私は初心者ではない。

メモ#1297:

なんだかここ数年、

「パクチー」

がブームのようです。

ええ?
あれが?
そうですか。

いや、結構。
文句は言いますまい。
ある食材が流行るということは、良いことです。

ところで私、
皆様ご存知のように(実はブログに一回だけ書いていたようです。)、
パクチーが苦手です。

しかし、どうしたことでしょうか。

私のようなオッサンが、「パクチーが苦手」というと、
あたかも鬼の首を取ったように、

「らざーろさぁーん、食わず嫌いはダメですよぅー。」などと、小娘が。
いかにも、これだからオッサンはダメなのよ、と言いたげな口調で、小娘が。

小娘どころか、小僧ですら、
「らざーろさぁーん、ナウなヤングはパクチーっすよ」などと。
ミツバとイタリアンパセリの違いも判らぬその口で、よく言えるな、小僧。




私の、「パクチー嫌い」は、
決して、「食わず嫌い」では無いのです。

私はほんの一時期、シンガポールに滞在していたことがあり、
観光ではなく、お金も潤沢ではないので、
食事は住居の近くか、職場の近くの、
「ホーカーセンター」で済ませることがほとんどでした。
日本で言うところの、「屋台村」っぽいところを想像していただければよいと思います。

当時の私の好物は、シンガポール名物の、
「海南チキンライス」。
「シンガポールチキンライス」とも言いますが、なにしろ、
シンガポールではチキンライスといえばソレですから、
わざわざ、「シンガポールチキンライス」などとは言いません。「チキンライス」です。

滞在中の食事は、二日に一度の割合で、そればっかり食べてました。
美味いんですもの。
それに、普通の店で2ドル~3ドル。
(オーチャードロードあたりの、観光客向けの店では、もっと高いのもあったようです。
 このあたりは、日本と同じですね。)
当時(1993年)のレートは1シンガポールドルが70円弱でしたから、
一食150~200円ちょっとです。

しかし、どのお店にも、必ず乗っていたのでした、パクチーが。

はじめの頃は、
「ほほう、個性的な香りだなぁ。」とか思いながら食べていたのですが、
徐々に、
「なんだか、『キャベジン』のニオイに似てるなぁ・・。」となり、
しまいには、
「・・・じゃまだなぁ・・。」と思うようになってきたのです。

先ほど、『二日に一度はチキンライス』と書きましたが、
それを食べない日には、
「ダックライス」とか、あと、わすれましたが「なんとかライス」とか、
それらを食べてましたが、それにも乗っているのです、パクチーが。

つまり私は、日本国の成人男子が一生分に食べる以上の、
「パクチー」を食べてきたのです。
その上で言うのです。「パクチーが苦手だ」と。

ですから、決して食わず嫌いだとか、
新しいもの嫌いではないのです。




あらなつかしや、パクチー。

私が大好きな、某中華料理店。
汁無し担担麺のトッピングとして、
あらなつかしや、パクチーとご対面。

もちろん、しっかりと頂きましたよ。
苦手ではありますが、食えるのです。
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

夜食として頂くカツ丼は美味しい。

メモ#1296:

ああ。
そういえば数年前、贔屓のチームが負けるたびに、
「野球」カテゴリの記事を書いていたのが懐かしい。

今年はシーズン開幕後、
2回しか更新していなかったので、
まるで2回しか負けてないみたいじゃないですか、ははははは。

願掛けじゃないカツ丼

カツ丼です。

食いたかったからです。他意はありません。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

もっとがんばれ、フードコート。

メモ#1290:

イカンイカン。

いつまでも、「お雛さま」の画像をトップに飾っていては、
行き遅れるかもしれません、お婿に。
そんなわけで更新です。




フードコート。

お好きですか?私はわりと、好きです。

たとえば家族で出かけたとき、
私はラーメンの気分、しかし家人は、
「私はお蕎麦の気分」「ハンバーガーが良い」などという場合、
フードコートなら問題解決です。

あとですね、
好きな理由がもうひとつ。
「一般的に言って、やや、お安い。」という傾向。

ところが最近、私の周りでは、
「そうでもない店」が若干、増えてます。

たとえば、某札幌ラーメンの店。
フードコートなのに、
看板の味噌ラーメンが760円、あんかけやきそばなど800円もします。

本店よりは若干、安いようですが、
これではちょっと・・。
「いや、本店と同じクオリティを保っておるのだ。」
と反論されそうですが。しかし考えてください。

テーブルを、自分で拭くんですよ。私は客なのに。
お水だって、自分で持ってきます。
自動給水機から、紙コップで。

料理も自分で配膳します。
ポケベルが鳴ったら取りに行き、
慎重に配膳するのです。

薬味カンケイなどは、途中から使いたい主義ですが、
しょうがないから最初に使うか、もしくは我慢します。

我慢しますよ。だってフードコートですから。
そのへんの雑多な作業を客に任せることにより、
低価格を維持するのがフードコートの利点だと、私は認識しております。
それなのに、高い。

ですから、先ほど言及した、
「某札幌ラーメンの店」では食べたことがないのです。
いや、食べたら美味いのかもしれません。
でも、意地です。食べません。
テーブルを自分で拭かせ、紙コップの水を自分で用意する店で、
あの値段は払いたくないのです。




最近はもっぱら、ヨーカドーの「ポッポ」を利用します。

サンマーメン

サンマーメンが、なかなかのお味です。
ただ、「おっ、これは安い!」と一瞬思うのですが、
税抜き表示なのでよく考えるとそうでもない、という微妙な・・・。
ただ、この値段でこの味なら、自分でテーブルを拭くのも良しとしましょう。

・・・

それにしても、
「フードコートは安い」という概念が、
崩れつつあるのは事実です。

椅子やテーブル、内装の高級感など、
いっさい気にしない私としては、
「フードコート」での食事は、非常に楽しみでもあったのですが。

あとは、区役所とかの食堂・・。
あ。いいかも。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

「食えば治る」とも、その賢人は言った。

メモ#1285:

札幌では、いよいよ雪祭りが開幕しました。
市民感覚としては、「冬のラストスパート」といったところでしょうか。

長かった冬も、やっと終わりに近づくのですが、
これからが少しのあいだが、劇的に寒くなるんです。

そんなわけですから、お夜食もアツアツで攻めます。

アツアツ鍋焼き

鍋焼きうどんを食べました。

アルミ鍋にあれこれ入って、160~190円くらいで売っている、
アレも好きなんですが、
今回は、「3食入りゆでうどん」「そばつゆ」「かきあげ」を別々に購入しました。
そのほうが安かったんです。

そして、家にあったネギと、豚バラ肉、ほうれん草、卵を加えます。
おや、なかなかゴージャスな仕上がりに。

本来、そばつゆは自作派なんですが、
どうも、「ゆでうどんを使った鍋焼き」には、市販のつゆが合うような気がします。




話はアサッテ方向に変わるんですが、
妙なことに気づきました。

どうも、「私の車」、「私のパソコン」、「私の体調」が、リンクしているのではないかと。

おととしの10月~12月にかけて、まずはパソコンがぶっ壊れ、
中古パソコンを購入し、データをサルベージして乗り切ったところに、
今度は車がおかしくなり、四苦八苦していたのですが、
そのころの私の体調といったら最悪でした。
機械の不調によるストレスが原因ではないという、確信があるのです。

パソコン不調になる少し前、
日記に、「何をしたか」が書かれていない日々が、数日。
きっと、書きたくなかったんでしょうね。

でも、「何を食ったか」は、しっかり書いている私。
まあ、それほど重度な不調ではなかったようです。

さて今年の1月中旬、
今度は、また車が不調に。
あとを追うように、パソコンが不機嫌に。

車は、ちょこっとメンテしたら直ったようです。
パソコンは、今までにないような症状が。

そういえばその頃、体調が思わしくなかったのです。
またも、私の不調が乗り移ったか!?




話を戻しまして、お夜食です。

良い体調は、良い睡眠から。

良い睡眠は、良いお夜食から。

と、いうわけで、滋養豊富・高たんぱく高脂肪高カロリーで攻めましょう。
しかも、アツアツで。

アツアツ鉄板ミート

小樽、「ニュー三幸」で、その魅力に気づき、
釧路の「泉屋」によって完全に覚醒させられた、
私の、「鉄板スパゲッティ愛」。

良いお夜食のおかげで、このところ体調が良くなってきた私です。

ところで、パソコンの不具合ですが、
いろいろ調べると、どうも、「帯電」の可能性が高かったようです。

「放電」してやると、あら、すっかり快調に。

まるで、
排泄が終わった私の腸内
排雪が終わった私の町内のように、すっきりです。

古代ローマの哲学者、
グラタニウス・ラザーロの言葉を思い出しました。

「あなたの悩みの原因は、あなたがそれを悩むからである。」

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

その気分でそれを食べる。

メモ#1271:

外食というのはその日の気分を大いに左右するものです。

私の場合、
「明日は何を食べようかな」などと考え、
胃袋を完全に、「ソレ」モードに整え、
いざ、と、望むことが多いのです。

ですが、勤務中の外食となると、
なかなか思うように行きません。

たとえば私はカレーなども好物なのですが、
「今日はカレーの気分じゃないなぁ」と思うことも、たまに。

ところがそんな時に限って、同僚がカレーを強く推し、
なにしろ私のことですから、ご想像の通り、
「いやラーメンだ」などと反論することも出来ず、
不本意ながらカレーを食する、とういことが、しばしば。

なぜだか肉料理が続いた後に、
突然、「焼肉」に誘われることも。
焼肉は大好物なんですが、
「焼肉気分じゃないときの焼肉」というのは、もはや苦行です。

では休日の外食なら万事OKか、というと、
必ずしもそうではなく、先日は完全に「担担麺」の口だったのですが、
多数決の結果、「蕎麦」に。

ご存知の通り、蕎麦も好物なのですが、
担担麺モードの胃袋と脳みそで味わう蕎麦はどうにも・・。

さてそこで、
「よろしいですか、明日の休日はパンダですよ。」と家族に了解を求めます。
よかろう、との意見を得て、いざ、パンダに。

パンダの辛味噌担担麺

熊猫 と書いて、パンダ です。

何を食べても外れがない店ですが、私のイチオシは、なんといっても、この、
『辛味噌担担麺』です。

おや不思議だ。
書いているうちにじんわりと、汗が。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR