FC2ブログ

すいません、当時は8館でした。

メモ#0422:

先日、小樽へ「調べ物」へ行った私です。

当初の目的は達成できず、
喫茶コロンビアでエビグラタンを食べて帰ってきた訳ですが、
実はあの時、当初の目的とは違ったとはいえ、別の資料をゲットしてきたのです。

このときの状況を確認してみたかったのです。 → 『小樽東宝劇場で』

当時の私の記憶が正しかったかどうか、
新聞の縮刷版で確認してきました。字が細かくて、難儀でしたよぉ。

さてさて、まずは東宝劇場ですが、
やっぱり「サスペリア」と「ふたりだけの森」の二本立て。
そして、隣の花園映劇では、「遠すぎた橋」が上映中でした。
よっぽどインパクトがあったのでしょうねぇ、当時の記憶は正確でした。
えらいですね、半ズボン時代の私。

ついでに、当時(1977年7月)、小樽で公開していた映画を、
上記二館を含めてメモしておきましょう。
(この時点で、神秘のベールに包まれた私の年齢、バレバレです。)

東宝劇場」 → 『サスペリア』/『ふたりだけの森』
※ 当時は、いわゆる「レイテリング」がゆるくて、「成人映画と、それ以外」という分け方でした。
実際のところは、細かい規則があったかもしれませんが、劇場内にはコドモがイッパイでした。

花園映劇」 → 『遠すぎた橋』
※ 当時はの地方劇場では、「2本立て」が普通でしたが、この作品のように3時間を越える大作の場合は一本立て(そんな言葉あるのかな?)でした。

小樽東映」 → 『東映まんがまつり』(せむしの仔馬/あらいぐまラスカル 等 7本立て)

東宝スカラ座」 → 『八甲田山』
 ※ これも大作ですから「一本立て」。

小樽中劇」 → 『季節風(野口五郎主演)』/『愛情の設計(桜田淳子主演)』
 ※ 特にコメントはありません。

日活オスカー」 → 『悪魔のハーレム』/『淫売宿』
 ※ 特にコメントはありません。

電気館」 → 『エクソシスト2』/『メイディ4万フィート』
 ※ 札幌の映画館では、『エクソシスト2』の「一本立て扱い」でしたが、電気館では二本立て。
劇場の力関係なんかもあるんでしょうか。

富士館」 → 『河内のオッサンの唄』/『美女放浪記』/『女の股枕』
 ※ ・・どんな作品だったのでしょう、『女の股枕』・・・。

マノン」 → ※上映作品を書こうと思っていたら、どうも、ヌード劇場だった模様です。
「演目」の記載は自粛します。

と、いうわけで、当時の小樽市内の映画館は8館でした。最盛期は20館を越えていたらしいのですが、
その話は、また別の「調べ物」で・・・。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR