スタミナ食でゴー!

メモ#0975:

お暑うございます。

明日も、北海道の癖に暑くなりそうならざーろ地方ですが、
最低気温は11度の予想です。さすが北海道。

食事の選択に迷う季節ですが、
ここはやはり、涼しさよりも、
「栄養重視」で。

豚丼

「直伝豚丼」です。

炒り卵と、紅生姜トッピングが、
父の代から続く伝統です。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

あっち。

メモ#0976:

札幌では、予報通りの暑さとなりました。
皆様の地方では、如何でしたでしょうか。

ではさっそく、日曜日の外食をアップです。
この日は、阪神戦をテレビ観戦するという、大事な予定が入っていたため、
近所のお店へ。

始まってますね

おっ、始まってますね。
ちなみに北海道では、一般的な、「冷やし中華」を、「冷やしラーメン」と称する店が多数派です。

このような季節メニューをいつ始めるか、飲食店としては非常に重要な問題でありましょう。
今年は、「冷夏」の予想もありましたし(最終的に、どうなるかは判りませんが。)、
始めたはいいけど、寒い日ばかりが続くと大変です。
それを考慮すると、実に良いタイミングで始まりましたね。

でも私は、定番のアッツイやつを。

桃太郎の正油ラーメン

ウリの一つである、「半熟味付けタマゴ」を、
海苔で隠して持ってくるなんざ、なかなかお茶目です。

汗、だらだらで完食いたしました。
背脂でエネルギー補給をして、さて、今週もがんばろうっと。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

あっちっち。

メモ#0977:

もう50年も昔の話ですが、
ビートルズが、ビルボードTOP5を独占したことがありました。

① Can't Buy Me Love
② Twist And Shout
③ She Loves You
④ I Want To Hold Your Hands
⑤ Please Please Me
(1964年 4/4)

懐かしいですね。
あ、いや、さすがに私はまだ、生まれてませんよ。

ただ、小学生の時に、
「ビートルズ大全集」というラヂオ番組がありましてね。
そのなかに、クイズコーナーがあったのです。

ある日のクイズは、
この、「トップ5を独占した時の曲を、全部当てる。」というものでした。

回答者は、たしか女性だったと思いますが、
4曲をなんとか答えたあと、『ツイスト・アンド・シャウト』だけ当てられず、
賞金一万円を手にすることが出来なかったのでした。
鈴木ヒロミツさんが、一生懸命にヒントを与えてはいたのですが。




さて。

更新をお休みしようかと思ったのですが、そうは行きません。
記念に何か、書いておかないと。

北海道で、史上最速の猛暑日です。
オマケに、全国の最高気温トップ10を、北海道が独占。

① 駒場 37.8
② 美幌 37.2
③ 北見 37.2
④ 境野 37.0
⑤ 遠軽 36.9
⑥ 津別 36.7
⑦ 生田原 36.4
⑧ 芽室 36.3
⑨ 留辺蘂 36.2
⑩ 鹿追 36.0

ちなみに、札幌では32.9℃だったようです。どうりで暑かったわけだ。




そんな日のオツマミは、アツアツのピザ。

アツアツの、ピザ。

市販のチルドピザに、テリヤキを乗せました。

本来、テリヤキは、「別の目的」で作ったのですが、それはお夜食に。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

暑さ、一段落。

メモ#0978:

暑さもようやく一段落です。
というか、明日からの一週間、
札幌では、最高気温が22℃前後という日が続く模様です。
それが「平年並み」なんですが、カラダがついていけるかどうか、心配です。

実際、昨日までの猛暑のときは、
気構え、といいますか、コチラとしても用心しているので、
暑さで参るほどでもなかったのですが、
今日あたりから、疲れが出始めました。

朝メシは、大抵軽く済ます私です。今日はおにぎりでした。

ただ、今日に限っては猛烈に、「味噌汁」が欲しくなり、
マルコメかどこかの、インスタントの「あさり汁」を頂いたのですが、
いつもにも増して美味かった・・。
きっと、カラダが塩気を欲していたのでしょうね。

ところで我が家の、「さすけ」なんですが、
暑さに対しては意外と、平気なようです。

生まれてまもなく我が家に来たのですが、
その頃、かなり暑い日が続いていたので、
「こーいうものだ。」と思っているようです。

とは言え、水の補給などは怠り無く、と、気をつけております。

いやーん。

母から、
「垂れ耳の刑」に処される、さすけ。

まんざらでもないようです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

グラタンおじさん、気象状況の激変により記憶障害。

メモ#0979:

猛暑猛暑と言っていたのに、
ここ二日ほどは、涼しい、というか、朝夕などは「肌寒い」とさえ感じjられる札幌です。

昨日のお夜食は、
久々に・・・。




ドナーベグラタン

「うわーい。ドナーベグラタンだぁ!」

しかも王子の好きな、「エビ入り」ですよ。

「久しぶりだぁ。いったい、何があったの?」

いやぁ、私が居た国『ホッカイード』のことを思い出しましてな、
ついつい、テンションが上がってしまったのです。

「なーぜ?」

この時期ともなりますと、『ヨッサコー・イソラーン』というカーニバルがありましてな、
市民は皆、熱狂したものです。
もう、仕事なんか休みます。学校も休みます。
老若男女、皆、夢中です。
参加しない者は、「どのチームが優勝するか」という話題で盛り上がってましたよ。

「『優勝』って、何の競技で競うの?」

それがですね、不思議なことに思い出せないのですよ。
たしか、『会場と会場の間を、できるだけ威圧的に移動する』とか、そのような・・。

「不思議なカーニバルだね。
 で、おじさんは参加したの?」

わたしですか?もちろんですとも!!
ミスター・ヨッサコー・イソラーンと、呼ばれていました。地元じゃ負け知らずと畏れられたものですよ。




今年は、どのチームが優勝するかなぁ、わくわく(棒読み)。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

わりと、近所。

メモ#0980:

さて、日曜日の外食です。

久しぶりに、「新店開拓」を。

ずいぶん前になりますが、
「新店開拓」用のメモを作っておりましてね。
今回は、それを生かそうと。

湯気が立ってません

脂の層、脂の層。

脂の層

脂の層、脂の層、脂の層。

気が付くと、スープまで完食してしまったのです。

その夜、「しょうゆラーメンの夢」をみた私でした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

第1849回「食べられるようになったもの」

メモ#0981:

私好みのテーマです。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当伊田です今日のテーマは「食べられるようになったもの」です。みなさんは食べ物の好き嫌いってありますか私は結構あるんです何でも食べられるようになりたいのですが...でも、年月が経つと嫌いだったものが食べられるようになっていたりしませんか?だから私は嫌いなものでも1年に1回は食べてみる事にしていますここ1年ぐらいで私は、もっちりとしたパンが食べられるように...
FC2 トラックバックテーマ:「食べられるようになったもの」



私も、子供時代は好き嫌いが多かったのですが、
徐々に、克服しました。
中には、「好物」にまで出世した食べ物も。

「納豆」と「梅干し」が、東西両横綱でしょうか。
いずれも、子供の頃はキライだったのです。
「キライだった度」を考慮すると、『納豆』のほうが上です。

克服した理由は、そうですね、強いてあげると、「ビンボー」でしょうか。

あれほど安くて、栄養価の高い食品は、なかなかありません。

ビンボーしていた学生時代、
好物のスパゲッティなら食べられるかも・・、と作ってみたのですが、
これにハマりました。

オマケに、翌日体調が、若干、良い気がします。

納豆スパゲッティ

ちなみに、いまだに克服していない食材は、
「生の貝類」「ホルモン類」です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

概ね37年前の、『ビートルズ・ワースト特集』

メモ#0982:

今日の記事は長いですよ。
でも、画像が無いので携帯の方も安心してご覧ください。

いつか、書かなければいけないと思いつつ、
資料も集まらないし、かといって、以前、

「いつか書きます」と書いたこともあるし・・・。

で、いま、書きます。
なぜ、いま書く気になったかというと、
少々、酔っているからです。

うかつには書けない内容なんです。

興味の無い方にとってはどうでも良いのでしょうが、
興味のある方が読んでいるかもしれないと考えると、
タイプする指に震えが発生することを禁じえない私なのです。




私が、小学生4年生頃に放送していた、
ビートルズ大全集」というラジオ番組がありました。
鈴木ヒロミツさんが、メインパーソナリティーでした。

その最終回の、一週前。
ビートルズ、ワースト15」という企画が、あったのです。
リスナーの投票によって、順位を決めたのです。

当時の記憶と、ネットで漁った記録を元に、
ランキングを振り返ってみましょう。

なお、ネットで探したところ、
「ワースト10」と記載されているものしか見つかりませんでしたが、
間違いなく、「ワースト15」でした。

さて、その時期ですが、
当時私は、「共同便所」のアパートに住んでおりましたので、
放送はおそらく、昭和52年頃であったと思われます。
そこに住んでいた期間は短いので、記憶の誤差は、半年以内です。

昭和52年春、もしくはその前後数ヶ月であったことは、間違いありません。




では、ランキング発表。
まずは15位から。

15位 "Yellow Submarine" 『イエロー・サブマリン』

そうなんです。意外ですか?そうでもないですか?
当時の私には、意外な感じもしましたが、今となると、解らなくも無い、といった印象です。


14位 ~ 11位 (順不同)

この部分は、順位が定かではありません。
ただ、これらの曲がランクインしていたことは、間違いないです。
根拠は、私の記憶です。

14~11 "Baby's In Black" 『ベイビーズ・イン・ブラック』
14~11 "Baby, You're A Rich Man" 『ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン』
14~11 "Misery" 『ミズリー』
14~11 "The Inner Light" 『ジ・インナー・ライト』

なるほど、とも思えるし、なぜだろう、とも思えるという、微妙な曲が並んでますが、
今ならきっと、"Baby, You're A Rich Man"あたりはランク外でしょうね。
あと、"The Inner Light"に関しては、個人的にはジョージのインド音楽の中では一番好きなのですが。

では、渾身の資料集めによって順位が確定している、10位以降を。


10位 "You Know My Name (Look Up The Number)" 『ユー・ノウ・マイ・ネーム』

ランクインしたことは、意外ではありませんが、
私は好きな曲です。なぜこのようなランキングになったのか、に関しましては、のちほど考察を。


9位 "What Goes On" 『消えた恋』

そうですか。そんなにリンゴが嫌いでしたか、当時のリスナーの方たち・・。
それにしても、全部で11曲しかリードを取っていないのに、
そのうち2曲がワースト15に・・。不憫です、リンゴ。


8位 "You Like Me Too Much" 『ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ』

ジョージの曲です。まぁ確かに、
「好きな曲トップ15」には、入らないかもしれませんが、
ワーストに入るとも思えないのですが・・。


7位 "All I've Got To Do" 『オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ』

ねぇ。
鈴木ヒロミツさんも嘆いてましたよ。リスナーが若すぎたのでしょうか、
いや、当時4年生だった私が言うのもなんですが。
あとちなみに、邦題のカタカナ表記は、当時のものに準拠しているつもりです。


6位  "Flying" 『フライング』

「順当」といってしまうと荒れるでしょうか?
いや、荒れますまい。


5位 "Wild Honey Pie" 『ワイルド・ハニー・パイ』

次週が、「ワースト特集」であることを告知されると、
私と兄(4年生と6年生)は、

「ねぇねぇ、きっと1位は、ワイルドハニーパイだよね。」
「当たり前だべや。」
という会話をしていたものでした。しかし結果は5位。
ああそうか、じゃぁ1位は、"あれ"だな、と思った私なのでありました。


4位 "Hold Me Tight" 『ホールド・ミー・タイト』

ここから、ランキングは意外な方向性を見せます。
「超実験的な曲」「超短い曲」などがランクインするかと思いきや、
まさか、この曲が4位とは。
「おにいちゃん、なんでだろうねぇ。」
「しらねぇ。」


3位 "Tomorrow Never Knows" 『トゥモロー・ネヴァー・ノウズ』

ジョンのファンの方、怒らないでください。私が順位付けしたわけではありません。
ただ、このあたりで当時のリスナーの嗜好が透けて見えるような気がします。


2位 "Tell Me What You See" 『テル・ミー・ホワット・ユー・シー』

好きな曲かと問われると、正直、そうでもないのですが、
「ワースト2位」と聞くと、どうも解せません。


1位 "Every Little Thing" 『エヴリー・リトル・シング』

1位ですよ。これが。
感想としては、2位の曲と一緒ですが、当時のリスナーが選んだ、
「ワースト1」が、これです。





今と違い(何しろ37年前ですから)、
聴きたい曲をいつでも聴ける環境ではありませんでした。
あと、「曲の背景」などの補足情報も乏しく、
当時のファンは、「高いお金を払って、胸をワクワクさせながら、はじめてその曲を聴く。」
という、今となっては若干、羨ましくも思える状況なのでした。

なにしろレコードが高い時代でした。

やっと手に入れた、シングル。
そのシングルを買わなければ、聴けない曲・・。ラジオでも、まず放送されないし・・。

心の中のハードルを、目イッパイに上げて、聴いた曲が・・。

"The Inner Light"や、
"You Know My Name (Look Up The Number)"がランクインしているのは、
このような背景もあるのではと推察します。

さらに考察するには、
その次週に発表された、
「ベスト15」の結果が参考になります。

あ、まだ資料集めが済んでおりません、そのうち書きますが、
たとえば、"I Am the Walrus"『アイ・アム・ザ・ウォルラス』などがベスト15にランクインしてませんでした。
どうやら、爽快なポップナンバーや、メロディアスなバラードに人気が集中していた感があります。

繰り返しますが、
37年前のランキングです。

続きを読む

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

願掛けカツ丼

メモ#0983:

「蝦夷梅雨」も、来週あたりから開けそうです。
なんだか、毎日傘を持って通勤していたような気がします。

明日も勝てることを祈って、
カツ丼。

定番、カツ丼。

そして、
北海道神宮例大祭(通称・札幌祭り)が好天に恵まれること、
(ついでに、イッコ前の記事にコメントが来ること)を願って、
カツ丼アップ。

カツ丼の、重要部分。

今回はタマゴのとじ加減が良い具合♪

なんだかんだで、好きだなぁ、カツ丼。
あと、ビートルズも。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

たぬきうどん。

メモ#0984:

先日作った「そばつゆ」が、

とてもいい出来でしたので、

「かしわ蕎麦」にでもしようかと、

生蕎麦を買ってきたのですが、

蕎麦を茹でるには時間が深すぎ、

冷凍うどんを用いて、

「たぬきうどん」にしましたとさ。
おや文章が長い。

たぬきうどん

お汁は、醤油1:みりん1:だし10、です。
ダシには昆布、干し椎茸、混合削り節を。
最後に、「鶏皮」も足して、大変良い出来に。

ところで「たぬきうどん」とは、
各地で違いがあるようで、
北海道など東日本では揚げ玉入りのうどん、
大阪では、「きつねうどん」の蕎麦台を「たぬき」と呼ぶとか。

さらに京都では、「きつね」のあんかけが「たぬき」など。

つまり北海道の「きつねそば」は大阪では「たぬき」となり、
結果、「たぬきうどん」は、大阪には存在せず、
揚げ玉入りは、「ハイカラ」などと称する、と、文献には出ておりましたが、
実際のところはどうなんでしょうね、文章が長いなぁ。

彼の地では、「揚げ玉入れ放題」の店が多いと聞きますので、
写真のようなソレは、
単に、「素うどん(揚げ玉入り)」となるかもしれません。

文章が長いです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

定番お夜食。

メモ#0985:

何度も何度も何度も何度も何度も何度も食べているのに、
意外と数回しかアップしてないお夜食・・。

あまりにも当たり前すぎるのでしょうかね。
定番の味、安心の味、短時間調理。

やきっぺパッケージ

「やきっぺ」です。

やきっぺ完成品

おいしー!

なんで今まで、あんまりアップしてなかったのでしょうか。不思議です。

あっ。眠いので忘れそうでした
眠くても、この作業はやっておかなくては。

やきっぺ完成品ロゴもステキ
素敵なマークを貼っておきましょうね。
これで、心置きなく眠れるというものです。

あとですね、
私の中の「3大焼きそば」であるところの、
「やきっぺ」、「ホンコンやきそば」「やきそば弁当」、
アップは少ないのですが、写真は撮っています。

写真を撮るクセが付いて以来、何個食べたかカウントしてみようっと。

あ、今日は眠いのでやりません。

明日?、忘れているかもしれません。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

寒いよう。

メモ#0986:

いやあ。
またもや記録ですよ。
札幌では、「14日連続の降雨」という、じつに58年ぶりの現象を観測しました。

ただし、この2週間のうち、
「小雨・霧雨が、深夜早朝の、ほんの短時間。」という日も含まれますので(今日もそうでした)、
ですから、「雨ばっかりで鬱陶しい」と言うよりも、
「寒い。あー寒い。」というのが生活実感です。何日か、ストーブも稼動させましたよ。

そんなわけで、お夜食にも脂肪分が欲しくなります。
なにかこう、こってりとしたものが・・。

カルボっぽい何か 2014年梅雨

久しぶりに、『カルボっぽい何か』です。

明日は晴れますように。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

第1851回「料理の失敗談を教えて!」

メモ#0987:

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当石内です。今日のテーマは「料理の失敗談を教えて!」です。みなさん、料理は得意なほうですか?自分では得意なほうだと思っているのですが簡単だから大丈夫!と思って、レシピを見ないで作ると吾輩は卵料理である。名前はまだない。という状態になります...まだないというかこの先名前をつける気もしない料理?です。こういった感じの失敗談はたくさんあるのですが、一番心に傷をお...
FC2 トラックバックテーマ:「料理の失敗談を教えて!」



料理の失敗と言えば、枚挙にいとまがありません。

まいきょ まいきょ、 まいきょのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんだい ♪

いや、何でもありません。
思い出深いものとしては、「ホットケーキ」ですかね。
小学校低学年でした。

「外は黒コゲなのに、中は生」、という、実の親でもフォローしきれない出来で、
私は涙した記憶があります。

インスタントではなく、「生ラーメン」に挑戦し始めた頃も、
失敗の連続でした。中学生時代でしょうか・・。

毎度毎度、湯切りがうまく行かず、「ぬめっ」とした茹で上がりに納得が行かなかったある日。
「そうだ。洗えばいいんだ。」と。

水でヌメリを落とした麺に、アツアツのスープをかけたのですが、
「ぬるいラーメン選手権」があったら、ダントツで優勝しそうな仕上がりに。

ラーメンは、店舗間での味の差が著しく、
正直なところ、「マズイなぁ」と思った店に出会ったことが何度もありますが、
今までに一番不味かったラーメンはと問われると、
「あのときの自作ラーメン」がトップです。

さらに年月を重ね、失敗も少しは減りましたが、
やはり、「タマゴ料理」には苦労します。

私は頻繁に、「カルボナーラ(もしくは、それっぽい何か)」や、「カツ丼」を作成するのですが、
タマゴを投入する時は、いまだに若干の緊張を禁じえません。

カルボナーラが、「そぼろナーラ」と化したことも数知れず。




仕上がりに、若干の不満が。

今日は早めの夕食として、
「カツとじ・うどんセット」を頂いたのですが、
ちょっと気を抜いている間に、うーん、タマゴが固まりすぎ・・。

やはり、タマゴ料理は難しいです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

簡単グラタンと、郷土の味。

メモ#0988:

マルちゃん「やきっぺ」を、すべて消費してしまいました。
「やきっぺ」、「ホンコンやきそば」および「やきそば弁当」は、すぐに作成でき、オナカの持ちも良く、
なにより味が美味いので、お夜食としていつも重宝しております。

が、この日は「ソレ」が無い。
時間はかけたくない、でも、「食った」という実感が欲しい。

そしてこの日はなぜだか、「チーズこってり味」が欲しい・・。

よーし、決まりです。
いつもの、「簡単土鍋グラタン」・・・、いや、もっと簡単に。

いも。

ジャガイモを用意します。

レンジでチン。

スライスして、タマネギ、牛乳、バター、塩・コショウ、ナツメグとともに、レンジでチン。

グリルでゴー。

チーズを乗せて、魚焼きグリルで焼けば、芋グラタンの出来上がり。




日曜日は、法事に行ってまいりました。
父の故郷です。

法事を終えて、その地元の農協スーパーに寄りました。

私は、各地方のスーパーにおける、
「精肉」「鮮魚」、および、「生麺」の品揃えから、その地方の食文化感じ取る、
という、有意義かつ高尚な趣味を持っているのですが、
ああ、食文化の平均化、ここにも至ったか。

鮮魚につきましては、この地方は、もともと、札幌とさほど変わりはありません。

生麺に関しては、豆腐などと同じように、
地元メーカーががんばっている場合が多いので、
その地域でしか購入できない商品を見つけるのが、楽しいのです。

ところが、かつて同じ店で見かけた、地元の、「T製麺」の麺が、売ってませんでした・・。
札幌はじめ、道内どこでも見かける、「N製麺」「K」「F製麺」の商品ばかり。

なら、精肉はどうかな?
この地なら、「馬肉」を必ず扱っているはず・・。

あら?ナイ。
馬肉もありませんか。昔は、個人経営の食料品店でも、売っていたのに・・。
ただし、私の好物ではありませんので、売ってたら買うわけではありません。

お。

ありましたか、「馬の腸」。
地域性、ここに残ってましたか。

本来なら、スーパーの店内での撮影はご法度でしょうが、
思わず、パチリ。

「郷土の味」と書かれております。

冷凍なんこ

なんだか、ホッとした私でした。
いや、好物ではないのですけどね。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

お寿司が食べたい。

メモ#0989:

寿司・・。

寿司が食べたいです。

そういえば、私のブログに、「寿司」の写真が掲載されたことがあったでしょうか?
突然、そんなこと質問されても困りますよね。
本人の記憶としては、多分、無いと思います(あったらゴメンナサイ)。

もちろんこの場合、「いなりずし」「細巻・太巻」の類は除きます。
「握りずし」です。北海道では、しばしば、「生寿司」とも呼びます。

なぜこんなに食べていないかと言いますと、
理由は二つありまして、

① 実は、焼肉やピザ、グラタンやカツ丼などと比べると、それほど好物ではない。
② 高い。
③ 最近の回転寿司の、システムが難しそうで、入店を躊躇してしまう。

あ、理由は三つでしたね。

そんなわけで、ごく稀に、我が家で寿司を頂く場合、
「出前」となります。もちろん前述のように、めったには頼みません。

たとえば子供の頃、「ビーフステーキ」などは雲の上のゴチソウでしたが、
今はそうでもありません。

しかし、「寿司」に関しては、「めったに頼まない」ことが逆に幸いしたのでしょうか。
他の料理と比べると、「ご馳走感」が、高いレベルのまま保たれております。




寿司と言えば、そのネタに地域差がみられることも、興味の一つです。

あくまで私の個人的見解ですが、
「北海道の、ごく一般的な寿司屋の一人前」と、
皆様の地域との違いがあったら、教えていただけると嬉しいです。

なお、順番は、
「私が普段、食べる順」にしました。


一貫目 マグロ(赤身)。

寿司ネタの王者といえるでしょう。私も一番好きです。最初に食べます。
回転寿司で、単に「マグロ」と謳っている場合、多くはメバチだったりしますが、
メバチだって美味いです。
今までで一番美味かったと記憶しているのは、函館で頂いたヤツです。
接待で緊張していたので、店の名前も他に食べたものも、すべて忘れてしまいましたが、
マグロの味だけは覚えています。
なお、「上」「特上」の場合、中トロもしくは大トロが登場しますが、
私の場合、前半戦で食べてしまいます。


二貫目 ヒラメ(っぽいなにか)。

個人的な見解ですが、北海道ではわりと、「白身」人気が低いような気がします。
もちろん、高級すし店では、そんなことは無いのかもしれませんが、
私が行く、もしくは出前を頼むような庶民的な店では、そのような傾向があるように感じます。
一般に、「西ではタイ、東ではヒラメ」という表現を見かけますが、私もそう思います。
回転寿司や宅配寿司で、「エンガワ」とある場合、「なんとかガレイ」だったりしますが、
美味けりゃそれで良いのです。


三貫目 ウニ。

寿司屋には普通、「松・竹・梅」とか「並・中・上」などの「一人前盛り込み」を用意してますが、
北海道で、「上」か「特上」を頼んだ時に、
「ウニ」
が無ければ私は暴れます。
あとですね、軍艦の甲板部の半分をキュウリでごまかしてある場合も、暴れます。
回転寿司では、やや、「当たり外れ」が大きいネタですが、
一般の寿司屋で外れたことはありません。


四貫目 エビ。

もちろん生です。
かつて、「どさんこかるた」という記事でも書いたのですが、
北海道では、エビは生が基本です。
高級店の「特上」では、ボタンエビが使われます。
通常は、ホッコクアカエビとかそのへんでしょうか。


五貫目 サバ。

〆たものです。わりと強めに〆たものが好物です。
これも個人的な感想で申し訳ないのですが、
北海道では、「ひかりもの」の人気が、イマイチであるような気がします。
安いお店では、コハダにお目にかかる機会がめったにありません。
季節になると、多くの店で「サンマの握り」が登場します。
ただ、私、サンマは油が強すぎて、塩焼きで頂きたい主義です。


六貫目 イクラ。

人気ネタで、「上」以上の高級盛り込みには必ず顔を出します。
「並」だと、「とびっ子」がイクラの代わりに登場します。
なにしろ、「客」である我々が、自宅でイクラを漬けたりする環境ですから、
店としても気を抜けません。
店で食べるイクラは美味いです。


七貫目 サーモン。

オコサマには大人気なネタらしいですが、
私はイマイチです。とはいえ、決してキライではないのですが。
店、および、季節によって、「キングサーモン(マスノスケ)」が登場する場合もあります。

小休止 ガリ。

お茶。


八貫目 ズワイガニ。

地域にも寄るでしょうが、
北海道の場合、「上」にはズワイ、「特上」にはタラバが登場する場合があります。
寿司ネタとしては、好きなほうではないですが、ありがたく頂きます。
なお、「特上」に多いネタとして、「カズノコ」が見受けられます。
私が、「特上」より「上」を好む理由が、ここにあります。

お茶。

ふう。けっこう、オナカがいっぱいになって来ました。
私は小食なのです。


九貫目 ハマチまたはブリ。

私には珍しく、「子供の頃は好きだったけれども、今ではそうでもない」ネタです。
マグロのアブラは好きなんですが、ブリ、ハマチのアブラはなぜか苦手で・・・。
「好きなものを最初に食べる」主義ですので、このあたりで苦労することになります。
なお、「並」を頼んだ場合、このあたりで「イカ」「タコ」と格闘することになります。

お茶。

ガリ。

お茶。


十貫目 ホッキまたはホタテまたはツブ。

最終決戦です。
私が、「生の貝が苦手」と、あれほど口をスッパくしていっておるのに。
ただ、ホタテの貝柱なら大丈夫です。
ホッキの場合、さっと湯振りしたものだったり、
「生」そのものだったりと、店によって違います。
「特上」の場合、「エゾアワビ」が出現することもあります。
またしても個人的な感想で申し訳ないのですが、
東京のすし屋(が掲載された書籍)で良く見かける、
「赤貝」は、北海道ではあまり見ません。


〆 カッパ巻き

通常、巻物は「並」にしか登場しませんが、
「上」を頼んだ場合も、追加で頼みます。


以上で一応、一人前終了です。
もちろん、地域や季節によって他に多様なネタが登場します。

・・・、

お茶。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

高カロリーでゴー!

メモ#0990:

仕事中、おやおかしいな、なんだか力が出ないな、と。
地下鉄の階段の上り下りが、なんだかいつもより、キツイ。

あ。そうでした。
朝食を摂らずに出勤したのでした。

いつもなら、「腹の減り具合」で気づくのに、
今日に限っては、寝坊してバタバタしたせいで、
階段を登る時に気づきました。




最近は、加工食品のみならず、
コンビニやファミレスでも、料理のカロリー表示は当たり前になってきました。

皆さんは、カロリー表示を気にされますか?

私は、気にします。
もちろん、「単価あたりのカロリー」が高いほうがお得、と考える主義です。
そういえば、マックのメニューで、「キロカロリー/100円」の表を作ったこともあるのです。
カロリー主義の皆さん、「チキンクリスプ」がオススメですよ!
なにしろ、「カロリー指数3.66」!
「テリヤキ」のほうが高いかと思ったのですが、意外でした。

一般的な食堂やレストランでは、
「キロカロリー/100円」指数が、「1.00」以上であれば、
「お得」と判断して良いかと思われます。

例えば、700円のランチで、総カロリーが700kcalだった場合がそうですね。

「ラーメン」は、地域や店舗によってかなりの開きがありますが、だいたいこの指数前後である場合が多いです。

いっぽう、「蕎麦」の場合は往々にして、この指数を下回ります。




ごつ盛

先日のお夜食です。
私はこの商品を、「ごっつ盛り」だとばかり思っていましたが、
今日、写真をアップして初めて気づきました。
「ごつ盛り」だったのですね。

745キロカロリー

おっと、大事な「カロリー」が表示されている部分を、
危うく捨てそうになりました。
このような「オープン価格商品」に関しては、
「お値段いくら」などと表記すると、メーカー様にご迷惑かもしれませんので、書きませんが、
えーっとですね、「カロリー指数」は、すごいです。

完成品素敵なロゴ

果たして、「マヨネーズ」が総カロリーに含まれるや否や。
いや、万が一、マヨネーズが「エクストラカロリー」であったとしたら、私はそれでも結構です。

やはり、炭水化物をしっかり食べないと、
チカラが出ません。

ただし、です。
はい。私も、判ってはいるのです。

「お夜食」より「朝食」をしっかり摂ったほうが良いことは。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

300円台で蕎麦を食べたい。

メモ#0991:

ブログ閲覧は、私の至福の時間です。

時折、特に東京周辺や京阪神など、電車網が発達した地域にいらっしゃる方のブログで、
「立ち食いそば・うどん」を見かけます。
羨ましい限りです。

札幌も一応、「190万都市」なのですが、
「立ち食いそば・うどん事情」は、札幌よりも人口が少ない、
川崎市やさいたま市、神戸市や京都市、そして福岡市などと比べても、遥かに貧弱だと思われます。

いくつか理由は考えられますが、
「私鉄が無い」
「通勤時間が短い」
「冬には豪雪に襲われるクセして、多くの市民が意地でも車で通勤する」
「1960年代以降、急激に人口が増えたため、立ち蕎麦が発達するより先に、ファストフードが一般化してしまった」
などが挙げられ(ると個人的には思い)ます。

札幌市民が誰でも知っている、「立ち食いそば」といえば、
市営地下鉄大通駅の、「ひので」だと思われます。
私も昔、良く利用しましたが、最近は札幌中心部へ行く用事がないので、ご無沙汰です。

近いうちに訪問して、
あの、「黒いツユ」をご披露しなければ。

さて、一般的な蕎麦屋で、ゆったりと「鴨南蛮」や「天ざる」を頂くのも、
もちろん結構ですが、たまには、
「もり」「かけ」を、ズルズルと、出来れば300円台で頂ける店が、
自宅か勤務先の近所に欲しいものです。

今日は、決して「近所」では無いのですが、
低価格蕎麦やチェーンへ行ってまいりました。

いわゆる、「駅そば」「立ち食いそば」ではありませんが、
市内で数店舗を展開しているようです。




しんしゅうあん

「もりそば」399円(税込み)です。
この店には「立ち食いカウンター」がありません。すべて椅子席です。
また、配膳してくれます。(ただし、食器の返却はお客がやります。)

テーブルには、「海苔」「揚げ玉」「ごま」などが用意されていて、
他に、「ネギ」「わさび」も好みの量を使うことが出来ます。

蕎麦そのものは悪くなかったのですが、
今回は、ちょっと茹で加減が硬いかな?といった印象でした。

硬めでキリッとした蕎麦も、好みではあるのですが、
このようなお店では、なぜか柔らかめの茹で加減のほうが、雰囲気が出ると言うか・・。

しかし、価格やサービスを考慮すると、十分に満足できるものでした。

職場の近くにあった「立ち食いそば」も、数年前になくなってしまいました。
ああ、立ち食いそば、食べたい。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR