まだ食べてないけど、きっと美味いに違いない。

メモ#0587:

そう簡単には行きません。マジック2のまま、足踏みです。
でも、昨日勝っておいてよかったなぁ。

「さとらんど」という施設で、ヒツジさんと戯れようかと思いましたが、
天候が悪くてパスしました。
ラーメン作りも、残念ながらパスです。丁度いい豚モモブロックの安売りがありませんでした。

そんなわけで、今日はスーパーに買い物に行っただけです。

買っちゃった・・・。
買っちゃった・・・。

以前、「食べたいなぁ。」とメモしたこともありますが、
「マカロニ&チーズ」を、ついに買ってしまいました。
手に持ってみると、意外と、重い・・。

例えば私は、ラーメン、蕎麦、スパゲッティ、グラタン、カツカレー・・・、
などが好きな、自称「お子様舌」ですが、
これらのものは、子供だろうと、大人だろうと、美味いからしょうがないのです。

「お子様ランチ」などもね。
もちろん、オーダーはしませんが、オムライスにエビフライ、ハンバーグに、
付け合せはナポリタン、そして、デザートにプリン・・・。

繰り返しますが、オーダーはしません。
しませんが、これらはやっぱり、美味いでしょう?美味いですよね?

美味いものを美味いといって、何が恥ずかしいことがありましょうか。
「マカロニ&チーズ」を前にして、私は、強く訴えるのであります。

え、美味いのかって?
いや、まだ、食べたことはありませんよ。
でも、「マカロニ&チーズ」ってことは、
要するに、マカロニとチーズなんでしょう?不味いわけがありません。

食べたことが無いのに、なぜ伏線を張るようなことを書くのだと問われると、
どうも、気になることが一つあるのです。

例えば私が、アメリカに住んでいるとします。
カナダでも、可です。オーストラリアでも、可です。
そこで、ちょっとした会合があったとします。

・・・・・

話題は多岐にわたり、経済や外交、文化などについて、語り合う私たちなのです。
私の軽妙な受け答えで、場は盛り上がります。

「オー!ミスターらざーろ、アナタにプライムミニスターをやっていただきたいですね。」

いやぁ、私は忙しいので、一年限定ならいいですよ。
もっとも、日本のプライムミニスターは、もともと一年限定ですけどね。

「HAHAHA!」一段と盛り上がる、場。(場って。)

「ところで、ミスターらざーろ、あなたのフェイバリットディッシュは?」

ああ、マカロニ&チーズです。

・・・・・

可でしょうか?不可でしょうか?

住んでいないので判断できませんが、
どうも、世間的に不可のような気がします。

なんか、いろいろ書いてます。

なんとなくですが、「結局、好きなんだろ、食っちゃえよ。」的なことが、
箱のウラ側に書いているような気がして、余計にそう思うのです。

海外にお住まい、またはお住まいの経験がある方。

「好きなメニューはマカロニ&チーズ」という紳士、
世間的に、可でしょうか?不可でしょうか?

まぁ、どっちにしても、食べますけど。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

続・「もう10月?」

メモ#0588:

10月の声を聞くと、
「いやー、もう10月かぁー。」と、毎年思うのです。
月の数が、「二桁」ですよ。
9月を迎えるときとは、かなり感覚が違います。

と、思いつつ、去年の今頃のメモを見てみると、
案の定、「もう10月ですよ」とか、書いてありました(笑)。

そのまま読み進めていると、
10月3日のメモでは、「旭川で初雪」とあります。びっくりです。

・・・・・

さて、ファイターズのマジックナンバーが、
いよいよ「」になりました。
他力本願ですが、早ければ、今日、10月2日にも優勝が決定します。

ファンの間には、
「いや、勝って胴上げが見たい。」
「いやいや、とにかく早く、決めて欲しい。」など、
色々な声がありますが、私の立場は、後者です。

白黒ハッキリつけてもらわなければ、
勝敗によって、食欲が左右されたりして、
大変なのです。

現に、大失速した去年の9月~10月初旬にかけては、
お夜食も、グラタンとかカツ丼とかラーメンとか、
あと、グラタンとか・・・。

・・・・あれ?

どうやら、自分が思うほど、
勝敗によって食欲は左右されていないようです。びっくりです。
あ、10月7日頃、軽い風邪を患ってますね。気をつけましょう。


関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

優勝、そして、抜けるような青空。

メモ#0589:

昨日の記事から、
「優勝おめでとうございます。」とのコメントを、
沢山いただきました。ありがとうございます。
感謝、感謝です。

いま、涙を流しながら優勝特番を見ています。
まだ、特番、続くみたいです(笑)。
各局、ザップしながら、3時間くらい続いてますね。

・・・・・

「優勝した時のお夜食」、問題ですが、
正解は、「感動のあまり食べられない。」でした。ゴメンナサイ。
ちなみに、夕食は「湯豆腐」だったのですが、
写真どころではありませんでした。

出勤時、バス停で空を見上げると、
抜けるような青空でした。
思わず写真を撮りました。本当にキレイな青空でした。
ああ、ハンバーグが食べたい。

今日一日、
「ああ、今日決まるのかなぁ。」と考えて、
どうにも落ち着かない一日でした。
ああ、ハンバーグが食べたい。

それにしても、キレイな青空でした。
とりあえず、ハンバーグが食べたい。

選手をはじめ、監督・コーチ・スタッフ、
そして、現地応援で声をからしている皆さん、ありがとうございました。

なぜかはわかりませんが、猛烈にハンバーグが食べたい。
抜けるような青空
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

マサルの14球!

メモ#0590:

 渾身の 1イニングで ハイ交代     らざーろ

予告先発を届け出る時点、つまり、火曜日の午後3時頃。
ファイターズの優勝は決まってなかったわけです。
西武が勝つことを想定し、私の我らがマサルを立てて必勝体制です。

でも、優勝が決まりました。
予告した以上、アクシデントが無い限り、先発を変更するわけにはいきません。

マサルは一イニングで交代しました。
その勇姿を見るには、CSファイナルステージまで、お預けです。

さて、優勝記念お夜食ですが、
昨日はずーっと、テレビ特番を見ていたので、結局食べませんでした。

今日は、精神的に余裕があるので、これから食べます。

・・・・

いま、食べ終わりました。

優勝記念お夜食

グラタンとの、ギリギリの攻防!
勝ったのは、0.5ゲーム差で、鉄板ミートでした。

それにしても、せっかくのテレヴィジョン中継。
放送開始時には、もうマサルの姿が無いなんて・・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

DJらざーろ

メモ#0591:

カセットテープレコーダー・・。
ご存知ですよね?え、知ってるけど見たことが無い!?
まぁ、平成も20年を過ぎれば、そんな方もおられましょう。

「文明の利器」たる、カセットテープレコーダー(以下、カセット。)が、
我が家に現れたのは、昭和50年頃。SONY製でした。
いわゆる、「ラジカセ」です。テレビ音声も、VHF3チャンネルまでは聞くことができる、
スグレモノでした。モノラルでしたけど。

先日、「初めてテレビを見た時って、どうでしたか?」などという、
アサッテな質問をされたことを記事にしましたが、
当然、テレビなど生まれたときから有ります。

しかし、『カセットが家に来た』時は、感動モノでした。

もう、毎日、録音、録音です。
基本的には、ラジオ番組の録音で楽しんでましたが、
たまに、自分のおしゃべりを録音したり・・。

ある日、ポーズボタンを半端に押すと、テープの回転が速くなることを発見しました。

その技法を駆使して、「再生すると、自分のメンコイ声が、おじさんの声になるゴッコ。」
などを楽しんだ、小学生時代の私。

中学生になると、
我が家に、「本格的コンポ」がやってきました。

「コンポ」、ご存知ですか?いや、文法じゃありませんよ。
平成も20年を過ぎれば、(以下略・・)。

「レコードプレーヤー」「ラジオチューナー」「アンプ」「カセットデッキ」、
そして、どでかいスピーカー。
それらがセットになったやつです。たしか、パイオニアだったと思いますが。

今度は当然、ステレオで、
マイク端子もついています。

「マイク端子!」

らざーろ少年は考えます。
「これなら、でぃーじぇーが出来る!」と・・。

肝心の、マイクがありませんが、
なーに、ヘッドフォンをマイク端子に差し込むと、アラ不思議、
ちゃんと、マイクとして機能するのですよ!

これで『DJらざーろ』、準備万端です。

「さぁー、みなさんこんばんは!『ベストヒットらざーろ』の時間がやってまいりましたぁー!」

なにが「こんばんは」なのかわかりませんが、そういうテンションだったのです・・。
当時はカセットテープが、60分のノーマルタイプで400円くらいの時代でした。
大変な高額商品です。

私の「番組」は、当時流行っていた、「ランキング形式」を踏襲しておりました。
まずは、「あくまで自分が好きな曲」10位~7位までを発表。
一旦、別コーナーで仕切ります。

「川柳コーナー」なども有りましたね。

「えー、蘭越町のタナカさん、いつもありがとうございます!
 『田植えでも 音楽聴けば 腰軽い』」 


なぜに蘭越町?なぜにタナカさん?
いや、とにかく60分を埋めなければ。

6位~4位までを発表したあと、
『今週の注目曲』のコーナー。
その後、トップ3を発表し、「番組」はフィナーレへ。

大変楽しい作業でしたが、
残念ながら、ほどなくして「番組」は打ち切りに・・。

何しろ、自分の好きな曲、かつ、手元にあるレコードしか音源がありませんので、
いつも同じ曲がかかるのです。

もし、あの時のテープが出てきたら、どうしよう・・。
私としては、「燃やしてしまいたい」ほど、恥ずかしいのですが・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

きょうはお休みしようかと思ったけど、ガマンできずに更新する私。

メモ#0592:

ファイターズの優勝が決まった翌日、つまり、水曜日ですが、
夕方にコンビニへ寄ると、あ、スポーツ新聞が売切れです。
(なぜか報知だけ、ちょっとある。)

普段、私はスポーツ新聞は買いません。

ただ、何しろ、一年間動向を追い続け、
苦楽を(勝手に)供にしたわけですから、優勝翌日の新聞は、欲しいです。

2009年の優勝時は、夕方でも、余裕で買えたのですが、
今回は、なかなか入手困難でした。
やっぱり皆さん、優勝に飢えていたのでしょうか。
(しかし、わずか3年ぶりの優勝で、『ひさしぶり』と思えるということは、
ファンとして幸せなことでもあります。)

さて、アチコチのコンビニを廻りますが、ああ、ここでも、
ニッカン、スポニチ、道新スポーツが、売り切れ。
(なぜか報知なら、ある。ま、買いませんけど。)

諦めて、スーパーで買い物をしたとき、
ほら、「サービスカウンター」のところに、ちょこっとだけ新聞を取り扱っていたりしますよね。
そこで、「道新スポーツ」ゲット!

「今季の戦いの軌跡」などを読みながら、じんわり、余韻を楽しむ私なのです。

ふむふむ、解説者の評論が載ってますね。
『ゴルフでいうなら、パー狙い。勝てる試合だけをキッチリものにし・・・。』

「パー狙いだぁ?」

おっと、普段温厚ならざーろさん、どうしました?

「今年のファイターズほど、捨てゲームが無かったチームは無いだろうが!」

怒ってますね。

「どうせ、セリーグしか見てないんだろうが!評論家だぁ?悔しかったら、順位をちゃんと当ててみやがれ!」

おやおや、らざーろさん、荒れてますね。
まぁまぁ、あのヒトの言うことですから。

心の中の、「冷静ならざーろさん」に諭され、一旦落ち着く私。
ありがとう、もうひとりの私。

冷静ついでに、
「順位予想 2012 江本」とググったりする私。

あら、最下位予想だったのですね。
怒った私が、オトナゲない。反省、反省。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

本当に焼いた、鍋焼きうどん。

メモ#0593:

最近、永谷園のCMで、
「焼き舞茸入りお吸い物」を見まして、

おお、焼き舞茸かぁ・・。これは美味そう。
と思った私。

舞茸といえば、私のお助け食材。

食欲が、イマイチ湧かない時でも、
「舞茸スパゲッティ」「舞茸の天麩羅」
「舞茸ラーメン」「舞茸グラタン」などで、私の健康状態を維持してくれたのです。

「焼き舞茸」。これは試してみなければ・・・。

と、思ったところで、ふと、
ある重大なことに気が付いたのです。

・・・・・

我が家の魚焼きグリルに、
「土鍋も入ってしまう」ことを発見し、
「これなら、『本当に焼いた、鍋焼きうどん』もできるかも。」と、ブログに書いたのが、
今年の6月4日でした。

(その時の記事は、コチラ → グリルでゴー!

その後、「いつかは・・・。」と思いつつ、
ご存知のように、全国的な猛暑。私が住む、北海道札幌市付近も、
例外ではありませんでした。

あれから4ヶ月。

やっと、最高気温が20℃前後、
最低気温は13~15度程度。
そろそろ、鍋焼きうどんも美味しくなる季節です。

思い立ったが吉日。幸い、材料も揃っております。
では、焼いてみましょう!

冷凍うどんって、美味いですよね。

まずは、自家製のおダシに、冷凍うどんを投入し、軽くほぐします。
ここまでの行程は、コンロで。

次に、お好みの具材を生のまま乗せます。
舞茸を、「これでもか」というごとく。

今回は、メイン具材であるところの、「舞茸」のほか、
ネギ、鶏肉をのせて、グリルへ。

いつもの「土鍋グラタン」の時より、大きめサイズの土鍋を使ったため、
「焼き網」は、はずします。

卵、すぐ火が通っちゃいます・・。

途中で生卵を割りいれます。

出来上がりました。
もう少し、「焼いたぞ!」という証、焦げ目も欲しかったのですが、
まぁ、よろしいでしょう。

本当に焼いた、鍋焼きうどんの完成です。

何より、焼かれた舞茸が、素晴らしい芳香を発しているので、満足です。
完成後に、「ほうれん草のかき揚げ」も乗せました。

うむ、美味しい。美味しいけど、手間が・・。

普通に煮込んだ鍋焼きうどんを作り、最後に焼き舞茸をトッピング、
という手法が、もっとも無難かと・・。

あ、言っちゃった・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

秋の札幌、市内ドライヴ2連戦。

メモ#0594:

日・月(祝)と、ここ二日間は天候に恵まれた、札幌地方でした。

特段、出かける用事は無かったのですが、
せっかくの青空。

野球中継も無いし、家でじっとしているのもモッタイナイとばかり、
市内観光へ行ってまいりました。

以前も書いたかもしれませんが、札幌市は大変広いため、
市内と言っても、普段はあまり行けない場所もたくさんあるのです。

まずは、初戦、日曜日。
「涼しい」というよりも、朝晩などは「寒い」と表現した方が良いような、
そんな天候でした。
でも、その分、空気は澄んでいる・・。

では、市内を見渡せる場所へ行きましょうか。
ただし、有料道路とか、ロープウェイとか、駐車場が有料などという場所は、
最高権力者の意見により、却下です。

無料で景色を楽しめる場所へ。

では、あそこしか無いでしょう。
旭山記念公園へ。

札幌の景色

札幌市内中心部から、北東・南東にかけてが見渡せます。

近くに居た、おそらく幼稚園の年長さんくらいであろう、
仲良し女の子二人組、フワフワの雲を見ながらの、会話。

「ねぇ、○○ちゃん、くもにのったこと、ある?」
「な・・あるよー。」
「えーすごい。こわくなかった?」
「ママといっしょだから、こわくなかったよ。でも、
 ひとりでのったときは、ちょっとこわかった。」

その夜、夢に見てしまったではないですか。

・・・・・

2戦目、月曜日。

通常、連休の最終日は家でゴロゴロ派の私。
でも、お出かけ適日が、このあと何日あるかわかりません。
昨日とは反対方向へ。

標高の低いところで、楽しめるところ。
かつ、無料。『札幌さとらんど』です。

ぐったりしているヒツジさんたち。

おや、もうオナカイッパイですか。
ヒツジさんたち、ドカーンと大きいオシリをコッチに向けて、
寄って来る気配がありません。

なら、隣のヤギさんコーナーへ・・。
無視を決め込む、ヤギさんたち。

・・・無視ですか。

良いでしょう。何しろここは、「さとらんど」です。
『ふれあい牧場』コーナー以外でも、動物と触れ合える場所は、
たくさんあるんだからねっ。

人懐っこい方の、ヒツジさんたち。

さとらんど敷地内の、『サツラク農業協同組合 ミルクの郷』
近くにも、動物と触れ合える場所が、あるのです。

思う存分触らせてもらったウール100%、
うーむ。やっぱりゴワゴワです。

さて、小腹が空きました。
ミルクの郷の、セルフ式軽食コーナーへ。
ミートソースを選択

食べ物持ち込み禁止のテーマパークなどで、
「ざるそば1000円」とか言われると、非常に腹が立ちますが、
サラダとスープが付いたミートソース600円なら、許容範囲でしょう。

しかも、ミルクの試飲が無料

ミルクの味は、完璧。
ミートソースの味は、「マ・マー」といったところでしょうか。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

マサルの24球!

メモ#0595:

 前よりも 10球増えたね よかったね     らざーろ

いや、「よかったね」じゃないです。またしても、マサルの足が心配です。
前回の、「1イニング降板」時、
「これで、マサルの勇姿はしばらくお預けだなぁ。」と思った私。
今日、投げてくれて嬉しいのですが、こんなことになるなら、休ませればよかったのに。

最終戦は、なんと言うか、そのー、「ばかじあい」でしたね。

それでも私はラジオにかじり付き、一球ごとに「あー」とか「うう」とか言うのです。
だって、ファンだもの。

さて。これでパリーグの全日程が終了しました。

シーズンが始まった頃、
今年は是非、私の我らが武田勝に最優秀防御率のタイトルを取って欲しいなぁ、と、
書いた私ですが(本文だったか、コメントのお返事として書いたかは、忘れました。)、
そのマサルは、タイトルに届かなかったものの、
見事に吉川投手が栄冠を掴みました。おめでとうございます。

他に、最多セーブに、ヒサシ投手。
最多ホールドに、増井投手。
最高出塁率に、糸井選手。
あっぱれです。

・・・・・

打たれまくったウルフ投手が、CSにむけて若干心配ですが、
おそらく、キッチリと調整してくれることでしょう。

ではそろそろ、お夜食の準備に取り掛かります。

久々の、「ハヤシスパ」を予定しております。
写真は、味見として食べた、「ハヤシライス」です。

懐かしいハヤシ
最近は、トマト味が濃かったり、デミグラス風味が強かったりするルーが多いですが、
S&Bゴールデンハヤシ」って、昭和の味がするので、好きです。




オマケです。

ヒツジさんのウール100%が、
実はバリバリゴワゴワであることを、先日お伝えしましたが、
「いかにもゴワゴワ」な写真が有ったので・・。

ヒツジさんの、後頭部。

「アクロン」とかで洗ったら、ふわふわになるんでしょうかね?
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

最近の、好物のひとつです。

メモ#0596:

ついに今日、我が家の居間のストーヴに火を入れました。
忘れないうちに書いておきましょうね。
「2012年、10月10日、ストーヴ。」と・・・。

明日の予想最高気温が、16℃です。
この時期としては、決して「記録的に寒い」訳ではありませんが、
8月下旬から、9月中旬にかけて、「記録的」に暑かったため、
寒さが身にしみます。

・・・・・

ハヤシスパゲッティ

昨日のお夜食、「ハヤシスパ」です。

ハヤシ、美味いですよね。
市販のルーを使えば簡単だし、早いし。
あと、カレーより、スパゲッティに合うし。
(意見には個人差があります。)

「うーん、懐かしい。」とか、思いつつ、頂いたのですが、
思い返してみれば、子供の頃、実はハヤシって、あんまり食べてなかった・・。
たまに食べた時も、独特の甘みや酸味が、若干ニガテだったような・・・。
ましてや、「ハヤシスパ」など、初めて食べたのはオトナになってからです。

B級グルメ本の読みすぎで、脳内で仮想体験しちゃったのでしょうか。

そのうち、一度も食べたことの無い「しっぽく蕎麦」などを啜りながら、
「くー、うまいねぇ。蕎麦ってぇのはこうじゃなきゃいけねえや、ところでオヤジ、いま何時だい?」

とか、言い出してしまうかもしれません。
気をつけます。

グリーンピースを、何粒か乗せると、もっと昭和っぽくなったのでしょうが、
「そこまでやらない」のが私らしいといえば、私らしい。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

♪冷たい雨に打たれて お惣菜売り場をさまよったの。

メモ#0597:

仕事中に雷雨に見舞われまして、
若干ヘコミ気味の私です。

いや、雷雨は仕方がありませんが、
仕事が終わった途端に晴れるとはどういう魂胆でしょう。

・・ああ、そういう魂胆ですか。では、私にも考えがありますよ。
明日はアマガッパをきて出かけてやります。どうだ、まいったか。

さて、「暑い中での仕事」も大変ですが、
「冷たい雨に打たれての仕事」も、体力を消耗します。

さす必要が無くなった傘は、なんとも邪魔なものです。
その傘を、ぶらぶらさせながら家に着き、即、買い物へ。

飽きるほど書いてますが、空腹状態で買い物をすると、
普段は見向きもしないものに、心を動かされてしまいますね。

お惣菜売り場で、たまに見かけるアレ。
誰が買うんでしょうねぇ・・・。

直訳すると、アメリカの犬。

・・・買っちゃった。
なんで売ってるんでしょうか、売ってなければ買わなかったのに。

ところで、商品名は「アメリカンドッグ」でしたが、
北海道内ではしばしば、「フレンチドッグ」という名称も見かけます。
あなたの地域では、どちらですか?さぁ、かみんぐあうと!
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

マルちゃん正麺、「旭川」。

メモ#0598:

今年の、「ヒット商品番付」に載りそうな勢いの、
マルちゃん正麺』。
もう、お試しになりましたか?

このパッケージも、ヒットのヒミツかもしれませんねぇ。

前回「醤油」を食し、大変感動した私は、
今回、「豚骨」を食べてみました。

普通に作ると、このような感じです。

レシピどおりに作って、最後に紅生姜を。
(紅生姜は付属しておりません。)

実にウマイ。
スープもウマイですが、特にこの、九州ラーメンっぽい、麺の細カタ具合が、
なんともいえません。

唯一、「ちょっとだけ縮れている。」点が、
いわゆる「九州ラーメン専門店」でのソレとは、違うところです。

あ。

細い、硬い、そして、ちょっとだけ縮れている・・・。

これは、旭川風の正油ラーメン(醤油ではなく、あくまで「正油」。)にも、
応用できるのではないでしょうか。

ちょうど、モモ肉で作った、昔風の煮豚があるのです。

ダシは、タマネギと昆布、混合削り節で取り、
タレは、菊水の「とんこつ醤油」を使ってみました。
旭川風ラーメン、できるかな?

出来ました♪

お、なかなか旭川っぽいですね。

コナコナしい麺が、スープにピッタリ!

この麺が、実に、ウマイ。

夜中に喉が乾いて目覚めましたが、「空腹で目が覚める」よりは、良いのです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

お夜食変更。

メモ#0599:

金曜日の夜。

まだ、ラーメン用のスープが余っていたので、
「今夜もラーメンにしよう。」と思いながら、
テレビを点けました。

あ、中村吉右衛門が、ナポリタンとミートソースを紹介している・・。
思わず見入ってしまいました。
もちろん、吉右衛門にではなく、スパゲッティにですが。

うーむ。
このような番組を、午後8時に放送されると、
困ります。
脳内が、完全に「スパゲッティモード」になってしまいました。

この時間からミートソースを作るのは、ちょっと無理です。

ナポリタンなら短時間で調理可能ですが、肝心のケチャップが、
先日のアメリカンドッグに使ったあと、「微妙な量」しか残っていません。

かといって、あの映像を見たあとでは、
例え同じスパゲッティだといっても、
「納豆スパ」などを作る気にもなりません。
洋食屋っぽい味が、欲しかったのです。

鉄板ハヤシスパ

そんなわけで結局、
「鉄板ハヤシスパ」で折り合いをつけました。

鉄板ハヤシスパ、粉チーズ

自分では、あまりテレビなどに影響されない方だと思っていたのですが。
・・・今の私は、ハンバーガーが食べたいです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ガッツリと、蕎麦。

メモ#0600:

わがマチ札幌では、ゴミは9種に分別して出すことになってます。

燃やせるゴミ
燃やせないゴミ
瓶・缶・ペットボトル
容器包装プラスチック
雑紙
筒型乾電池
大型ゴミ
スプレー缶・カセットボンベ
枝・葉・草

上記9種のうち、日常的なのは、上から5種まで。
残り4種は、めったに出ません。・・・めったには。

めったに出ない、「枝・葉・草」の収集日が近づいてきました。
めったに出ないので、収集日は月一回程度、もちろん、冬は収集しません。

この夏、やたら暑くて、しかも忙しくて何も手をかけなかったので、
我が家の庭がとんでもないことになっています。

枝・葉・草」を、何とかする日曜日です。

まるでポプラのように元気良く伸びた、モミジを剪定します。
「剪定」と表現すると、カッコ良いですが、要するに、伸びすぎた枝を切るのです。

毎年のことなのですが、シロートがうかつに庭木の枝を切ったりすると、
翌年、思いもしないところから、思いもしない方向へ枝が伸びて行きます。

我が家の庭を、クロートさんが見たら、さぞかしびっくりすることでしょう・・。

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」なんてぇことを申しますが、
桜も切ります。だって、ヘンに伸びたんですもの。
ヘンに伸びた理由は、去年、私がヘンに切ったからです。毎年こうです。

ホームセンターで買ったノコギリで作業を進めますが、
ああ、肩が痛い、腰が痛い、腕が痛い・・!

こんなことなら、根元から切ってしまおうかと、一瞬思いますが、
父が残した庭木を処分するのも、寂しい気がするし、
そもそも「根元から切る」体力が、すでに、無い・・。

もうね、えらいことになりました、
枝・葉・草」。
「燃やせるゴミ」や、「燃やせないゴミ」とは違い、
無料収集であるのが、せめてもの救いです。

・・・・・

という作業を、私にしては珍しく、午前中に終わらせました。
しばしグッタリしたのち、「アタック25」を見てから、
さあ、自分へのご褒美です。ガッツリいきましょう!

さて、「日曜日のガッツリ外食」といえば、
皆さんにとってはなんでしょう。

「ラーメン」・・・、いいですね。
「カツカレー」・・・、それも素晴らしい。

しかし今日の私の気分は・・・。

鴨南の迫力

『天寿庵』の、鴨南そばです。
美しい、まさに、ご褒美として相応しい、この油脂分の輝き。

明日は、体のあちこちが痛いだろうなぁ。

・・・痛みが、明日来なくて、明後日に来たら、それはそれでショックだろうなぁ。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

一生グラタンでゴー!

メモ#0601:

グラタンが、お好きでしょ♪はい、好きです。
いや、ホントに好きです。自分でも不思議なほど。

なかでも、あまり具に凝らない、昔ながらのマカロニグラタン。
エビ入りなんかが、最高ですね。チキンもまた、いいですね。

思えば、子供の頃からグラタンは好きでしたが、
当時は、めったにありつけない「大ゴチソウ」でした。

しかしそれでも、「ナポリタン」や「鍋焼きうどん」の後塵を拝す、3番手~4番手争い。

食べ盛りの中学・高校時代になると、
カツ丼やカツカレーなどが、「好物ランキング」で急上昇。
グラタンは、トップテン落ちをしてしまいます。

ところが、社会人になってからというもの、
突如赤丸急上昇。
この勢いは、ここ数年でも衰えを見せません。
むしろ、グラタン頻度が上がっているように思えます。

この調子で行くと、80歳、90歳になっても、
やっぱり好きなんでしょうね。グラタン。






グラタン(大)、焼き上がり。


「おとっつぁん、グラタンが出来たわよ。」

いつもすまないなぁ。こんなカラダじゃなければ・・ごほごほ。

「それは言わない約束でしょ。
 さあ、さめないうちに食べてね。」

お前は優しい子だなぁ。
では、いただき・・・はふ、アッチッチ!

「おとっつあん、大丈夫!?はい、冷たいビール。」

ゴキュゴキュ・・。ぷはぁ。ああ、助かった。
こんなカラダじゃなければ・・。

「それは言わない約束でしょ。」

・・・・・

うむ、なかなか悪くない老後です。
そのためにはまず、ムスメが必要ですね。出来れば双子で。

・・・ムスメより先に、必要なことがあるような気がしますが。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

あんこ、美味しい。

メモ#0602:

今日もびしょ濡れです。
でも、今日の場合は「びしょ濡れ」を覚悟して出勤したので、
ダメージはそれほどでもありません。まだHPが7くらい残ってます。ホイミ。あ、HPが29に。

仕事を終えて帰ると、おや、タイヤキ。

たいやき

私が小学生の頃、「あの歌」で、一大ブームを巻き起こした、タイヤキ。
30年以上の時を経て、いま、ふたたび、静かなブームのようです。

「アタシなんか食べても、美味しくないんだからね!」とでも言いたげな、この表情。

そうかい、そうかい、では頭から。
まったく甘みの無い皮に包まれて、中身は超甘甘のつぶ餡が、しっぽまでギッシリ・・・。




10年ほど前、JR釧路駅で、私は札幌行きの特急列車を待っていました。
ちょうど10月でした。
釧路の10月は、寒いのです。

仕事を終えた私は、駅構内の蕎麦店で夕食を済ませました。
天麩羅と、小鉢2・3品、さらに盛り蕎麦が付いたセットです。
ひょっとすると、ビール込みのセットだったかもしれません。

満腹となり、心が穏やかになった私は、懐かしい釧路駅の散策へ。
食事を終えてなお、列車まで30分ほどの待ち時間があったので、構内をぷらぷらと。

大判焼き(今川焼きなどと同じものです)のお店が、駅の一番東側にありました。

ほほう、学校帰りの高校生が買っています。
お、ものすごい勢いで食べています。あ、二個目を攻めます。
途中、ペットボトルのウーロン茶をはさみ、あっという間に完食です。

件の高校生は、その後バス停へ。

それを見ていた私は、自分が食べていないのにも関わらず、
思わず、「ふう、うまかった。」と、つぶやいてしまいました。

ひとが、美味しそうに何かを食べている光景、
べホイミです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

マサルの81球!

メモ#0603:

 がんばるぞ だってぼくらは どうきゅうせい     らざーろ

ずいぶん久々の「野球記事」のような気がしますが、
実際は、ほぼ一週間ぶりだったんですね。
しかし、この時期に野球の話題を書けるという事は。幸せなことでもあります。

さて、大事な大事なクライマックスシリーズ第2戦。
先発は私の我らの武田勝です。

優勝が決まった次の日、1イニング。
その次の週、2イニング。
調整なんだか、暇つぶしなんだか、良くわからない起用で、不安を覚えた私でした。

しかし、さすがマサル。
きっちり6イニングを、無失点。
呪術師イトイのホームランも飛び出し、わがチームは王手をかけたのです。




ところで。

時折、本当に、ごくたまに、耳にするのですが、
「武田勝のベテランらしいピッチング」などというコトバ。

うーむ、ベテラン、ですか。
確かに、ピッチングを見ていると、
15年くらいローテーションピッチャーとして活躍していそうな雰囲気たっぷりですが。

マサルファンのあなたなら、ご存知でしょう。
彼はまだ、プロ入り7年目であることを。

つまり、ダルビッシュよりも、プロのキャリアとしては一年後輩なのです。
意外でしたか?あ、ご存知でしたか・・。




野球の世界では、よく「○○世代」という言葉を使います。

使われた本人、もしくは、ライバルの名前を以って「ひとくくり」とされてしまった他の選手は、
どのように感じているかはわかりませんが、どうも、何年か周期で、このような用語が出てきます。

もっとも有名なところとしては、
「松坂世代」でしょうか。
ファイターズで言えば、小谷野選手などがその世代ですね。

近年、「ハンカチ世代」などという用語もありましたが、
最近は使われないようです。
やはり、プロの世界は実績がモノを言います。

この世代で、もっとも実績を残しているのは、
やはりイーグルスの田中将大投手。
さらには、前田健太、坂本勇人、さらには吉川光夫などなど・・。
「○○世代」と名づけたくなる気持ちもわかります。




そんなことを考えているうちに、
「じゃぁ、マサルと同じ世代は、誰がいるのかな?」
と、考えてしまいました。

まずは、同僚で苗字も同じ、武田久投手ですね。
これは、調べなくてもわかります。

他には、えーっと・・。

34歳といえば、中心選手として活躍していたり、
一時期活躍したけれども、すでに引退していたり・・、微妙なお年頃です。

手元の、写真名鑑を探ると、
あ、ジャイアンツの阿部慎之助選手が同世代でしたか。幹事に決定ですね。

あとは、えーと・・。

G.G.佐藤・・・、好きな選手でしたね。
あ、しんちゃん!高橋信二選手!同じ世代でしたか。
えーと、ドラゴンズの森野選手、頑張ってますね。

実際に調べてみると、34歳でバリバリの選手って、意外と少ないかもしれませんね。
これは是非とも、ダブル武田に活躍してもらって、
世代を代表する投手というイメージが着くまで、頑張って頂きたい。

あ、パスクチも同級生だったんですね。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

感動のシーン。

メモ#0604:

お夜食記事にしようかと思ったのですが、
スポーツニュースのハシゴで、間に合いません。
本日も、野球記事にお付き合いくださいませ。

さて、試合結果については、なにも申しますまい。
ファイターズ、頑張ってくれました。

しかし、どうしても書きたいのは、
試合後の、小久保選手の胴上げです。

野球の神様がちょいと計らったのでしょうか、
9回表、2アウト2塁で、小久保選手に打順が回ってきました。

2点差で、ランナー2塁です。
守護神ヒサシは、渾身のチカラで、小久保選手に立ち向かいます。

これが万が一、
「10点差」ゲームだったら、・・・いやいや、そんなことを考えるのは野暮でしょう。

結果はショートフライ。

試合後のセレモニーを終え、小久保選手がライト側のホークス応援団に、一礼します。

すると、栗山監督を先頭に、花束を抱えた稲葉選手など、
ファイターズの選手が駆け寄りました。

小久保選手の顔は、もうくしゃくしゃです。
見ていた私もくしゃくしゃです。

まずは、栗山監督と、ハグ。
続いて、稲葉選手から花束を受け取り、ハグ。
かつて同僚であった、二岡選手と、ハグ。
さらに、中嶋コーチ田中幸雄コーチと、握手。

あ、握手しようと近寄る選手が・・。
モ・・モルケン!そこは遠慮しときなさいよ!

その後、胴上げが始まります。
あー、良いシーンだなぁ。

「勝ったから言えるのだ、勝ったから余裕を持って相手選手とハグなんかできるのだ。」

などとお考えの方もいらっしゃいましょうが、
ファイターズは、こういうチームなのです。

胴上げが終わると、最後に対決した、
小久保選手とヒサシ選手が、ハグ。
良いシーンです・・。

その向こうで、
ファイターズの福良ヘッドと、ホークスの大石ヘッドが、ハグ。
ああ、私の年代にとって、これも感慨深いシーンです。

選手の輪が、散り散りになる頃、
小久保選手のお尻を、「おつかれー」とばかりに、ぽんと叩いて去っていく選手がひとり・・・

あ、モルケン!何様だ!
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

記念お夜食。

メモ#0605:

金曜日の夜。

スポーツニュースを巡回し、さらにネットの野球情報をアレコレと彷徨ったあと、
お夜食を作り始めたのは、もう午前2時に頃でした。

こんな時は、味が美味く、滋養に優れ、そして何より手早く作れるお夜食が一番です。


CS突破記念グラタン
そうですね。グラタンですね。

セリーグから、どのチームが来るのか・・。
もちろん気になりますが、気にしたってしょうがありません。
CSで見せてくれた通り、普段どうりに戦うのみです。

それより気になるのが、ドラフトです。
日本シリーズに先立って、次の木曜日、25日に開催されるのです。

ファイターズはクジ運が良いですから、競合覚悟で藤浪君に行くのでしょうか。
それとも、ドサンコ白崎選手を狙うのか?

私・・・。もちろんファイターズに行きたいですよ。
でも私、12球団どこでもOKです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

首ネッコは痛いが、ラーメンはウマイ。

メモ#0606:

先週の日曜日は、
「秋の枝切り大会」を開催した我が家ですが、その時の疲労がまだ残っている私なのです。

もちろん、腕、肩、腰のコリは、すでに抜けたのですが、
いまだに「首ネッコ」が痛いのです。

高いところが苦手な私が、
塀の上に立って、若干アクロバティックな体勢で作業を行ったせいでしょうね。
まぁ、来週には治まるでしょう。

そんなわけで、今日は肉体労働はしません。
ショッピングセンターを冷やかしに行ってまいりました。

「アリオ札幌」といえば、
時々ファイターズの選手を見かけることができるスポットとして有名らしいのですが、
私は1度も見かけたことがありません。

どうやら、土日は休養日らしいので、ひょっとして・・・。

と、思った人が多かったのかはわかりませんが、
物凄い人出でした。
屋上に車を停めたのは、オープン数日後に行って以来です。

さて、我が家のオキテの一つである、
「まずは軽く空腹を満たしてから、買い物。」
に従い、2階のフードコートへ。

時刻は3時頃でしたが、やはり大変な賑わいです。

アリオで味噌ラーメン

ああ、なんか久々の「これぞ札幌ラーメン!」といった趣の味噌ラーメンでした。
「えぞ梟」というお店なのですが、
以前は、メンマがもっと太かったような気が・・・まぁ、美味かったから良いです。

ペットショップなどを眺め、帰ってきました。
もう、5時台には外は真っ暗ですね。
ちなみに、選手を見かけることは出来ませんでした。

ではこれから、首ネッコに湿布を貼って寝ますが、
「らざーろが首に違和感を抱えている」ことは、ドラフトが終わるまでヒミツですよ。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

あくまで味見です。

メモ#0607:

半分ほど終了

じゅーじゅー、ぱちぱち。
あ、こんばんは。

私だって、毎日グラタンばっかり食べているわけではないのです。
先日、久しぶりにヒレカツを。
写真は、ちょうど半分ほどを揚げ終わった頃です。

揚げ物は、食べるのも作るのも好きなのですが、
私の中で、「キングオブ揚げ物」を選ぶとなると・・。

うーん、「舞茸の天麩羅」や「海老の天麩羅」、
そして「ザンギ」を僅差でかわして、
やっぱり、「ヒレカツ」でしょうか。

以前にも書いたことがありますが、
ヒレカツは、「一枚目はソース、二枚目は醤油」など、
味のヴァリエーションを楽しむことが出来ますね。

あと、作ったヒトだけに認められる特典として、
ツマミ食い味見をしやすい」ところも、高ポイントですね。

特製ソースで

写真は、一枚目の味見。
わさびマヨ&ケチャップ&ウスターの、特製ソースで頂きました。

うむ、ソースの調合を変えた方が良いかな?
では、もう一枚・・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

発言を求めます。

メモ#0608:

議長。

「らざーろ君、発言を許します。」




私は今、わが国のスパゲッティ界において、
『レトルトミートソース』の地位低下を、深く嘆いております。

思えばミートソースは、
バブル期に発生した本格イタリアンブームにも負けず、
喫茶店、デパートの食堂、さらには学校給食にまで生息範囲を広げ、
我々昭和世代に、『ちょっとしたご馳走気分』を味あわせてくれた、大功労者であります。

時にはハンバーグを乗せられ、目玉焼きを乗せられ、
一部地域では自らが灼熱の鉄皿に乗せられ、
さらにはその上にトンカツを乗せられるなど、
まさに縁の下の力持ちとして、わが国のスパゲッティ界を支えてきたのであります。

これぞ、洋食!これぞ、B級グルメ!

『ボンゴレビアンコ、カツ乗せ』や、『ペスカトーレ、ハンバーグ乗せ』など、
少なくとも私は見たことがありません。
ミートソースであるからこそ、安価な洋食店や喫茶店で、
味のヴァリエーションが花開くのであります。

そして、その隆盛を支えてきたのは、レトルトソースであります。

もちろん、手作りのミートソースには、
レトルトや缶詰では味わえない、高貴なコクと香りがあるのは事実です。
しかし、しかしですね。それを理由に、
レトルトミートソースをぶっ掛けただけのスパゲッティの、地位が・・。

♪チーン
「議長から申し上げます。らざーろ君、誰に対して何を質問したいのですか?」

あ、議長、もう終わりますから。
つまりですね、レトルトソースをそのままぶっ掛けてもウマイと。
だってホラ、レトルトカレーって、ウマイじゃないですか!
それに比べてですね、レトルトミートソースの・・・。

♪チーン
「議長から申し上げます。らざーろ君の質問時間は終了いたしました。」

いや議長、もう終わりますから。
ホントに美味いんですから、ただレトルトをぶっ掛けたやつ。

「らざーろ君、発言を終了してください。」




などという妄想をしながら、昨日のお夜食、
「ぶっかけミートソース」。

ぶっかけミートソース。


いや実際、パッケージ写真の肉肉しさと比べると、
現物のシャバシャバ感には「ああ、やっぱり」との感想を持ちますが、
そこがウマイ。それがウマイ。期待通りの味なのです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

運命のドラフト ~ お母さん、ありがとう。 ~

メモ#0609:

今年も指名をいただけませんでした・・。

いや、毎年我々の周りで、誰もが「一度は言わなきゃ気がすまない」類の冗談です。
気が済みました。

さて、それはそれとしまして、
やっぱり気になります。
ファイターズは、大谷投手を強行指名と事前に発表しましたが、
どうなるのでしょうね・・・。

TBS系列のHBCで、生中継がありました。
帰宅時間は、どう頑張っても6時は過ぎますから、
中継は見られません。

・・・あとでゆっくり、パソコンで確認しよう。
ただいまー。

「あ、らざーろお帰りなさい。」

ああ、ストーヴが稼動中で暖かい・・。
バス通勤だと寒さが身にしみます。

「今年も指名されなかったわね。」

母も、一度言っておかないと気がすまなかったようです。
ははは。来年に向けて素振りでもしますよ。

「あ、コレ。」

母が、私に紙を手渡します。
ああ、なんと!

母のメモメモ

一位指名をメモメモしておいてくれました。
「巨人」が、「臣人」になっているように見えますが、断じて気のせいです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

シリーズに向けて体調万全。

メモ#0610:

納豆スパを食べました。
食べること自体は久しぶりではないのですが、
アップするのは久しぶりです。

なにしろ納豆といえば、
日常的な食品において、好みが分かれる食材ナンバーワンです。

非日常的な食品であれば、好みが分かれるのも当然ですね。
「コウモリの丸焼き」とか、「ザザ虫の佃煮」とか。
あー、どちらかというと、苦手(というか、一生食べなくても悔いはありません)です。

私もね、子供の頃は、嫌いでしたよ、納豆。
だって、粘って食べづらいし、なによりホラ、納豆くさいじゃないですか。

好きになるきっかけとなったのは、
おそらく、自分で作った納豆スパゲッティ。

多分、20数年前です。
酔った勢いで作ってみると、あらウマイ。
熱を加えられた納豆は、「納豆くささ」ではなく、
まるで上質のチーズのような、「発酵食品の香り」を漂わせるではありませんか。

和風納豆スパ

いつもは、牛乳を加えて作るのですが、
今回はシンプルに作ってみました。
おかげさまで体調バッチリです。

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

どうしてオナカがへらないのかな♪

メモ#0611:

ああ、食欲が湧きません。
今日(土曜日)は、一日中、あれやこれやで、
ろくなものを食べていないのですが・・。

明日はお休みなので、いちおう、これから何か作ろうと思ってはおります。

・・・

夜、9時半頃から1時間ほど、「フテ寝」をしました。
ああ、久しぶりです、「フテ寝」。

それでも食欲は湧きません。
テレビでも点けましょうか。
おっと危ない、スポーツニュースが放送中だった。
これ以上、食欲を減退させられてなるものですか。

・・・・

えーっと、先日頂いた、
「レトルトソースを温めただけのミートソース・パート2」。
いちおう載せておきましょうね。

ミートが少ないミートソース

たいそう、美味しかったですよ。
でも今、この画像を見ても、「ああ食べたい」とは思わないほどのヘコミ具合です。

・・・・

さて、夜も更けてきました。
そろそろ、何か作って、食べて、寝ることにいたしましょう。

こんな時は、
「もし食べ残しても、翌日も美味しく食べられる」お夜食が良いですね。
たとえばグr
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

グラタンと ラーメンだけど 野球記事

メモ#0612:

 渾身の 三振ショーも 無表情     らざーろ

この時期になっても、マサル川柳を詠むことができるなんて、
なんて幸せなことでしょう。

まずは、昨日の夜、
「マサルが好投しますよーに。」という、
願いを込めて作ったグラタン。

グリルでグラタン

美味しくいただきました。
あれほど食欲がなかったのに、食べられるものですね。
ちなみに具は、タマネギのほか、スライスハムを見つけたので、一枚・・。

そして今日の午後、
私の我らが武田勝の背番号、「38」にちなみ、
「マサルが好投しますよーに。」という、
願いを込めて頂いたラーメン。

「さんぱち」の元祖醤油ラーメン

願いが通じて、マサルは好投しました。
特に、無死二塁からの三者連続三振には、しびれましたねぇ。

ああ、でも、私は大変なミスを犯してしまいました。

「打撃陣が、援護してくれますよーに。」という願いを込めるのを、忘れてました。

・・・・・

作る気力、食べる食欲が残っているかはわかりませんが、
今夜、これから、もしお夜食を作ることが出来たなら、
とりあえず、「打ちますよーに。」という願いを込めて、食べます。

あ、あと、
「デッドボールを当てられませんように。」とも。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

物忘れでゴー!

メモ#0613:

最近増えてきたのですが、
あるとき、ふっと、「アレ、あの選手の名前、なんだっけ。」とか、
「あの女優さん、なんて名前だったかなぁ。」
などと、思うことがあります。

まぁ、暗証番号を忘れたとか、大事な取引先の名前が突然出てこないとか、
そういった緊急事態ではありませんので、
こんな時は、「思い出しごっこ」で、時間をつぶします。

目の前に、パソコンがあるわけですから、
ちょこちょこっと、「ヒントになる語句」を入力すれば、
たちどころに判ってしまうのですが、
それは、このアソビでは反則負けです。

「自力で思い出す」のが、
このアソビの醍醐味であり、
思い出した時の快感は、何にも代えがたいものがあります。

・・・・・

先日、突然と、
「あ、あの大物俳優さん、名前なんだっけ・・。」
と、思う瞬間がやってきました。

ほら、あの、目の下のたるみが独特な、大物俳優ですよ。
すぐ思い出せそうです。
今回は、簡単ですね。すぐに思い出して、スッキリしましょう。

「えーっと、若山富三郎じゃなくって・・・。」
あ、イカン。
「別の名前」が脳内に刻まれると、この「思い出しゴッコ」は、
深みにはまるのです。

ホラあの、釣り馬鹿日誌にも・・。

富三郎?」

ちがうってば。息子も俳優で、確か、佐藤・・。

富三郎?」

そうじゃなくって、あ、そうだ。
「ひかりごけ」とか、「飢餓海峡」とか。

富三郎?」

ああ!もう!

私の思考回路は、各方面から正解を探ろうとアプローチするのですが、
そのたびに、強固な「富三郎ブロック」に阻まれてしまいます。

以前にも、「アンジェリカ・ヒューストン」を思い出そうとして、
強力な「オリンピア・デュカキス・ブロック」に阻まれたことがあります。

大変ストレスがたまるアソビですが、
まだまだ「答え合わせ」は出来ません。だって、悔しいじゃありませんか。

こんな時は、一旦、目を閉じます。
深呼吸をします。

・・・そして、心の中の、眼を開くのです。

「名前」を、直接的に思い出そうとすると、
ブロックに阻まれます。

「状況」を心の中で想定し、そこから答えを導き出すのです。
心の中で描き出した映像に、突然、名前が浮かび上がることがあります。

深呼吸をした私は、
『日本アカデミー賞』の授賞式を思い浮かべます。
『息子』で、永瀬正敏さんが助演男優賞を受賞しました。

『主演男優賞の発表です!
 (ドラムロール)
 今年度の、主演男優賞は・・・、』

心の中に、あの顔が浮かびます。

・・・

若山富三郎さんです!』

だから違うって。
ああ、もうダメです。今回は負け。
検索して、スッキリしちゃいましょう。

と、パソコンに向かって歩いていく私。

歩きながら、脳内で、
『飢餓海峡 ひかりごけ 釣り馬鹿日誌 佐藤浩市』などと、
「検索ワードを打ち込む自分」が目に浮かびました。

するとどうでしょう!
私の脳内には、ふわぁーっと、『』の文字が・・・。

ああ!思い出した!
ああ、すっきり!

最近、このようなアソビが増えてきました。
もうね、嘆くより、楽しむしかないでしょう(笑)。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

どうしてオナカがへるのかな♪

メモ#0614:

先日作った「クリームシチュー」が、
微妙に残ってしまいました。
大鍋で、「10人前」作ったのですが、
家族に好評で、一日目にして微妙な残り具合になりました。
写真は、小鍋に移した時点のものです。

ちょっとだけ残った、シチュー。

こんな時は、どうしましょう。
そのまま食べるのも、もちろん良いでしょうが、
ここは、そうですね。グラタンですね。

シチューをリデュース、グラタンへ。

スパゲッティをちょいと茹で、
シチューをかけてチーズを乗せただけです。
トロミも充分に出ていますから、グラタンにするにはちょうど良いです。

焼きあがり二分前

お芋が美味しかったです。なにしろ、「インカの目覚め」ですからね。




いやぁ、それにしても長い試合でした。
ただでさえ、試合開始がいつもより30分遅いし。

でも、勝ってよかった・・。

今頃オナカがすいてきました。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR