日のオヤスミは、ずっと、行きたかった店へ。

19azumaya.jpg

札幌市中央区にある、東家南十九条店です。

資料によると、札幌東家の開店が昭和24年、
この店の開店はそれから3年後の昭和27年だそうで、
もちろん建て替えなどあったでしょうが、札幌の蕎麦屋としてはかなりの老舗です。

場所柄、観光客はほとんど来ません。
多くは常連さんのようで、皆さん、席に着くか着かないかのうちに、
「かしわ」とか「もり」とか、注文されていました。
なんとなく、かっこよく思えました。

なにしろ、メニューを見て悩むのが楽しみの一つである私にとって、
その模倣は叶わぬことでありましたが、
まあ、いずれ常連になったらやってみましょう。

悩んだ末に選んだのは、
「天ざる」と「大もり」です。

天ざるは好物ですが、少々、お高いので、
母が天ざるを頼み、海老天を一尾分けてもらうという、われながらグッドチョイスです。

おそば

大変満足いたしました。

海老天も立派なものでしたが、
やはり、肝心の蕎麦と、つゆが、美味しゅうございます。

(ごく一部の)老舗にありがちな、
『妙な緊張感』、とか、『常連だけの暗黙のルール』みたいな雰囲気とは無縁でしたし、
やはり、長く愛される店というものには、それなりの理由があるものです。

ただ、次に訪問できるのはいつ頃になりそうか・・。
ほかの「老舗」にも行ってみたいし・・。

なかなか時間が取れないのが、最近の悩みでもあります。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR