オオハクチョウとキンクロハジロとエビオロシ。

メモ#0402:

ひさしぶり♪

そんなわけで、一週間ぶりに千歳です。
今日は快晴でした。
「快晴の雪原」って明るすぎて、カメラのモニターがまったく見えません。

お、マガモがカルガモをいじめてますね。気づきませんでした。

パンですか?

パンは無いのです。
それはそうと、今さらながら、水がきれいです。さすが千歳川。

キンクロハジロ

オオハクチョウ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、エビオロシ。




・・・あ、エビオロシという鳥はいません。
コッチです。

えびおろし

「9」のつく日だから空港内の八雲へ行きましたがサービスなし。
いつもの海老おろし蕎麦も、空港価格で強気設定。

価格は高くとも、4プラ店よりちょっぴり美味しかったのはナンデかな。
全席禁煙だから?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

マカロニ&チーズ

メモ#0403:

昨晩は突然、「マカロニ&チーズ」を食べたくなりました。
アメリカ映画に良く出てくる、アレですね。

本場では、インスタントとか、冷凍食品が一般的のようです。
先日、池内百貨店でチーズソースを買って来たので、
アレで作ってみます。


マカチー01

味見をしてみたのですが、私の舌には「ちょっと濃い」様に感じたので、
牛乳で伸ばします。

マカチー02

マカロニは9分茹でる肉厚のもの。

そういえば、『ホーム・アローン』では、
ケビン少年が「マカロニチーズ」をレンジでチンして、
さて食べましょうかというところで、
「最終決戦」に突入したんだっけ・・。
あの時は、「ああ、チーズ固まっちゃう、冷めちゃう。」と
最終決戦に集中できなかったなぁ・・。

茹で上がりました。
まぜて完成・・・。

マカチー03

違う。私が想像していたものとは違う。
本来はチェダーチーズを使って、もっとこう、オレンジ色っぽく仕上げるようですね。

・・・

マカチーグラタン

何となく物足りないので、プロセスチーズを乗せて、
結局「グラタン」に。
味はまぁ、美味かったんですけど、
決定的に、「チープ感」に欠けます。

今度食材屋さんへ行った時は、
忘れずに買って来ます、インスタントのヤツを。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

3月ですが、今年最初の・・・。

メモ#0404:

こんばんは。
「らざーろの夜食でゴー!」の時間です。
昨日の、まずはオツマミ。

2012最初の煮豚

煮豚です。
出来立てすぎて、レンズが曇ってしまいました。
コレの端っこを刻みまして、

2012最初のニタマゴ

煮卵も添えました。
タマゴの切り口がブサイクですね。
なに、外見より中身が大事です。
・・・まだ味が染みてませんね。
煮豚の方は、まずまずの味でした。

母用の夕食「塩ラーメン」。

2012最初の自作塩ラーメン

「メンマをたくさん乗せて頂戴。」
でも必ずメンマを残す母。(残ったメンマはスタッフが美味しく頂きました。)

私は深夜に、「昭和50年代風味噌ラーメン」。

2012最初の自作味噌ラーメン

今回はアブラ控えめ、野菜多目で頂きました。

まだスープが残ってます。
今夜は「旭川風正油(醤油ではナイ)が食べたい気分の私です。

以上、「らざーろの夜食バンザイ」でした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

さすがだよマサルさん。

メモ#0405:

 無問題 無心無言で 無表情     らざーろ

いやぁ、「マサルさん」こと武田勝の投球を、久しぶりにじっくり見ましたよ、テレビですけど。

うーん、さすがです。

たとえランナーを出しても、「崩れそうな雰囲気」がまったくありません。
開幕投手は是非マサルで。

一部には、
「斎藤佑樹を開幕に投げさせ、マサルを2戦目に廻してシッカリ勝つ。」
との意見もあるようですが、私は断固反対です。
キャリアからいっても、安定性からいっても、
あと、非常に大事なことですが、「人気面」でもマサルの方が上です
少なくとも北海道内では。

ライオンズは、きっと涌井投手が順当に来ると思いますが、
このときの対決でも、マサルが勝ってますしね → このとき




今日のオヤツは、
昨日とったスープで、しょうゆラーメン。

オヤツらーめん

2月は千歳に4往復するなど、
ちょっと外食の機会が多かったもので、3月は締めます。
ラーメンも自作でガマンです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

旭川風でゴー!

メモ#0406:

ラーメンのメモが続きます。
なぜならスープがまだ余っているからです。
煮豚も、まだ「切り口が見栄えする部分」が余ってます。

というわけで、昨日の夜食は「旭川風ラーメン」です。

旭川風

麺は、菊水の「旭川ラーメン」を。
タレも菊水の「とんこつしょうゆ」を使いました。
ベースのスープは一緒なんですが、
昨日の醤油ラーメン、そして一昨日の味噌ラーメンとは、
ビジュアル的に顕著な差が見られます。

全国的に、そして旭川でも、トッピングが多様化しているようですが、
「旭川ラーメン」のトッピングといえば、「チャーシュー・メンマ・ネギ」のシンプル構成が王道です。

そして、この、「ちょっと前までは小麦粉だったんですよ。」とばかりに、
「コナコナしさ」を主張する麺は、二人前です。
あっという間に食べ終わりました。

次の自作ラーメンまでには、必ず「ラード」を用意しておきます。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

次に「来る」のは何だ!?

メモ#0407:

あまりにも「お馴染み料理」すぎて、なんだかピンときませんが、
いま、全国的に「唐揚げ」がブーム、ということになっているようです。
少なくとも、私がモノゴコロついて以来、不惑のトシに至るまで、
「唐揚げが人気無かった時代」は存在しないのですが、
そんなポピュラーな料理も、「ブーム」になることがあるんですね。

確かに、年末にかなりの「唐揚げ本」が出版されてましたし、
「専門店」も増えているようです。

では、今年はどんな料理がブームになるんでしょうか。
「唐揚げ」のように、ありきたりのものではなく、
意外なものが流行るかもしれませんね。

ちょっと予想してみましょう。

『第1回らざーろ記念(GⅢ)』

1枠 1番 あんかけ焼きそば
2枠 2番 ホッケのフライ
3枠 3番 ちくわパン     
4枠 4番 木の葉丼
5枠 5番 函館塩ラーメン
6枠 6番 エスカロップ
6枠 7番 海南鶏飯
7枠 8番 フィッシュアンドチップス
7枠 9番 スコーン
8枠10番 ミートボールスパ
8枠11番 マカロニグラタン
     

では寸評など。

あんかけ焼きそば」。
個人的な思い入れが強くて、冷静な予想が困難ですが、
「小樽ブーム」が起これば、オオソトから一気に・・。
でも予想はちょっと控えめに。8.5倍

ホッケのフライ」。
以前にも書きましたが、道民にとって魚のフライといえば、ホッケです。
大手外食チェーンで「ホッケフライ定食」でも出してくれれば・・。
しかしやや苦しい戦いか。11.2倍

ちくわパン」。
既に、若干流行りつつあるような気もしますが。かつての「チーズ蒸しパン」程のブレイクなるか、
といったところでしょう。
先行逃げ切りを狙う本命。3.7倍

木の葉丼」。
映画やドラマが、ブームの火付け役となることがあります。
例えば、「家にやってきたナゾの家政婦の得意料理が、木の葉丼。」だったりしたら、
大ブレイクも夢ではありません。12.6倍

函館塩ラーメン」。
強豪ひしめく「ラーメン厩舎」から唯一の出走。
最近の「ガッツリ系」の反動が来ればチャンスあり。11.2倍

エスカロップ」。
6枠は、「なんとなくエスニック枠」です。
今年は、「カツ乗せメニュー」が流行りそうな気がします。
根拠はありません。根室では圧倒的な強さですが、中央では苦しいか。15.3倍

海南鶏飯」。
いわゆる「シンガポールチキンライス」です。たまに出す店を見かけますが、
あまりにも高いですね。一時期「ロイホ」が出してましたが、流行らなかったようです。
決め手は価格になりそうです。8.5倍

フィッシュアンドチップス」。
7枠は、「ロンドン五輪」枠です。
世間的には「不味い料理の代表」みたいな言われ方もしてますが、
もちろん、ちゃんと作ればそんなことありません。
意外とブレイクしたりして。8.3倍

スコーン」。
同じく「ロンドン五輪」枠です。
かつて流行した、「ティラミス」「パンナコッタ」「ナタデココ」などと比べると、
華はありませんが、思い入れもありません。コレもオリンピック次第。12.5倍

ミートボールスパ」。
8枠は、ここ数十年地力を発揮し続けている、「パスタ枠」。
「レトロブーム」といわれ続けて久しいですが、なぜか不遇の時代が続く、ミートボールスパゲッティ。
「遅れてきた3大スパ」の復活は見ものです。13.8倍

マカロニグラタン」。
もはや、「数合わせ出走」の感が否めませんが、個人的には頑張っていただきたい。
「年明けグラタン」の普及にまたも失敗した私ですが、今度こそは・・!
22.4倍


出走表を見ると、うーん、地味ですね・・。ドコが(GⅢ)なんだか。

固めで行くなら、3番「ちくわパン」を軸に。
大穴狙いなら4番「木の葉丼」を中心に考えても面白そうですね。
何が来てもおかしくないこのレース、貴方なら何番で勝負しますか?


通常のレースと違うところは、
結局、どれも来ない。」という可能性があることです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

「大食堂」の行方は・・。

メモ#0408:

私にとっては珍しいことなのですが、今日も札幌中心部へ行く用事がありました。
ずいぶん暖かくなりましたが、歩くのは地下です。

市民の百貨店「丸井今井」の前を通りました。
別に用事は無いのですが、ちょっと覗きます。
覗くといっても、私、最近「人ごみに酔う」傾向がありますので、
出入り口の「フロアガイド」をチェックするだけです。

そして、写真付の「レストラン街のご案内」眺めます。
おや、10階レストラン街、どうやら改装中のようです。

家に帰って、ネットで調べたところ、
改装後、4月にグランドオープン予定、とのことでした。
(なお、現在も、「玉寿司」「シェフズグリル」「家族亭」は営業中のようです。)

ここで気になるのは、
「デパートの大食堂」という面影を若干ながらも残していた、
『ファミリーレストラン』という名のファミリーレストランの行方です。
まさか、無くなっちゃうんじゃないでしょうね。

・・・・・

私が子供の頃、デパート最上階の「大食堂」は憧れの場でした。
あの当時は、どのデパートも「食券制」でしたね。

それはもう、スゴイ賑わいでした。

あちらのテーブルでは、
「オトーサンは天丼」「オカーサンは味噌ラーメン」「オニーチャンはカツカレー」そして、
小さい子は「お子様ランチ」。

向こうのテーブルでは、「オジーサンがざるそば」「オバーサンがあんみつ」を仲良く・・。

などという光景がよく見られたものです。

ここ数年、いや数十年と言ったほうが良いかも知れませんが、
デパートの食堂は「専門店化」が進みました。
件の『ファミリーレストラン』も、あくまで私の印象なのですが、
かつての「大食堂」の賑わいは無く、集客には苦戦していたようです。

どんなお店が出来るんですかねー。
是非、「まるい大食堂」が出来て欲しいなぁ。

写真はつい先日、2月末に撮ったもの。
もっと、ちゃんと撮っておけば良かった。
こんなステキなサンプルがあるお店、是非復活して欲しいです。

サンプルそのいち
サンプルそのに

・・・閉店時、このサンプル、どうしたんだろう。・・・欲しい。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

カツカレーでゴー!

メモ#0409:

タイトルに困ると、「・・・でゴー!」です。
多くの場合、内容にも困ってます。

あくまで「好みの問題」なのですが、
私の場合は、「カツカレーのルーに具は要らない系男子」です。

何を隠そう、我が家では「カレーライス」という料理が頻繁に登場します。
どんな料理かと申しますと、・・・あ、お宅もですか。そうですか。

普段は「バーモント」「2段熟」「こくまろ」「とろける」等の固形ルーを駆使し、
玄関に保存してある「タマネギ」「ジャガイモ」「にんじん」を、
「具が大きい」状態で使う、昔ながらのカレーです。
あ、お肉はポークです。

滋養豊富で大変美味。手軽で安価。まさに国民食ですね、カレーライス。

ところが、「カツカレー」の場合、「大きい具」がジャマに感じてしまう私。

「カツにしたら良さそう」な豚ロースをスーパーで見つけ、早速カツに。
この日は、「晩酌」「夕食」「夜食」がセットになることが多い、火曜日。
一本目のビールを開ける時点で、すでに空腹が絶頂だったので、
買い置きのレトルトを使って、カツカレーに。

2012年3月上旬のカツカレー

左上のカレールーは、一見すると「具なし」に見えますが、実際には細かいビーフが、
「邪魔にならない程度に」入ってます。

ルー別盛りにも、ちゃあんと理由があります。
左エンドは醤油で、右エンドは中濃ソースで、オツマミとして味わい、
気分だけでも「晩酌」と「夕食」のメリハリをつけるのです。

そして中央部分を、カツカレーに。

もう、ビールなど、どうでもよくなります。

ゴチソウサマでした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

外食でグラタン。

メモ#0410:

図書館へ行ってまいりました。
ちょっとした調べものです。

残念ながら、当初の目的は達成できませんでした。
図書館のせいではありません。私の「資料の選択」が誤りでした。

マイクロフィルムをゴトゴト動かしながら文字を追ったので、
もう、目が疲れて疲れて・・・。
ネットサーフィンの比じゃありません。

今度は、目的の資料をちゃんと探して、
成果をブログにアップしますよ。

さて、目が疲れたので喫茶店へ。

私の普段の外食は、(外食は少ない方ですが。)
「ラーメン」「そば」「あんかけ焼きそば」で、全体の9割を占めます。

頭の中が研究モードになっていた私、
思わず「えびグラタン」を注文します。

グラタンは家で頻繁に作りますので、
外で注文することはめったにありません。

ところが、たまに外食で食べるグラタンが旨くって・・。
嬉しかったり悔しかったり。
研究は大事です。

去年は一度だけ、某ファミレスでオーダーしました。
旨かったけど、量が少なかったなぁ。
さて、今回は?

おそとでぐらたん

おお、しっぽ付き♪

私が普段作る、「土鍋グラタン」と比較すると、
さすがに量は少なめですが、喫茶店レベルでは充分満足なヴォリュームです。

マカロニが、「肉厚タイプ」ではなく、「早茹で細めタイプ」だったのが唯一残念でしたが、
エビの存在感に感心。週刊誌の多さにも満足。
(接客も、そして大事なことですが、BGMの静かさも大変結構でした。)

次回の資料研究の際も、この「あずましい」お店には、
きっとお世話になることでしょう。

訪問したのは、このお店です。

ころんびあ

食事メニューが豊富なので、お品書きをメモしようかと思いましたが、
下げられちゃいました(笑)。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

しらべもの

メモ#0411:

「調べもの」自体が好きです。
趣味といっても良いかもしれません。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「何かを調べるときは携帯?パソコン?」です!まぁ外で何か検索するとなると携帯電話になると思いますが最近はスマートフォンが多くなってきたので家でもパソコンあけずに、簡単にいろいろ調べれるようになりましたね新村はスマートフォンに変えてからあまり家でパソコンをあけなくなりました・・。
FC2 トラックバックテーマ:「何かを調べるときは携帯?パソコン?」



私の場合、携帯電話は通話とメールしか使いませんので、
もっぱらパソコン、ということになりますね。

調べるターゲットは、やはり「食」に関することが多いです。
特に、「行ってみたいお店」「食べてみたい料理のレシピ」の情報などは、
非常に役に立ちますね。便利な時代になったものです。

ところが私の場合、「調べもの」のターゲットとして、
「昔行ったあの店」「美味しかったあの料理」が登場することが多く、
このあたりの情報は、パソコンを駆使してもなかなか出てきません。

「札幌の店」の情報であれば、結構ヒットすることもありますが、
これが「小樽の店」だと、「あ、コレだ。」という記事に当たる確率が極端に減り、
ましてや、人口1万人程度の町で、もう無くなっちゃったお店の情報だったりすると、
まるっきり、なんてことも。

そうなると、やはり文献頼りです。

手持ちの資料は貧弱なので、
近々また、図書館へ行こうかと思っています。

ああ、「調べもの」、楽しみ♪
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

磯雪もどき。

メモ#0412:

乾麺のそば(干しそば)を美味しく食べよう委員会、
北海道支部・札幌北部支局・支局長代理である私。

我が支局の当面のテーマは、
「乾麺の弱点である、麺の短さを克服する」です。

前回は、もり蕎麦にタマゴを絡めて頂きました。 → 前回 

このとき、次はぶっかけにしてみよう、と思ったわけですが、
どうせなら、ということで、「磯雪蕎麦」仕立てに。

柴田書店発行の「業界本」に記載されていて、
いつかやってみたいな、と思っていたのです。

磯雪」とは、昔からある種物で、
泡立てたタマゴと冷たい蕎麦をあわせ、もり汁で頂くのが一般的なようです。

本来は、専用の器に盛るらしいのですが、
もちろん、我が家には「磯雪そば専用の器」など、有りません。

で、今回は「ぶっかけ」にしました。
「磯雪もどき」です。

磯雪っぽい何か

誰がなんと言おうと、タマゴはちゃんと絡んでいるのです。

磯雪っぽい何かのアップ

ほらね、ほらね・・・。一応、タマゴが絡まってるでしょう?
見えませんか?そうですか・・・。
もっと、タマゴを泡立ててから、蕎麦と混ぜればよかったなぁ。

で、肝心の味のほうなんですが、
やはり定法どおり、もり汁は別に添えて、つけ蕎麦にして食べた方がよろしいようです。
なぜかというと、タマゴが絡んだ麺に、汁を注いでも、イマイチ味が薄く・・。

ちなみに丼の向こう側に写っているのは舞茸の天ぷら。

「普通に、舞茸天ざるにしておけばよかったんじゃないの?」という支局長の声。
はい、私もそう思います。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

具材は何にしましょうか・・。

メモ#0413:

「暖龍」という中華チェーンで、あんかけ焼きそばの「ハーフ」を頂きました。

2012-3-14 あんかけ

帰り際に気づきましたが、
「札幌あんかけ焼きそばレシピ募集」とのポスターが。
ポスターの下に応募用紙があったと記憶しています。

帰ってからパソコンで検索しましたが、
WEBで募集はしていないようです。というか、その情報自体を見つけられませんでした。

ポスターによると、
応募期間は4月いっぱい迄らしいです。

応募用紙をもらいに、もう一度行かなければなりません。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

今日一日、「ありがたいお顔」で過ごしました。

メモ#0414:

先ほどまで、ソファーでうとうとしてました。
耳が、「折りたたまれた」状態になってまして、
ああ、痛い。

そんなことはどうでもよろしいのです。

「肩こり用吸盤」ってのがありまして、
直径が500円玉くらいで、
カップ状になった硬質ゴムです。

これを、凝った部分に吸い付かせまして、
血行を促進する仕組みです。

昨日はブログを更新しながら、
手元にあった、その「吸盤」を、手遊びしているうちに、
何を思ったか、額に吸い付かせてしまいました。

すぐに「きゅぽっ」と離したのですが、
今日一日中、オデコの中央にまーるい痕が。

いや、そんなことを書きたかったわけではないのです。

昨日、「あんかけ焼きそば・ハーフ」の写真を載せましたところ、
「普通盛りの写真」のアップをリクエストされましたので、載せます。

私は以前、ブログ上で「我が家の積雪状態」のイラストを載せ、
「写真も見たい」とのコメントに対し、
「そのうちアップします」とのお返事をしながら、
実際にアップしたのは一年後、という前科があります。

今回は、忘れないうちに翌日アップです。

普通盛り

向こう側に写っているのは、
「エビチリ」のハーフと、「チンジャオロースー」のハーフです。

オデコの赤みは収まりましたが、
耳はまだ痛いです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

春キャベツでゴー!

メモ#0415:

こんばんは。『らざーろのお夜食パラダイス』の時間です。(←以前と違う。)

毎夜、皆様のブログにお邪魔する私。
このところ、「菜の花」や「独活」など、
春らしい食材を使ったメニューが増えてきましたね。

負けてられません。
私も、「春キャベツ」を使ってみました。

昨日のおつまみは、
キャベツをたっぷりと使ったクリームシチューでした。

キャベツのシチュー

レシピを書くほどではありません。
「シチューの箱」に書いてあるとおりに作ります。
その終盤でキャベツをどっさり足すだけです。

大丈夫です。味は薄くなりません。
むしろ、濃くなるような気がします。不思議ですね。

そしてお夜食は、そのシチューを使って、
もちろんこれです。

キャベツのシチューでグラタン

一年中グラタンばっかりで、季節感が無いですね。
以上、『らざーろの Do The Oyasyoku』の時間でした。(←始めと違う。)
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ザンギ家族。

メモ#0416:

さて先日の「キャベツたっぷりシチュー」ですが、
そのほかの具はいつもと同じ、タマネギ・人参・ジャガイモ・鶏肉・セロリ・ホールコーン(缶詰)・マッシュルーム(缶詰)、でした。

その鶏肉は、母が「生協のトドック」で買った「北海道産伊達鶏」。
1kg入りです。

解凍して使いましたが、もちろん、シチューに1kgは使いません。
相撲部屋じゃないんですから。
いや、相撲部屋ならもっと使いますね。

というか、ちゃんこで「クリームシチュー仕立て」ってあるんですかね。
あって欲しいですね。

一旦解凍してしまった鶏肉は、翌日くらいに使い切ってしまわなければいけません。
再冷凍は味が落ちます。

そんなわけでザンギです。

ザンギエフって弱かったよね?

シチューに使った残りが、多分600gくらいはあったでしょうか。

普段は肉を食べない母が、
「あれで足りる?」と発言します。
母もなぜか、ザンギは好物なのです。

その言葉に背中を押され、「念のため」トリモモを買い足した私。

私はもっぱらガイルを使ってました。

「お持ち帰り用パック」が出来てしまいました。

明日ハイキングでも予定しているかのようです。
そんな予定はありません。
でも大丈夫。

この記事を書いている時点で、すでに1パック消費です。
明日中には、家族の胃袋にすべておさまります。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ザンギ仕込中の出来事。

メモ#0417:

ご近所中で、「雪崩し」「雪割り」が始まる時期です。
ただ今年は、気温が低いために、なかなか、はかどりません。

昨日、私がザンギを仕込んでいる頃です。
母が居間の窓を開け、何かを見つけたようです。

「あ、クロちゃんだ!」

ご近所のTさんが、せっせと雪崩しをされていて、
クロちゃんは、「水道栓」につながれて、その作業を見守っていたようです。

「ちょっと借りてくる♪」

軽装で駆け出す母。
カメラを用意する私。

クロちゃんがやってきました。

「クロちゃーん!」
「らざーろー!」


久しぶりの再会です。

「クロちゃん、相変わらず良いニオイだね。」
「クンクンクン、らざーろのても、いいにおいですよ。ザンギですか。きょうはザンギなのですか。おや、したあじはうすめで、あとでこのみのアジツケでたべるたいぷですね。ツウですね。クンクンクン。」

「さすがクロちゃんだね。では写真を一枚とらせてくれるかな?」

クロちゃんは活発に、走り回ります。

「らざーろ、ザンギ!らざーろ、ザンギ!だてどり、だてどり!」

写・・写真を・・・。

「らざーろ、ザンギ!らざーろ、ザンギ!とどっく、とどっく!」

あ、お母さん、ちょっとクロちゃんを抱いてもらって良いですか。

「らざーろ、ザンギ! らざっ・・・」

テンションが上がりすぎて、耳が寝ちゃってます。

クロさま

明日は真冬日の予報です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

研究報告。

メモ#0418:

乾麺を美味しく食べよう委員会事務局次長である私。(←以前と違う)

夜中などに、「どうしても盛り蕎麦が食べたいっ!」という気分の時に、
安い乾麺でそれをやってしまうと(何度もやってますが。)、
いつも、若干のもの足りなさを感じてしまいます。

「盛り蕎麦」だと、蕎麦粉含有率の低さと、麺の短さが、ストレートに出てしまうからです。

このところ、「タマゴ絡め」で、乾麺の新たな可能性を探っていた私でありますが、
ここは原点に立ち返り、「温かいそば」でゴマカシてみましょう。

もっともゴマカシ易いといえば、「カレー蕎麦」ですね。
さっき作って、食べました。

かれーそば

カレー蕎麦にも、汁の粘度、具の種類、辛さなど、お店によって色々です。
中には、「かけそば+レトルトカレー」というパターンもありますね。
(あれはあれで、結構好きです。)

今回は、私が大好きな「粘度が高い」バージョンです。
本当は、カレー蕎麦用に鶏肉も買ってきたのですが、
それはグラタン他の料理に使います。
具はタマネギで、薬味に長ネギ。超シンプルカレー蕎麦です。

かれーそば もちあげ

粘度の高い汁の助けを借りて、麺もずるずるとすすりこめます。短さなど気になりません。
乾麺蕎麦の、「正解の一つ」かも知れません。

以上です。

干し蕎麦研究会北日本支部代表世話人のらざーろでした。(←始めと違う)
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

軽い。

メモ#0419:

 しゃべるだけなら 解説者でもできる     らざーろ

マサルが開幕ではないのですね。
その理由がよくわかりません。

開幕投手について、
「年間通して投球回数が云々・・。」とかね、
しゃべりすぎです。

しゃべっちゃうから、コチラとしても、
「言ってた事と違うんでないかい?」と言いたくなるのです。

「私がスパッと決める。」と、ひとことで済ませておけば良いものを・・。

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

はずかしい。

メモ#0420:

昨日は、怒りのあまり、わけのわからない更新をしてしまいましたが、
そういえば、今日が誕生日です。

おかげさまで、15歳になりました。嘘です。

恥の多い生涯でしたが、これからも恥をかき続けます。
恥かきついでに、プロフィールに半ズボンのらざーろを載せます。
可愛いですね。5年生の時の私です。

小樽時代のひとコマです。

「斜陽」などと言われつつも、当時の小樽はまだまだ賑やかで、
百貨店も3店ありましたし、映画館も10館ほどあったと記憶しております。
ただし当時の住居のトイレはボットンでした。

懐かしいですねぇ。
そういえば、懐かしいあの頃を記録しておこう、と、始めたブログでした。
まだ、道半ばです。

「小樽 ニューギンザ」で、検索してくれている方がいらっしゃるのですよ。

申し訳ないなぁ。
いずれ、ちゃんと調べますから、少々お待ちを。

25歳を迎えた(嘘です。)らざーろでした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

カレースパゲッティ(標準タイプ)

メモ#0421:

前回の、「恥ずかしい」記事に対しましては、
皆様から温かいお言葉や拍手を多数頂きまして、
誠にありがとうございました。

感謝の気持ちを胸に、今日もスパゲッティをゆでる私です。

「今日も」と書きましたが、スパゲッティの記事はほぼ一ヶ月ぶりですね。
自分でもびっくりです。

パソコンの「写真フォルダ」を確認したところ、
食べてはいるんですが、「写真のデキ」が「今ふたつ」くらいだったようです。

本日の、「オツマミ兼夕食兼夜食」は、
オーソドックス(?)に、「カレースパ」です。

カレースパゲッチ

昔、職場の近くに「カレースパ」の美味しい喫茶店がありました。
若干お化粧が濃い目のママさんの、お手製であろうソースは、
挽肉をじっくり炒めてカレー味に仕上げた、「カレーミートソース」といった趣でした。

これが実に「ハマル味」でして、家で何度も作ってみましたが、
ついに、「同じような味」にはならず・・。

「ナポリタン」と「ミートソース」も美味い店でしたので、
「今日はどのスパゲッティにしよう。」と、午前中から考えるのが楽しみでした。

残念ながら、かなり前にそのお店はなくなってしまいましたが、
ママさん、どこか別の場所で「カレースパゲッティ」を出してないかなぁ。

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

すいません、当時は8館でした。

メモ#0422:

先日、小樽へ「調べ物」へ行った私です。

当初の目的は達成できず、
喫茶コロンビアでエビグラタンを食べて帰ってきた訳ですが、
実はあの時、当初の目的とは違ったとはいえ、別の資料をゲットしてきたのです。

このときの状況を確認してみたかったのです。 → 『小樽東宝劇場で』

当時の私の記憶が正しかったかどうか、
新聞の縮刷版で確認してきました。字が細かくて、難儀でしたよぉ。

さてさて、まずは東宝劇場ですが、
やっぱり「サスペリア」と「ふたりだけの森」の二本立て。
そして、隣の花園映劇では、「遠すぎた橋」が上映中でした。
よっぽどインパクトがあったのでしょうねぇ、当時の記憶は正確でした。
えらいですね、半ズボン時代の私。

ついでに、当時(1977年7月)、小樽で公開していた映画を、
上記二館を含めてメモしておきましょう。
(この時点で、神秘のベールに包まれた私の年齢、バレバレです。)

東宝劇場」 → 『サスペリア』/『ふたりだけの森』
※ 当時は、いわゆる「レイテリング」がゆるくて、「成人映画と、それ以外」という分け方でした。
実際のところは、細かい規則があったかもしれませんが、劇場内にはコドモがイッパイでした。

花園映劇」 → 『遠すぎた橋』
※ 当時はの地方劇場では、「2本立て」が普通でしたが、この作品のように3時間を越える大作の場合は一本立て(そんな言葉あるのかな?)でした。

小樽東映」 → 『東映まんがまつり』(せむしの仔馬/あらいぐまラスカル 等 7本立て)

東宝スカラ座」 → 『八甲田山』
 ※ これも大作ですから「一本立て」。

小樽中劇」 → 『季節風(野口五郎主演)』/『愛情の設計(桜田淳子主演)』
 ※ 特にコメントはありません。

日活オスカー」 → 『悪魔のハーレム』/『淫売宿』
 ※ 特にコメントはありません。

電気館」 → 『エクソシスト2』/『メイディ4万フィート』
 ※ 札幌の映画館では、『エクソシスト2』の「一本立て扱い」でしたが、電気館では二本立て。
劇場の力関係なんかもあるんでしょうか。

富士館」 → 『河内のオッサンの唄』/『美女放浪記』/『女の股枕』
 ※ ・・どんな作品だったのでしょう、『女の股枕』・・・。

マノン」 → ※上映作品を書こうと思っていたら、どうも、ヌード劇場だった模様です。
「演目」の記載は自粛します。

と、いうわけで、当時の小樽市内の映画館は8館でした。最盛期は20館を越えていたらしいのですが、
その話は、また別の「調べ物」で・・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

あの頃のラーメン

メモ#0423:

濃厚魚介豚骨」や「淡麗鶏白湯」があっちこっちでバッコしている札幌ですが、
あの頃の、あの味」を求める気持ちが強くなってきた私です。

本日は、わざわざ隣町まで赴いたのです。
(私の場合、札幌中心部へ行くよりも、隣町の中心部へ行く方が近いのですが。)

オバチャンひとりでやっているようです。
このようなお店は期待が持てます。
醤油ラーメンを頼みます。

週刊文春は、なぜか「秋の特大号」。
ますます期待が高まります。

出てきました。

あのころのラーメン

そうそう。
あの当時は、「ワカメ」をトッピングする店が多かったのです。
(トッピング、という言葉など聞いた事無い時代でしたが。)
モヤシの量も、ちょうどいいですね。

うーん、「思っていたとおりの味」で、私は満足です。

同行者は、「チャーシューが貧弱ね。」との辛口コメントでした。食べないくせに。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

カツカレーと私。

メモ#0424:

つい先日、大量のザンギを揚げた際に、
「これで揚げ物は、しばらく結構です。」などと、
コメントのお返事として書いたような気がする私。

ところが、カレーライスを食べた翌日に、
条件反射的にカツを揚げてしまう私。

ハーフカツカレー

それでも、カロリーを考慮し、
「ハーフ」で抑える理性を持ち合わせる私。

しかし結局、「おかわり」してしまう私。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

最近、飛行機に乗ってませんが・・。

メモ#0425:

「地名」では無く「施設」で答えるとなると、
「空港」でしょうかねぇ。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当藤本です今日のテーマは「あなたのよく訪れる場所は?」です。まだ少し肌寒い日が続いてますね皆さん風邪はひいてないですか?お体に気を付けてください!はい。本日のテーマよく現れる場所なのですが・・・皆さんが「こういう場所によく(僕)行っちゃう」という場所ありますか?インドア派の方でも「公園にはよく散歩しに・・」などなど・・私はいつも用もないのに薬局屋に行っ...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたのよく訪れる場所は?」



羽田-新千歳の旅客数は世界屈指ですから、
空港を利用する人はさぞかし多いでしょうが、
私の場合は「飛行機を利用しないけど空港へ行く」頻度が高いのです。

デパ地下顔負けのショッピングゾーンを冷やかしたり、
飲食店街で、価格の高さに違和感を感じつつ「たまに」食事をしたり、
外国人観光客の増減を気にしたりと、空港は飽きることが有りません。

先日、大規模なリニューアルがようやく完了し、
「フードコート」が出来ました。近々見て参ります。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

迷ったら両方で。

メモ#0426:

たまに、食べ物以外の記事を書いたりするので、
もう、アレですよ。
「グラタン写真」が溜まっちゃって溜まっちゃって・・・。

それはいずれ、まとめてアップすることにいたしまして、
取り急ぎ、「今日の料理」を載せます。

今日の献立は、多数決により「カレーライス」に決まりました。
強いですね、カレーライス。

ただ、先日のラーメン記事でのコメントにお返事を書くうちに、
またしても「ラーメン作りたい気分」が盛り上がってきてしまい・・。

結局、両方作りました。
でも、それほど費用はかけてません。

カレー用の、ルーを入れる前のスープと、
鰹節・昆布・干し椎茸でとった汁をブレンドします。

カレー用に買った豚モモブロックを切り分けて、煮豚を作ります。

カレーの付け合せ用のゆで卵の一部はアジツケタマゴに。

自作ラーメン2012春

麺は、「藤原製麺」の旭川用麺。
タレは菊水の「とんこつ醤油」を使いました。

カレーが出来上がるのと同じ頃、
ラーメン用の煮豚や具なども同時に出来上がり。

時間も費用も、それほどかからなかったのですが、
疲労度は2倍です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

いやぁ、もう今日ですよ、開幕。

メモ#0427:

いよいよ明日、と言いますか、
日付変わって、もう今日ですね。

プロ野球が開幕します。

ファイターズは宣言通り斎藤。
ライオンズは予想通り涌井。

関東など、全国の多くの地域でヨミウリのゲームが放送される枠で、
北海道ではファイターズのゲームが放送されます。

NHKのBSではホークスとバファローズの開幕戦を放送。

パリーグの残り1試合、イーグルス対マリーンズも、
BS12でちゃんと放送されるようです。

ビバ!パリーグ。

ところで、地上波のファイターズ戦ですが、
ヨミウリの試合が早く終わり、
こっちの試合が長引いた場合は、ぶった切られることになります。

是非とも、斎藤投手には、テンポの良い投球をして欲しいものです。

かといって、ヨミウリ戦が長引いてもちょっと困ります。

野球中継のあとは、『カリオストロの城』が放送されるからです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

記念ラーメン

メモ#0428:

 固唾さえ 涸れて振り切る 昔かな     らざーろ

マサル登板日恒例の川柳、今シーズンもやりますよ。

さて、1点ビハインドの9回ウラ。
1打同点の場面で、代打として登場した岩舘学選手。
テレビ画面を通しても、「口のなかカラッカラ」状態であったのがわかります。
私もですが。

マボロシかもしれませんが、岩舘登場のとき、
ベンチでバントのゼスチャーをやっている選手が見えた気がするのですが・・・。気のせいですよね。

ドンヅマリでしたが、美しいヒットでした。
(その時点で、マサルの負けが消えました。)
ヨミウリで、期待されながらもなかなか芽が出なかったのですが、
ファイターズでノビノビ活躍してくれることを望んでやみません。




さてさて、
前回のメモは、「開幕前」だったのですね。
すでに2試合消化した今となってみると、
ずいぶん長いこと、ブログを更新していなかったような気になります。

とりあえず、昨日、斎藤投手の初完投勝利&久々の開幕勝利記念お夜食をアップします。

年間通してもめったに無い、
「ストレスほぼゼロ」の試合でした。
こんな時は食欲が増します。

通の人にはわかります

台所に、藤原製麺の「旭川ラーメン」が、
ちょうど二人前ありました。
「業務用」と書いてある商品に、弱い私です。

完投記念しょうゆラーメン

見た目は完璧に「味噌ラーメン」ですが、一応しょうゆラーメンです。
タレは「菊水」の「とんこつ醤油」です。

また、旭川風のしょうゆラーメンには、通常モヤシは乗せませんが、
余っていたので乗せました。美味かったです。

さあ、今夜の「サヨナラ勝ち記念お夜食」は、これからです。

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR