ラジオ観戦

メモ#0160:

カレーライスを早めに作りました。
観戦体制はばっちりです。

ラジオを片手に、パソコンの前にスタンバイ。
おや、今札幌ドームで試合をやっているのはコンサドーレでしょうか。
なんだか、ここ数日サッカー並みのスコアが続いています。

あ、今勝ちました。
今日も1-0です。
大野のゴールが見事でした。

「4試合連続完封勝ち」は記録みたいですが、
もっと点を取ってくれたらウレシイナ。

記念夜食はのちほど。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

愚痴っているようで、実は満足。

メモ#0161:

スポーツニュースを巡回し、
さあ、それではカレーライスを頂きましょうかと食卓へ。
おや大変です。カレーはありますが、ライスがありません。

先ほど「匙の先ほど」だけカレーライスを味見したんですが、
家人は、それを見て私の夕食が完了したと認識したようです。

せっかく、米飯登場頻度が、麺類と比較して著しく低い私のブログに、
華々しく「ライス」を登場させようかと思っていたのですが、叶いませんでした。

しかし、胃と口はカレーを欲しております。
「カレートースト」も考えましたが、
台所の片隅に「ハウス特製・カレーうどんの素」を発見。

うどんの乾麺はありましたが、細いタイプなので、
ここは蕎麦を選択。
ダシよりスパイスがやや勝っている印象ですが、
おいしくいただきました。

かれーそば

ブログで、記事の予告めいた文章を載せると、大抵は後悔することになりますので、
「載せる」とは言いません。
しかし、明日は必ずカツカレーをいただきます。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

残念カツカレー

メモ#0162:

昨日の夕飯のお話です。
ご飯はしっかり炊いて、カツもしっかり揚げて、
「さてそれでは、カツカレーをいただきましょう。」
と居間へ降りたんですが。

ああ、残念。
肝心のカレーがちょびっとしかありません。
「ライス」の確保に神経を使いすぎ、
「カレーの減り具合」はノーマークでした。

残念カツカレー

お鍋をコソイデこそいで、やっとこの状態です。
カレーが少ないので、ご飯も少なめです。
ご飯が少ないので、カツが余ります。(今日のオツマミにしました。)

あまりのショックに、福神漬けを添えるのも忘れてしまいました。

唯一の救いは、「旨かった」ことです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

新記録ならず。

メモ#0163:

今日は、「悪いほうの吉川」が先発でした。
よく2回まで抑えましたね。これでタイ記録です。
3回ウラ終了時点で、一試合分の神経を使いました。
新記録は達成できませんでした。

ラジオ観戦は、ただでさえ疲れるんですが、
今日はプレイボールが午後3時という中途半端な時間だったこともあり、
中継終了後に、ビールの350cc缶を一本空けたところでぐったりと眠くなってしまいました。

危うく「朝から大繁盛の店」を見損なうところでした。
愛知モーニングの店、見られて良かった。
おや「茶碗蒸し」を出す店がナイ。もう2・3店舗見たかった。

さて、アド街を見終わって、いよいよ夕食です。

材料としては、
「昨日揚げたカツ」
「ごはん」
「そば・スパゲッティなど麺各種」
「牛乳」
「卵」
その他、玄関には玉ねぎなどの常備野菜があります。

今まで、「三日連続ミートボール」ということはありましたが、
「三日連続カレー」となると、私のブログ上でタイ記録となります。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

通りの名前

メモ#0164:

お夜食関係の記事は、いったんお休みです。

札幌中心部は碁盤の目のように区画整理され、
非常に解りやすいんですが、
一方で、「通りの名前」が、ちょっぴり情緒に欠ける印象が否めません。

ほんの一時期、京都に住んでいたことがありますから、
余計にそう思うのかもしれません。

市内中心部で、「南2条通り」と「南3条通り」の間にあるのが、「狸小路」。

しかし、南2条も、南3条も、なかなか個性的なお店が並ぶ通りなのですが、
何か、いい呼び名をつけてあげたいですね。
私の周りでは、「狸小路の一本北」「一本南」と表現した方が、すんなり理解されます。
なんだか不憫です。

「西5丁目樽川通り」は、札幌駅より北では「北大通り」という通称が一般的ですね。
あ、ちなみに、「きたおおどおり」ではなく、「ほくだいどおり」と読みます。
面白い事に、同じ通りなのですが、JRの高架をくぐって南へ行くと、
誰も「北大通り」とは呼ばないところが不思議です。「すすきの大通り」を越えると、
ぐっとディープな雰囲気になります。
ススキノの、「一番ススキノらしい通り」です。

北と南で、こんなに雰囲気が変わる道路もなかなかありません。

さて、その「すすきの大通り」ですが、多くのドライバーにとっては、
「サブロク」という通称の方が解り易いかもしれません。「36号線」だからです。
他に、「月寒通り」という呼び方もあります。
地図を確認すると、「室蘭街道」とも書いてありました。
昔は、この通称が一般的だったのかもしれません。

大通より南の「西2丁目通り」。
「2番街」という通称で、商店街はがんばってますが、
昔ほどのの賑わいはありません。
かつては、デパート・スーパー・映画館密度が非常に高い地域だったのですが、
今では「ミドリヤ」「そうごデパート」「東宝日劇」「帝国座」
が無くなってしまいました。

また、昔は電気屋さん密度も高かったのですが、
今では「アニメ・マンガ」密度が高まりました。
アキハバラみたく、一緒に高まれば面白いのに、
札幌にはそこまでの需要がないみたいです。

「西3丁目通り」は、もっと不憫です。
結構賑わってはいますが、コレといった特徴がありません。
通りに面した百貨店といえば「イケウチ」のみ。

あ、通りに面して「時計台」がありましたか。
では「時計台通り」と名づけましょう。

・・とか言っても多くの市民にとって、
「アレ、時計台って1丁目だっけ?2丁目だっけ?」程度の認識ですので、
定着しないかもしれません。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

深夜のカップめん。

メモ#0165:

先日、3日連続カレーが達成できなかった日の、夜食です。
よっぽどぐったりしてたのでしょう。
当ブログ初登場となる、カップめんです。

初登場とはいえ、カップめんは時々食べてます。
「床下収納庫」に、大抵一つか二つは見つかります。
スーパーで特売をしている、88円くらいのものが多いのですが、
今回は、ちょっと贅沢にコレです。

すみれパッケージ
すみれスープ
液体スープを、フタの上で温めます。
粉末スープは、別に温める必要は無いんですが、横に添えてみました。

完成です。
すみれ完成
写真をアップして初めて、「こんなに油が多かったのか!」と気づきます。
気づくのが遅いですね。

麺が見えませんから、
すみれ麺
「持ち上げ」をやってみました。
よくできた麺です。いやー旨かった。

おや、私の胸ポケットにはこんなものが。
いけないモノ

少々酔っておりましたし、土曜の夜ということもありましたから、チョーシに乗っちゃいました。
「バター乗せ」の暴挙に出なかっただけ、まだ正気は保っていたようです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

無茶しない。

メモ#0166:

またしてもカルボっぽい

初登場です。お皿が。

本当は、「鉄板に乗ったカルボっぽい何か」という無茶をやりたかったのですが、
この日は、そこまで酔ってなかったようです。

ちなみに、「鉄板カルボ」といえば、名古屋の「マホガニー」が有名?ですね。

もっと酔ったときに、作ってしまうかもしれません。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

正直者と仲間たち。

メモ#0167:

らざーろ、あなたは、なかなか正直者のようです。」と、夢で言われました。
いえ、私はただ、「立て札」通りに道を進み、最後に、岩にはさまれた人を助けてあげただけなのです。
と、思ったところで目が覚めました。16歳の誕生日でした。

性格判断」には色々ありますね。
「好きなものはとっておいて最後に食べる。」
「流行に敏感だと、よく言われる。」などなど。

「ドラクエ3で、最初にどんなパーティーを組むか。」
なんていうのも、性格判断に使えそうですね。
私の場合は、いつもこうです。

いつものパーティー

武道家3人でガンガン進みます。
王様から賜った「こんぼう」はサッサと売っぱらい、
「やくそう」をたくさん持って、いざ出発です。

ちなみに、勇者らざーろは「流行に敏感だとは、一度も言われたことが無い」タイプです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

めんつゆの黄金比

メモ#0168:

北海道も、やっと暖かくなりました。
これからの季節、蕎麦やそうめんを作ることが多くなりますが、
そんなときに活躍するのが、自作のつゆです。

学生時代に読んだレシピ本に、「簡単めんつゆ」が載っていました。
それによると、
醤油:みりん:だし汁 の比率を
1:1:4
にするのが「黄金比」とのことでした。
今でも、若干のアレンジは施しつつ、基本は頑なにその比率を守っています。

さて、せっかくのめんつゆ、やっぱりキリッと冷えてなければいけません。
年越しそばのシーズンであれば、つゆを保存したビンを玄関に置いておけばよいのですが、
さすがにこの季節になると、冷蔵庫に入れなければいけません。
ちょいと、かさばります。

そこで、「そうだ!市販のつゆみたいに、濃縮つゆを作ればいいんだ!」と、気づきました。
そうすれば場所もとりません。また、味が濃いほうが、若干ながら日持ちもします。
「アッタマいー!」と思いながら、
1:1:2」の比率でつゆを作りました。
それを、2倍に薄めて使ったのですが、おや、何故か味が薄い。

指を折って数えてみたんですが、どうやら単純な計算間違いだったようです。
2倍希釈用のつゆは、「1:1:1」で作らなければいけません。
ピンと来ない方は、指を折って数えてみてください。

つゆ

ちなみに、「かけつゆ」は、
ストレートの場合、
1:1:10」で作りますが、
1:1:1」の「濃縮つゆ」を使う場合は、4倍希釈です。
今、指を折って計算しましたから間違いありません。
足の指も使いましたが。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ギョーザ

メモ#0169:

人によって違いはあるでしょうけれども、
テレビなんかで映像を見ると、
無性に食べたくなる料理ってありますね。

ぎょうざ

ギョーザです。
私の中では、「カレー南蛮」と並ぶほど引力の強い料理です。
写真は、スーパーで特売していたチルド餃子です。

本場中国では、水餃子の方が一般的で、焼き餃子はあんまりメジャーじゃないとか。
あと、皮部分が主食になるんで、
ギョーザとご飯は一緒に食べないと言う話も聞きました。
それから、基本的にはニンニクは入れないらしいです。

もうこうなると、庶民の味方「ギョーザ定食」はリッパに日本料理ですね。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

土鍋でグラタン

メモ#0170:

こんばんホフパワー(8号、昨日の分)。
こんばんホフパワー(9号、今日の分)。

昔、「美味しんぼ」で読んだと思うのですが、
「すっぽん鍋」を作り続けた土鍋で、
普通にご飯を炊くと(雑炊だったかも)、ご飯にしっかりと、すっぽんの味が付いている・・。

そんなことってあるのかなぁ、
と思ったものですが、
どうやら、そんなことってあるのかもしれません。

最近は、土鍋で普通に「鍋焼きうどん」を作っても、
ほんのりと、「ミルクのかおり」が漂うようになりました。

土鍋で調理
そのまま食う

鍋片付けの手間が、ひとつ省けます。




昨日も今日も、
なんだか、勝ったたような気がしない勝利です。
梨田監督の気持ちもわかります。

残されたビジター4戦、ほふほふは一塁スタメンで使われるのでしょうか。
そんなことを思いつつ、今日もホワイトソースを仕込む私なのです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

バター一族の逆襲

メモ#0171:

雲が厚くて雨が降ったりなんかすると、
すぐ寒くなる札幌です。
油断していると雪でも降ってくるかもしれません。

そんなことはどうでも良いのですが、
先日、義理のある方のお通夜に行ってまいりました。
帰宅時間は夜の9時です。

こんなときは、ほか弁が活躍するのですが、
(私は、得のりタルが好きです。)
ご飯は炊いてありましたので、
セイコーマートの100円惣菜にしました。

旨かったです。

セイコーマートは偉いです。
何日も船が出ず、礼文町でカンヅメになったときでも、
加工食品などはしっかりと陳列してありました。
実際、都市部のコンビニと違い、倉庫がやたらと広いのです。

さて、そんなセイコーマートで、最近感心させられているのがコチラです。
セイコーマートのすごいヤツ

最近推している「バタークロワッサン」の姉妹商品なのでしょうね。
「バター魔人」の異名をとる私も納得の一品でした。

実際、スーパーのクロワッサンには、あろうことか「油脂の主力がマーガリン、またはショートニング」という商品も存在しますが、
そんなものに「クロワッサン」を名乗らせてはいけません。
「マーガリン一族」はいつの間に勢力を伸ばしたのでしょうか。

この商品は、香りが「バターバター」していて、お値段以上の満足感です。
ビバ!バター。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

またも無援護。

メモ#0172:

ああ、負けました。
今日の負けはツライ。
一言で言うと、「食欲が無くなる負け方」です。

勝には今日も無援護。
ひょっとして、ロッカールームで攻撃陣にイタズラでもして、
根に持たれているのでしょうか。
だとしたら、私がかわりに謝りますから、何とか点を取ってやってください。
お願いします。

手元の計算ですが、防御率はついに1.30ですよ。
(間違ってたらごめんなさい。)
ことによると、リーグトップに躍り出るかもしれません。

さっき揚げたトンカツ、どうしよう。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

切り替え

メモ#0173:

困ったことに、「二日空く」のです。試合が。
この気分を土曜日まで持ち越しです。

私の「精神的特技」は「切り替えが早い」ということなんですが、
マサル・ダルでの連敗はきついです。

昨夜は、結局カツを食べなかったので、
今夜にでも「カツ丼」にしようかと思っていたのですが、
どうもガッツリ行く気が起こりません。

とはいえ、せっかくのカツ、食べないわけには行きません。
何とか気持ちを切り替えて、美味しくいただきましょう。

ちょっとその前に、素振りして風呂入ってきます。
ではのちほど・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

カツ丼だぁ!

メモ#0174:

切り替えましたー♪。

まぁ、考えてみればもう交流戦は大きく勝ち越してますし、
対阪神戦も、お互い「ホームで快勝」ってことで。

ビジターが続きますので、カツ丼もビジター仕様。
最初は、福井・会津・もしくは駒ヶ根方面を意識したのですが、
揚げ置きで、しかも目の粗いパン粉を使ったカツの場合は、
それには合いません(多分)。

そんなわけで、甘めのソースでカツをちょいと煮込んで作ってみました
出来上がりは、なんだか岡山のデミカツ丼とも微妙に違う、
らざーろ風の仕上がり。
写真で見ると、なんだか「あんかけカツ丼」みたいですね。

ソースカツ丼状のもの

旨かった。
以上、切り替え終了です。
明日からも頑張るぞー♪。

・・ホームが遠いなぁ・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

アツアツ焼き焼き

メモ#0175:

最近、料理を作ると「一応、写真を撮る」ことが癖になってしまいました。
もちろん、「毎回必ず」ではありませんし、また、撮ったからといっても、
必ずブログに載せるわけではありません。

載せる、載せない、は別にして、
日付と時刻がしっかり記録されているので、
改めて見てみると面白いですね。
「おや、こんな時間にこんなものを作って食べたのか・・。」
あとでちゃんと整理すれば、
「その日の活動と夜食の相関関係」なんか分析できるかもしれません。

今、画像ファイルを整理していたんですが、
うーん、多いですね。グラタン。
実は、近々ブログの模様替えを考えているのですが、
その際、「グラタン」というカテゴリーを作るべきか、悩んでいます。

私のメモは、「季節の話題、昔の思い出、または野球の愚痴などを書き、最終的に料理の写真でごまかす。」
というのが基本ですので、
「グラタン」の写真が載っても、話題はそれではない場合が多いのです。
カテゴリ分けがメンドクサイです。

一応、最近作ったグラタンを記録してみましたが、
もちろん全部ブログに載せたわけではありません。

遡ります。
6/16,12,7
5/28,23,4
3/16,4
2/26,19,10

これ以前は、あまり写真を撮る習慣が無かったようです。
4月はグラタン食べてませんね、体調が悪かったのでしょうか。

6月16日のグラタン

写真は、6月16日のグラタンです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

中田もいいけど、ケッペルもね。

メモ#0176:

週末はのんびりしようと思っていたのですが、
この「金・土・日」は、なんだかちょっと忙しいです。
今日(18日の土曜日)は、夜遅くまで車を運転する用事があったため、
「夕食兼夜食」をさっき食べ終わりました。

グラタンでした。

今、スポーツニュースのハシゴを終えて、寝るところです。
今日は中田が大活躍で、それは非常に嬉しかったのですが、
こんなとき、全国放送ではほかの選手をあまり映さない傾向があります。

「小谷野のホームラン」をスルーする局があったらネタにしてやろうかと思ったのですが、
見た限りでは全部放送してましたね。
ただ、ケッペルは1秒も映ってませんでしたが。

『記録的な援護の無さ』で、ファイターズファン以外にもその名前が浸透した感のある、
我らが武田勝ですが、
「5回までパーフェクト」を完全にスルーされるケッペルさんも、今後のネタになりそうです。
CM中に打席が終わる」でお馴染みの、現ベイスターズ、稲田選手を思い出します。

「あの貫禄で、まだ29歳」「チャリティーマッチでの感動的なスピーチ」
「娘、めんこい」・・。

ファイターズの選手たち、魅力イッパイです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

岩見沢でシメました。

メモ#0177:

「怒涛の金・土・日」が終わりました。
簡単、かつ抽象的に説明しますと、
「行って帰って、行って帰って、行って帰って、また行く。」
という大変忙しい三日間でした。

とかいいつつ、昨日深夜に、ちゃっかりブログの模様替えをする私です。

週末最後を飾る、今週初の外食は、こちら。
うちゅうけん

道外の来客からの、「どこか、美味しい味噌ラーメンのお店に連れてって。
などという、曖昧かつ大変ハードルの高いクエストにも、すんなり応えられそうな一杯です。
最近、「バラ巻きチャーシュー」に押され気味の「モモチャーシュー」が秀逸。

そして私は、またも曜日感覚をなくし、「おろしにんにく」をたっぷりと・・。
いや、正直言いますと、わかってましたよ。明日が月曜日であることくらい。
だって、「卓上にある」んですもん。そりゃ使いますよ・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

味見はしっかりと。

メモ#0178:

料理に慣れたてきた20代の頃、なんとなく「目分量」がカッコイイと思ったこともありました。
しかし、最近では、「しっかり計量、しっかり味見」を心がけています。
自分ひとり用の食事の場合、まあ目分量でも、味見テキトーでも許されるんですが、
家族用の食事を担当した場合は、とりわけ味見は重要です。

今日は久々に、ハヤシにしました。
いつも通り、市販のルーを使いました。
使う水の量は900cc。もちろん計量カップでしっかり計りました。

ルーを溶かしたあと、しばらく煮込むわけですが、
ここで、しっかりと味見をします。
母などは、小皿もしくはスプーンで、ハヤシソースの味を確認するわけですが、
私の場合は、「もっとしっかりと」味見をします。

具の味とやわらかさ、そして何より、ご飯とのマッチングを確認することが重要です。

味見

写真はあくまで「味見用」です。
ウン、もう少し煮込めばいいカンジになりますね。
完成まで、あと2・3回味見をしてみましょう。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

おかげさまです。

メモ#0179:

かつての「愚痴っぽい」メモを、ここへ来て掘り起こすのもどうかと思うのですが、
一旦記事にした以上、その後の経過はきっちりとお伝えするのがスジ、というものでしょう。

あの、お隣様ご一家が、ご退去あそばされました。
もちろん、挨拶などは無しです。

このメモで愚痴をこぼしたとき、
皆様から、的確かつあたたかいアドバイスを頂き、
私もそれにしたがって、波風立てぬよう、ひたすら
「出て行きますよーに。」といろんなカミサマにお祈りをしておりました。

お祈りが通じた様です。
なぜだか、「逃げるように」お引越しされていきました。
皆様のアドバイスのおかげです。ありがとうございました。
今はひたすら、「今度こそ、せめて普通の方が入居しますよーに。」祈っております。

以上、ご報告でした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

バター控えめ。

メモ#0180:

先日の、「味見」のメモが風化する前に、あわてて更新です。
例のハヤシですけど、結果、こうなりました。
6月22日のスパ

ご飯とのマッチングが重要。」などとエラソーにぬかしておいて、結局スパゲッティにかけるとは、
我ながらどういった了見なのでしょうか。
とはいえ、「あ、やっぱり。予想通りだ。」という声も聞こえてきそうです。

いや、実のところ、ハヤシライスを楽しみにしていたのですが、
ライスの量が心もとなかったもので、家族に譲りました。
私は、「ハヤシスパゲッティ」でガマンです。計画通りです。
ここ数日、野球中継がありませんし、他にも、「ストレスの素」がひとつ減ったので、
バターはいつもより控えめにしました。

ハヤシスパ」といえば、いつも「麺とソースのマッチング」が課題ですが、
今回は、若干「シャバシャバ感」が強かったようです。
「3日目のハヤシ」を使えばいいカンジになるかもしれません。
あるいは、炒め合わせて「ナポリ風ハヤシスパ」もイケルかも。

明日やるとは言いませんが、ソースは、ちょびっと残ってます。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

旅の思い出

メモ#0181:

今日も新千歳空港へ行ってまいりました。
ケツカッチンで、写真も撮らず、ラーメンも食わず、さっさと帰ってきました。

それにしても、今日の空港ターミナルは修学旅行生でイッパイ。
みなさん、北海道でいい思い出を作ったでしょうか。

私の場合、初めて北海道の外へ出たのが高校での修学旅行。
ごく普通の、地方の公立高校だったんですが、
当時は飛行機なんかは使いません。青函連絡船を利用しました。
主な旅行先は「金沢」「京都・奈良」「東京」でした。

色々と思い返してみたんですが、
旅のメインであるはずの、「寺社、庭園、歴史的建造物」につては、
ほとんどなーんにも覚えてません。
たとえば、「薬師寺の坊さんのハナシ」は覚えてるんですが、
肝心の「薬師寺そのものについての記憶」がありません。

修学旅行時の思い出といえば、「宿の中」や「移動中」のことばかり。

車窓から見る「瓦屋根の家」。
京都の宿での「すきやき」。
青森のフェリーターミナルで友人と食べた「ちょっとしょっぱいけど、旨いラーメン」。

しかし、それもこれも良い思い出でした。
多分、今日見かけた修学旅行生たちにとっても、
そんなものかもしれません。

みなさん、オトナになってからゆっくり見に来てくださいね。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

うれしい。

メモ#0182:

マサル勝利記念記事です。
これで、やっと5勝5敗の勝率5割までもってきました。
8勝2敗、いや、9勝1敗くらいでもおかしくない投球内容だったんですけどね。

今日はあまり良いピッチングではなかったようですが、
そんな日に勝つというのも、野球というのは面白いものです。

与四球率0.36ですね、多分。
「3試合完投した場合、四球を1個出すぐらい。」すごい確率です。

土曜日ですので、これから勝利記念夜食です。

ちなみに、今月の私、「夜食のグラタン率」は2割4分です。
ちょっと前のグラタン
写真は、6月21日の夜食です。

あ、イカン、今日の「チューボーですよ」カルボナーラだ。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

天南そばの夢

メモ#0183:

今朝は不思議な夢で目が覚めました。
(夢というのはそういうものですが。)
天南の夢です。

私はお蕎麦屋の店員。
初老の紳士が、「天南」を注文します。
亡き父に、似てなくも無い容貌です。

天南は、置いてない店も多いのですが、
要するに、「(えび天二本の)天ぷら蕎麦 - 天ぷら一本 + ねぎ」です。

最近は、「天ぷら蕎麦 = でかい天ぷらが一本」
という店が多いので、「天南」の存在意義が希薄となってしまい、
あんまり見かけなくなりました。

道東在住時、父が好んだメニューです。
さて、夢の話の続きです。

「ごちそうさま」と、席を立った初老の紳士。
私は片付けにテーブルへと向かうのですが、
丼の中に、なぜか海老天とネギだけが残されているのです。
お蕎麦と汁は、きれいに完食されているんですが。

普通ではありえないことですが、
なにしろ夢の中です。
「おぉ、このお客さん、キレイに残したなぁ。」
丼の中のえび天とネギは、「今そこへ置いた」ような状態でした。
私は、それが普通のことであるかのように、丼を厨房へ片付けたのです。





武田勝のピッチングを気にかけながら、
大型ショッピングセンターへと向かいます。
お蕎麦屋さんがテナントに入っています。
チェーン店です。

「今朝の夢は、ナニカの啓示か?」
と、思いつつ、メニュー表を見ます。
天南は、ありません。

天おろし

代わりに、「えび天おろし」を注文しました。
もちろん、天ぷらを含めて完食しました。

ひょっとして、わざと天ぷらを残せば、何かイイコトでも起きたんでしょうか。
いや、そんなもったいないことはできません。

どうでも良いことなのですが、なぜか気になります。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

日曜日のミートソース

メモ#0184:

私のブログで登場頻度の高い、「グラタン」「カルボっぽい何か」は、
夜中に突然食べたくなり、突然作って突然食べるのですが、
ミートソース」となると、そうは行きません。

ミートソースは、カレーやシチューと一緒で、
たくさん作ってじっくり煮込みます。
半日作業です。

グラタンなどと違い、「ミートソースを喰う」ことが、すでに決定してますので、
各種文献およびインターネットを駆使し、
「ミートソース」に関する情報を読み漁り、テンションをあげます。

もう「ミートソースのクチ」になった状態でいただきます。
6月26日のミートソース

一心不乱にいただき、というか、むさぼり、
「ふう美味しかった。」と一息ついた頃、
「チーズのかけ忘れ」に気づきます。

いえ、良いのです。
ミートソースはカレーやシチューと一緒で、
二日目が旨いのです。
負け惜しみではないですが、一日目のミートソースは、「味見」みたいなものです。

今夜が二日目です。楽しみです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

「持ってない」のは誰だ

メモ#0185:

今日は久々に「じっくり観戦」出来る日だったんですが、
そんな日に限って点が取れません。
あと、「全国放送」の時にもあまり勝っていない気が・・、
気のせいでしょうか。

明日は斎藤佑樹の復帰戦ですが、
今日ファイターズ×マリーンズを中継したNHKbs1、
明日はバファローズ×ライオンズ戦を放送するんですね。

「持ってない」ですね。

6月27日のミートソース
昨日の夜食「二日目のミートソース」は、
なかなかの出来でした。

ソースの「液体部分」と「固形部分」が、加熱→寝かせるを繰り返すことによって一緒くたになり、
全体的に「渾然一体」になった加減が絶妙です。
一日目ではこうは行きません。

このような「昔の喫茶店タイプ」のミートソースには、
雪印の「赤」が合います。そう、クラフトの「青」ではなく。

またも粉チーズをかけ忘れました。

「持ってない」のは私です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

「っぽい何か」の正体

メモ#0186:

貴重な「平日の休み」、貴重な「晴れ」。
ということで、小樽へ行ってまいりました。
今、写真を整理しておりますので(たいした写真ではないですが)、
次回あたりにアップします。
ちゃんと、「AKY」も頂いて来ましたよ。

ファイターズは3連敗ですか。
「今季初」というのが信じられません。
楽天のサヨナラ勝ちを願いながらのメモです。

さて、「ファイターズが負けたとき」に時折登場する、
「カルボっぽい何か」ですが、
その正体は、「塩味牛乳タマゴスパ」です。




「カルボナーラ」に関しては、
「生クリームを使うなど邪道。」
「ベーコン?、邪道。」
「チーズがクラフトの青缶?、邪道。」
などという、「カルボ原理主義派」の声がある一方、

「牛乳とスライスチーズであっさりカルボナーラ♪」
「残ったシチューで簡単カルボナーラ♪」
「粉末コーンポタージュであっという間にカルボ♪」
などという、「カルボ開放主義派」の声も聞かれます。

中道かつ穏健主義派」の私としては、
「見た目がカルボっぽい」スパゲッティを
「カルボっぽいなにか」と称しています。
これを「カルボナーラ」だと言い切る勇気はありません。原理主義者に消されます。




基本的に、ブロックベーコンがあるときに作りますが、
味的には、無くてもかまいません。
ただ、この「カルボっぽい何か」で一番重要なのは「見た目」ですので、
できれば「大き目の拍子木切り」にして準備します。

スパゲッティは、できるだけ太いものを使います。
茹でているあいだに、隣のコンロでベーコンを炒めます。
「脂は捨てる」主義の方もいらっしゃいましょう。
ご自身の好み、あるいは健康状態によって判断してください。
私は捨てません。むしろバターたっぷりで炒めます。

ベーコンにいい色が付いたら、牛乳を加えます。
分量は「ちょっと多いんじゃないの?」というくらい。
スパゲッティ100グラムに対して、最低でも200ccは必要です。
ここで、塩を加えます。
味見をして「あ、ちょっとショッパイかな?」というくらいがちょうど良いです。

このメニューのキモは、
チーズを使わない」ことにあります。
今まで「カルボ風」のスパゲッティを作ったことは数多くありますが、
良いチーズが無い場合は、使わないほうが無難です。

このあたりで、スパゲッティが「アルデンテの一歩手前」くらいになっているはずです。
「ベーコン牛乳塩ソース」にスパゲッティを投入します。
「ベーコン牛乳塩スパ」としてメニューに載せても良いくらいに、
麺にしっかり味をつけます。
火を止め、卵黄2個分を投入します。

このスパゲッティで重要なのは、
「見た目」です。

「っぽい何か」5月19日作成

黒胡椒はホールのものを砕いて使います。

長いメモにお付き合いいただき、ありがとうございました。
記事更新中に、楽天、サヨナラ勝ちじゃないですか。
書いてみるモンですね。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR