綿毛とカツ丼とわたし。

メモ#1171:

暑いです。28度くらいはあったでしょうか。

札幌市内(の一部)では、
早くも、「ポプラの綿毛」が舞ってます。

今年は札幌に限らず桜の開花が早くて、
「桜まつり」を企画していた各自治体が、大変苦労したと聞きます。

ライラックも、
「ライラック祭り」が始まる頃にはすでに盛りを過ぎていました。

「綿毛祭り」を企画していた方々も、たいそう困っているでしょうね。
こんなに早く、綿毛が舞うなんて・・。

ぽぷらのわたげ

街路樹の根元にたまっている白いものが、
ポプラの綿毛です。
私の職場は北海道大学に近いので、
ポプラの綿毛が、まるで雪のように舞っていました。

どうも、午後から鼻の奥がムズムズするのです。
ひょっとして、綿毛を吸い込んでしまったかもしれません。

タンポポなどと同じように、
綿毛にはタネが付いています。いや、「タネに綿毛が付いている」という表現のほうが正確でしょうか。

どうしましょうね。
何がって、数ヵ月後、私の頭から「ポプラ」が生えてきたらどうしましょう。

まあ、屋外を歩く分には問題ないのでしょうが、
家では天井が240センチしかありませんから、困りますね。

あと、ポプラは枝が弱いので、
定期的に剪定しないと、枝の落下などの事故が、結構多いのです。

もしそのような事故がおきたら、やはり責任は私にあるのでしょうか。
また、それを防止するための剪定費用は、私が負担するべきなんでしょうか。

それよりも何よりも、
私の愛犬は、頭からポプラが生えた飼い主を、
ちゃんと、「ご主人様」として認識してくれるでしょうか。それが一番心配です。

さて、「綿毛祭り」実行委員会の皆様の心配をよそに、
カツ丼を頂いた私なのでした。

先日、
「過去最大級のカツ丼」と書いて、
その写真を載せなかったところ、
「載せろ」とのリクエストが殺到したので、いやウソです、そのような声は、ひとつも・・・。

おおもりカツ丼

結局のところ、
「超大盛り」とか、「メガ盛り」などと謳う丼モノは、
「ご飯の量」がその鍵を握っているのですね。
不本意ながら、少々残してしまいました。

「綿毛祭り」が盛況であることを願いつつ、
「カツ丼102周年」をひとりでお祝いする私なのでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

本ギスカンの、贅沢ギスカン。

メモ#1172:

雨にたたられた水曜・木曜でした。
私の靴はビッショビショで、いまも乾かしている最中です。

ただ単に、「雨」というだけで、
なんとなく気が滅入るものです。
カラダも疲れます。
栄養補給が必要です。

先日、久しぶりに鉄鍋を出してきて、
「本ギスカン」を味わったのですが、
今回も、コレで。

そして、今回はちょっと贅沢に。
ちょっとお高いジンギスカンとしては御馴染みの、
コレを。

贅沢ジンギスカン

どうですか。
参りましたか。参ってませんか、そうですか。
「かねひろ」です。

26年ほど前、初めて食べた時に、
こんなに美味しいジンギスカンが!と、感動したものです。

野菜もたっぷり

キレイなロースです。
昔はもっと、脂が多い肉を好んでいたのですが、
最近はこのような肉質を好む私です。



関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

負けると書いちゃう野球記事。

メモ#1173:

なんだか、1日で2敗した気分です。
あー疲れた。

それにしても、土曜のデイゲームで地上波中継が無いのは、
ひょっとすると今季初かもしれません。
おそらく何らかの事情なのでしょうね。
広島戦は、平日のナイターにも関わらず、3試合とも中継があったのですが・・。

金曜日は中止でしたが、ここでも中継の予定はなし。
その代替試合になる月曜も、当然テレビは無いでしょう。

どうも念力が送りにくい。
そのせいで、大谷君が負けちゃったじゃないですか。

スタメンを聞いた時点で、「薄いなぁー」と、嫌な予感はしていたのですよ。
それにしても、いわゆる「助っ人外国人」が二人入ると薄くなる打線って・・。

負けを確認して、
今度はナイターのテレビを観ます。
私としては非常に珍しい、「ヨミウリの応援」をするためです。

なにしろ、ホークスが勝っちゃうと首位交代ですから。

うーむ。

久しぶりに観戦したのですが、
往時では考えられぬ打線の薄さ・・。あっ、ヨシノブがいる!

結果はご存知のように、ホークスが勝って1位に。

ここ6試合で5勝1敗なのに、順位が落ちるなんて、
何かの間違いのような気がしますが、現実です。

グチついでに、もうひとつ文句を。

家族による多数決の結果、
9時からテレビではアド街を観ることになり、
私は自室でラジオを聴いていました。(自室にテレビはありません。)

すると9回裏、
STVが中継をぶった切るじゃありませんか!

ファイターズが北海道に来た11年前、
正直なところ、地味で不人気だったファイターズを盛り上げようと、
各方面が非常に努力したのですが、
その一方で、当時のSTVはジャイアンツ

 ・・・ 中略 (というか、自主規制です) ・・・

手のひらを返したようにファイターズ推しに転向した経緯があり、
多くのファイターズファンはSTVの野球報道に関して快く思っていないのです。

そのSTV、あろうことか、巨人戦の中継までぶった切るとは。
私の念力はネット経由では通じず、
結果、ファイターズは2位に転落したのでありました。

あー、愚痴った愚痴った。

このままではアレですので、
美味しい食べ物の写真を載せておきましょうね。

出前ピザ

私が大好きな、
「テンフォー(10.4)」という宅配ピザチェーンです。

美味かった。
トッピングはあくまでシンプルに、
生地とチーズの美味さで勝負し、それでいて低価格。

ピザも野球もこうでありたい。(おや困った、意味不明でオチませんでした。)
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

今回も見事なブレっぷりでした。

メモ#1174:

日曜日、久々に、
「ああ、今日はどうしてもラーメンが食べたいっ!」
という気分になりました。

それも、新店開拓ではなく、馴染みの味で、
しかも、なるべくショッパイ味が食べたい、と。

日によって、
「絶対にコッテリとした味噌ラーメンじゃなきゃ。」という時もあれば、
「あっさりした蕎麦が食べたい。」という時もあり、
まったくもって、胃袋というのは、いや、むしろ脳でしょうか、ワガママなものですね。

しかし、「食べたいものを食べたい時に食べる。」という行為は、
かなり有効なストレス解消行動であり、
休日の過ごし方としても極めて有意義ではあります。

どうやら母も、同じ気分だったらしく、そうなると、おのずと店は決まります。

いつもより駐車場が混んでます。
日付を確認しますが、大丈夫です、3月8日とかじゃありません。

私は、「元祖醤油」を。
母は、「昔風」をオーダーしました。

混みあってはいましたが、
それほど待たずにラーメンが供されました。
頂きます。ズルズル・・・。

あ、ウマ・・、いや、待てよ・・・。

私とは母は顔を見合わせました。
そして小声で言いました。
「しょっぱいよね・・。」

この店のこの味は、私としてははっきり申し上げて、
「しょっぱいから好き」な部類なのですが、
これほど、ひとくち目から、しょっぱいと感じたのは初めてです。

前にも店名を秘して書きましたが、
どうにもこの、「本店」は、味のブレが大きくて困ります。

帰りに、十六茶の2リッターペットボトルを買い、
夕方までに、二人でほぼ飲み干してしまいました。

武士のナサケってヤツですか?
たまたま口に合わなかった店を、実名を挙げてあげつらう趣味はありません。
したがって、画像の一部に、『モザイク加工』を施しました。

さん〇ち

ただ、スタンプカードをゲットしたので、
また、「味のブレ具合」を確認しに行ってしまうかもしれません。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ビバ脂身。

メモ#1175:

カツ丼102周年です。
順調に、かつ(カツだけに)、地味に祝ってます。

カツ丼にも多種多様な世界があります。

卵とじカツ丼、ソースかつ丼、タレカツ丼、味噌カツ丼・・・。
中でも私は、やはり卵とじが好きです。

卵とじカツ丼にも多種多様な世界が。

ヒレカツ丼、ロースカツ丼、肩ロースカツ丼・・・。

一般的に、「ロース」が優勢ですが、
「肩ロースでなきゃ」とか、「いやいやヒレが」という意見もあり、
本当にカツ丼の世界は間口が広くて奥行きが深いですね。

私も基本的には、「ロース」派です。
程よく、脂身がついたヤツが良いですね。
しかし最近は、せっかくのロースから、
「程よく脂身を除いた」切り身が売り場をにぎわせているのが解せません。

脂身あっての、ロースです。

第一、取り除いた脂身はどうするのですか。
私にお譲りなさい。ジンギスカンの時に使いますから。

脂身が多いお肉は、
丼汁で煮ることによって柔らかくなると共に、
汁にコクを増し、どんぶりめしに不可欠な野性味とジューシーさを与えるのです。

肩ロースは、煮豚にすると美味いんですが、
カツに仕上げた場合、若干、ヘモグロビン臭さが漂います。
ニンニクたっぷりのポークソテー(もしくはトンテキ)にするのなら、その野性味も、また、良しです。

専門のお肉屋さんや、
デパートなどへ出向けば、
肉厚で、かつ(カツだけに)、脂身の頃合も上々な、ロースもあるのでしょうが、
出向く時間もありませんし、時間があっても、予算に見合わない場合が。

なかなか理想のロースに出会えない場合、
バラ肉を使います。

バラ肉のカツは、そのまま、
「カツ定食」などにするのには向きませんが、
卵とじのカツ丼には、向きます。

バラカツ丼

カツの一片を噛むと、ロースの、「ガブリ」という感覚とは違い、
「しゃくっ」という頼りなげな感触が。
しかし、そのひと齧りによって、ジューシーさと出汁の味が口中を支配し、
小食な私であっても、思わずドンブリメシをかっ込んでしまうのです。

え?
カロリーが気になる?

かろりい?
なにそれ、美味しいの?

はい、美味しいです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

どこかの郷土料理。

メモ#1176:

おっかぁ、オラ、仕事さ行って来るだ。

「気ィつけろや、今夜は、お前の好きな、とりめしだぁ。」

ほんとかいおっかぁ!オラ、いつもより頑張って仕事してくるだ!


と、言うことで、私はいつもの倍の柴を刈り、
いつもの倍の薪を拾い、
しかしそれでいて、いつもと同じ時間に家に帰ったのでした。

ただいま、おっかぁ。
あ、あれ・・・?

「すまねぇらざーろ、突然にお客さんが来てな、
 まだつくってねぇだよ。」

なんだいそんなこと、オラ気にしねぇだよ。
一緒につくるべ。

「そうどすなぁ。ほなつくりましょうか。」

郷土のとりめし

うまかー。
バリうまかよ、おっかぁ。

「Thank you.」
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

お出かけにピッタリの日曜日。

メモ#1177:

日曜日です。
天気もまずまず良好・・・。
出不精の私ですが、こんな時くらい、出かけましょう!

どこへって?
決まってるじゃないですか、ヨサコイです。
あ、ゴメンナサイ嘘です。
札幌ドームです。

実は、ブログにもチラリと書いたのですが、
先月末に、すでにチケットをゲットしていたのです。

その時は、たまたま、チケット売り場近くへの用事があったので、
「あ、そうだ、この日曜日は特に予定が無いから、行ってみようかなー。」
という、軽い気持ちでC指定席を入手したのですが、正解でした。

その時ならば思いもしなかった、
3万6千人越えの試合です。いやー、早めに買っておいて良かった。

ほぼ満員

この時点で試合開始30分前なのですが、
いつもなら埋まらない、レフトポール付近の内野側までびっしりです。

あまりの観客の多さに、
私は「球場グルメ」をあきらめ、
ビールだけを、それも一杯だけ頂いたのでした。

と、いうのも、この日は、というか、前回もそうでしたが、大谷投手が先発。
守備時間も目が離せません。トイレへ行く時間さえもったいない。
したがって、ビールもガマンです。

ヒーローインタビュー

私が思わず涙した、矢野選手のヒーローインタビューです。
しっかり写ってますね、矢野選手と、リボンちゃん。
見えませんか、そうですか。

ヒーローインタビューそのに

これでどうですか。しっかり写ってますね、リボンちゃん、じゃなくて、矢野選手。

息子の丈太郎君は今年で3年生でしょうか。
「リボンナポリン1年分」で、ホッカイドウ限定の味を堪能して欲しいところです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ピザと私。

メモ#1178:

あー、やられましたねー。

皆さんも、経験があると思いますが、
テレビで美味しそうなものを見てしまうと、
「ああっ、食べたい!」と、たまらなくなることがありますね。

今日は、お夜食用に、すでにお蕎麦(気分によって、うどん)を準備してありますので、
ソレを食べられないのです。
何かって?ピザですよう・・・。

マツコさんの番組がピザ特集だったのです。
あーピザ食べたい。

食べられない代わりに、「ピザの思い出」でも書いておきましょう。

私とピザの出会いといえば、
多分、雪印の「冷凍ピザ」あたりが最初でしょうか。下條アトムさんがCMに出てましたっけ。

その前後、
喫茶店に、「ピザトースト」なるメニューが増えましたが、
当時の私は、喫茶店の食事メニューといえば「ナポリタン」一辺倒でしたから、
あまり、食べた記憶がありません。

半ズボンが似合うお子様時代を終え、
学生服が似合う時代になっても、私はしばらくのあいだ、
ちゃんとした、「ピザ」というものを頂くことはありませんでした。

さらに時が経ち、18歳の頃。
札幌に進出したらざーろ少年は、そこで初めて、
「シェーキーズ」の存在を知るのです。

「前日の夜から食事を抜いて、食べ放題を堪能する。」
のが、月に一度、いや、ふたつきに一度の、楽しみでした。

思わずコーラを頼みたくなりますが、
そうすると腹が膨れるし、別料金なので、ガマンしました。

おそらく、典型的なアメリカンスタイルのピザなのでしょう。
「マルゲリータ」とか、そんなのはありませんでしたしね。
私はいつも、コーンの乗ったピザばかりを攻めてました。

貧乏学生の楽しみであった、「ピザ食べ放題」の時期を過ぎ、
社会人になったらざーろ青年。
「スーツよりも学生服のほうが似合うね」、といわれていたそのころ、
北海道にも宅配ピザが。

当時の私のエリアでは、
「ミスターピザ」と、「ピザ・カリフォルニア」が2大勢力でした。
就職して、ちょっぴりお小遣いに余裕が出来た私は、
「ピザ2店同時注文、どっちが速く来るかレース」などをしたものです。
そういえば、あの頃は「30分過ぎれば半額」とか、今考えると無謀なことをやっていましたね。

時はさらに過ぎ去って、
オジサンとなった今・・。あ、いまでも学生服は似合うと思いますよ。
半ズボンは無理ですが。

お気に入りは北海道発祥の、「テンフォー」というチェーンです。

テンフォーの、トマトピザ。

生地とチーズが美味いので、
私の中ではブッチギリの一位です。
マツコさんにも味わっていただきたいほどです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

あの金で何が買えたか。

メモ#1179:

さて、交流戦も終わりまして、
金曜日からリーグ戦に戻ります。

それにしても、最後の一戦、勝つか引き分けで、
「勝率上位リーグの一位賞金1000万円」と、
「全球団中の勝率一位賞金500万円」、
しめて1500万円がかかった試合で、
コロッと負けるところがファイターズらしいです。

この敗戦で、
「勝率上位リーグの、二位賞金、500万円」のみをゲットしました。
その差、1000万円。

うーむ。

一勝、いや、ひとつの引き分けの差で、1000万円の差。

1000万円もあれば、ほら、あれですよ。
たとえば私が頻繁に購入する、グラタン用マカロニを、
えーっとですね、「101010袋」、買えますよ。
なお、一袋99円で換算した場合です。

200グラム入りですから、私の場合、グラタン4食分ですね。
つまり、「グラタン404040食」の、マカロニを買えるわけです。
いや、賞金は私がもらえるわけではありませんが。

チーズなども、良いものが買えますね。
普段は、スーパーでシュレッドチーズ、もしくはプロセスチーズを買うのですが、
1000万円もあれば、輸入食材屋さんで、ゴーダ、エダム、サムソー、もしくはマリボーチーズなどを買い放題です。

グラタンやピザには、上記のチーズがまことに相性が良いですね。
100gあたり、400円と、高く見積もったとしても、
2.5トンのチーズを購入することが出来ます。
わぁ、どこに保存しておきましょうか。

それと、
あまり、「高い高い」と言いたくは無いのですが、バターが高いです。
我が家のようにバター消費量の多い家庭では大問題です。
さて、最近では150グラムのみみっちい包装が一般的になってしまいましたが、
半ポンド500円で換算すると・・・。

1000万円あれば、225グラム入りを2万個買えるのですね。

私の一食分のグラタンは、
マカロニ50グラム(約25円)、
バター25グラム(約50円弱)、
チーズ25グラム(約50円)、
牛乳や小麦粉やタマネギなど少々(約25円)、
計、150円でそこそこの作品が出来上がるのですが、

えーっとですね、いっせんまんわるひゃくごじゅう・・。

なんと、66666食分のグラタンが!

毎日グラタンを食べるとして、
66666 割る 365 イコール 182てん6484・・・。

180年以上、グラタンを食べることができるのですね。

あー、勝ちたかった。
あ、いや、賞金は私がもらえるわけではないのですが。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

不治は日本一の病。

メモ#1180:

ブログを始めてから罹患した、
『食事を撮らなきゃ死んじゃう病』が、最近、やっと快方に向かいました。
おかげで私の写真ファイル、今月の写真が少ないこと少ないこと・・。

母も、「やっと息子の奇病が治ったようね・・。」と、ホッとしているようです。

常連様ならお気づきでしょうが、
とにかく私の食事ときたら、
お夜食に、グラタン・カツ丼・スパゲッティ、
外食の場合はラーメン、蕎麦、もしくは、あんかけ焼きそば、
たまに出前を取った場合は、ピザ・・・。

いい加減、写真を撮るのも飽きてきます。

グラタンなどは、日によって具を変えたりしますが、
私はチーズが覆いかぶさった状態が好きなので、
写真に撮ると、具の内容に関わらず、ほぼ、全部一緒です。

『撮影効果を考え、ここは、青味を加えようか』
などと、脳が一瞬考えますが、胃袋が却下します。

そんなわけで、料理写真のストックが底をついてきました。

初夏のカツ丼with tukemono

カツ丼です。
久しぶりに三つ葉を飾りに・・。と、思ったのですが、
海苔のほうが好きなので、毎度おなじみのヴィジュアルに。

初夏のカツ丼

一番美味しかったところをアップです。
深夜に。

せめてものイヤガラセです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

別の病に罹患した私。

メモ#1181:

日曜日。
2点をリードしていたのにも関わらず、
なんだか悪い予感がしたので、
テレビ観戦を中断して、食事に出かけました。

中華の店へ行ったのですが、
ここでまず、ひと悩みします。

そもそも、中華料理店は品数が多くて、
それが楽しいのですが、
今回は、もうひとつの問題と対峙していたのです。

前回の記事にも書いたとおり、
このところ、食べ物の写真がワンパターンです。
(このところ、だけじゃない、という意見は却下します。)

ここはひとつ、
『担々麺』などを頂いて、私のブログにアクセントを加えましょうか。
それとも、『冷やし中華』をオーダーし、ブログ上に季節感を与えましょうか。

いやしかし。
そもそもこの店で食べるものは、ほぼ決まっているのです。
私の胃袋も、「ソレ」モードです。

写真を優先し、食べたいものをガマンするなど、
まさに本末転倒、まるでブログに振り回されるような人生ではないですか。

『そんな大人になりたくない』と思った15歳の頃の私。
夜中になにやら文章を書き、翌朝読み返し、
その文章の恥ずかしさに顔を真っ赤にした私。

メニュー表を見つめる俺。
まだオーダーが決まらないことに苛立つおふくろ。

俺の心の中に、
あの頃の純粋な気持ちがよみがえってきたぜ。
自分に素直に生きようってな。

季節感を与えるために、自分の意思と違うものを?
笑わせるぜ。
らざーろ、お前はちっぽけな大人の代弁者なのかい?

カラシを付けて欲しかったぜ。

『あんかけ焼きそば』さ。
途中から酢をかけるのも俺の流儀だ。

ありがとう。お前達。

きっと、あんかけに満足してくれるって、思ってたよ。
そんなお前達を・・・、愛している。

あと言っとくが、
盗んだバイクで走り出したり、夜の校舎窓ガラス壊してまわったりは、
違法だからな。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

勝つ。

メモ#1182:

はっ。正気に戻りました。

どうも、贔屓チームが連敗中で、ヘンな病気にかかってしまったようです。
でも大丈夫。今日は勝ちましたから。

相変わらず代わり映えがしない私のお夜食ですが、
昨夜は、ブログのワンパターン脱出と、
連敗脱出の願いを兼ねて・・・。

分厚いロース肉

こんな、とんでもなく分厚いロース肉を用意してみました。
写真の量で550グラムあります。

もちろん、このまま調理るのは難しいので、2枚に切り分けました。
本当は、3~4枚に分けて使用したかったのですが、
ブロック肉を切るのって、難しいですねー。
2枚に分けました。

分厚いカツ

そんなわけで極厚のカツが出来たんですが、
何しろ昨夜は負けたので、イマイチ食欲が湧かず・・。

控えめなカツカレー

脂身の少ない部分を使って、カツカレーとして頂きました。

なお、脂身の多い部分はカツ丼にします。
今日は勝ちましたから。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

その後のカツ。

メモ#1183:

でっかいカツを揚げ、
結局一部だけをカツカレーにした私。

翌日、残しておいた、「脂身の多いところ」を、
カツ丼としていただきました。

あつくカツ

盛り付けがチョイ雑ですが、
断面をご覧頂きたかったのです。
海苔を、あえて中央からずらして振りかけたのも、そのためです。
赤身と脂身のバランスが、私好みです。

大谷が完封、中田がホームラン、という、
理想的な試合のあとだったので、ぺろりと食べてしまいました。

さて、今夜は何を食べようか・・・。
えーっと、試合はですね、
11対3・・・?とんでもなくリードされてますね。

お粥でもすすることにしましょう。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

侮れぬレトルトソース。

メモ#1184:

ミートソースやナポリタン、
カルボナーラや、ソレっぽい何かなど、スパゲッティは好きで良く作るのですが、
その際、市販のレトルトソースを活用することが多いです。

ミートソースの場合は、
挽肉と野菜(タマネギ・ニンニク・ニンジン・セロリ等)を良く炒めて、
トマト缶を加えたあと、さらにレトルトソースを足す、というパターンが多いです。

私が目指すのは、
『本格イタリアン』よりも、もっと『喫茶店風』の味だったりしますので、
レトルトソースを足すことにより、目的の味に近づけるような気がするのです。

ナポリタンの場合、ケチャップやウスターソース、醤油など、
常備しているもので完成させることはできるのですが、
レトルトソースを使うことにより、「トマトの酸味」をちょっとプラスします。
生のトマトを使うより、バランスが良くなる気がします。

カルボナーラの場合は、
よっぽどお高い商品でない限り、かなりホワイトソースチックな味ですが、
それはそれで、別物と思えば嫌いな味ではないです。

さて今回は、こちらを使いました。

お値段以上、ハチ食品。

お馴染みの「ハチ食品」です。
量も多いし安いし、重宝します。
それに、この、「きのこチーズクリーム」という、定番的じゃない商品の場合、
「本物と違う!」というガッカリ感が発生する余地が無いので、大変よろしいです。

ちょいとアレンジ。

ベーコンを足して、最後には粉チーズを。
最低限のアレンジですが、
なかなかにリッチなお味です。

ちなみにこの、「たっぷり」シリーズは2人前ですが、
私のお夜食的にはぴったり一人前でした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

6がつ30にち・・。

メモ#1185:

さて、6月30日です。
と、いうことは、今年も半分が終わろうとしているわけですが、
特段、何の感慨もありません。

テレビやラジオでは、
最初の挨拶でちょこっと触れることはあるものの、
「1年の半分終わり特集」とか、そのようなことは特にありません。

これが3月31日なら、
年度末だけあって、もう少し、『節目感』があるかもしれません。
が、6月30日の場合、どうも毎年、
「気づいたら一年のの半分が終わっていた。」
という事態になりがちです。

そんなことを思いながら、
去年の今頃の写真を見てみると、あら、そうですか。

先日アップした、「ハチ食品」の、「たっぷりチーズクリーム」を、
ちょうど一年前、去年の6月30日に食べていたんですね。
ブログにアップはしなかったようですが、
ちょうど、「この時期に食べたくなる味」なんでしょうかね。

そして2年前。

そうでしたそうでした。

この日に、愛犬「さすけ」が、我が家に来たのです。

ちょうど2年前のさすけ。

我が家のイヌとなって、数時間後の写真です。
まだ、名前をつける前でした。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR