もう10月?

メモ#0273:

早いもので、もう10月ですね。
今日の夕食は「湯豆腐」でした。
リードしているうちに食事を済ませました。
健康維持のための自衛策です。

ブログをはじめてから、やたらと写真を撮る機会が増えましたが、
撮った写真は、「1108」「1109」のように、月ごとのフォルダに保存しています。

これがまた、日記代わりになって楽しいですね。

冬の間にあれほど食べていた、「グラタン」。
8月のフォルダには写真がありません。
その代わり、「蕎麦」が増えます。
家で茹でた「干し蕎麦」です。

9月に入ると、「きのこ」が登場します。
アップしていませんが、直売所で買ってきた「とうきび」「じゃがいも
などの写真もありました。
あ、「あんかけの歌」が誕生したのも9月でしたか。
読んでない方は、良かったら読んでやって下さい → 「小樽あんかけ恋の街」

10月はどんな写真が増えるんでしょうね?
ひょっとすると「初雪」が登場するかもしれません。

焼肉平和園のカルビとトリモモとナムル 

写真は、9月唯一の、「外食の夕食」写真。
平和園の焼肉です。網の上の画が寂しいですが、
焼き始めちゃうと、正直、写真などどうでもよくなってしまいます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

久しぶりの感覚

メモ#0274:

昨日は、かなりしっかりと夕食を摂りましたが、
夜中に腹が減って寝付けない」という感覚が、久しぶりに襲ってきました。

夕食時間が早かったこと、
「湯豆腐」という比較的消化のよいメニューがメインだったこと、
などが理由として考えられますが、
いずれによ、健康状態が良好な証拠です。

夜中に台所でゴソゴソと物色しました。
「即席ラーメン」「スパゲッティ」など、
食材はあります。

休日前なので、食べても良かったんですが、
「あ、なんかこの感覚久しぶり。」と思い、
結局何も食べずに寝ました。

布団の中で、「明日は何を食べようかなぁ」と考えます。
昨日は、お酒も「なめる程度」で済ませたので、
アタマもはっきりしています。

常に手が届く場所に並べてある、「眠りのお供本」をゴソゴソします。
ダイエット本の、貧相な「天ぷら蕎麦」が、やたらと旨そうに見えます。

睡眠時間は短かったのですが、目覚めはスッキリでした。
朝食は敢えて軽く済ませ、(トーストとコーヒーですが、やたらと旨かったです。)

お昼はこれです。
天寿庵のカレー南蛮

夜中の、「明日の昼はニンニクたっぷりの味噌ラーメンか、カレー南蛮か。」の脳内対決に勝ったのは、
「カレー南蛮」でした。いつもより2割増で旨かったです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

食欲の秋です

メモ#0275:

遅れましたがファイターズ優勝おめでとう(鎌ヶ谷の)。

一軍の方は、ホークスの圧倒的な強さの前に涙を飲みましたが、
イースタンではわがファイターズが逃げ切りました。
これでドッコイです。いやドッコイじゃないです。

昨日に引き続き、朝から食欲があります。
朝といっても、休日ですのでほとんど昼ですが。

コーヒー豆を買い忘れたので紅茶と、ジャムをたっぷり塗ったトーストで、
胃袋のエンジンをかけます。
ジャムトーストと紅茶

今日の試合も負けてしまいましたが、
食欲は落ちません。
今日の負け方は、「可」です。
ラストスパートで、もうちょっと打ってくれそうな予感はします。

おつまみは、札幌では有名なベーカリー、「どんぐり」の「野菜いっぱいサンド」(という名前だったと思います)。
それに、お惣菜やさんで買ってきたエビフライを挟みつつ食べます。
野菜たっぷりサンドの断面
野菜たっぷりに、今まさに挟まれんとする小さなエビフライ

夜食は、やっぱり「どんぐり」の、
味噌カツサンド」を予定していますが、
ひょっとするともっと高カロリーなものを作ってしまうかもしれません。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ストーブ稼動中。

メモ#0276:

旭川では、「ここ100年ほどで一番早い初雪」を記録したそうです。
札幌も寒いです。

例年、10月初旬であれば、ある程度寒くなっても、
「まだ早い。まだ早い。」とガマンしていましたが、
もう限界です。・・・ストーブを点けました。

私が子供の頃、居間のストーブといえば「灯油ポット式」で、
部屋の中央にドカンと設置するのが普通でした。
排気は、「煙突」を利用した「自然排気」で、点火方法はマッチでした。
お正月用の「黒豆」なんかも、ストーブでコトコト煮たものです。

今は、「マイコン制御(死語?)」のFF式です。
情緒も煙突も無くなった代わりに、燃焼効率は良くなりました。
本格的な調理は出来ませんが、「保温」くらいは出来ます。

さんまの生姜煮

さんまの生姜煮」です。
昨日は、さんま一尾29円で売ってたものですから、
張り切って作りました、母が。
ある程度出来上がったら、後はストーブに任せます。
「ミートソース」も、「ストーブ保温」の過程を経たモノの方が旨いような気がします。




オマケです。

昨日アップしなかった、「おやつ」。
どんぐり」の「昭和ドーナツ」です。
昭和ドーナツ 真上からの展望

昭和ドーナツ 斜めからの勇姿

まさに「昭和!」。
見た目は、ミスドの「オールドファッション」に若干似ていますが、
生地はあくまでズッシリと重く・・・。
これは、紅茶やコーヒーよりも、牛乳?・・いや、「ほうじ茶」が合います。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

一日遅れのマサル川柳

メモ#0277:

 指揮官に 送るコトバも 遠慮なく     らざーろ

一日遅れの、「マサル川柳」です。
昨日(火曜日の夕方)から、急な用事が入りまして、
勝利直後の更新ができませんでした。

マサル、勝ちました。

この日は、せっかく地上波中継があるのに、ほとんどカーラジオで聴いてました。
それでも、武田久が見事に三凡に打ち取るところから、
テレビ観戦ができました。

試合時間が短かったので、ヒーローインタビューも、
ハイライトも見ることができました。
2本のタイムリーが見事でした。
全部で4安打でしたが。

札幌ドームでのお立ち台は、この日以来です。
正直なところ、ちょっとウルッと来ましたよ。

マサルの投球内容と同時に、観客動員も気になってました。
うーん、想定より1万人ほど少ないですね。

もうひとつ気になったのは、
テレビ中継がTVHだったことです。
実況・大藤アナ、解説・高田さん、という、
しゃべってなければ死んじゃう」コンビです。

ずっと見ていた方、うるさく無かったですか?
・・そうですか。それは災難でしたね。

7回表の降板時、今まで聞いたことが無いような、
「ええぇー」という声がラジオから・・・。

今まで無かったほうが不思議といえば不思議です。

ちなみに今日は、「ダルで負け」でした。
連勝でメモをしめたかったなぁ・・・。

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

家ギスカンで、電ギスカン。

メモ#0278:

ジンギスカンは道民食です。

「ご当地グルメ」と言われながら、
実は地元ではそれほど頻繁に食べないものも、
ひょっとすると。あるかもしれません。

ジンギスカンは、道民は、食べます。
えらく、食べます。

お店でも、食べます。
屋外でも、食べます。
当然、家でも、食べます。

店ギスカン」の肉質は、やっぱりおいしい。(あとビールも。)
外ギスカン」の楽しさも、代えがたい物があります。

今日は、色々と疲れたので、
家ギスカン」です。

「例の鍋」を使った、「本ギスカン」が、味の上では一番ですが、
洗うのが大変で、今日はホットプレートを使いました。

お芋に主役を奪われた、ひときれのラム。

電ギスカン」です。

この場合、主役はお肉よりおイモにシフトします。



関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

風邪にはネギ。

メモ#0279:

昨日の夕方、このところの天候不順と、イレギュラーな日程が祟ったのでしょうか、
「あ、風邪のひきはじめだ。」と思う瞬間がありました。
せっかくファイターズが快勝したのに、食欲もあまり湧きません。

「パブロンを一包飲んで寝よう。」と思ったのですが、
風邪薬の服用前には、何か食べておかないと・・。
そんな時、買い置きのカップうどんが目に入りました。

和庵きつねうどん

思わず、「あ、旨そう。」と声が出ました。
これは恐らく、体が欲しているのです。

そういえば、先日、ねぎの買い置きがあるのに、
それを忘れて更にねぎを購入してしまい、我が家の玄関はねぎだらけです。
これは、「ねぎをもっと食い給え」というお告げなのかもしれません。

本当は、ねぎを焼いて、(鶏の脂で焼くとサイコーです。)
「きつね南蛮」にしたかったのですが、
夜も遅いし、ハスにきったねぎを普通にトッピングしました。
(ネギを乗せてから、熱湯を注ぎます。)

和庵きつねうどん ねぎのっけ

深夜のカップうどんは、まぁ何事も無くても旨いものですが、
これほどしみじみと、「旨い」と思ったことはありません。
やっぱり体が欲していたんですね。

おかげで今日は、朝から快調です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

たまには映画レビューでも・・・。

メモ#0280:

私だって、一年中、夜食やファイターズのことばかりを考えているわけではありません。
たまには映画も見るのです。
メジャー作品もいいですが、今回は、2010年インスブルック映画祭で「観客賞」を受賞した作品を
観に行ってきました。

今日のメモは長いので、サクッとスルーしていただいて結構です。
読みたい「あなた」にだけ書いてます。
しかも、作品の内容は地味ですし・・。
以下はレビューですが、ネタバレはありません。




『嘘は罪』2009年アメリカ作品。

監督:ハンス・リード

出演 マキシミリアン・ライアン
    エセル・ルロイ
    アン・リッター

原作 ウィリアム・C・シャーウッド『As Good As The Truth』
脚色 ハンス・リード
    ラルフ・デイリー


コールセンターに勤めるロン(マキシミリアン・ライアン)は、
得意の口八丁手八丁で、電話相手を「契約オペレーターに繋ぐ率」で表彰され、
会社からボーナスと長期休暇をもらいます。

そのことを、行きつけの安食堂で自慢するロンですが、
店のウェイトレスであり、幼馴染のサラ(エセル・ルロイ)は快く思っていません。
軽くたしなめるサラですが、ロンは意に介しません。

ロンがバカンスへ出発する日、いつものようにサラの店でチーズバーガーをパクついていたところ、
店のオーナーが、
「サラ、緊急事態だ!」と叫びます。

彼女の「生みのお母さん」が危篤だとの連絡が入ります。
サラは、疎遠である生みの親を見取ることを葛藤します。

この場面での、オーナーや他の常連客の会話が非常に面白かったですね。
原作では、もっと直接的に描かれているんですが、
「ロンが実はサラのことを好きなこと」
「ロンのバカンス先の途中に、サラのお母さんの家があること」
「サラも、じつはロンのことを気にかけていること」
などが、会話の中でさりげなく解る仕組みです。

さすが、脚色も担当したリード監督、このあたりがニクイです。
かつて『子どもの日常』で鮮烈なデビューを果たした彼は、
ここでも、得意の「引き・長回し」の手法を駆使します。
その手法ばっかりだと飽きますが、この場面ではそれが生きます。

豪遊バカンスのはずが、サラを乗せての「お見舞い」になってしまったロン、
当然、気分は浮きません。
道中ケンカばかりですが、時折、自らの「口八丁」に反省めいた言葉がふいに出たりします。

「さあ仲直り」、と、観客が思ったタイミングで、
謎のヒッチハイク少女、スーザン(アン・リッター)が登場します。

この子が上手かった!
正直、登場した瞬間は、
「なんてメンコクナイ娘だろう」と思いましたが、
彼女が、「嘘の衣」を一枚ずつ脱いでいくうちに、
徐々に、可愛くなっていくのです。

それにつられるように、ロン、そしてサラまでが、
語ることのできなかった「嘘の衣」を脱いでいきます。

・・・・ここからが、ストーリーのヤマですが、
すべて書くのは野暮というものでしょう。




是非皆さん、続きは夢の中でご覧になってください。




・・・・・スイマセン。全部私の夢の中の創作です。
誰ですか、マキシミリアン・ライアンって・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ツヤツヤなスパゲッティと、ベトベトなヒツジ。

メモ#0281:

「風邪のひきはじめの危機」を、「ネギ乗せきつねうどん」で回避した私は、
その翌日も、念のため「ネギメニュー」で風邪予防に努めました。
(単に、ネギが余っていたせいもありますが。)

今回は、一層の滋養もつけようと、
ネギ納豆スパゲッティ」にしました。
ネギ納豆スパ

麺の下にも、「炒めたネギ」が沢山隠されています。
「一味唐辛子」をぱらぱらと振りかけて頂きました。

目覚めはパッチリだわ、オツージも快調だわ、天気は良いわで、
連休中日、どこかに出かけなければなりません。
今日は野球中継があり、中村君の好投に後ろ髪を引かれる思いでしたが、
お手軽に、「さとらんど」でヤギやヒツジと戯れてきました。

いかにも「ふわふわ」に見えるの「ウール」に触らせてもらいましたが、
意外と、アレですね、「ゴワゴワでベトベト」ですね。
でも可愛いから許します。

写真を撮ろうにも、なかなか、じっとしていてくれません。
一瞬、「何だこれ?」と思うかもしれませんが、羊。

「ヤギと比べて、ヒツジの声って太いんだなぁ。」と、
道民のクセして、始めて知った休日でした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

負けたのですね。

メモ#0282:

 雑談に 付き合う気持ち ちょっとわかる     らざーろ

マサルの日です。最近は川柳もちょっとおざなりです。
祝日にも関わらず、2時前から色々と用事がありまして、
3時半・・ぐらいでしたか、ラジオをつけました。
「リードしていてくれれば良いな♪」という思いとともに・・。

解説の大宮さんが、なんだか愚痴ってます。
実況の水野アナも、それに付き合って、得点経過がわかりません。

今日の野球メモはここまでにしておきましょう。




今朝の北海道新聞に、「さとらんどの入場者数、普段の休日の1.5倍
という記事が載っていました。
昨日の日曜日、「熊騒動」で中央区や南区・西区の行楽地を避けた家族連れが、
どっと押しかけたようです。

どうりで、昨日のさとらんどが賑わっていたはずです。
レストランの売り上げも相当だったんでしょうね。
私が入場したのは、すでに午後3時を過ぎていて、
チューボーは、後片付けでてんてこ舞いの様子でした。

それを加味して、この味噌ラーメンには「努力賞」くらいはあげてもいいかもしれません。

チャーシューだけは旨かった、さとらんどの味噌ラーメン。

おまけ。

夕日に映える、ポニーの可愛い目

「たてがみ触ってもいい?」と一応断って、
触ってみましたが、「いやーん」と離れて行ってしまいました。
許せません。
今度行ったら鼻面スリスリの刑です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

勝ったのですね。

メモ#0283:

ファイターズの野球観戦、9月以降は、
「見たら負けるんじゃなかろうか?」とか、
「聴いたら負けるんじゃなかろうか?」とか、
色々と考えるのですが、今日は本当に、まるっきり、一秒たりとも聴きませんでした。

快勝でした。

こんなことがあると本当に困ります。
明日以降、どうすれば良いのでしょうか。

さて、昨夜の見事な負けっぷりに、
久々に登場したのが「例のアレ」です。

今月初の、「カルボっぽい何か」。

今まで作った中で、ソースは一番「ぽい」です。
これでベーコンが「ブロックの拍子木切り」だったら、もっと完璧なんですが。

そういえば、ファイターズが好調だった頃は、
負けた時の「厄払い」であるかのように、コレを作っては食べていました。

そうか、明日以降は、コレを食べ続ければよいんですね。
・・・いや、さすがにムリです。

作り方は、コチラ → 『カルボっぽい何かの正体』
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

分けたのですね。

メモ#0284:

これで2位確定です。

二つ前のメモのタイトルが「負けたのですね。」
一つ前のメモのタイトルが「勝ったのですね。」

きょう、もし引き分けだったら面白いなと思った私をお許しください。
もちろん、勝って欲しかったんですよ。

こんな時は、「お夜食」に困ります。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

レトルトカレースパはうまいのです。

メモ#0285:

最近凝ってる、というか、「これから凝ろうかな」と思っているのが、
レトルトカレーのカレースパ」です。

レトルトカレー。

子供の頃は、「ボンカレー」と「ククレカレー」の2種類ぐらいでしたか。

高校生の頃に発売された「カレーマルシェ」、
大学生の頃には「LEE」。どちらも衝撃的でした。
今ではもう、スーパーの陳列棚で、何を買おうか迷いますね。

スパゲッティにあわせるので、
とりあえず、「ニンジン・じゃがいもゴロゴロ系じゃないヤツ」
を選びました。(あと、価格も重要です。)

今回はコレです。
カレー職人

出来上がりはこんな状態。
レトルトカレースパ10月12日深夜

麺は150グラムと、私にしてはやや控えめ。
バターで炒めて、にんにくパウダーとバジルでちょっぴり味付け。

「一緒に炒め合わせる」調理法も選択肢の一つでしたが、
今回は添えてみました。

思ったより、結構シャバシャバでしたが、
「とろみが弱い」件に関しては、ちゃんと書いてありましたね。
とろみは弱いそうです

鶏肉が「ほろほろ状態」だと嬉しかったんですが、
意外なことに、「小さめのブロック状」だったことが唯一残念。

スパゲッティーと合う度、『75RCS』でした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ガクランとブレザー

メモ#0286:

18歳の時に誂えて貰った、「麻混のスーツ」が見つかりました。
戯れに、ちょっと着てみました。

おお、まだ着られるじゃないですか。
オナカ周りは、さすがにちょっとキツイですけれど。
ちなみに、ブランドは「VAN」です。

私がネクタイを締めたのは、
大学の入学式が最初です。

高校入学時、チューボー時代はガクランだったんで、
今度はブレザーがいいな、と思っていたんですが、
高校でもガクランでした。ガッカリしました。

当時は「ブレザー制服」に憧れてました。
「放課後、部活動(当然?文科系。)が忙しく、思わずネクタイを緩める。」
などというシチュエーションを想像したりしましたが、
「ブレザー高校出身者」に聞くと、
「いや、ガクランの方が良かった」なんて言います。

そんな私の出身高校も、今ではブレザーのようです。

そういえば、私のガクラン、絶対に捨ててはいないはずなんですが、
どこへ行ったのでしょうか。

見つかったら密かに着てみましょう。
(今の年齢でおおっぴらに着たら、もはやコスプレです)

おかげさまで、「ボタンも全部無事」なことですし・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

イザ機種変更。

メモ#0287:

ケータイが、あまりにも昔の機種だったので、
今日、交換に行ってきました。
詳しいことはわかりませんが、
何でも、今までの機種の周波数帯が使えなくなるそうで、
当然、無料だそうです。

無料だからって、イーカゲンな機種をあてがうつもりではないでしょうね。
戦闘体制を整えて、携帯ショップに向かった私です。

「あのー、できればで良いんですが、辞書機能が付いたものを・・。」

恐々とたずねる私ですが、あ、そうですか。今のは付いてるのが普通なんですか。

「あのぅ、メモ帳機能・・。」
「付いてます。」

そもそも携帯はあんまり使ってませんので、
機能はシンプルなヤツで充分なんですが、
今のはずいぶんといろんな機能が付いてますね。
テレビも見られるんだそうです(えっへん)。

初めて撮った写真はこれです。

さんぱちの味噌

おなじみの「画」でなければ今までと比較できませんよね。
しょっぱさが伝わりましたでしょうか?
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

キレイなトイレ。

メモ#0288:

さて、ケータイを新調し、「さんぱち」で味噌ラーメンをいただいたあとは、
「コーチャンフォー」へ向かいました。
大型書店です。

よく、「本屋さんで便意を催すのは何故か?」という話を聞きます。
調べましたら、諸説あるようですね。
私にも覚えがありますが、私の場合、「食ってから書店へ行く」ので、
ある程度自然の摂理であるといえます。

ここのトイレは非常に掃除が行き届いています。
きれいなトイレを見た人は、「きれいに使おう」と思うものです。
もちろんウォシュレットも完備です。

この、私にとってはスマートフォンより遥かに偉大な「文明の利器」、
共用する場合、気をつけなければいけないのが、「シャワーの温度」です。
北海道では「温度高め」に設定する人が多く、
使う段になって、「おおぅっ」と思うことが少なくありません。

ちゃんと温度をチェックして使用した私ですが、
誰ですか?「水勢」を「最強」にしてそのまんまのヒトは。
転がり落ちるかと思ったじゃありませんか。

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

スーパーすっぱスパ。

メモ#0289:

お夜食記事です。
台所の隅から、「ねり梅」がゴソッと出てきました。
どうやら「もらい物」のようです。
賞味期限は激しく過ぎてますが、未開封なので、何とかなるでしょう。

何とかなると言っている場合ではありませんね。
何とかして消費しなければなりません。
そんなわけで、昨日の夜食は「スーパーすっぱスパ」です。

スーパーすっぱスパ

ベーコンを炒めながら、
カルボっぽい何かを作りたいなぁ」という誘惑に、
何度も負けそうになりましたが、
食材を無駄にするわけには行きません。

ねり梅」は、とりあえずカレースプーン一杯ほど使用しました。
そのほかの味付けは無しです。
酸っぱさを極めてみようという思いもありました。
多少、酔っていたこともありました。

しその香」をたっぷり振りかけて完成です。

味は、ご想像の通りです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

あーあ。

メモ#0290:

その件につきましては、正式にお話が合ったときに検討します。
としか答えようがありません。
あ、コーチ陣は基本留任の方向で。

さて、ファイターズの最終戦です。
今日こそ負けてはいけない日です。
今年は、ここぞという試合を、ことごとく落としている気がします。

負けました。
結果として、ライオンズが3位。バファローズが4位になりました。
バファローズファンの皆様方には、申し訳なさ過ぎて、かける言葉もございません。

ほんのちょっぴり差で4位。
去年ファイターズも経験しましたが、
この差は・・。

西武      0.503703703
オリックス   0.503649635

勝利数はバファローズの方が多いのです。

決して、バファローズの方がCSが戦いやすいとか、
ライオンズが嫌いとか、そんな意味ではありません。念のため。

おかわり君とフェルナンデスのホームランで負けました。
ライオンズに対して一番やってはいけない負け方です。
そして、そのライオンズとCSを戦うのです。

情けなくて涙が出ます。
今夜もフロントからの電話を待つ私です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

優雅な朝食

メモ#0291:

昨夜は、「お好み焼き」って言うのでしょうか、
庶民の味を頂きました。
ほほう、たまには良いですね。
特にあの、トッピングの、ベニ・・えーと、ベニショウガでしたか。
あの刺激的な色と薫り、ロマネコンティ1956に良く合います。

さて、心地よい朝の光で目覚めた私。
新聞に目を通しながら、朝食を頂きます。
おや、ダルビッシュ君はメジャー挑戦ですか。
私も入札してみましょうか。20億ぐらいで足りますかね?

「ばあや、昨日購入したメープルシロップで、アレを。」

ティーバッグで煎れたダージリンを頂きながら、
ホットプレートに残った「お好みソース」の香りがほんのりと移った、
フレンチトーストで朝食です。

優雅な朝食

では行ってきます。あ、作業着と軍手忘れちゃいけない。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

寒くなって参りました

メモ#0292:

秋晴れです。
秋晴れ
昼は結構、暖かいです。
でも朝晩は冷え込みます。

とぅふ2丁買ってきてください。」とメールが入ります。
母も先日携帯を新調しましたので、
予測変換がリセットされたようです

面白いので、
何とぅふ?」と返信します。
きくたの絹とぅふ」とすぐさま帰ってきます。
まぁ、電話の方が早いのですが。

どうやら、「」と入力すると、「とぅふ」が第一候補になったようです。

湯とぅふ

我が家の湯とぅふにはほうれん草がたっぷり入ります。

母は絹とぅふ派ですが、私は木綿とぅふ派です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

告白。

メモ#0293:

私、実は「牛丼屋」に行ったことがありません。

吉野家」も「松屋」も「すき家」も、「なか卯」でさえ・・。

牛丼が嫌いなわけではありません。
たまに家で作ります。旨いですよね、牛丼。
牛丼自体は好きなんです。

好物ベストテン」には入りませんが、
丼カテゴリ」なら、「もうすぐベストテン」にゲスト出演するくらい、
その程度には、好きです。

牛丼屋が嫌いなわけでもありません。
ヤスイハヤイウマイ」は、外食でも家でも実践する大事なコンセプトです。

機会が無かったわけでもありません。

確かに、私の小・中学生時代には、
北海道の、少なくとも私が住んでいた地域においては、
「牛丼」は一般的ではありませんでした。
(漫画に登場するソレを読んで、よしのやってナ~ニ?という感覚でした。)

その状況は、社会人になると一変します。
牛丼屋はあちこちにありますし、
同僚にも牛丼好きがいます。

ところが、どういう訳か、
まるで細かい網をかい潜るかのように、
私は「牛丼屋ヴァージン」のまま、年齢を重ねてしまいました。

友人知人の、「牛丼屋あるある」に参加できない寂しさ・・・。
ラーメン方向に話を誘導することを試みますが、あ、そうなんですか、
牛丼バナシはそんなに共感を得るものなんですね。

行ってみようかなぁ・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

残った湯豆腐の、「だし」。

メモ#0294:

先日、我が家オリジナルの「湯とぅふ」(メンドクサイので以下湯豆腐で統一。)を、
たいへん美味しく頂いたのですが、
残ったダシをどう使うか」は極めて重要な問題です。

各種の具材、特に鶏肉のうまみが良く出ていて、
色々な料理に使えそうです。

そば・うどん」あたりが王道でしょうか。
カレー」というのもアリですね。
ラーメン」、これも捨てがたい。
即席ラーメンでも、味が2ランクくらいアップしそうです。

残った湯豆腐のダシ」に最も合う料理は何か・・・。
熟考した結果・・、
完璧な答えを導き出しました。

それは・・・、

・・・

・・・

・・・



湯とぅふパート2

湯豆腐」です。

うーんやっぱりコクが深い。
二日連続カレーは頻繁にありますが、
「二日連続湯豆腐」は今回が初です。

敢えて二日連続にしたのには、
それなりの理由があるのです。
前回の時は、実は、コレを買い忘れておりました。
ゆずこしょう

コレ無しで湯豆腐を食べると、何か忘れ物をしたような気分で・・。

どうですか、この潔い「原材料」。
「ソルビトール」やら「香料」やら、「着色料」やら、一切入っておりません。

この冬は、この小瓶が大活躍しそうです。
というか、この冬、何本購入することになるのかな?。
ちなみに、おダシは食べきりました。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

秋の小樽(朝里・手宮編)

メモ#0295:

シトシトと(時折ざぁっと)雨が降る札幌です。
水・木・金曜日あたりは、天気が良かったんですが・・。

今年、まだ紅葉を鑑賞していないことに気づきまして、
小樽方面へ。
ほら、ひょっとすると、いきなり晴れるかもしれませんしね♪。

朝里ダムです。
朝里ダム、絶賛放水中。
紅葉の名所なんですが、空はあくまでドンヨリと・・。
あ、霧雨が・・(泣)。

ちょっと上まで行ってみましょうか。

高いところコワイヨー
放水しているダムを、上から見たところです。
私にはこれ以上近づけません。

一瞬、霧が薄くなりましたが、

朝里ダムの紅葉

晴れていればさぞかし・・。

さて、お腹が空きました。

十間坂

今回は手宮方面のお店へ。
注文したのは野菜天そば。

野菜天そば

タマネギ・人参・ごぼう・カボチャなどがくんずほぐれつ。
やや濃い目の汁の仲介で丸く収まりました。750円。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ビールシチュー

メモ#0296:

シチューは、子供の頃からの好物です。
多分、離乳食とかでも食べていたはずです。

子供の頃は、もっぱら「クリームシチュー」。
給食でも人気メニューでした。
当時食が細かった私でさえ、「おかわり」に並んだほどです。

大きな容器に入ったクリームシチューは、
全員に配膳しても、まだもう少し残ります。
ちゃんと食べきった子は、早い者勝ちで「おかわり」が出来ます。

あ、らざーろ君がおかわりに並んでる!

遠慮のない声が飛び、ちょっとバツの悪い私。
「おかわりの列」に並んだのは、アレが最後だったでしょうか。

そんな小学生時代、
アニメ「天才バカボン」を観ていた時のことです。
(『元祖』じゃ無くて、最初のヤツです。そうそう、『西から昇ったお日様が』の方です。)

細かいストーリーは忘れましたが、
バカボンが誘拐されます。
多分、金持ちのお坊ちゃまと勘違いされたのでしょう。
お腹が減ったバカボンが食事をねだります。

出前を取る事になった誘拐犯、
バカボンに注文を聞きます。

ぼく、ビールシチュー。

と、言った様に聴こえました。
もちろん私の聞き違いです。
当時の私は「ビーフシチュー」なるものを知らなかったのです。

その日以来、
「ねぇお母さん、ビールシチュー作ってぇ。」とおねだりする私。
ビールシチューなんて、無いのよ。」
まるでバカボンのママのように優しく諭す母。

当然母は、それが「ビーフシチュー」であることは知っていたはずです。
ただ、「そんな高くて手間の掛かるもの作ってたまるか!」という気持ちだったのでしょう。
まだ、固形ルーが一般化していなかった頃です。

「だってぇ、バカボンが、バカボンが美味しそうに食べていたんだもの・・。」
ビールシチューなんて、無・い・の・よ・・・。」


長橋市場で繰り広げられる母子の攻防、当然母の圧勝です。

それから幾星霜・・・。

「はじめて洋食屋さんで食べたビーフシチューは、汁気が無くてびっくりしたなぁ。」
「今の小学校の給食には、出てるのかなぁ。」
とか思いつつ、
昨日の夜食はシチューライスです。
シチューライス(ビーフヴァージョン)

ルーは、「クレアおばさん」です。

アレンジの決め手は、ビールだったりします。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

メシコラ

メモ#0297:

小学生の頃、授業中に、よく、ノートに落書きしました。
センセイごめんなさい。だってつまらなかったのです。

ステーキの絵』とか描いてましたね。
あと、『ラーメンの絵』とか。
結構、友達には評判でした。
らざーろ君の描くステーキ、美味しそうだね」って。

なんだか終戦直後のお話みたいですね。
ほんの30数年前なんですが・・。




メモ#195の、『簡単グラタン』でアップした写真です。
ちょっと寂しい
焦げ目がちょっと、不本意です。
ちょっと寂しいので、なにか飾りましょう。

ヴォリューム感
ヴォリューム感がでましたね。
ちょっと、アレですか、ポジション的に落ち着かないですか。

バグポジ調整
いいですね。さらにチーズをトッピングしたいところですが、
ここはアレで。

バグポジ調整 ナルトのっけ
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

肉じゃがムスメ

メモ#0298:

休日は大抵、書店へ行きます。
「コーチャンフォー」が多いです。

まずは雑誌コーナーで、「HO(ほ。)」とか、「Oton」とかの最新号をチェックして、
「北海道本」コーナー、そして、料理本コーナーへ。

私は、「レシピ本」よりも「食文化」関係の本が好きなんですが、
最近は「レシピ本」も趣向を凝らしているようですね。

「○○の社員食堂レシピ」「○○の寮レシピ」、人気のようですね。
あと、ちょっと前から目立つのが、
彼氏をナンチャラする・・」「彼に作ってあげたい・・・」とか言うタイトルのレシピ本。

あぁ、そうなんですか。
肉じゃが」ですか・・。
最近のナウなヤングは「肉じゃが」で落ちますか・・・。

肉じゃが

いや良いんですけれども、
肉じゃが」じゃぁ、ナンチャラできないでしょう。

「得意料理、何?」
肉じゃが♪

ほほう、この娘はあまり料理が得意ではないのだな・・。
と、思ってしまいます。

こんなこと書いちゃって、
批判コメント殺到したらいやだなぁ。
と、思いつつ、
ひとり寂しく自作の肉じゃがをサカナに晩酌する私です。

らざーろさん、何かあったんでしょうか?
いえ、何もありません。




「得意料理、何?」
カツ丼♪

コレは落ちます。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

脂少な目、麺ヤワ目、肉無し。

メモ#0299:

久しぶりにラーメンを作りました。
夕方、いきなりのリクエストです。
材料を揃えて製作に取り掛かります。

ラーメン作りは手間が掛かりますが、
楽しいものです。
そして、リクエストを頂くというのは嬉しいものです。

細かいご要望にもお応え致します。
久々に「煮豚」も作りましたが、
注文者である母は、「肉いらない人」です。

しおらーめん

もし元気が残っていたら、
「肉マシマシ脂多目」で、今夜。
にぶた
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

熟成具合を確かめてみる。

メモ#0300:

負けましたか。
ではラーメンメモの続きです。

初日の「あじたま」はこんなカンジでした。
お箸で切ったので切り口がイマイチです。
あじたま

さて深夜になりまして、発注を受けます。
「マルちゃんの辛みそ」を二人前で。
からみそ

二人前がすっぽり収まる丼は我が家に一つだけです。
ご満足頂いて、いよいよ自分のラーメンに取り掛かります。

味噌の瓶
コレを使います。
蓋が硬いです。・・・うーん。

あ、プシュって言った♪今蓋開けるときプシュって言った♪

「正調北海道味噌ラーメン」っぽく・・。
熟成みそラーメン

本当は、もっと脂ギッシュにする予定でしたが、
深夜ですので控えめにしてみました。

「持ち上げ」してみましょう。
よっこいしょ

オマケです。
一晩漬け込んだあじたま。黄身がべっこう色。
二日目のあじたま
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

終わったぁ・・。

メモ#0301:

こんばんホフパワー(CS1号)。

監督、コーチ、スタッフ、選手の皆さん、
そしてファンの皆さん、お疲れ様でした。

いやー、それにしても、後半戦は、
「ホントに2位?」って言いたくなるような試合ばっかりでしたねぇ。
相変わらず、「ノーアウト1・3塁」で点が取れません。


ファンの方への、ねぎらいラーメンです。

チャーシューはオマケです。

おや、電話だ。球団事務所からかな?
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

併映。

メモ#0302:

映画好きの皆さん、
『ふたりだけの森』って知ってますか?
『ゴールド』は?『黄金の指』は?

何れも、お目当ての映画の「併映」でした。
昔の、いやちょっと前まで、地方都市ではこれが普通だったのです。

併映」で無ければ、恐らく一生出会わなかったであろう、
B級(ばかりでもないですが)作品の数々。

『BMXアドベンチャー』。オーストラリア映画です。
『ネバーエンディングストーリー』併映でした。

『私の愛したゴースト』。たしか、『ミザリー』併映だったような。
チーズバーガーが旨そうでした。

一方で、お目当ての作品よりも、「併映」の方が面白かった、何てことも。

『ハウリング』を観に行って、『ニューヨーク1997』に感動して帰ったとか。

同じ料金で2本見られるんですから、お得といえばお得ですね。

ちなみに、「2本立て」経験者の中では、
『ホームアローン』は、『シザーハンズ』併映
という位置づけになってます。

続きを読む

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR