FC2ブログ

ミートソース1970

メモ#1052:

『ほんの数年前まで、自分が坊主頭の高校生だったなど、
 誰が想像できるだろうか。・・』
苦手なアイスコーヒーをひとくち含んで、男はそう思った。

珈琲屋で紅茶を頼むのは、なんだか自分の、隠しておきたい幼稚さを露呈するような、
そんな気がした。
タバコに火をつけようとして、まだ、口の中にコーヒーが残っていることに気づき、
慌てて飲み込んだ。

タバコも、美味いと思ったことは無い。
皆、無いだろうと信じている、ただ、皆吸っているので、練習したのだ。
銘柄は、ちょっと前に発売されたばかりの、「セブン・スター」。

先日、仲間との寄り合いがあった際、これ見よがしに火をつけたのだが、
「プチブルみたいだぜ。」と嘲笑されてしまった。
だが、これ以外の銘柄は、きつくて吸えないのである。

『カランコロン♪』『いらっしゃいませ。』

「ゴメン、お待たせした?」
いや、平気だよ。

はすっぱだが、社交的で面倒見が良い、
バンドのマネージャーとしては最適な娘だ。

「あらぁー、タバコなんか吸っちゃって、らざちゃんも愚連隊の仲間入り?」

よせやい、美味いから、吸ってるんだよ。

「馬鹿言っちゃって。タバコなんて、美味いと思って吸う人、居ないわよ。」

そうだよな、と思いながらも、そんなこと無いよ、と答えた。
彼女は黙っていた。見透かれさそうで、目は合わせなかった。
タバコなんてマズイよ、といえる彼女が眩しかった。

「それで、何のオハナシかしら?
 コンサートの切符なら、全部売りさばいたわよ。
 あ、ウェイトレスさん、アタシ、クリームあんみつ。」
  
聞いてくれないか。

「アラ、どうしたの?藪から棒に。」


--- 中略 ---


「困ったひとネ。
 そんなこと、すぐには・・・。」

今度は目を合わせた。
彼女が、目をそらした。

「あ、なんだかオナカが空いてきちゃったわ。
 ウェイトレスさん、スパゲッティーもちょうだい。」




そんなお店で出てきそうな、ミートソース。

ミートソース

「コンサートが終わったら、返事をするわ。」

重たいエレキベースを、いつもより軽々と担いで、
男は練習場へ向かった。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR