蕎麦屋でカレー。

メモ#1377:

私の、外食の画像をご覧いただければお気づきのとおり、
たいていの場合、麺を頂きます。

家でも、麺を頂きます。

炭水化物は、ほとんど、麺で摂取します。

たとえば職場の昼休み、
大衆食堂やファミレスに誘われたときでも、
その店のイチオシではない、麺料理を注文したりします。
皆が日替わり定食を食べている横で、私一人がラーメンを。




そんな私が、今日、滅多に無い経験を。

蕎麦屋で、麺を食わなかったのです。

人気の蕎麦店で、蕎麦ではなく、うどんとか、ラーメンを注文することは時折、あります。
ご飯モノを食べる場合は、蕎麦とのセットだったりします。
しかし今回は、ご飯モノのみを。

ゆで太郎のカツカレー

ゆで太郎のカツカレーです。
以前、ゆで太郎に行ったとき、近くのお客がカツカレーセットを食べていて、
「美味そうだなぁ。」 と思っていたのです。

空腹であれば、迷わずカツカレーセットを頼み、蕎麦も楽しんだのでしょうが、
今回は単品で。

いやぁ、実に美味かった。
次回は単品でカツ丼を頼んでみようかな。と思ったほどです。
でも実際は、もりそばか、かきあげそばになるんでしょうけど。
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

日替わりメニューが百花繚乱。

メモ#1370:

桜を楽しむのもよいものですが、
桜を求めてアチラコチラを走り回るのも、ちょっと疲れます。

おまけに、連休後半(私は連休じゃありませんが) は、
天気もイマイチでちょっと寒かったのです。
寒い中で行動すると、カラダもこわばり、意外と体力を消耗するものです。

ただ、ちょっと遠いとはいえ、
美味しいものを食べるんだったら話は別です。
ぜんぜん疲れません。

どうやら今年初かもしれない、
あんかけ焼きそばが美味い店へ、行ってきました。
5月4日です。

何度かブログにもアップした店です。

人気の店に、(世間では)休日の昼時に訪れて、
駐車場が1台分だけ空いていて、そこにすっぽりと車を納めると、
神に感謝したくなります。サンキュー神様。

あんにんあんかけ

ここのお店のあんかけは、
こんもりと盛り上がり、しかも器が深いので、かなりのボリュームです。
濃い目のあんと、麺の焼き具合が私好みです。

あんにんひがわり

母は、『日替わりランチ』 を。

日替わりランチを出す店は数多かれど、
たいていのお店の場合、
月に2~3回は、同じメニューが登場しちゃったりするものです。

しかしこのお店は、
まるまる一ヶ月、全部日替わりなのです。

近所に住んでいる、若しくは勤務している方は、
定休日以外、毎日通っても、メニューがかぶることが無いのです。

私だったら、・・・ あ、それでも半分くらいは『あんかけ焼きそば』 を単品でオーダーしてしまうでしょうけど。

まだまだ、5月は始まったばかり。
このお店、『中華厨房あんにん』 今月の日替わりを大公開です。
参考にしてください。

あんにんひがわりメニュー表

私は、31日の、『酢豚』 をひそかに狙っています。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

豚肉と私。

メモ#1367:

ドサンコです。

北海道で生まれ育ちました。

京都に住民票があったこともあります。
でもドサンコです。

両親共にドサンコです。

父は三笠市生まれ。
母は札幌(すすきの)生まれ。

じーちゃんばーちゃんは、
父方母方ともに、東北です。

父方の父方は、秋田。
父方の母方も、秋田。

母方の父方は、山形。
母方の母方は、宮城。

西に比べて東日本は、
牛肉の消費量が少ないと聞きます。

生活実感として、そのとおりです。

私に限って言えば、
「牛」の消費量など、「羊」のそれよりも下回るほどです。

あ、大丈夫です。過去記事じゃありません。

ポークチャップ

ポークチャップを作って食べました。
やはり、私は牛よりも豚が好きです。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

棒棒鶏。

メモ#1362:

「一時期ちょっとだけ」 ハマる料理ってありますね。

私は最近、バンバンジーに。

きっかけは、
犬に与える鶏ムネ肉をゆでながら、
「美味そうだな。」と思ってしまったことです。

早速、きゅうりと市販の「バンバンジーのたれ」を購入し、
食べてみるとやっぱり美味いじゃないですか。

それからは、
いくつかの工夫をしながら週に一~二回ほど、頂いています。

バンバンジー01

最初は市販のたれをそのまま使いましたが、
私には塩気が多く感じられましたので、
すりゴマにごま油、砂糖、僅かの醤油を混ぜて練り、
それに市販のたれを足して使っています。

バンバンジー02

野菜は当然、きゅうりがメインですが、
スーパーで100円台で売っている、
「サラダ用刻み野菜」を加えます。
今までのところ、
レタスは当然として、水菜や大根なども合うようです。

バンバンジー03

鶏の調理法ですが、
いろいろ試した中では、
『ひたひたの水で茹でて、鍋の中で冷めるまで放っておく。』
のが一番、肉がしっとりとして美味しいです。

なお、皮の部分は私が独り占めします。
私以外でそれを好きな家族がいないからです。
これ以上お肌ツヤツヤになったらどうしましょう。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

らざーろさんには珍しく、お魚の話。

メモ#1358:

寿司ネタの王者といえば、
昔も今も、『マグロ』 であろうと思っているのですが、
近年は、『サーモン』 の勢いがすごいんですってね。

もちろん回転寿司や宅配・持ち帰り寿司でよく聞くデータではあるんですが、
子供に限ると一番人気は『サーモン』 だったりするんですってね。

いや確かに、サーモンは美味いんですが。
やはり、時代と共に味の嗜好と言うのは変わるものです。

そもそも私が子供のころなどは、
鮭は、思い切り塩を振った「塩引き」 の切り身を焼いて食べるのが普通でしたから、
もう、アレです。脂が多いとか少ないとか、あまり関係なかったような。

そういえばマグロだって、昔は、
『トロ』 の部分は脂が強すぎて不人気であったと、書籍で読みました。

それはおそらく鮭も同じで、
脂が多いと保存が利きにくいという理由もあったのでしょうか、
あまり、「わぁ、この鮭は脂が多くて美味いなぁ。」 と、
言った事も聞いた事も、子供のころにはありません。

もちろん最近では、
脂の乗った『トラウト』 を喜んで頂いてます。

今日の食卓に上った、
『ホッケ』 をつつきながら、以上のようなことを考えていたわけです。
どうやらホッケも、昔は、不味な魚と言う扱いを受けていたとか。

ぼんやりとした思い付きですが、
それはきっと、「脂の多さ」 に関係しているような気がするのです。

マグロにしても、鮭にしても、
昔は脂の多い部分や種は珍重されていなかった・・。
ホッケも、きっと脂の多さゆえ、
昔は不味とされ、今では逆にもてはやされるようになったのかもしれません。

しまほっけ

ちなみに今回は、
脂が多い「縞ホッケ」 です。
しかしホッケ漁の盛んな地域では、「真ホッケ」 のほうがツウ好みだという声も。
いずれにしろ、ちょっと気取った居酒屋などでは、結構なお値段だったりしますね。
ですから私は外では食べません。家で食べます。

この魚を買うときの難点は、
わりと当たり外れが大きいということでしょうか。
あくまで生活実感ですが。

いかにも、「脂が乗っていて美味そうだなぁ。」 と思って購入しても、
いざ焼いて食うとカッスカスだったりすることが、たまに、あります。
植物油をハケで塗って陳列しているのかしらと、疑う気持ちにもなります。

そうかと思えば、あまり美味そうに見えないけれど、
特売だから買ってみたやつが、最高に美味かったりします。

奥深き、ホッケの世界。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR