今、「ハヤシスパ」がブーム!(私の中で)。

メモ#1305:

先日は、私が夕食当番でした。
私はオヤスミで、母はいろいろと、社交的に忙しいのです。
はて、何を作ろうか・・。

あ。牛バラの薄切りが安売りしている。
そうだ。ハヤシライスにしよう。




「あら美味しいわぁ。」

でしょう。しかも、ものすごく経済的ですしね。

「らざーろ、お前は食べないのかい?」

大丈夫です。あとで頂きます。

そして、深夜。
家族が寝静まったころ、私はいつものように、
台所でゴソゴソし始めるのでした。

ふふふ。今回のハヤシは美味くできたぞ。
特に、ソースの粘度がちょうど良い。
これは、当然、ライスじゃなくて、コッチでしょ♪

秘密のハヤシスパ

ハヤシスパです。さあ頂こう。

「おじさんおじさん。」

だっ、だれだぁ!

「僕だよう。忘れたの?」

はっ。本気で忘れそうだったが、思い出したよ。
『ハヤシ王子』だね。
たしか、石狩の柏林からやってきて、姓はハヤシ、名はトシアキ、
その他のキャラ設定は、考え中という。

「正解!」

やったぁ♪
いや、『やったぁ♪』じゃないぞ。
何しに来たのかな?

「明日のハヤシを、もっと美味しくする方法を、教えに来たんだよ。」

お。それは有意義な。
教えてくr、ください。

「あのね。おじさん、ビール飲むじゃん。」

飲むよ。

「ビールをね、少し、ハヤシに入れるの。
 そしたらね、すごく美味しくなるよ。」

ほほう、これは役に立った(知ってたけど)。
ありがとう。

「じゃあ、今度来たときも、裏技を教えるよ。」

あ。帰っていった。
2014年11月27日以来、
久しぶりの登場なのに、意外とすんなり帰っていった。

さて、食べよう。あ、美味しい。

・・・まさか裏技って、
「ミックスベジタブルからグリーンピースだけを取り出して、
 ハヤシに飾る」
とかじゃないよなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

カルボナーラで安眠。

メモ#1283:

年が明けてからも、順調に外食をこなす私。
この分で行けば、年間150食くらいは行けるでしょう。

しかしその一方で、
「お夜食」が減っている私。

そもそもは、昨年夏から、ペナントレースが熱くなり、
勝っては疲れ、負けては食欲減退という流れになり、
その流れを引きずったまま、
「夜食見送り」という日々が続いたのです。

これではいけません。

だってお夜食ブログなんですから。

最近、お夜食が復活しました。

もちろん、高たんぱく高脂肪、高炭水化物にして、高カロリーです。

復活のカルボ。

年末年始のセールが過ぎると、
なぜだかスーパーに、
ハムやらベーコンやらが大量に、お安く。

そこでブロックベーコンをゲットしたのです。
これは、カルボナーラを作るしかないでしょう。

ううむ、やっぱりお夜食は、
高たんぱく高脂肪高炭水化物高カロリーに限りますね。

とりあえずWBCが始まるまで、
「体重増加期間」とします。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

夏のカレースパ。

メモ#1259:

夏だ!サザンだ!タツローだ!
あと榊原郁恵とか早見優とかも。もちろんビーチボーイズもね。

そんなわけで夏です。
今日は雨でしたが、このところは夏日が続いているらざーろ地方です。

先日は、ひんやりと涼しげで、それでいてゴージャスな、「冷やし狸」をご披露したわけですが、
夏といえば、グラt・・・いや、カレーの季節でもあります。

「普通のカレーライス」も、人並み程度には好きな私ですが、
そこはやはり、スパゲッティに仕立てたくなるのが私の私たる所以。

「普通のカレー」をスパゲッティにかけても、
それはそれで美味ですが、
スパゲッティには、ひき肉を使ったカレーが似合う、と思うのです。

かつてはせっせと、ひき肉を炒めるところから、
「カレースパゲッティ用ソース」を自作したものですが、
最近は時間がなく、市販品を有効活用しております。

よく見かける、「キーマカレー」のレトルトですが、
吟味が必要です。
幾度かの検証の結果、やはり、100均やディスカウント商品のソレは、
ひき肉の固形物感が希薄で、
あまりにシャバシャバして、麺に絡みません。

「なら自作しなさいよ。」との声を無視し、
ちょいとお高めのレトルトキーマカレーを使ったのが、こちらです。

夏のカレースパ

『銀座キーマ』を使いました。これは美味かった。
ソースに一切のアレンジを加えてません。それでも、いや、それが美味かった。

何か一工夫、アレンジしたい派である私も。大満足のお味です。
なんといっても、太目のスパゲッティにあうのが高得点です。

ちなみに、「具」に関しては、
「トンカツ」を乗せ、さらには黄身をトッピングするなど、これでもかとアレンジした私なのでした。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

こってりお夜食でゴー!

メモ#1251:

お出かけ記事はいったんお休みして、
久々に「お夜食記事」です。

先日は、カルボナーラなどを。

濃厚カルボ

卵黄と粉チーズ、ベーコン、そして黒胡椒だけの、
シンプルにして濃厚なヤツです。

私は小食なのですが、
スパゲッティならペロリといけてしまうのです。
ああ、こまった。
書いているうちに、また作りたくなってきてしまったではないでか。

そういえば、最近グラタン王子はどうしてるかな?
明日あたりは運動会、いや、体育大会でしょうかね。


テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

悩む私。

メモ#1249:

つまりですね、私が求めているのは、「お店の味」なのです。

これでは、自作する意味が無いではありませんか。
あ、いきなりスイマセン、ミートソースの話です。

スパゲッティが大好きな私。
特に、ミートソースが好物です。
あとは、カルボナーラ。時折ナポリタンや、納豆スパなどを。

多くは、自作しますが、最近の勤務状況事情により、
コンビニのチルド商品や冷凍を頻繁に利用します。
これがまた、美味いのです。

で、ある日、業務用スーパーで、業務用のミートソースを購入したのです。

業務用
こんなヤツです。デカイです。

コレがまさに、私が求めていた、「お店の味」です。
当然です。業務用ですから。

自作の場合、
どうしても、ひき肉とソースの渾然一体感が希薄で、
「ひき肉入りトマトソース」のような味になり、
それはそれで、美味いのですが、「私が求める味」とは違うのです。
ちなみに「こんぜんいったい」で変換すると、最初に「婚前一体」と出てきました。なんてふしだらでしょう。

私が求める味、作りたい味として、
以前、このお店のミートソースを記事にしました。
以下の記事です。

この記事 → ミートソースの記事

自分で書いたのに探すのに苦労しました。
「スパゲッティ」カテゴリではなくて、「北海道」カテゴリに仕分けされていたからです。
なお、このお店が「業務用缶詰」を使っているわけではありません。




業務用缶詰を購入する前は、
「家庭用缶詰のでかいヤツ」程度の認識でしたが、明らかに味が違うのです。
どのように違うかと申しますと、家庭用は「家庭の味」で、業務用は「お店の味」です。
だって当然です。業務用ですから。さっきも書きましたね。

上手に表現するのは難しいです。
私は困ってます。いや、普通の人は困らないでしょう。
私は困ってます。普通の人ではないのでしょうね、私。


お店の味


少しでもお店の味に近づけるため、
 (あ、大事なことを補足しておきます。ここで言う「お店」とは、イタリア料理店ではなく、
 喫茶店や昔の洋食屋、もしくはドライヴイン的な、「お店」です。)
ルーミックの魔法の粉を使い(コレがあると喫茶店っぽくなるのです。)、
一度に大量に仕込み(カレーやシチューと同じように、イッパイ作るのが基本です。)、
あえて一日目は我慢し、二日目にいただく(ひき肉とソースの一体感を促進するためです。)、
などの努力をしてきたのに。

こんなウツワも

ステンレス


あと、お気づきでしょうが、あえてレトロっぽいお皿や、
ステンレスのウツワを多用するのもその一環です。
あと、鉄板も。

ああ、それなのに、それなのに。
「業務用缶詰」を使うだけで、求めていた味が完成してしまうのです。

では、私はどうすべきか。

「別の業務用缶詰」を購入し、さらに悩むこととします。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR