FC2ブログ

家ギスカンで、本ギスカン。

メモ#1163:

土曜の夜はジンギスカンです。
今回は、気合を入れました。

お店で食べる、「店ギスカン」も結構でしょう。ビールが美味しいですし。
屋外で頂く、「外ギスカン」も、魅力ですね。しかしまだ、札幌の夜は、それを楽しむには寒すぎます。
やはりここは自宅で、「家ギスカン」と参りましょう。
ただし、ホットプレートを使う、「電ギスカン」ではなく、
例の、中央が盛り上がった専用鍋を使う、「本ギスカン」です。

ジンギスカンといえば、
肉を楽しむのは当然ですが、
あの独特の形の鍋で、タレや脂にまみれた野菜を味わうのもまた、
醍醐味なのです。

久しぶりに、堪能してみましょうか。

物置から、鍋を発掘します。
新聞紙に包まれています。
おや、この頃は民主党政権でしたか。

さて、鍋を取り出してみますと、思いのほかキレイです。
きっと、しっかりと鍋を磨いて、もう一度脂をなじませて、よーく乾かしてから保管したのでしょうね。
エライぞ、その頃の私。

ではさっそく、焼き始めましょう。

本ギスカン

本当は、もっと豪勢に肉や野菜を乗せた画像を掲載したかったのですが、
「鍋の美しさ」も感じて頂きたく、開始直後の写真を選択しました。

なお、焼き始めに使用した肉は、「タレ漬け肉」ですが、
当然のように、このあと「生ラム」も味わいました。
その際のタレは、「ベル」です。

ちなみに、鍋中央部から10時方向に寝そべる白い物体は、
「脂身」です。
コレが無ければ「本ギスカン」とは呼べません。

「冷凍スライスロール肉」には、
一緒に封入されている場合が多いのですが、
生ラムや味付け肉の場合はオプショナルだったりします。

かつては、「ご自由にお取りください」と、
おすしコーナーのガリやワサビ的な扱いだったのですが、
最近は、店頭に置かない店が増えました。

私は、スーパーの精肉コーナーで、
「生ラム」のパックを持ちながら中を覗き込み、
「あのう、ジンギスカンに使う脂、ありますか?」とお願いし、
B.A.G.です。あ、無事に脂をゲットです。

ちなみに、この脂は豚脂です。
ほとんどの場合はそうです。
中には、専門店で、「羊の脂」を使う店もあるかもしれませんが、
そんなもの、「家ギスカン」で使ったら、家中が大変なことになります。

小心者の私が、勇気を振り絞って手に入れた豚の脂と、
渾身の手入れでベストコンディションの鍋、
このおかげで、実に美味い、「本ギスカン」を堪能できました。

次の登場はいつになるでしょうか・・。
もう少し暖かくなったら、「外ギスカン」が良いですね♪

え?
バーベキュー風に、網焼きで楽しむ、「網ギスカン」?

あれは、もやしを上手に食べられないので、却下です。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR