FC2ブログ

蕎麦記事 ジャナーイ。

メモ#1162:

私は、お蕎麦屋さんのおしながきで、
アレコレと悩むのが至福の時間です。

蕎麦屋の種物は、
それこそ、工夫次第でいくらでもメニューが増やせるのですが、
ああ、今日は天麩羅にしようか、それとも冷やしたぬきにしようか、
悩みつつもカレー南蛮を頼んだりするのですが、
なにかこう、蕎麦屋の手のひらで踊らされている感が、
逆に心地よいというか・・・。

最近流行りの、
「手打ちでお値段高め、種物は天麩羅か季節の鴨南のみ」みたいな店では、
味わえない感覚です。

そして、
古くは江戸時代から続く、その「種物」のネーミング・・・。

天麩羅が乗ったそばを、「天麩羅蕎麦」と呼ぶのは、それはまあ当然ですが、
「天麩羅」の高級感をそのまま生かしたネーミングなのでしょう。
注目すべきは、安価な種物です。

「油揚げ」が乗ったソレは、どう見ても「油揚げ蕎麦」です。
どうですか、乗っているのは味付けした油揚げですよ。
しかし、それを、「きつねそば」と。

揚げ玉が乗っているんです。
しかし、「揚げ玉そば」とか「天かすそば」などとは名づけません。
「たぬきそば」です。(地域によって異なります)。

カマボコ、椎茸の含め煮、店によっては湯葉やマツタケをあしらった、
豪華なおそば・・・、絶妙な具の配列により、「おかめそば」と。

かけそばに、焼きたての海苔をちぎって乗せました。
「のりそば」?いえいえ、「花巻そば」です。

そして、
かつては高級品だった、玉子をぽんと落とし、
熱いツユをかけ、白身を叢雲状にした蕎麦は、
「たまごそば」ではなく、「月見」と。

ほかにも、玉子を使った種物では、
「磯雪」とか、「淡雪」とか、
風流にしてミヤビなネーミングの種物が。

黄身が美しい

先日のお夜食、
「カレースパゲッティ・黄身乗せ」
なんですが・・・、そうですね、

「ニューデリーの満月」

とでも名づけましょうか。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR