FC2ブログ

至高のオヤツ

メモ#0305:

小学校5年生の頃、寄り道せずに学校から帰ると、まだ3時台。

当時、母はパートに出ておりましたので、
「オヤツ」は自分で用意しました。
多くの場合、「ビスケットと紅茶」なんですが、
(おお、こう書くと非常に優雅ですね。森永日東です。)

たまに、ちょっとした料理をしました。
当時の私にとって、午後三時の至高のご馳走は、

やきっぺでした。

北海道民にとって、インスタント焼きそばといえば、
「ホンコンやきそば」「やきっぺ」。カップなら「焼きそば弁当」です。

当時はテレビCMも打っていたと記憶しています。

久々に、5食入りが頃合の価格で・・。
やきっぺ5食入り

各スーパーを巡回してますが、
なかなか特売を見つけられません。

では作ります。

おいしいお召しあがり方

よろしいですか?
お水は「220ml」ですよ。




最近は、午後3時なんかに即席めんを1食いただくと、
お腹が張って夕食が食べられない、などというナサケナイ経験をよくしますが、
あの頃は全然平気でしたねぇ。
人間のカラダって不思議です。

当時、家に帰ってひとり、という寂しさもあったのでしょうが、
とりあえずテレビをつけて料理を開始しました。
「3時のあなた」と「3時にあいましょう」が競い合っていた時代です。
テーマソングは覚えていますが、内容はさっぱり覚えていません。

食べ終わったころに、「太陽にほえろ!」の再放送が始まります。
オヤツをちゃんと片付けて、夕食用のおコメを研ぎます。
エライですね、当時の私。




思い出に浸っている場合ではありません。
やきっぺ作成時のクライマックス、
「水分飛ばし」の時間です。

やきっぺは、「液体ソース」が決め手ですから、
他社製品よりもしっかり水分を飛ばします。
かつ、フライパンにくっついてはいけません。

出来上がりです。

やきっぺ完成品

「あの頃」に比べると、麺がチョットだけ細くなったかもしれませんが、
味は一緒です。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR