この夏、最初のレジャーです。

メモ#0187:

久々の、「小樽」カテゴリの記事です。
「行こう行こう。」とは常に思っているのですが、
逆に、「いつでも行けるし。」という思いが良くないのでしょうか、
ずいぶん足が遠のいてました。

29日の水曜日は、久々の「平日の休み。」
実は、休みであるのを良い事に、昼近くまで爆睡していたのですが、
「暑さ」で目が覚めました。久しぶりです。

この分では、札幌も真夏日になりそうです。
北海道民は真夏日になると溶ける習性がありますので、小樽へ避難です。

観光駐車場(一日600円)に駐車したんですが、車を降りたとたん、
なんだか「北海道っぽくない」暑さ。
いや、多分気のせいです。まずは都通りへ。いつものコースです。
30℃
見えますか?
只今の気温30℃
気のせいだと、思い込むことにしました。
汗、だらだらです。

電気館ビル

思い出の映画館、
ちゃんと建物は残っています。
洋品店と、ドラッグストアが入っています。

中途半端な時間ながら、「夕食」にします。
最初から決めてました。この店です。
桂苑

お店に入ると、いかにも常連さんとおぼしき方々が4人ほど。
皆さん冷やしラーメンを召し上がっています。
同行した「仲良し姉妹」も、当然冷やしを注文しました。
桂苑冷やしアップ

私は当然、あんかけ焼きそばです。
すーぷ付き
桂苑あんかけアップ

スープ付が嬉しい。
シャキシャキ野菜が香ばしく、絶対に、「ビールが合う」味です。
「今度はJRか、バスを使うぞ。」強く心に誓うのです。

それにしても、花園町の「大○」といい、カラシが多いですね。
「冷やしラーメン」にもカラシがたっぷり付いているんですが、
この日はおそらく、「冷やし」がたいそう出た事でしょう。
また、「あんかけ焼きそば」も看板メニューですので、
この一日でどれくらいのカラシが消費されたのでしょうか。

ひょっとして、ラーメン丼でカラシを練っているのかな、
なんてことを考えるのも楽しい、小樽の午後でした。
そしてこのあと、祝津へ向かいました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

小樽、お役立ち情報。

メモ#0188:

桂苑で「あんかけ焼きそば」をいただいたあと、去年の7月に行った「甘いもんの店」へ向かいます。
その前に、「ちょっと用足し」をしたかったので、
快適な場所」を目指して歩きました。

札幌の街中であれば、大きなデパートを利用すればよいのですが、
「都通りの花園側」で探すとなると、意外と難儀です。

どんどん早足になる私ですが、
おすし屋さんの前でお座りしている猫を見かけたので、思わず一枚。
すし屋のねこ

お店の中をじっと見つめていた、彼(彼女?)ですが、
「こっち向いて」と言うとカメラ目線をくれました。

さらに早足となる私、
地元民オーラ満載」なのに、「写真撮りまくり」、
かつ「妙に早足」。

トイレをガマンしている、ブログやってる人」にしか見えませんね。
一応「旧日本銀行小樽支店」の写真なんかも撮りながら、
こちらに到着。

運河ターミナル

北海道中央バスの「小樽運河ターミナル」。重厚な建物です。
ヒミツ情報なので、あまり広めないでくださいね。
ここは、「小樽観光の中心地、かつ、トイレが快適。」という、
ある意味「穴場」です。
なお、トイレには、「当施設のご利用の方以外のご使用はご遠慮願います。
と書いてありますので、皆さん、そのように考えそのように行いましょう。

私ももちろん、「あまとう」でケーキを購入いたしました。

なにしろ30℃なので、
ここで一息つくのもおすすめなんですが、
私も、「仲良し姉妹」も、
脳内はあんみつモードです。
浅草橋を渡りますが・・。

・・閉店してました。「ほとり」。

いいお店だったんですが。やっぱり「出不精」はいけませんね。
以後気をつけます・・。

このまま帰るのはなんとなく悔しいので、祝津へ。
しゅくつぶるー
写真を確認すると、午後4時50分の撮影。
見事な「祝津ブルー」です。
水族館方面からは、トドの鳴き声が聞こえます。
「演歌の世界」とは違う、「本当の、穏やかな日本海」が、ここにはあります。

「もっと近くで、のんびりと海を眺めたい。」という方には、
「ホーマック手宮店」の駐車場がおすすめです。
駐車スペースを非常に広く取っている店舗なのですが、
ここでわざわざ「海沿い(お店の入り口からは遠い)」に駐車するのは、
「小樽観光のプロ」または「オサボリのプロの営業マン」です。
私は現在「前者」ですが、かつては「後者」でした。

もちろん、「何か買って」利用しましょう。
>ホーマックの駐車場にて

「こっち向いて」といっても、彼(彼女?)は無反応でした。
この子たちは、常に風上を向いて立つのです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

順位は気にしません。

メモ#0189:

まだ、順位を気にする時期ではありませんが、
ファイターズ、ついに首位タイに躍り出ました。

順位云々よりも、この三連戦、試合内容が良かったですね。
中田は全試合タイムリー。
20歳の杉谷拳士、大活躍です。
稲田もひちょりも横浜に移籍しましたので、
「声がデカイ若手」は大切です。

杉谷選手のお父さんはドサンコなのですね。
ますます応援に気合が入ります。
がんばれ、背番号61!

ちなみに、順位を気にしているわけではありませんが、
私のブログ、本日付けで、「FC2アクセスランキング」の「最下位タイ」になりました。

最下位タイ

「小樽」って禁句なんですかね?
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

今月最高の出来

メモ#0190:

今夜は更新を休もうと思ったのですが、
先日の写真が残っていたものですから、忘れないうちに写真だけアップしときます。

小樽」と、「夜食」。
どちらが見たいですか?

・・なるほど、「夜食」ですね。わかりました。
7月1日のグラタン見やすいサイズ

7月1日の夜食です。
迷った末にグラタンにしました。
味は、「今月最高の出来」で満足です。




やっぱり、小樽情報もちょっぴりアップしておきましょう。オマケです。

桂苑のおしながき

先日「あんかけ焼きそば」をいただいた、
小樽桂苑のおしながきです。
「オムライス」なんかもあるんですね。
いや、でも次回はまずビールを・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

縁起かつぎ。

メモ#0191:

久しぶりに、「試合開始から終了まで」じっくりテレビ観戦が出来る日です。
ソファーにどっかり腰を下ろして応援を開始します。

ただ、相手は唐川投手です。最近「点を取った記憶」がありません。
案の定、2回まで0-0です。
こういった試合は見慣れてますが、
どうも落ち着かないので、いったん台所へ立ちます。

今日の献立はハンバーグですので、
付け合せのニンジンを調理します。
そうすると、いきなり2点を先制!
またソファーに戻って応援を再開しますが、
今度はカスティーヨにツーランを打たれて同点に。

おやイカン。「座る場所」がいけなかったのでしょうか?
私は、わりと縁起を担ぐほうです。
「ケータイをいじりながら見てたら点を取られた」ことが有ったりすると、
もう観戦中にはケータイを触りません。
得点したときの姿勢で見続ける。」こともしばしばです。

再び台所へ立ち、
ハンバーグのタネをこねこねしていると、
面白いように点が入ること、入ること。
やはり今日は台所が縁起が良いようです。
こんなに得点力があったんですね、我がファイターズ。

さて4点差が付きました。
ハンバーグも「あとは焼くだけ」の状態のなりましたので、
今度はソファーで観戦。

同点に追いつかれました。

今年のファイターズ、勝っても負けてもロースコアのゲームが多いので、
応援する身としても、どう対応してよいかわかりません。
立ったり座ったり、座る位置を変えたりと、大忙しです。

ハンバーグを焼いている最中に、勝ち越されました。
ハンバーグ
食ってる最中に負けました。
味ですか?覚えてません・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ソーメンの季節

メモ#0192:

素麺」の季節です。
我が家でもよく登場します。

とにかく、茹で時間が短いのがいいですね。
食欲が無くても、するする食べられますし。

うちでは、基本的に薬味だけの「素素麺」ですが、
具をゴージャスにしようと思えば出来ますし。
何より心も体も涼しくなります。

先日、素麺を洗っていたときに思い出したのですが、
親戚が一時期沖縄に住んでおりまして、
「素麺を洗っていても、ぬるい水しか出てこない。」とこぼしたことがありました。

ひょっとすると、あえて誇張した「ザンギ話」の一種だったのかもしれませんが、
実際のところはどうなのでしょうか。

水道の蛇口をひねると、
「ちょっと前まで雪だった」冷たい水が出てくる・・。
北海道に住んでいるのがありがたいと思える瞬間です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

第1232回「天の川見たことありますか?」

メモ#0193:

タイトル:第1232回「天の川見たことありますか?」こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「天の川見たことありますか?」です。今日は七夕あなたの住んでいるところのお天気はどうでしたか?天の川、みなさんは見たことありますでしょうか。空気がきれいなところでないとなかなか見られないですし、今では見たことないよって人も多いのではないでしょうか。かくいう私も生では見た...
FC2 トラックバックテーマ:「天の川見たことありますか?」



ありますよ。
一番印象的だったのは、
中学校時代、屈斜路湖畔でのキャンプ。

何しろ中学生が設営するモンですから、
テントなど不恰好です。
夜中、テントの隙間からヒョイと顔を出すと、
まさに「満天の星」。

「満天の星」という表現、あの景色を見た人以外には使って欲しくない、
と、思うほどでした。
流れ星も何個見たことか・・。

屈斜路湖畔、周りには灯りが何もありません。
だんだん、目も慣れてきます。
夜空が、「星だらけの斑点模様」に見えてきて、
気持ち悪いような、不思議な感覚を覚えました。

朝起きると、蚊に刺されて顔がとんでもないことになっていました。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ボツメモ考察。

メモ#0194:

今回のメモ、個人的には面白いんですが、ご訪問くださった方には、
多分、ツマンナイと思います。ちなみに、写真もありません。

前回の、「天の川」のメモが207番目のエントリー。
ちなみに、メモ#は「0193」でした。
その前の、メモ#0192、「ソーメン」のメモが204番目。

つまり、そのあいだに2個の「ボツメモ」が存在し、
さらに全体で言うと、少なくても14個の「ボツメモ」がある計算になりますね。
いったい、私は何を書き、何を理由に「ボツ」にしたのでしょう。
非常に、私的には興味深い考察です。

通常、ボツった場合は削除しますので、
「下書き状態」で残っているのは僅かです。

「メモ#0193」には、ふたつの「ボツメモ」が存在します。
ひとつめのタイトルは「マリンのマモノ」。
もうひとつは「ニラレバ」。
これは昨日の記事ですから、何を書こうとしていたかは覚えています。

まずは「マリンのマモノ」。
この三連戦、あまりにもネタになりそうな試合ばっかりでしたので、
「勝っても負けても記事にしよう。」と思っておりました。
タイトルは先に決めてあったんですが、現実の試合の「マモノっぷり」
にあてられて、メモは諦めました。

「ニラレバ」。こちらのほうは、大阪で食べたニラレバについての思い出ですが、
思い出の「苦さ」と「懐かしさ」の折り合いが、心の中で決着せず、
メモしませんでした。そのうち日の目を見るかもしれません。

ぐっと遡って、「メモ#0097」のボツメモのタイトルは、「半熟たまご」。
自分ではとっくに忘れてますので、
「おや、どんな記事を書いたのだろう?」と「編集」をクリックしてみると、
「本文」には、「半熟たまご」の文字のみ。

「メモ#0091」のボツメモには、「お米の話」というタイトルが付いていました。
本文は数行でしたが、その後の「在庫マニアなひと(#0104)」の下敷きになったようです。

メモ#0043のボツメモのタイトルは、「不器用ですから。」
きっと、タイトルだけ決めて、あとは何とかなると思っていたのでしょうね。
ああ、恥ずかしい。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

簡単グラタン

メモ#0195:

 軽口で じゃれる夫婦(みょうと)の お立ち台    らざーろ

「お立ち台」は夏の季語です。嘘です。
武田勝、きっと「今期、誰とでも相性が良い」大野に対して、
軽くヤキモチを焼いていたのかもしれません。
それで、「大野捕手はどんな存在ですか?」という質問に対して、
「一捕手です。」とスネて見せたのでしょう。

しかし女房役の大野奨太も負けてはいません。
「今後は、九回投げきる体力をつけてもらって・・」と軽口で返します。
まったく、このバッテリーはどこまで仲が良いのでしょうか。
ヒーローインタビューであんなにイチャイチャされると、
見ている側としてはニヤニヤするほかありません。




さて、グラタン記事が次のページに押し出されますので、
ここでまたグラタンの写真をアップします。
7月4日作成、今月3回目のグラタンですが、
今回は、ちょっと変わった作り方をしてみました。

正直、うまくいくかどうか不安だったのですが、まずまずの出来だったので、
写真付でご紹介します。

簡単その1
玉ねぎ、鶏肉など、お好みの具財を土鍋に放り込みます。
ついでに、バター、小麦粉、塩・胡椒・ナツメグも入れてしまいます。

簡単その2
全体的に「まぶす」かんじで混ぜます。

簡単その3
牛乳も、一気に入れてしまいます。

簡単その4
ポキポキ折ったスパゲッティも、牛乳が冷たい段階で入れてしまいます。
大丈夫です。私は正気です。

簡単その5
ぐるぐるかき混ぜながら温めると、このようにトロトロになります。
ダマにはなりません。
お好みでチーズを乗せます。

簡単その6
中身はアツアツですので、
オーブントースターで表面に焦げ目が付いた段階で完成です。
  
コツは、スパゲッティ投入後はしっかり混ぜることです。
混ぜ混ぜが足りないと、スパゲッティが「束」になってしまいます。
後片付けも楽です。通常は、「ソース鍋」「ゆで鍋」「皿」の3つを洗う必要がありますが、
この方法だと「土鍋」ひとつを洗えば済みます。

 安眠は 高カロリーの 夜食から    らざーろ
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

普通の日曜日

メモ#0196:

雨になる筈だったんですが、晴れたので庭仕事です。
暑い→雨→暑い→暑い→雨→暑い
みたいな天候ですので、我が家の庭はジャングルです。

1時45分くらいまで仕事に精を出します。
ころあいを見計らって家に入り、
「アタック25」の最後のほうだけ見ます。
この、「最後の問題」の正誤で、日曜の午後の気分が変わります。

「ドリトル先生」を正解して機嫌が良くなったところで、
デイゲーム観戦です。
サヨナラ勝ちでさらに気分が良くなり、
「笑点」が始まる前にビールを開けてしまいました。

しょうがやき丼

庭仕事をすると、なんだかカラダがカユイです。
「生姜焼き丼」食って、風呂入って寝ます。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

どんなわけだか

メモ#0197:

今日、北海道地区では「ファイターズ対イーグルス」を放送していました。
8時以降は、テレビ北海道の「100円レシピ」とチャンネルを切り替えながら見ていました。

ずっと100円レシピ見てればよかった・・。そういう試合でした。

斉藤投手、残念ながら、「ほぼ予想通り」のピッチングでした。
どこも悪くなくて、しかも、本人が言う通り「調子は悪くない。」
のであれば、余計に心配です。
むしろ、どこか悪くて、かばいながら投げているのであれば、まだ良いのですが。

「野球」と「テレ東のグルメ番組」がバッティングすると困ります。
録画すれば良いんでしょうが、「録画すると見ない」のは昔からの癖です。
しかも、録画機は未だにアナログですし・・。
それにしても、「100円レシピ」、皆さん、素敵な無茶をしてらっしゃいますね。

そういえば、「誰でも利用できる公共の食堂」みたいな番組、
北海道ではいつ放送してくれるんでしょうか。
あの時は、テレビ北海道では野球を放送していたのです。
こんな場合は録画さえ出来ません。

そんなわけでこれからラーメンを作ります。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

そういうわけで

メモ#0198:

今日のお夜食、本当は、「醤油ラーメン」を作るつもりだったのですが、
いろいろあって、味噌ラーメンです。
いい機会ですので、
あの瓶
熟成具合を確かめてみましょう。

家族献立会議」で、今夜はラーメンと決定いたしました。
(実際のところ、母の「鶴の一声」です)。
突然のことで、「ラーメン担当」の私は焦りましたが、
こんなときこそ、「タマネギ挽肉スープ」の出番です。
タマゴは「キッコーマンめんみ」で味をつけました。「めんみ」、便利です。

結果、
味噌ラーメン

「スープが味噌に負けてる」典型的な味でした。
「そういう店」だと思えばそれなりの味です。
(札幌には、「そういう店」、結構多いのです。)

・・いや、言い訳はしません。
ただ、家族用に作った「塩ラーメン」は好評であったことだけは、言わせてください・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ラジオ中継で思うこと。

メモ#0199:

今日もラジオ観戦です。

野球中継はHBCしか聴かない主義です。
ビジターの場合、HBCのスタッフが乗り込んで中継することもありますが、
多くは、地元局による、「応援中継」または「中立中継」を聴くこととなります。

関東ならTBS、東北ならTBC、九州ならRKBの実況を聴くわけです。
今日の中継は関西で、同じ系列のMBSかと思っていましたが、ABCでした。
実況は楠アナです。上手いですね。(熱すぎる、などという意見もあるようですが。)

あくまで個人的意見ですが、東京・大阪と比較して、
北海道のスポーツアナの技術、まだまだですね。
道外の球団が北海道で試合をするとき、HBCが「中立中継」を担当することもあるんですが、
この中継を、東北・関東・関西・九州でお聴きになった方は、
どのようにお思いでしょうか。

KWBTアナは、まずまず安心して聴いていられますが、
TKTアナは、声は良いんですが、ちょっと複雑なプレーや、終盤に選手が交代するとパニックになります。
MZNアナ、がんばってはいるんですが、声が常に「のど締め高音」状態で聞きづらいのが難点。
FTKMアナは、最近腕を上げてきました。

昔、STVに居たSMZDSKアナがTBSに移籍し、オリンピックやワールドカップで活躍しています。
HBCにもがんばって欲しいですね。

今日のメモ、アルファベットばかりで読みづらいですね。GMN。

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

よくある話ですが・・。

メモ#0200:

私の愛読書のひとつ、
『B級グルメのおいしい銀座』(文芸春秋社 1991年11月9日初版)
に、次のような一節があります。

「盛る店の後にできた店は、また不思議に盛るの。だめなとこは何が出来てもだめ。」
突如としてこの一文を思い出してしまいました。
というのも、時々通る道路沿いに、「くるくるお店が入れ替わる建物」があり、
先日見かけると、またも看板を下ろしていたからです。

私の知る限り、

「山王」→「天山」→「北家」→「げんこつ」→「伴蔵」→「とぐち」→「羆」→「まるはち」
(順序は多少違っているかも・・、また、まだ他にもあったかも・・。)
10数年でこんなに入れ替わっています。
「北家」なんかは正調旭川ラーメンの店で、味も接客も良く、頻繁に通ってたんですが・・。

逆の例、つまり、「盛る店の後にできた店が盛る。」例も、この建物のすぐ近所にあるのがまた不思議です。
とある繁盛店は、かつて小さなビルの一階に入居していたんですが、
めでたいことに、近所に(おそらく)自前の店舗を構えました。
その後、小さなビルに入居した店も、つけ麺を看板に大人気です。

「くるくるお店が替わる建物」、向かいの会社の駐車場として使われていました。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ゴマカシきかないです。

メモ#0201:

最近の食事、野菜不足が続いてます。
「緊急献立会議」が召集され、今日の夕食は「野菜あんかけ焼きそば」に決定されました。
議長は作りません。作るのは私です。気が重いです。

「お店みたいにうまく行かない」メニュー、数々ありますが、
私にとっての、その代表は「あんかけ焼きそば」です。
もちろん、高級割烹とか高級フレンチなんかは除きます。
そもそも「作ろう」と思いませんから。

「あんかけ焼きそば」、脳内で構想中のときは「上手くできそう」なんですが、
実際に作ってみるといつも「イマイチ」です。
7月14日のあんかけ

たくさん作ると難しいので、今回は「二人前」にしましたが、
「麺のパリパリ感」、「餡の味」の2点で不合格です。
「餡の固さ」、「野菜のしゃっきり感」がよかっただけに、残念です。50点。
あ、道南出張でよく見た、「鉄板あんかけ焼きそば」にすれば良いのかな?
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

無表情対決!

メモ#0202:

 完投で 応える亭主 無表情    らざーろ

マサルが勝つと、つい一句詠んでしまうクセが・・。 

マウンド上で表情を変えない」というのは、ピッチャーにとって武器のひとつです。
今日の相手は涌井投手。
最近は調子を落としているようですが、彼も、「気持ちを顔に出さない」事にかけては定評があります。
パリーグ無表情ランキング、マサルに次いで2位の投手です。強敵です。

金子誠のバントを二塁へ悪送球しても、
表情は変わりません。
しかし、大野のバントを処理しようとしたとき、
一塁がガラ空き」で満塁になった瞬間、明らかに表情が曇りました。
ここからは一気呵成です。

スケールズのグランドスラムまで飛び出し、この回一気に8点。
無表情に徹する事に関しては、武田勝に軍配が上がりました。
さすが、「骨折しても無表情」を貫いたマサルです。

今年は援護慣れしてないマサルですが、その後も無表情のまま、
ついに9回を投げきりました。今季初完投です。
先週のお立ち台で、女房に尻を叩かれたマサル、次の登板ですぐに結果を出しました。
亭主の意地か、それとも女房の亭主操縦法が上手いのか・・。

お立ち台には、当然マサルとスケールズ。
大いに沸く札幌ドームですが、一番の喝采を浴びたのは、なぜか石川通訳でした。

 ヒーローが カミカミ王子を 激励し    らざーろ
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

緊急カツカレー

メモ#0203:

5安打で首位奪回です。
「らしい」といえば「らしい」勝ち方ですが。




「シルシルミシルさんデー」、今見終わりました。
あー、ケンタッキー食べたい。
先日、「たべもの関係のブログ」を見まくっていると、
どうしても「カツカレー」が食べたくなりました。
カツ用の肉は用意しておらず、カレーも作ってません。

「生姜焼き用の肉」があったので、ぺらカツにしました。
ぺらカツ

厚さ約5ミリ。

昔、岩見沢駅で買ってもらった「かつ弁当」、
これくらいのカツの薄さでした。
お醤油が合う味でしたが、今もあるのかなぁ。

さて、このまま「醤油カツ丼」にしてもよかったんですが、
頭の中では呪文のように「カツカレー、カツカレー」という言葉が繰り返されています。
ヒミツの魔法で、2分でカレーを用意しました。

緊急カツカレー

ペラペラカツがカレーとご飯にマッチ。
前回の反省が生きました。
・・あ、また福神漬け忘れた・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

なでしこ記念メモ

メモ#0204:

朝5時に目が覚めました。
ホントは3時半に起きる予定だったのですが、
まぁよいでしょう。
後半途中からじっくり観戦です。

見始めた時点で「0-1」でしたので、
もし、あと2点くらいとられたら、寝ちゃおうかな、などということも考えたのですが、
脅威の粘りで追いつくではありませんか。
もう寝られません。
その後の展開はご存知の通りです。




多くの方がそうしたように、まずは「朝のニュース」をハシゴ。
その後、各国のヤフーで、
この快挙をどのように伝えているか確認です。

まずはスペイン
私、残念ながらスペイン語はちょっとニガテなもので、
グーグルさんに自動翻訳してもらいました。

『この繰り返される物語の最後の120分に守備で試合にほとんど完全に専念"なでしこ"を持つように、あ
ゆみKaihoriで守ったゴール上に"星条旗"の戦隊で住んでいた。』

意味はイマイチ解りませんが、
なんか、カッコイイですね。


続いて、ブラジル
私、残念ながらポルトガル語もちょっとニガテなもので、
グーグルさんに自動翻訳してもらいました。

『PK戦の間に、アメリカのシャノンボックス、カルリロイドとトービンヒースは最初の3つの電荷米国、大型
あゆみKaihoroのゴールキーパーの性能を逃した。アジアでは、唯一のエラーはユキナガサいました。』

ユキナガサイましたか。そうですか。
思わず「幸長沙衣」で検索してしまいましたよ。
あるいは、ポルトガル語のスラングで、PKをはずすことをそう表現するのかと・・。
・・・永里優季(ナガサト・ユキ)のことでした。

最後に、フランス
誠に残念ながら、フランス語もちょっと・・(以下略)。

『すべてのゲーム包丁、日本は彼の絵は、狩猟ダブル世界チ
ャンピオンとダブルオリンピックチャンピオンをぶら下げを含むことで驚きを作成しました。』

読んだ私が驚きを作成してしまいました。

明日の朝刊を楽しみにしながら、いまから記念夜食です。
私のゲーム包丁がうなります。ぶら下げを含むかどうかはヒミツです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

きょうのおつまみ

メモ#0205:

本日のおつまみです。
フレカス04
ごく稀に、「条件が整ったとき」限定で作ります。
どうやって作ったかというと、

フレカス01
これを、
フレカス02
こうして、
フレカス03
こうです。

文明堂のカステラが二切れ残り、しかも、やや乾燥気味で不憫だったので、
フレンチカステラ』にしました。
私が普段フレンチトーストを作るときは、
タマゴ液にシナモンシュガーを加えるのですが、
今回は塩コショウのみにしました。
バターたっぷりで焼きます。
リッパにおつまみになりましたよ。

初めてコレを思いついたとき、「すげぇ、アイデア料理♪」
と思ったものですが、検索すると、有名店がメニューに出してました。
・・・「銀座文明堂」ラウンジの名物料理でした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

昭和54年、小樽ガイド。

メモ#0206:

原点に戻りまして、ネタ本からの引用です。
昭和54年のガイド本で紹介されていた、小樽の店、
一気にメモしておきましょう。

喫茶 『光』 (コーヒー250円)
喫茶 『伊麻里』
蕎麦 『藪半』 
ラーメン 『桂苑』 (野菜ラーメン350円)
喫茶 『巴里』
土産 『新倉屋』 (だんご一本50円)
バー 『ゴールデンパンチ』 (水割り400円)
炉端 『独航船』(ホッケ400円)
すし 『栄六』 (いくら丼1300円)
土産 『かま栄』
蕎麦 『砂場庵』 (田舎そば430円)
郷土料理 『かすべ』 
すし 『鮓よし』 (上900円、特上1200円)
喫茶・居酒屋 『海猫屋』 (コーヒー250円)
土産 『北一硝子』
レストラン 『北海ホテルスカイラウンジ』 (一品550円~フルコース5000円)
郷土料理 『銀鱗荘グリル』 (浜鍋1500円)

店名の前に記した「ジャンル」は、
この本のガイドマークに準じました。

説明不要の有名店は、半分くらいでしょうか・・。
あと、現在、小樽観光の中心スポットである堺町通り沿いの店は、一軒も紹介されていません。
寿司屋が二軒、というのも意外ですね。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

暑いので、マイナス30℃の話題。

メモ#0207:

毎年毎年、「今年の暑さ(寒さ)は異常だよね。」なんて言っている様な気がします。

札幌の場合、「ビアガーデンが始まると突然肌寒くなる。」とか、
「北海道神宮のお祭りは雨が多い。」など、各種のジンクスがありますが、
今年の札幌祭りは快晴でしたし、ビアガーデン初日の今日も快晴でした。
これから一週間くらいは、「ビアガーデン日和」が続くようです。
ジンクスどおりにはいかない年もあるのです。ちゃんとメモしておかなければいけません。

ところで、北海道を紹介する番組の中で、
冬にはマイナス30℃にもなるこの地で・・。」
などというというナレーションをよく耳にします。
こんなナレーションを聞かされると、
「極寒の地・北海道」のイメージが増幅されてしまいます。
北海道への移住を考える方も、ちょっと二の足を踏んでしまうかもしれません。

まぁ、多分なるんでしょうけどね、広い北海道の、どこかでは。
と思って調べてみました。
(ソースは気象庁です。)

まずは、札幌

観測開始以来、マイナス30℃はありませんでした。
1929年、-28.5℃という記録があります。
過去の最低気温トップテンは、いずれも戦前の記録でした。
2007、2009年は、マイナス10℃以下になった日もありません

北海道での、「低温四天王」(私が勝手に名付けました)といえば、
「旭川市江丹別」「幌加内町朱鞠内」「十勝陸別町」「弟子屈町川湯
です。
過去の最低気温を見ると、やっぱりマイナス30℃以下がずらっと並んでいますが、
「江丹別」「朱鞠内」では、2009、2010と2年連続マイナス30℃以下がありません。
「陸別」では2010年に記録しましたが、その前は3年連続で無し。
「川湯」も2010年に記録しましたが、その前はなんと6年連続で無し。
なんかガッカリです。

ちなみに「朱鞠内」、今年の1月28日に、「マイナス29.6℃」を記録しました。惜しい。

もひとつちなみに、札幌の「熱帯夜」、過去80年で2日
猛暑日」は過去50年で6日でした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

こっそり改題。

メモ#0208:

突然ですが、ブログのタイトルを変えました。
今後ともよろしくお願いいたします。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

厄落とし。

メモ#0209:

 知名度を さらに上げるか 四被弾    らざーろ 

配球が違う!」と叫んでしまいました。
解説の野村さんがその言葉を発する前にです。

オールスターは、それほど力を入れて見てはいなかったんですが、
こんな展開になると話は別です。
「無援護でお馴染み」の武田勝
「オールスター4被弾でお馴染み」になってしまうんでしょうか。
今日の防御率は60.75

本人の緊張もあるんでしょうが、
大野奨太によるリードの巧みさが証明された試合ともいえます。
大野はどんな気持ちで見てたんでしょうね。

斉藤君が投げやすいようにしたんじゃないの?
と、母が言いました。
解説の桑田さんがその言葉を発する前にです。
そういうことにしておきましょうか。
後半戦への影響ですか?大丈夫。ありません。

 ちょっと来い おい銀仁朗 ちょっと来い    らざーろ

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

いい景色だね。

メモ#0210:

「写真無し」のメモが4本続いてしまいましたので、
ここらで、いい景色の写真を一枚。
昨日自宅で撮りました。

土鍋カルデラに、チーズとホワイトソースのマグマ溜まり。
外輪山の、ギリギリふちに寄って撮影しました。

いい景色

カメラは無事でした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

くしろデパートの広告。

メモ#0211:

オールスターゲーム、稲葉キャプテンのおかげで安眠できそうです。

さて、今日突然出てきた新聞。
昭和56年6月26日付けです。

釧路デパートの広告

当時は、老舗百貨店「丸三鶴屋」が、新館の最上階(多分6階)を「全フロア書籍売り場」にして話題になった頃でした。
中心街ではほかに、「オクノ」、「まるトきたむら」なんかもがんばってましたね。

この「くしろデパート」は、いわゆる「寄り合いデパート」(最近は聞かない表現ですね)でした。
「どんなテナントがあったんですか?」
という質問があれば、広告でわかる範囲でお答えいたします。

これの、「小樽版」をやりたいなぁ・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

うなぎか?サンマか?

メモ#0212:

札幌では、今日が小学生の終業式。明日から夏休みです。
ご近所のKSGKお子様方が、朝早くから賑やかに遊びまわるのですね。
気が重いです。

うなぎはそれほど、「大好物」というわけではないんですが、
あんなに連日、「ホットプレートの上でタレだけを焼いて匂いを出す
作業をされては、たまったものではありません。
食べたくなってしまうではありませんか。

「今日あたり、うなぎ、安くなっているかな?」と、スーパーをのぞいて見ましたが、
甘かったようですね。・・・高いです!今年は特に高いようです。

うなぎは諦めて、さんまの初物を食ってやろうと思いました。
さんまも、今はまだ高いんですが、そうは言っても、札幌のスーパーでは一尾150円くらい。
うなぎとは比べ物になりません。
何より、「うなぎより好き」なのです。

しかし残念なことに、今日は店頭に並んでいませんでした。
これは困りました。
私にしては珍しく、「白米をバクバク食べたいスイッチ」がオンになっています。
で、結局こうなりました。


結局カレー

「2段熟カレー」が安かったのです。旨かった。
マッカッカな福神漬けも実に旨かった。

それにしても、
「今日はカレーライスを食べました。おわり。」
みたいな、一年生の絵日記並みの記事だなぁ。おわり。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

縁日の食べ物。

メモ#0213:

今日は、料理をする時間も気力も無いので、
先ほど近くのコンビニへ行って、お弁当を買ってきました。

たくさんの種類があって迷いますね。
新作も登場したようです。
お会計をしようとレジへ行くと、
レジ横の保温器には、美味しそうな「アメリカンドッグ」が・・。




お祭りの縁日で、一番好きだったのがこれでした。
北海道では「フレンチドッグ」という名前のほうが一般的でしょうか。
去年、札幌競馬場で「フレンチドッグ、カラシたっぷり プラス 生ビール
という夢の組み合わせをいただきました。うまかったなぁ。
子供の頃は、もっぱら「ケチャップのみ」をつけて食べていました。

小樽から道東に引っ越すと、
「フレンチドッグ砂糖まぶしバージョン」に初対面。
私は「ケチャップ、プラス、カラシもちょっとつける」年齢になっていましたが、
友人たちには、「砂糖まぶしバージョン」も人気だったようです。

2番目に好きだったのは「東京ケーキ」。
いわゆる「ベビーカステラ」なんですが、
考えてみると、この名称も不思議です。
いっそ、「北海道ケーキ」のほうがよっぽど美味そうと思えるのですが。




はっイカンイカン。
レジの前で思い出に浸って、ボーっとしてしまいました。
お会計を済ませて家に帰ります。

うーん、新作弁当、私の口にはちょっと・・。
「すみれ」のカップめんと「アメリカンドッグ」にすればよかった・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ここでもう一品。

メモ#0214:

保存するたびに記事が消えます。
そのため、一行書く毎に「下書き保存」ボタンを押しますが、
「表示できません」と表示されて記事は消えています。
なんですか、「保存するほどの記事ではない」という意味ですか!?
いや、それは認めますが・・。

今日は平日のデイゲーム。
1時半頃、こっそりラジオをつけたら、なんだかウルフがピリッとしません。
昨日と同じような展開です。ラジオは消しました。

5時過ぎ、どんな馬鹿試合だったか確認しようと、
もう一度ラジオをつけましたら、まだやってるではありませんか。
しかも、大量リードです。
今年の地方球場ゲームは、お祭りのような試合が多いです。

今日は、「献立会議」がありませんでしたので、
帰途で母にメール。「マカロニサラダ」を作ってくれたようです。
私の好物です。ただ、「その時点で心が折れた」ご様子。
「てきとうなものかてきて」と返信を受けます。

ファイターズの大勝で、食欲が若干増幅されましたので、「夕食に何かもう一品」と思い、
買ってきました。サンマ。125円でした。
まだちょっと高いですね。でもいいでしょう、お祭りですから。

さんま

「ハシリ」なだけに、やや小ぶりで、脂の乗りも今ひとつでしたが、
身の締まりもよく「初物らしい」味わい。
なにより、献立が「マカロニサラダ定食」から「さんま定食・マカロニサラダ付」に変わったのが満足でした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ドンドコザブン

メモ#0215:

今日の札幌、暑かったです。
とはいっても「30.8℃」でしたが。

明日からいよいよ、「小樽潮まつり」が始まります。
天気は上々なようです。
メインイベントは「潮ねりこみ」です。
昔、父も踊りました。

小学生の頃、父方の祖母と、母方の祖母を呼んで、
「潮ねりこみ」を見物しに行きました。
浴衣を着て、帯に団扇をさして、
三波春夫センセイ歌唱による「潮音頭」にあわせて街を練り歩くわけです。

最近の、どっかのお祭り(のようなもの)とは違い、
皆、決められた振り付けでゆったりと踊ります。
音楽のボリュームも、かわいいモンでした。

私たち家族と二人のおばあちゃんは、
「父の雄姿?」を確認すると、次の「ベストポジション」へ先回り。
おばあちゃん用に新聞紙を敷いて、「特等席」を作ります。
そこへ、父と、父の職場の一行が練り歩いてきます。

「スピーカー車」は、先頭と、中盤に一台有るか無いか、でした。
父の一行には音楽が届いていません。
「支店長」が、歌詞を無視して、
「ハイ、キーラキーラキーラキーラ、くるっと廻って・・。」
と音頭を取ります。

父は、職場の仲間と「打ち上げ」へ行ったのでしょう。
帰宅は、かなり遅い時間でした。
上機嫌で帰ってきた時は、マッカな顔をしていました。
ずいぶん日焼けしましたねぇ、お父さん。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ヒーヒー言わせない。

メモ#0216:

首位攻防の第一ラウンド、残念ながら負けてしまいました。
今日はBS1での放送です。
いつも応援しながら念力を送るんですが、
BS1は比較的、念が通じます。実況も解説もうるさくなく、
試合に集中できるからでしょうか。

キモは、7回表でしたね。
小谷野のヒットから攻撃が始まりますが、
私の「念」を邪魔するノイズがテレビから・・。

「ヒーヒー、フーフー」と、なんともいえぬ不思議な音です。
甲子園なんかでも良く聞こえる音です。
おかげで念を送るのに集中できません。

「フーセン膨らまし」、せめて2アウトからにしましょうよ。
この回は2度の投手交代で、長いイニングにないました。
「握力の限界」で手放されたフーセンが、時折客席を舞います。

杉谷が打席に入った頃は、スタンドが「たこまんま」状態。
私の「念」もここまでです。明日に期待しましょう。

さてと、ブロックベーコンも買ったことだし・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR