FC2ブログ

親子のヒミツ。

メモ#0779:

父さん。

僕の麦藁帽子、・・
いや、麦藁帽子は関係ないです。

父さんの好きだった蕎麦屋に、先日行ってきました。

父さんが就職した頃から、
最後の最期まで好きだった、あの蕎麦屋です。

いつも、
「親子丼と、かけ蕎麦。」という、
男気溢れたオーダーをされてましたね。
私も負けずに、
「大ざる蕎麦と、天蕎麦。」など。

お盆には、行列が出来るほど混み合ってましたね。
今回も、かなりの混み具合でした。

私達一行が、唯一つ空いていた8人掛けボックス席に座ってオーダーしたあと、
「7名サマご一行」がご来店。

気を使うらざーろとしましては、
すぐさま、片付けの終わった、
お店の隅の、4人用ボックス席に移ったのです。

その席は、
何度も通っているお店にもかかわらず、
初めて座った席でした。

そこで見たのです。

父さんが絶賛していた、
「親子丼のヒミツ」を。

あの席でなければ、見られなかったのです。

もり汁を、そのまま丼つゆにしていたとは。

そして肝心の、鶏肉ですが、
遠くて、やや見にくかったのですが、
どうやらアレは、

かけ汁で予めサッと火を通した肉を、
タッパーに用意しておき、
注文に応じて、もり汁で煮るという行程だったようです。

父さん。

僕の麦藁帽子・・
いや、麦藁帽子は関係ないです。

来年は父さんの十三回忌ですね。

その頃には、父さんの好きだった、あの、「親子丼」を再現できるように、
もう一度あの店へ行って、もう一度あの席で・・。

『おお、らざーろ』

あ、びっくりしたぁ、父さんじゃないですか。

『詳細なレポート、すまぬな。』

いえいえ、恐れ入ります。

『そうか、あれは、サッと火を通した肉であったか。』

そのようでした。
というか、口調が生前と違いますよ。

『気にするでない。
 7名サマご一行来店の折、すぐさま4名サマ用ボックスに移る機転、見事であった。』


かたじけない。あ、私までヘンな口調に。

『ところで一つ、不満があるのだが。』

ははあ、何でしょうか。

『写真が無いのは、お前の悪いクセだ。今後改めよ。』

はい!肝に銘じておきまする。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR