お作法。

メモ#1311:

毎日、暑いですね。

札幌地方は、7月上旬の『連続真夏日』の地獄を脱しましたが、
しかしそれでも、エアコンの無い中で、この暑さはきついです。

やはり、食欲が減退しますね。
あと、作る意欲も若干、減退します。
かといって、冷たいものや、軽くて食べやすいものばかりでは、体が持ちません。
皆さんは、どのような食事でスタミナを補給してますか?

え?うなぎ!?・・・いいなぁ。私も食べたい。

さて私といえば、ついつい、このようなものが多くなります。

ミニ冷し中華

ご存知、セブンイレブンの冷し中華ですね。
週に、1~2回くらい、頂いてます。
主に、休日の、『朝食兼昼食』として食べることが多いですが、
時にはお夜食としても。

食べなれてくると、自分なりのお作法というものが出来上がりますね。
私の場合は、まず、スープで麺をほぐしたあと・・。

卵をひっくり返す

このように、『具材ケース』の、ゆで卵をひっくり返します。
その後、麺のケースを左手で持ち、
『具材ケース』を右手で持ちます。

緊張の一瞬

緊張の一瞬です。

かぱっとかぶせる

かぱっ。

綺麗な具材

具材がきれいに並びました。
これが上手くできると、非常に気持ちがよく、今日も暑いけど頑張ろう、
という気持ちになるのです。

もっとも、写真を撮った後は全部かき混ぜてから頂きますが。
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ケンタッキーのビスケットを温める。

メモ#1307:

すでにブログでも書いてますが、
私はケンタッキーフライドチキンが好きなのです。

思えば子供のころ、
住んでいたアパートの近くにケンタッキーが出来まして、
あの、子供心をくすぐる外観と、
他に例えることができない、「ケンタッキーのかおり」。

私は何度かねだったように記憶しております。
買ってもらえなかったように記憶しております。
ひょっとしたら1個くらい、買ってくれていたかもしれませんが、おぼえておりません。

その後、
「ケンタッキーがない地方」に引越しました。
「食べたいのに店がない」状況に追い込まれたのです。
私の思いは募る一方でした。

たまーに、車で2時間かけて、「ちょっとだけ都会」へ出かけたときに、
チキン2個とポテトの、「マイパック」を買ってもらい、
貪る様に食ったのでした。

時は流れ、20代のころ。
札幌で社会人になった私は、自炊しておりましたが、
たまに(といってもけっこうな頻度で)、
ケンタッキーを買って帰り、
まるで子供時代の仇を討つように、チキンを貪ったのです。

さらに時は流れ、
自他共に認めるおっさんとなった今、
さすがに何ピースも貪ることはなくなりましたが、
たまに、食べたくなります、ケンタッキー。

今日はごちそう

6ピースパックですが、ひとりで食べるわけではありません。
家族3人で分け合っていただくのです。

そして、チキンと同じくらい好きなのが、ビスケットです。

3個あったのですが、1個、残ってしまいました。
翌日に、温めなおして食べます。

ビスケットを蒸す

小鍋に、少量の湯を沸かし、金属製のザルを用意し、
ビスケットを蒸かします。
もちろん、蒸し器を使っても良いのですが、
我が家の蒸し器はやたらとデカイので、小鍋を使います。

ビスケットをしっかり蒸す

蓋をして、5分ほど蒸します。蒸しすぎには注意しましょう。

トースターで焼く

しかるのち、オーブントースターで軽く焼きます。
温度調節が付いている機種なら、120度で5分。
付いてないなら2分ほどが、ちょうど良いでしょう。

ああ、美味かった。ビスケット。いやもちろん、チキンも。

ただ、若いころと違って、
もうしばらく、ケンタッキー無しの日が続いても、平気です。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

対応策。

メモ#1304:

以前、
『フードコートは好きだけれども、最近は、フードコートなのに高いお店が多い。』
と、不満を書いたことがあります。

さて先日、
フードコートであんかけ焼きそばを食べました。

さすがに、
「セルフうどん」ほど安くするのは無理でしょうが、
フードコートで800円以上するのなら、
本格中華専門店で1000円のあんかけ焼きそば食べたほうがマシです。

フードコートなら、
せめて、600円台で頂きたい。

と、いうことで、
600円台の店、「王華」へ。
同じフロアに800円台の店がありますが、行くもんですか。

ポケベルが鳴りました。取りに行きます。

「フードコートなのに高い」不満を書いたとき、
「酢を途中から入れられない悩み」を吐露しましたが、
私も、ただ悩んでばかりいられません。

「レンゲ」を借り、お盆へ置き、そこにお酢を注ぎます。
お酢がこぼれないように、席へ慎重に運びます。

フードコートのあんかけ

これで、
「途中からお酢を使う。」という、
いつもの私の、「あんかけ焼きそばお作法」を完遂することができます。

ちなみに私、「からし多目」も好きなのですが、
このお店では小袋のからしがカウンターに用意されています。

「一人前で、からし二袋」は、それは、「フードコート道」に反するような気がして、
一袋でガマンします。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

私は初心者ではない。

メモ#1297:

なんだかここ数年、

「パクチー」

がブームのようです。

ええ?
あれが?
そうですか。

いや、結構。
文句は言いますまい。
ある食材が流行るということは、良いことです。

ところで私、
皆様ご存知のように(実はブログに一回だけ書いていたようです。)、
パクチーが苦手です。

しかし、どうしたことでしょうか。

私のようなオッサンが、「パクチーが苦手」というと、
あたかも鬼の首を取ったように、

「らざーろさぁーん、食わず嫌いはダメですよぅー。」などと、小娘が。
いかにも、これだからオッサンはダメなのよ、と言いたげな口調で、小娘が。

小娘どころか、小僧ですら、
「らざーろさぁーん、ナウなヤングはパクチーっすよ」などと。
ミツバとイタリアンパセリの違いも判らぬその口で、よく言えるな、小僧。




私の、「パクチー嫌い」は、
決して、「食わず嫌い」では無いのです。

私はほんの一時期、シンガポールに滞在していたことがあり、
観光ではなく、お金も潤沢ではないので、
食事は住居の近くか、職場の近くの、
「ホーカーセンター」で済ませることがほとんどでした。
日本で言うところの、「屋台村」っぽいところを想像していただければよいと思います。

当時の私の好物は、シンガポール名物の、
「海南チキンライス」。
「シンガポールチキンライス」とも言いますが、なにしろ、
シンガポールではチキンライスといえばソレですから、
わざわざ、「シンガポールチキンライス」などとは言いません。「チキンライス」です。

滞在中の食事は、二日に一度の割合で、そればっかり食べてました。
美味いんですもの。
それに、普通の店で2ドル~3ドル。
(オーチャードロードあたりの、観光客向けの店では、もっと高いのもあったようです。
 このあたりは、日本と同じですね。)
当時(1993年)のレートは1シンガポールドルが70円弱でしたから、
一食150~200円ちょっとです。

しかし、どのお店にも、必ず乗っていたのでした、パクチーが。

はじめの頃は、
「ほほう、個性的な香りだなぁ。」とか思いながら食べていたのですが、
徐々に、
「なんだか、『キャベジン』のニオイに似てるなぁ・・。」となり、
しまいには、
「・・・じゃまだなぁ・・。」と思うようになってきたのです。

先ほど、『二日に一度はチキンライス』と書きましたが、
それを食べない日には、
「ダックライス」とか、あと、わすれましたが「なんとかライス」とか、
それらを食べてましたが、それにも乗っているのです、パクチーが。

つまり私は、日本国の成人男子が一生分に食べる以上の、
「パクチー」を食べてきたのです。
その上で言うのです。「パクチーが苦手だ」と。

ですから、決して食わず嫌いだとか、
新しいもの嫌いではないのです。




あらなつかしや、パクチー。

私が大好きな、某中華料理店。
汁無し担担麺のトッピングとして、
あらなつかしや、パクチーとご対面。

もちろん、しっかりと頂きましたよ。
苦手ではありますが、食えるのです。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

夜食として頂くカツ丼は美味しい。

メモ#1296:

ああ。
そういえば数年前、贔屓のチームが負けるたびに、
「野球」カテゴリの記事を書いていたのが懐かしい。

今年はシーズン開幕後、
2回しか更新していなかったので、
まるで2回しか負けてないみたいじゃないですか、ははははは。

願掛けじゃないカツ丼

カツ丼です。

食いたかったからです。他意はありません。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR