FC2ブログ

ビバ脂身。

メモ#1175:

カツ丼102周年です。
順調に、かつ(カツだけに)、地味に祝ってます。

カツ丼にも多種多様な世界があります。

卵とじカツ丼、ソースかつ丼、タレカツ丼、味噌カツ丼・・・。
中でも私は、やはり卵とじが好きです。

卵とじカツ丼にも多種多様な世界が。

ヒレカツ丼、ロースカツ丼、肩ロースカツ丼・・・。

一般的に、「ロース」が優勢ですが、
「肩ロースでなきゃ」とか、「いやいやヒレが」という意見もあり、
本当にカツ丼の世界は間口が広くて奥行きが深いですね。

私も基本的には、「ロース」派です。
程よく、脂身がついたヤツが良いですね。
しかし最近は、せっかくのロースから、
「程よく脂身を除いた」切り身が売り場をにぎわせているのが解せません。

脂身あっての、ロースです。

第一、取り除いた脂身はどうするのですか。
私にお譲りなさい。ジンギスカンの時に使いますから。

脂身が多いお肉は、
丼汁で煮ることによって柔らかくなると共に、
汁にコクを増し、どんぶりめしに不可欠な野性味とジューシーさを与えるのです。

肩ロースは、煮豚にすると美味いんですが、
カツに仕上げた場合、若干、ヘモグロビン臭さが漂います。
ニンニクたっぷりのポークソテー(もしくはトンテキ)にするのなら、その野性味も、また、良しです。

専門のお肉屋さんや、
デパートなどへ出向けば、
肉厚で、かつ(カツだけに)、脂身の頃合も上々な、ロースもあるのでしょうが、
出向く時間もありませんし、時間があっても、予算に見合わない場合が。

なかなか理想のロースに出会えない場合、
バラ肉を使います。

バラ肉のカツは、そのまま、
「カツ定食」などにするのには向きませんが、
卵とじのカツ丼には、向きます。

バラカツ丼

カツの一片を噛むと、ロースの、「ガブリ」という感覚とは違い、
「しゃくっ」という頼りなげな感触が。
しかし、そのひと齧りによって、ジューシーさと出汁の味が口中を支配し、
小食な私であっても、思わずドンブリメシをかっ込んでしまうのです。

え?
カロリーが気になる?

かろりい?
なにそれ、美味しいの?

はい、美味しいです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR