残念なカツカレー、良いカツカレー。

メモ#0642:

先日、ものすごく普通のカレーを作って、大変満足した私は、
翌日、張り切って、トンカツを揚げることにしました。

もちろん、「カツカレー」にするためです。

お肉を買って帰り、下ごしらえをして、
「あとは揚げるだけ」の状態にして、晩酌を開始します。

「金麦」のサンゴー缶を。一本あけたところで、では揚げましょう。
あ、あれれ。
カレーが無い!

以前にも同じような失敗をして、二度とは繰り返すまいと心に誓ったはずなのですが、
人間というものは、同じ過ちを繰り返す生き物なのですね。とか思いつつ、レトルトを温める私です。

メーカーさまの名誉のために、商品名は伏せますが、
これが、大変残念な結果となりました。
いや、カレー自体は、カレー自体は美味かったのですよ。

残念な例

福神漬が切れていたのも、「残念さ」を増幅させる要因となりました。

ただ、これはもともと、「スパゲッティに合いそうなレトルトカレー、無いかな?」と、
探した末に、その機会が無く、いままで保管してあったもの。
パッケージに、「洋食ウンヌン」とありますが、
ああ、そのクリームっぽさが、デミグラスっぽさが、カツには合わない・・。
スパゲッティになら、きっと合うと思います。




さて、先の金曜日は、
夜に突然の用事があり、食事は10時以降になります。

ごはんは炊いてあったので、「ではレトルトカレーにしましょうか。」
と、家族の意見が一致しました。

私はどうしても、先日のリベンジがしたかったので、
カツを揚げ、「それに合うであろう」レトルトを探しました。
条件は、「やたら洋風ではないこと。」
「具が少ないこと。場合によっては、無くても可。」
「ある程度の量があること。」
「お値打ちなこと。」

成功例

そんなわけで、レトルトの中では、「カリー屋カレー」が一番、カツに合うなぁ。
と、思った週末でした。

レトルトじゃないなら、「みよしのカレー」ですけどね。

(異論は、認めます)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

がんばれ!

メモ#0643:

ひさーしぶりの、野球記事です。

私の我らが武田勝投手の契約更改が行われ、
年俸2億円(推定)でサインとのことです。

あー、ついに「2億円プレーヤー」ですね。
感慨深いものがあります。

たとえ、プロ入り前にそれほど注目されなくても、
地道に頑張れば、「超一流」になれるのですね。

もうね、私など足元にも及びませんが、
色々な意味で、見習いたいところがあります。

あと、大谷君と、栗山監督の交渉も、目が離せませんね。
外野としては、あれこれといわずに、黙って見守りたいと思います。

あと、個人的な話題なのですが、
私の「イトコの息子」が、
軟式野球の、とある国際大会に出場するのですよ。

あまり報道されていないので、情報は、
「家族からのメール」と「ネット」頼りなのですが、
どうも気になって気になって・・。

そういえば数年前、
「小中学校時代の同級生の息子」が、甲子園に出場したことがありました。
あの時もドキドキでしたが、今回はそれ以上です。

何しろ、「私の部屋で、一緒にストリートファイター2で遊んだ」仲です。
(もちろん、3回に1回は負けてあげましたよ。
 え、全部負けてあげるべき?いやいや、それはダメです。)

いやそれ以前に、彼が始めてアンヨしたのは、私の家なのです。
感慨深いなぁ。

私には、遠くから応援することしか出来ませんが、
オジサン、張り切って、今夜は「願掛けグラタン」、焼いちゃおうかなー。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

最近、やや不調な感じがブログにも表れている私。

メモ#0644:

ちょっと奥さん、
吉川投手、今年の1100万円から、7000万円へアップですって!
(金額はいずれも推定。)

いや今日は、野球の記事は書かない予定だったんですけれど、
やっぱり、一言書きたくなる出来事でした。来年も期待してますよ。




さて、昨日の夜は、久しぶりにグラタンを焼きました。
ええ、久しぶりですとも。なにしろ、「今月初」ですから。

グラタン界における、「キング・オブ・具」といえば、エビですね。
イトコの息子勝利祈願も兼ねて、豪華に作りました。

願掛けエビグラタン

おやおや、
らざーろさん、先日の、「ポトフの残りでグラタン」と、
焼きあがりの区別がつきませんよ(-10てん)。

「ねぇ、グラタンおじさん、肝心のエビが、見えないよぅ。」
「心の目で見るのです。フォースを感じなさい。」
「・・・これ?」
「それはフォークです。」


・・・こうして、王子は少しずつ成長していくのであった。
(いくのであった、じゃないですよ、-15てん。)
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

発掘しました。

メモ#0645:

先月、11月の、たしか第二日曜日だったと思いますが、
タイヤ交換の際に、物置の中の「大事なもの」発見したのです。

発掘された鍋(使用前)

そうです。ジンギスカン鍋です。

各種の「ケンミンあるある」で、時折耳にするのですが、
『北海道の家庭には、ジンギスカン鍋が必ずある。』との情報があります。

この情報の正確さについて考察してみると、
そうですね・・、

「長年北海道で暮らした、家族が3人以上いる家庭」に限ると、ある程度、正確ではなかろうか、と。

北海道といえども、都市部には、マンション住まいの単身世帯も結構ありますから、
そういった世帯の場合、所有率は低くなると思われます。

ところが、長いこと北海道で生活していると、
「いずれかのタイミング」で、この鍋を購入する機会がやってきます。
それは、「やっぱりたまには、あの鍋で食べたいな」だったり、
「道外からお客さんが来る際、ジンギスカンをリクエストされた」だったり、
「勢い」だったり、理由は色々です。

で、ひとたび買うと、この鍋は大変頑丈に出来ているため、
まず、壊れることが無いのです。

私が時折、スパゲッティに使う鉄板にもいえることなのですが、
この種のものは、「安物買いの銭失い」という諺がピッタリです。

以前、キャンプ用のものを買って、
「まだ数回使えるかも」、と思った私ですが、やっぱりダメでした。

さて、発掘時、まだ若干のコゲが着いておりましたので、
もう一度丹念に磨き、焼き、油をなじませました。

では、いよいよ・・。

使用中の鍋

「第一ラウンド終盤」くらいの写真です。
もっとこう、お肉も野菜もイッパイな、「華のある瞬間」は、あったはずなのですが、
そのときは食べる方に夢中で・・・。

ちなみに、鍋中央部に見える白いものは、「豚の脂身」です。

北海道では、ジンギスカンのお肉コーナーの横に、必ずといっていいほど置いてあります。
この鍋で、この脂身で焼くと、もうね、お野菜が美味くて美味くて・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

野球記事です。

メモ#0646:

動きがありましたねー。
明後日、発表とのことですから、
浮かれたことを書くのはやめときましょう。




あ、ソレとは別に、浮かれたこと、書いてイイデスカ?

イトコの息子、とある国際大会で、優勝したようです!

皆様の応援のおかげです。
どうか、明日の北海道新聞には、掲載されますように・・。

短い記事ですが、今日はここまでにしておきまして、
のちほど、
「記念お夜食」の記事でお会いしましょう。

あ、今夜はビール足りないや。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

記念御夜食二人前。

メモ#0647:

「軟式野球の、とある国際大会」で、私のイトコの息子が優勝したのを記念して、
(まぁもちろん、オナカが減ったというのが一番の理由なのですが)、スパゲッティを。

厚切りベーコンがありました。
記念ベーコン

あと、こんなのも。どこで、いつ、買ったのだろう・・。

記念レトルト

「二人前」、ですか。
お夜食にピッタリです。

んで、完成です。
記念スパ

いかにも「レトルトレトルトルルルルルー♪」した味でしたが、
そんなことはどうでもよろしい。

良く頑張ったね、イトコの息子。

大会名は、明日、北海道新聞にちゃんと記載されたら、ここでも書きます。

記載されなかったら、私はドーシンに抗議のメールを。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

気分が良い日のグラタン♪

メモ#0648:

「イトコの息子」優勝記念お夜食は、昨夜頂いたんですけれども、
今夜もホラ、土曜の夜ですから。

「優勝記念」&「大谷君ファイターズに入団してね祈願」を兼ねて、
グラタンなんぞを、ちょいと焼いてみましたよ。

せっかくですから、具は定番のタマネギ以外に、「冷凍エビ」と「ポークソーセージ」のミックスで。
土鍋グラタン 材料


チーズも、いつもよりチョイ多目です。

やはり、味というものは、「その日の気分・その日の出来事」によって左右されますな。




「ねえグラタンおじさん、今日のグラタンは、特別においしいね♪」

いつもと同じですぞ。おや、さては、なにか良い事がありましたな?

「へへー、わかった?僕のモッツァレラがね、ちゃんと僕の命令を聞くようになったんだよ!」

ほほう。わんちゃんは、子供のことを、自分より下と位置づけることがありますからね。
しっかりしつけるのは大切なことです。

「今までは、『お手』っていっても、ムシすることもあったの。
でも、今日はしっかりと命令したら、ちゃんと聞くようになったんだよ。」

王子様の、根気が勝ったのですな。

「ところで、このグラタンのおさら、変わってるね。」

それは私の国では「ドナーベ」と呼ばれておりまして、
「ナヴェヤキウドゥン」などに用いるのですが、
グラタンにも使えて便利なのですよ。

「へえー。知らなかった。
 あとね、ほかにもちゃんとできたよ。」

ほほう。どのような命令を?

「あのね、『おすわり』でしょ、あと、『おかわり』、あ、あと『おちん・・




晩酌のオサシミに付いてきた、パセリを飾って完成です。
土鍋グラタン 完成



関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

すっきりした日曜日。

メモ#0649:

さてさて、大谷君のファイターズ入団、決まりましたね。

今、スポーツニュースを観ながら更新しているのですが、
記者会見での態度も、実に、しっかりとした受け答えですね。

バッシング?
そんな声は、実際のところほとんど聞こえません。
けれど世の中には、なんにでも文句をつけたがる人がいます。
そんな声には、反論するよりも、「哀れんで」あげましょう。それが私の立場です。

低気圧が強烈で、今朝の雪かき重労働でした。
いつもながら、雪かきの写真って、撮り忘れちゃうのです・・。

その後はラーメン。

記念さんぱち

「いつもの味」でホッとしたあとは、
買い物をして帰り、そのあとお昼寝。

雪かきは疲れましたが、
「日曜日らしい日曜日」を過ごせたし、
大谷君のファイターズ入団も決まったし、
スッキリした気持ちで、また月曜日からの一週間を過ごせそうです。




そうそう。
今日、生まれて初めて、「スポーツ報知」を買いましたよ。
この記事が、載っていたからです。↓

報知の記事

この中に、私の「イトコの息子」がいます。アッパレ!!
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

来なかった。

メモ#0650:

もう、12月も中旬になるのですね。
コチラの記事(→次に来るのは・・)の、「答え合わせ」をする季節です。




『第1回らざーろ記念(GⅢ)』

1枠 1番 あんかけ焼きそば
2枠 2番 ホッケのフライ
3枠 3番 ちくわパン     
4枠 4番 木の葉丼
5枠 5番 函館塩ラーメン
6枠 6番 エスカロップ
6枠 7番 海南鶏飯
7枠 8番 フィッシュアンドチップス
7枠 9番 スコーン
8枠10番 ミートボールスパ
8枠11番 マカロニグラタン     

レース結果は、ご存知の通り、
結局、どれも来ない』でした(笑)。

「フィッシュアンドチップス」あたりは、そうですね、第3コーナーあたりまでは、
まずまずの位置につけてたんですけどね。

「ホッケのフライ」なんか、ゲート入りを嫌がって『競争中止』ですからね。
「エスカロップ」にいたっては、『レース場まで遠くて行けないよぅ』との理由で競争中止。

「マカロニグラタン」は、個人的には、ずいぶん良い走りを見せていたと思うのですが、
騎手が落馬してしまって・・。




来年は、これを本命に。

2013の本命、カツカレー。


関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ではぼくたべよう。

メモ#0651:

雪がすごいんですよ、奥さん。

ユキヤーマ


ホラね。
これは今日(2012年12月12日)撮った写真です。
記念に残しておこう。

それに、冬だから当たり前といえば当たり前なのですが、
寒いです。こんなときにはシチューですね。

シチューの好みにも色々ありますが、
私は、あくまでネットリとした、粘度の高いものが好きです。

ただ、母などは、あくまでシャバシャバの、
「シチューとスープの中間」位のものが好みで、
今回は、母作、シャバシャバシチューです。

ビーフシチューとパン


これはこれで、もちろん美味い。

粘度あくまで低く、「肉料理」あるいは「野菜料理」というより、
あくまで、「汁物」としての存在感を主張する、
このシチューを食べながら(飲みながら?)・・・。

『銀河鉄道の夜』の冒頭で、
ジョバンニが食していたのは、こんな感じのヤツだったのかな?

と、思いました。
思ったのはいいのですが、
「気にしい」の私。

「こんなことを書いて、宮沢賢治ファンからお叱りのコメントが来たらどうしよう。

と、思いました。調べました。


「あああたしはゆっくりでいいんだからお前さきにおあがり、姉さんがね、トマトで何かこしらえてそこへ置いて行ったよ。」
「ではぼくたべよう。」
 ジョバンニは窓のところからトマトの皿(さら)をとってパンといっしょにしばらくむしゃむしゃたべました。




「シチュー」とはどこにも書いてありませんでした。
アニメ版の影響かなぁ。私はてっきり、シチューだと・・・。

「トマトでこしらえた何か」が、激しく気になります。

まぁ、土鍋には入っていなかったでしょうけど。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

クノールカップスープの季節

メモ#0652:

12月13日現在の札幌の積雪、
去年の4倍だそうですよ。

今日はすっきりと晴れましたので、雪は降りませんでしたが、
晴れると寒いのが冬の北海道です。ああ寒い。
寒い寒い。

こんな寒い夜は、温かいお夜食の記事でも書いて、
お風呂に入って寝ることにしましょう。

昨夜頂いた、「ニッポン式カルボナーラ」と、
先日頂いた、「グラタン」と、
どちらをアップしようか迷った末に、グラタンにします。

(実のところ、迷ってないですけど。)

例えばレトルトの「ドリアソース」などを見つけると、
つい、グラタンにしてしまう私。
とはいえ、ドリアソースをグラタンに使う、などということは、
誰もがやっていることでしょう。

お、こんなもの発見。

二割引

ポタージュスープの素です。
これ、美味しいんですよね。
夜中に見つけると、嬉しくなってしまう。

では、グラタンにしましょう。
商品名の一部「とろ~り」に反応してしまった私なのです。

行平鍋でグラタンを作る

「ポタージュの素」に、若干の小麦粉を混ぜ、
牛乳で伸ばします。
冷たいうちにマカロニも入れてしまい、ぐるぐるかき混ぜ、
チーズを乗せて焼けば出来上がり。

きのこポタージュグラタン




「おじさん、おじさん。」

おや王子、こんな夜中に、どうされたのですか?

「おなかがへって眠れないよう。」

困りましたな。
こんな夜中では、グラタンの食材が・・・。




なんて時に便利です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

胡椒挽きのらざーろ

メモ#0653:

使ってて、楽しいなぁ、と思う調理器具ってありますよね。

例えば、フードプロセッサーなどがそうです。
ただし、後片付けが大変なので、めったに使いません。

あと、「チーズ削り器」。
アレは楽しいですね。

ただし、「削り器」が必要な高級チーズも、めったに買わないので、
これもあまり、出番がありません。

そして、「ペッパーミル」。

これも、粉末の胡椒を振りかけるときと違い、
なんだかテンションが上がってしまいます。

胡椒は、日常的に使いますから、
出番は頻繁です。

ところが、頻繁すぎたのか、ついに壊れてしまいました。

もっとも、我が家で使っていたのは、
料理番組で見るような、全体が木製で、
歯のところが金属製の、カタチ的には、ほら、コケシみたいな高級なペッパーミルではなく、
「ミルつきホール胡椒」の容器なのですが・・。




大昔、土曜日の夕方か、それとも日曜日の午前中だったか、
「世界の料理ショー」というアメリカの番組を見るのが好きでした。

グラハム・カーの作る、
超高カロリー、超高たんぱく、超高脂肪の料理の数々・・。

料理以外にも、興味を惹かれました。

ドでかい冷蔵庫、ミキサー、オーブン・・・。
そして、ペッパーミル。

コドモ時代、胡椒といえば、粉末しか知りませんでしたから、
あの「コケシ状のもの」でゴリゴリ胡椒を砕くなんて、
そりゃぁ衝撃的でしたよ。




お馴染みの、「キッチンコショー」は家にありますから、
「ペッパーミル」が無いことによって、とんでもなく困るわけではありません。
でもなんとなく、
「あれ、壊れちゃったしな。無いと、イザというとき困るしな・・。」
という思いが、私の心に引っかかっていたのでした。

とあるショッピングセンターで、
割りとよさげな品を見つけました。
例の、「コケシ状」のものです。

でも、高い。
どうしても必要かといわれると、そうでもない・・。
今回は購入を見送りました。




では帰りましょうか、いや、100円ショップがありますね。
テナントに入っている100円ショップを眺めていると・・。

何でも売ってるんですねー。ありましたよ。ペッパーミル。

いつまで使えるかわかりませんが、とりあえず買います。
あと、ホール黒胡椒も買います。

お会計、しめて210円。
いやぁ、いい買い物をした。

帰り際、レジ横の、ソースとか塩とかが並んでいる棚を見ると・・・。

あ、「ミルつき黒胡椒」が105円で!!




なんだか嬉しいような、悔しいような気分の私。
せっかく買って来たのだから、ペッパーミルを使いましょう。

ソレが一番活躍する料理といえば、これですね。

二ポーンの、カルボナラー。

「ニッポン式カルボナーラ」です。



関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

鴨と蕎麦のしゃぶしゃぶ風ひとり鍋。

メモ#0654:

土曜日の夕方・・。

鴨食べたい!

と思ったので買って来ました。
200g程度なのですが、切り分けると結構な量になりますね。
もちろん独り占めです。

あいがも

脂の多い部分をあらかじめ鍋に入れ、
お蕎麦を硬めに茹でてスタンバイ完了。

準備完了

いただきます

チュルチュル頂きました。

汁が美味かったので、今夜は、
「鴨の味がちょっぴり残った、鍋焼きそば」にします。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

貴重な日曜日の行動

メモ#0655:

書くまい。
ブログ上では、このようなことは書くまい。

と、思っていたのですが、
書かずにはいられません。

先の日曜日、
皆様におかれましては、どのような行動をとったのでありましょうか?

そもそも、
「興味が無い」とか、
「昔は熱心だったが、最近はどうでもよい」などという市井の声を耳にするたび、
私は、ニッポンの行く末を、深く危惧するのであります。




日曜日の札幌は、
前日の大雪で道路はガタガタ・ツルツル。
それでも私は、家族と供に目的地へ向かうのです。

ああ、やっと着いた。

「いらっしゃいませー!!」

威勢の良い、しかし、それでいて野卑ではない声が、我々を迎えます。
佐藤水産です。お歳暮を贈るのです。
店内は込んでました。

あ、
ああっ。

おにぎりが売り切れている!
せっかく早めに家を出たのに!

しょうがない。
別のお宅には、毎年恒例のロイズのチョコです。
車を走らせます。同じ市内なのに、一時間かかりましたよ。

ああ、今年もキッチリ、義理を果たせてよかった。

え?投票?それは土曜日の夜に済ませましたよ。
まったく、貴重な12月の日曜日に、選挙だなんて・・。

なんか、去年と同じ行動をしているなぁ、と、思いつつ、
ブログを読み返してみると、
案の定、去年と同じでした。しかも、
途中で食べた食事も同じ!

「佐藤水産」から「ロイズ」へ向かう道中、
ちょうどいい場所に、「ガスト」があるもので・・・。

去年と同じ、ミートソースを頂いたのですが、
それはアップ済みなので、「コーンポタージュ」の画像をどうぞ。

ガストのコーンポタージュ

美味かったです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

グラタンおじさん危機一髪。

メモ#0656:

こんばんは。グラタンおじさんです。

今日もグラタンを焼きながら、
(ごく)一部で評判の、
『グラタンおじさんと秘密のチーズの逆襲』(←以前と違う)の構想を練るのです。
(と、いうか、今まで書きなぐっていた事に関して、折り合いを付けるのです。)

もうちょっとで焼きあがり




グラタンおじさんは、
「みんなの心の中にある」グラタン王国に、
ある日ひょっこりと現れました。

「土鍋グラタン」などを作って、王子に振舞ったりしますので、
『現代の日本から、何らかの理由で、パラレルワールド?っぽい、その世界に迷い込んだ。』
ことにします。

その世界で、どうやって土鍋を手に入れたのか?
・・・あとで考えます。

グラタンおじさんの記憶は、途切れ途切れです。

時折思い出すキーワードは、
「オソーバ、オタール、ホッカイード、ラメーン」などというコトバ。
寝言として時々、言うようです。

あと「マサール」。

グラタンおじさんが、グラタン王国に迷い込んだきっかけですが、
ここはやはり、
「何らかの悪の組織の陰謀」ということにしましょう。

現代の日本で、鼻歌なんかをうたいながら、
機嫌よくグラタンを作っていた、グラタンおじさん。

突然、台所の窓の外で、大きな音が。

「おや何かな?」と、
窓を開けると、そこには「何らかの悪の組織」が!

「うわーやめろー」と叫ぼうとするグラタンおじさんの口を押さえ、
ムリヤリ「何らかの悪の組織のアジト」へ連れて行こうとする、「何らかの悪の組織」。

意識も絶え絶えになりながら、
「ああ、せっかくグラタン作ったのに・・・。」と思うグラタンおじさん。

そのとき、
「何らかのチカラ」が働き、
(グラタンの神様、ということにしておきましょう。)
グラタンおじさんは、グラタン王国へ。

さらに、もう少し焼く。

あ、もうちょっとで焼きあがりですね。
続きは、次回へ。




その時。

窓の外で大きな物音が!

「だれだぁ!」

だれだぁ

窓に映ったグラタンおじさんでした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

雪が大盛り。

メモ#0657:

まー、とにかく雪が多いんですよ、奥さん。

雪、スゴイ。

感覚的には、「1月中旬並み」といったところでしょうか。
クリスマス前に、これほどの積雪は、記憶ありません。

通勤と雪かきだけで、グッタリです。
ではこのへんで。




あ、やっぱり料理の写真も何か載せておきましょう。
母の手料理、『ナポリタン・下宿盛り』です。

ナポリタン下宿盛り
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

転向 ~ だって・ホンコンLOVE・突然。

メモ#0658:

『テフロン加工のフライパンは嫌いなの!鉄のフライパンを持ってきて!』

とは、
小林カツ代さんの名言ですが、

・・・あ、ご存じなかったですか?

あの、「料理の鉄人」の、「キッチンスタジアム」内でのコトバです。
もちろん、最近放送された「ツマンナイやつ」では無く、
オリジナルの「面白いほう」での発言です。

さて、その当時、「テフロン加工」のフライパンを所有していなかった私。
かつては、有ったんですよ。
ただ、「安いやつ」は、表面加工部分が簡単にはがれ、
結局のところ、「安物買いのなんとやら」になってしまったのでした。

件の、「カツ代発言」に、影響された部分も有ったのかもしれません。
我が家ではしばらくのあいだ、
「テフロン加工フライパン」不在時代が続きました。

伊丹十三監督の、『タンポポ』に出てきたオムライス。
あれを、「ちゃんと鉄のフライパンで作る。」のが夢です。
キッチリと焼き、しっかりと油をなじませ、イザ勝負、あ、今日も負け。

心の片隅に、
「テフロン加工のフライパンなら・・・。」と、
何度も浮かんだのですが、そのたびに、「カツ代発言」が心をよぎり・・・。

そんなわけで、「やっぱりフライパンは鉄に限るなぁ。」とか言いつつ、
頑なに鉄の意志を貫いたのでありました。




おや母上、そのシールはなんですか?

「シールを集めると、高級キッチングッズが安く買えるのよ!」

ちょっと見せてください。
あ、こ・・これは!

『高級テフロン加工フライパン・希望小売価格ロクセンナンビャクエン、
シール20枚で¥2100!』

「らざーろ、あなたも料理するんだから、考えて。何がいいと思う?」

そ・・そうですね。
でかい両手鍋は、もう収納できないし、
ミルクパンは、有るし・・・。
この、えーっと、テ・・テフロン加工って言うんですか?このフライパンなんてどうでしょう。

「やっぱりね!じゃぁこれで決まり!」




¥2100ナリで、我が家に十数年ぶりに導入された、「テフロン加工のフライパン」。

最初の料理は、これです。
通販番組のように、目玉焼きが滑る!
そして、「フライパンにくっつきやすい料理№1」であるところの、
「ホンコンやきそば」がノーストレスで作ることができる・・・!

ホンコン準備完了

ホンコン調理中

ホンコン完成

「反テフロン派」からの批判は甘んじて受けましょう。

私にとっては、「ホンコンやきそばを、ひとかけらの麺たりとも無駄なく食う」方が大事です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

君の柔らかい背中を、僕の細い指先で。

メモ#0659:

 『もしかしてお前の身になにかあった?
 最近物騒な事件多いし…生きてるよな?
 怒ってるなら謝るから一言だけでも返事してくれ!
 本気で心配だよ』


というメールがありました。
71歳の母の携帯に。

母は、
生きてるわよ!失礼しちゃうわね!削除削除!
と申しておりました。
そうです。そんなメールは早速削除です。

「あ、ちょっと、これどうするの?」

あ、削除の途中で迷ってしまいましたか。
では私が。
ついでに、拒否登録もしておきましょうね。

あ、オカアサン、「電話帳に新規登録♪」の、一歩手前でしたよ、
危なかったですね。




ネタに困るとやってくる、迷惑メール。
私に(および私の愛する家族に)送ったのが運の尽き。
アドレスを晒します。恥を知るが良い!

without.musi9-life.would.be.a-3stake@softback.jp

からでした。

まったっくもう!これじゃドメインごと拒否できないじゃないですか・・・ブツブツ。

と、思って良く見ると。

softback.jp ・・・

softback ・・・

そふとばっく!!


初めて見ました。そのドメイン。
背中が柔らかいのですね。ひょっとすると脱皮直後の甲殻類なのかな。
あれ、丸ごと揚げると美味いんですよねー。

記念に、私のパソコンに転送してから、ドメインごと拒否登録して、削除しました。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

少々続いたって、へっちゃらです。

メモ#0660:

「ミートボールスパゲッティ」が好きなのです。

ミートボールスパ そのいち

なにしろ、「ミートソースより、簡単に作れる」ところがポイントが高いです。
もっとも、人によって作り方は色々でしょうが、
私の場合・・・。

1 にんにく・タマネギ・(あれば)セロリのみじん切りをいためる
2 市販のトマト缶と、バジル・オレガノなどを入れる。
3 挽肉を、卵やパン粉をつなぎにしてダンゴ状にし、ソースに入れる。

だけです。あとは、味をみながら調味料を足して、完成。

ところが困ったことに、
「私以外の家族」は、「ミートソース」は好きなのに、なぜか、
「ミートボール」は好まないのです。
したがって、私ばかり消費することになります。

ミートボールスパ そのに

二日目は、スパゲッティと炒め合わせて「カリオストロ風」に。
もっとも、量がオトナシイので、あまりそれっぽくはないですが。

そして三日目。

ミートボールスパ そのさん

そろそろ飽きて・・・いや、飽きてなどいません!
ただ、今夜あたりは他のものがたべたいな。

まだ、ソースは残ってますけど。

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

『「頭寒足熱」廃止、「頭涼足熱」普及委員会』発足。

メモ#0661:

お寒うございます。

25日の札幌の最低気温は、氷点下13.5度にまで達し、
12月としては42年ぶり」の低温だったそうです。
そりゃ寒いわけです。

職場から郵便局へと、きゅっきゅと鳴る雪を踏みしめて歩きながら、
ふと思ったのですが・・。

こんなに寒いのに、「帽子着用率」が低すぎやしないだろうか、
わがマチ札幌。

私が連日、ボケっと観察したところ、
市民の帽子着用率は、そうですね・・、
「女性で20%弱、男性では、せいぜい5%程度」といったところでしょうか。
5%の中に、私も含まれます。

若くなればなるほど、着用率はさらに減ります。

職場の近くに北海道大学があるため、外国人の方々も良く見かけますが、
それらの方々は、アジア系・欧米系・アフリカ系問わず、
帽子着用率は90%を越えます。

外国人の、「頭の防寒」の対する周到さ。
対して、わがニッポン人の、「頭の防寒」に対する無防備。
うーむ、この差はなんだろう・・。

きっと、「頭寒足熱」というコトバが、少なからず影響しているのではなかろうか、
と、私は思うのですが、どうでしょうね。

頭寒足熱」が良いらしい、ということは、
生活実感として異論はないのですが、
それはあくまでも、「常温」下での話であって、
「氷点下10度」は、もはや「常温」ではありませんから、
やっぱり頭も保温すべきなのです。

だってね、この気温で頭が丸腰だったら、
顔中痛くてつらいどころか、しまいにはボーっとしてきますよ。
いくら下半身の防寒に気をつけても、頭は大切です。

「頭寒」という二文字がいけないのです。
来年から「頭涼足熱」と変更しましょう。
事務局長は私です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

北海道が誇る、おコメ。

メモ#0662:

私にしては珍しく、
夕食に「ご飯もの」が欲しくなりました。

おそらく、「ミートボールスパ」が、三日続いた反動なのでしょう。
年に数回、起こる現象です。「らざーろの反動」として有名です。有名ではありません。

ところでおコメといえば、
皆様どのようなおコメをご愛食でしょうか。




おかげさまで、私の駄ブログにも、全国各地の方にご訪問いただいております。

北海道以外にお住まいの方は、
「北海道のおコメ」に関して、どのような印象をお持ちなのでしょうか。

一昔前まで、
「北海道のコメは、粘りが無くて、冷えると特に味が落ちるし・・」などと言われていました。

私の好きな、文芸春秋社の「B級グルメシリーズ」の、
とある一冊の、とある特集の、とあるコーナーで、
「全国のおコメ食べ比べ」があり、北海道米(当時は、ユキヒカリ)の評価が著しく低く、
私は、その部分だけ飛ばして読むのです。読むと悲しくなるからです。

その直後だと思うのですが、、「産・官・学」一致団結の努力の結果、
「きらら397」がデビューし、北海道米の全国流通に風穴を空け、
その後は、「ななつぼし」「おぼろづき」「ゆめぴりか」など、
「コシヒカリ」に負けぬ食味を誇るおコメたちが世に出たのです。

この秋・・・、
おそらく試験的にだと思いますが、
「ゆめぴりか」が、新潟で販売されました。

当初、「新潟で北海道米を売るなんて・・。」などという声もあったらしいのですが、
結果的には好評だったようです。

来年、本格的に首都圏への進出も計画されているようです。
さぁ、来年のトレンドは「北海道米」ですよ!




そんなわけで、私の先日のお夜食は「豚丼」。
ぶたどん

おコメは、「おぼろづき」です。

あ、おコメが見えない。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

はじめてのおふかい。

メモ#0663:

♪ドレミファドレミファ、ちゃっちゃドレミファ

とういうわけで、らざーろさん、はじめてのおふかいです。

「ぼくぅ、おふかいなんて行けないよう。」
と、引っ込み思案ならざーろさんでしたが、
せっかくのお誘い、仕事の都合も何とかなるし、ということで、
生まれたばかりの妹のオムツを買うお兄ちゃんのような気力を出して、
おふかいに向かったのです。

久しぶりの札幌中心部!札幌駅!ひとがイッパイ!
ああ、きんちょうかんが高まる!

そんな私を笑顔で迎えてくれたのが、

もーりーさん、midoriさん、ゆーちゃんさんでした。

皆さんとの楽しいひと時。
ああ、やっぱり来て良かった。
おふかい開始直後、
「職場がタイヘンなことになってるよ。」という電話がありましたが、
そんなことより大事なおふかいです。あ、ベルギービール、2杯目下さい。




皆さんのおかげで、たのしいおふかいになりました。
ありがとうございました。

さて、楽しいおふかいの後、職場に戻ってみましたよ。


・・・・・「みずびたし」でした。

それでも、はじめてのおふかいが楽しかったので、良い一日でした(きっぱり)。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

鶏ガラは意外と危険です。

メモ#0664:

今年も残すところ、あと一日となりました。
いつもご訪問くださっている皆様、大変お世話になりました。
謹んで御礼申し上げます。

さて、今年、おそらく最後になるであろう今回のメモ。
何を書きましょう・・・。
と、考えながら、お雑煮用の鶏がらスープを仕込む私です。

明日も予定では「お休み」なのですが、
職場がトンデモナイことになったため、おそらく大晦日も出勤(というか、出動)です。
今できることは今しておくのです。

イテテ!

鶏の骨で手を傷つけてしまいました。

皆様にとって、2013年が良い年ありますように。

では皆さん、良いお年を!
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR