貴重な休日、そのいち。

メモ#1247:

4月は3本の更新で終わってしまいました。
不規則勤務だったんです・・。

でも、「ブログ書かなきゃ!」と考えると、
『趣味』だったはずが『義務』になってしまうので、今後もノンビリとやっていきます。

ただ残念なのは、自分の記事の更新はさておき、
なかなか皆様のブログにご訪問できないことです。
深夜のブログ閲覧は私にとって至福の時間なのですが、その時間が取れなかったのが、残念です。

月が変わりました。5月です。
やっと、不規則な勤務が正常に戻りそうです。うれしいなぁ。

5月と言えばゴールデンウィークですね。

私なんかもその一人なんですが、
「日曜・祝日のほうが忙しい」と言う方もおられましょう。

ちなみに今年の暦の場合、
4/29の金曜日(祝)から始まり、
5/8の日曜日まで、10日間がそれにあたる、ということになっています。

週休二日制の職場であれば、
5/2の月曜日と、5/6の金曜日に休暇をとることができたなら、

「祝・土・日・休・祝・祝・祝・休・土・日」という、
10連休になるわけですね。

暦どおりなら、
「祝・土・日・・祝・祝・祝・・土・日」という、
「3休・1勤・3休・1勤・3休」という並びに。

コレはコレで、連休ボケ防止ににはなりそうだし、
近場のレジャーにはちょうど良さそうな並びではなかろうかと。

ただしその場合、たとえば本日5/2の月曜日がそうでしたが、
ここでの勤務は普通の日以上に忙しかったりするかもしれません。
かつての私がそうでした。

それと、今日は銀行や郵便局の窓口、そしてATMが込んでました。
貴重な、「平日」です。今日のうちにお金を下ろしてしまわないと、
この低金利のご時勢に、明日以降は法外な?手数料を取られます。

さて私のシフトと言えば、今年は、

「祝・土・日・月・祝・祝・祝・金・土・日」が、
「勤・勤・休・休・勤・勤・勤・休・休・勤」という、
なんだか、世間様とは逆っぽいならびに。

で、5/1の日曜日。
我が家恒例のレジャーに行って参りました。

『花見見』です。
ちなみに、去年の記事は、コチラ → 去年の記事

さて今年はと言うと、
近年まれに見る人の多さでした。
毎年『花見見』をしている私が言うのですからホントウです。

花見見2016

一応気を使って、「あまり人が写ってない場所および瞬間」にシャッターを切ったのです。
仮設のトイレにも行列が出来てました。

花見見を楽しんだ後は、
札幌観光のクロウトである私は、旭山記念公園に向かいます。
空気が澄んでいて綺麗なのです。駐車場も無料だし。

旭山2016

札幌の市街地が一望できます。無料で。
ただしものすごく寒いので、さっさと退散します。
でも惜しくはありません。無料ですから。

あと、忘れてました、
我が家の桜(チシマザクラ)も載せておきます。

我が家の桜2016

ちょっとタイミングを逃して、やや盛りを過ぎてしまいました。
今年はどこでも、平年より早いようですね。

そんなわけで、私のゴールデンウィーク一日目は大変意義のあるものだったのですが、
二日目、つまり5/2の月曜日は、本来は休息に当てるつもりでした。

しかし、ちょっとしたきっかけで、思わぬ「半日観光」となったのです。

その模様は、ちょっと写真を撮りすぎて、整理に時間がかかるので、
後日お伝えします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

すぐ帰宅する、予定でした。

メモ#1248:

大型連休も最終盤に突入いたしました。
みなさま、連休疲れなどされてませんでしょうか。

私はですね、ありがたい(?)ことに、
世間様とほぼ間逆なオヤスミシフトとなった関係で、普通です。

でも、前回の連休(5月1・2)は、若干疲れましたが、充実してました。

前の記事では、「花見見&旭山記念公園編」をお伝えしました。

今回は、「思わぬ半日観光編」をお送りいたします。




もともとその日は、
外食だけを楽しんで、あとはゆったりとすごす予定でした。
前日の疲れもありましたし。

「あっさりとしたラーメンが食べたい」という、母のご意向があったので、
札幌の西の端っこにある、ある有名店を目指しました。

ところが、そこが臨時休業(もしくは移転?)で、
あらどうしましょうか、と、なりました。

ここでいったん戻り、いつものチェーン店で食べるのも、
なんだか悔しいなぁ、と思っていたところ、
母が、
「もうここまで来たなら、あそこまで行っちゃわない?」と。

私も同意しました。
そういえば、最近忙しくて、あそこへ行ってない。
行きましょうか、おそこへ。

小樽のさくら


ここ、どーこだ。

はい、正解です。小樽です。
ガード下から撮りました。
このガードをくぐって右に曲がると、寿司屋通りです。

まずはラーメンです。
そもそもラーメンを食べに家を出たのです。しかも腹ペコです。
こんなとき、どんな高級寿司や高級フレンチを食べても、有り難くありません。
いや、おごってくれるなら有り難く頂きますが。

あっさりラーメンをご所望の母と、
空腹が極限に達し、どちらかというとこってり味が食べたい私の、
両方を満足させてくれそうな店に、心当たりがあったのです。

麻ほろの、こってり醤油。

「麻ほろ」です。写真は私のこってり醤油です。

小樽中心部にありながら、自前の広い駐車場を完備し、
かつ、ほぼ、オヤスミしないという、有り難いお店です。
我々は大変満足したのでした。

さて、本来ならここで帰宅しても良いのですが、
せっかく来たのだから、ちょっと観光してみましょう。

キーとなるのは駐車場探しですが、多くが満車の中、粘って探した末に見つけました。
一台分だけ空いていたのです。
駐車場の裏からも、趣のある建造物が観察できます。

駐車場からの眺め

さて今まで、私の小樽観光と言えば、
「大丸」か「桂苑」、「一福」もしくは「ニュー三幸」で食事、
市内を歩いた後は、祝津で海を眺めて帰るのが定番でしたが、今回はちょっと違ったコースを。

まずは駅を目指します。あの懐かしい店が、まだ営業しているかどうか、確かめたかったのです。

第一ビル第二ビル

右が第一ビル、左が第二ビルです。
私の目的地は第一ビルです。
ここの2階に、私が小樽で過ごした少年時代、ちょっとしゃれた喫茶店があったのです。

こんな思い出があるのです。 → こんな思い出

残念ながら、もう、その喫茶店はありませんでした。
「たぶん、もう無いのだろうな」とは思っておりましたが、実際に確認してみると、
やはりさびしいものです。しかし、その代わり、「ヒミツのお土産」をゲットしました。

ラーメンを食べて喉が渇いてます。
お茶したいところです。
しかし、思い出の店のひとつである、「あまとう」は行列が出来ているし、
かといって小樽まで来てチェーン店じゃアレだし・・。

と、いうことで、「小樽バイン」という店で、ケーキセットなどを・・。

ケーキセット

前から知っていたのですが、どうにもお高そうに見えて、敬遠していたのです。
なにしろ重厚な建物ですし。
しかし実際に入ってみると、たしか、ランチは1000円以内、ケーキセットで600円台だったような。
ちなみに母は、ケーキをツマミにワインを。

豹柄

豹よりも豹柄が似合います。

「食事」「散策」「デザート」まで楽しんだわけですから、
いよいよ帰宅しても良いのですが、なぜかもうちょっと、寄りたいモードになった私たち。

なんたる市場

『南樽市場』に寄ってみました。

そう。5月2日は、連休中とはいえ、いちおう、平日。
市場は営業しているのです。
おや、勝納川にはこいのぼりがずらりと。

こいのぼり

いぬそのに

そしてわんちゃん。小雪さんではありません。

いぬ

「あ、犬好きニンゲンだ。」と、ばれてしまった母。
ああ、充実した小樽観光だった。

「食事」「散策」「デザート」「市場の雰囲気」「いぬ」まで楽しんだのですから、
さぁ、もう帰りましょうね。

そうだ。「海」がまだだった。

銭函海岸

「銭函」という、なんとも縁起の良い地域の海岸に車を停めます。

今年初めて、海に触れました。
母は貝殻を集めています。

貝殻を拾う豹柄の女
てをつける

ここまで堪能して、やっと、帰宅しました。

「すぐ帰ってくるからね」との言葉を信じ、
ひとりでお留守番していた、「さすけ」に、
激しく叱責されたことは、言うまでもありません。




そうそう。忘れてました。

「第一ビル」でゲットした、「ヒミツのお土産」ですが、いや、『かま栄のかまぼこ』ですよ。
ただし、市内各所に店舗がある中、「第一ビル」でしか手に入らない、貴重な・・。

エビロール

『エビ゙ロール』です。有名な、『パンロール』の、エビ入りですね。
尻尾が付いた、「一本もの」を載せるべきでしたが、
あらかた食べた後に未撮影に気づき、断面を撮影しました。
美味かったです。

もちろん、ハシッコはさすけさんに。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

悩む私。

メモ#1249:

つまりですね、私が求めているのは、「お店の味」なのです。

これでは、自作する意味が無いではありませんか。
あ、いきなりスイマセン、ミートソースの話です。

スパゲッティが大好きな私。
特に、ミートソースが好物です。
あとは、カルボナーラ。時折ナポリタンや、納豆スパなどを。

多くは、自作しますが、最近の勤務状況事情により、
コンビニのチルド商品や冷凍を頻繁に利用します。
これがまた、美味いのです。

で、ある日、業務用スーパーで、業務用のミートソースを購入したのです。

業務用
こんなヤツです。デカイです。

コレがまさに、私が求めていた、「お店の味」です。
当然です。業務用ですから。

自作の場合、
どうしても、ひき肉とソースの渾然一体感が希薄で、
「ひき肉入りトマトソース」のような味になり、
それはそれで、美味いのですが、「私が求める味」とは違うのです。
ちなみに「こんぜんいったい」で変換すると、最初に「婚前一体」と出てきました。なんてふしだらでしょう。

私が求める味、作りたい味として、
以前、このお店のミートソースを記事にしました。
以下の記事です。

この記事 → ミートソースの記事

自分で書いたのに探すのに苦労しました。
「スパゲッティ」カテゴリではなくて、「北海道」カテゴリに仕分けされていたからです。
なお、このお店が「業務用缶詰」を使っているわけではありません。




業務用缶詰を購入する前は、
「家庭用缶詰のでかいヤツ」程度の認識でしたが、明らかに味が違うのです。
どのように違うかと申しますと、家庭用は「家庭の味」で、業務用は「お店の味」です。
だって当然です。業務用ですから。さっきも書きましたね。

上手に表現するのは難しいです。
私は困ってます。いや、普通の人は困らないでしょう。
私は困ってます。普通の人ではないのでしょうね、私。


お店の味


少しでもお店の味に近づけるため、
 (あ、大事なことを補足しておきます。ここで言う「お店」とは、イタリア料理店ではなく、
 喫茶店や昔の洋食屋、もしくはドライヴイン的な、「お店」です。)
ルーミックの魔法の粉を使い(コレがあると喫茶店っぽくなるのです。)、
一度に大量に仕込み(カレーやシチューと同じように、イッパイ作るのが基本です。)、
あえて一日目は我慢し、二日目にいただく(ひき肉とソースの一体感を促進するためです。)、
などの努力をしてきたのに。

こんなウツワも

ステンレス


あと、お気づきでしょうが、あえてレトロっぽいお皿や、
ステンレスのウツワを多用するのもその一環です。
あと、鉄板も。

ああ、それなのに、それなのに。
「業務用缶詰」を使うだけで、求めていた味が完成してしまうのです。

では、私はどうすべきか。

「別の業務用缶詰」を購入し、さらに悩むこととします。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

徐々に活動的になってきた私(良い傾向です)。

メモ#1250:

全国的にもニュースになっているように、
このところの北海道は、暖かい、いや、暑い日々が続いております。

なんでも、北海道で5日連続真夏日の地点が出現したのは、
アメダスが整備されて以来初めてだとのことですね。

札幌は、それほどでも無いのですが、暖かい日が続いています。

そして、気温に後押しされたのか、
それとも最近の、「休日でも早起き」という習慣のせいなのか、
けっこう、外出している私。

お夜食画像が減った分、お出かけ画像が増えている、今日この頃です。

外出の第一の目的は、「外食」ですが、
それも、「新店開拓」や、「ちょっと遠くの店」が増えてます。良い傾向です。

先日、初めて訪問した蕎麦屋も、アタリでした。

端正な、蕎麦。

まったくの予備知識なしでフラッと入ったのですが、
蕎麦・つゆ・そしてカキアゲ、いずれも良く、満足したのでした。

その翌日は、チューリップが咲き乱れる公園へ。

チューリップがたくさん

同じ公園で、サクラを。

八重咲き

サトザクラ

先週17日の撮影です。

北海道とはいえ、さすがにサクラの季節は終わっているのですが、
品種によってはこのときが見ごろ、というものもあるようです。

遠くから眺めていると、
「あのサクラのような樹木は何だろう」と思ってしまうほど、
まるで果実が実ったかのように、咲き誇る、これは、

関山

「関山」という品種なのだそうです。

そういえば時折、住宅地で見かけるのですが、
今回初めて、その名前を知りました。

そんなわけで、

ブログをはじめてから一貫して掲げてきた目標、
『出不精克服』。

今年は達成できそうです。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

こってりお夜食でゴー!

メモ#1251:

お出かけ記事はいったんお休みして、
久々に「お夜食記事」です。

先日は、カルボナーラなどを。

濃厚カルボ

卵黄と粉チーズ、ベーコン、そして黒胡椒だけの、
シンプルにして濃厚なヤツです。

私は小食なのですが、
スパゲッティならペロリといけてしまうのです。
ああ、こまった。
書いているうちに、また作りたくなってきてしまったではないでか。

そういえば、最近グラタン王子はどうしてるかな?
明日あたりは運動会、いや、体育大会でしょうかね。


関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR