西へ向かった私。

メモ#1252:

以前にも書きましたが、最近の私は自分でも不思議なくらい、
「行動的」になってきました。

休日などは、必ずと言っていいほど、ちょっとだけ足を伸ばして、
公園とか、温泉とかに、出かけます。

このブログをはじめた頃は、
めったにお出かけ記事は無かったのですが、
このところ、順調に出不精傾向が改善されてきております。

ただ、出不精が直り加減なのは結構ですが、
反面、すっかり、「ブログ不精」に。

今回の記事も、ほぼ2週間ほど前の出来事になります。




オヤスミの日は、どうにも出かけたくなる最近の私。
どうしても、私が住む地域から西の、「アッチ」方面へ行きたくなるのです。

アッチといえば、そうですね、小樽ですね。

まずは、小樽でももっとも札幌に近い、「銭函」へ。
前回、海岸をブラブラしたところですね。
その銭函の、国道沿いにあるお蕎麦屋さんへ。

銭函両国

私は「田舎」をいただきました。
蕎麦の香りが芳醇でウマイです。更科系の蕎麦も置いていて、
次回はそちらも試してみようかと。

大変に交通量が多い道路に面しているのですが、
道路と店の間には、狭いながらも趣のある庭が配置されていて、
あずましく食事をとることができます。

そのあとは、メインの目的であった、「朝里川温泉」へ向かいました。
本来は、スーパー銭湯的な施設へ行こうと思ったのですが、
駐車場が混んでいて、ゆっくりと湯につかりたい母の意見で変更します。

結局、「かんぽの宿」に行ったのですが、これが大当たり。
それほど大きな風呂ではないのですが、客が少なく、
瞬間的に、「浴場内に私一人」の状況もあったりして、温泉独り占めの気分を堪能いたしました。
さすがに、ここでは写真は撮れませんでしたが。

行動的な私は、ここで帰らずに、朝里川の上流を目指します。
以前にも行った、あの場所でアトラクション気分を。

あさりダム

縮み上がる

高いヨー!怖いヨー!
この写真を撮るときの私の姿勢、決して人には見せられません。

さて、アトラクション気分を味わった私ですが、まだ帰りません。
だって今年の私、行動的なんですから。

堺町通り

観光サン気分で、小樽の観光スポットを巡ります。
いつものように、人が写りこまないような瞬間を狙って撮影しましたが、
実際は結構な賑わいでした。
アジア系のお客さんが、イッパイ居ましたねー。

堺町通り02

札幌では、「ヨサコイ」という、私の大好きな(嘘です)イベントが始まるので、
次回のオヤスミも、小樽方面へ避難しようかと考える私なのでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

雨の新琴似。

メモ#1253:

ヨサコイが始まってから、天候に恵まれない札幌です。
残念だなぁ(棒読み)。

さて、最近行動的になってきたとはいえ、
雨の日だとお出かけ気分が湧きません。

まだ小降りのうちに、愛犬の散歩に出かけようとすると、
突然、本降りに。
しかし、ここで雨天中止にしちゃうと、いざオシッコを、と思っている愛犬さすけは、
家の中で粗相をしちゃうかもしれません。
傘をさして出かけました。

はじめのうちは元気に走り出したさすけですが、
途中から、なにやらテンションがダウンしたようでした。
おもえば、このような雨天に散歩に連れ出した記憶がありません。
猛吹雪のときなら、何度も連れ出したんですが。

困った顔で私を見上げる、愛犬。
目的を、マーキングと言うよりも放尿に切り替えたようで、
同じ場所で何度もオシッコをして、さっさと家に帰ったのでした。

自らのお出かけも、あまり、遠くへ行く気にもなれません。
近くで済ませます。
母が、洋服を掛けるなんちゃらが欲しいと。
それなら、ニトリですね。

ニトリ、皆さんもご存知ですね。
でも今回のニトリは、そんじょそこらのニトリではありません。
なにしろ、本社ビルに併設された店舗ですから。

そうです。ニトリの本社は札幌市北区、「新琴似」という地域にあるのです。
そこで、洋服を掛けるなんちゃらと、お風呂の椅子、それから、
流し台の下部収納スペースで使う、スライド式のヤツをゲットしました。

お腹が減りましたが、雨が降リ続いているので、食事もニトリの近所です。


新琴似で食事


暖龍という店で、中華を食べました。
ヨサコイ新琴似会場の、近くです。
残念ながら、新琴似が会場になるのは土日のみですので、
私たちはゆったりと食事をとることができました。

今年は優勝できるかなぁ、新琴似なんちゃら・・。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

蕎麦屋のラーメン

メモ#1254:

休日のお昼。
外食は大切なレジャーのひとつです。

新店開拓の意欲は持ちつつも、
ハズレだったら悲しい、という思考の元、結局いつもの店へ行っちゃうのが、
去年までの、私。

でも今年は違います。

初めての店へ向かいます。
あっさりとしたラーメンが食べたい気分でした。

あっさりとしたラーメンといえば、私の場合、
「蕎麦屋のラーメン」が思い浮かびます。
皆さんの地域では、いかがでしょうか。

北海道の場合、
(北海道はあまりに広いため、『北海道では、こう。』 というひと括りな表現は難しいのですが、)
わりと老舗で、出前もやれば丼物も出す、気楽な雰囲気のお店の場合、
「蕎麦屋なのにラーメンも人気率」が、高いように思われるのです。

そしてそのような店で出すラーメンは、
決まって、麺はやや柔らかめで、スープの味わい優しく、
ふいに、むしょうに食べたくなるのです。

そんなわけでいくつかの店を、すでにピックアップ済みの私。
今回は、中央区にある、「八天庵 南店」へ。

八天庵メニュー01

もり・かけが、450円です。
これぞ、マチの蕎麦屋です、と、私は思うのです。

ああ、腹減った、蕎麦が食べたいぞ、店構えも良いし、ここにしようと入った蕎麦屋が、
昨今ハヤリの、「手打ち一辺倒でメニュー少ない量も少ない異論は認めない系」蕎麦屋だった場合、
「あら失敗した。ここは趣味蕎麦の店だったか!」と後悔しつつ、
「おせいろ 七百円」等と妙に達筆で記された品書きとにらめっこし、
種物を頼むと1000円超えちゃうし、大盛りは250円増しなどと強気だし、
しばし悩んだ後、「大蒸篭 九百五十円也」をオーダーし、
「やっぱり少ないよう。」とか「これっぽっちじゃ味の判断ができないよう。」とか、
悩む必要が、無いところが好きです、マチの蕎麦屋。文章が長いです、ごめんなさい、麺だけに。

「裏も見てねと」促され、裏を見ると素敵なメニューが。

八天庵メニュー02

鍋焼きが通年メニューなのも、北海道らしいところです。
「裏も見てねと」促され、裏を見ると、さっきの写真に戻ります。


八天庵ラーメン

さて、出てきたラーメンはごらんのヴィジュアル。
どんぶり右側にある、どっしりと存在感のあるのはナーニ?という疑問にあらかじめ答えると、
これは、お麩、です。北海道の懐かしい系ラーメンには、
必ず、とはいわずとも、高確率で顔を出す、大切な具です。

味はですね。
「蕎麦屋のラーメン」を食べなれた人なら、
「ああ、これこれ!」と思う味です。

そこでふと、思い出しました。

私にとって、蕎麦屋のラーメンとは、
「あの店」です。

新店開拓に精を出すのもよいけれど、「久々の店」を確認しに行かなくては。

と、いうわけで次回の更新は、
「あの蕎麦屋」です。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

続・蕎麦屋のラーメン

メモ#1255:

さてさて、蕎麦屋のラーメンといえば、はずせない店があります。
今まで何度かご紹介した、
「三笠・更科食堂」です。
今年の3月以来の訪問です。

最近の私は、
「天そば」と「もり」を同時オーダーするパターンが一番多く、
真夏なら、「もり2枚」、
真冬なら、「鍋焼きうどん」と「もり」などが続きます。

お気づきのように、2人前を頼むのです。

今回は、久しぶりに「かしわそば」を。
私は子供のころ、いつもこれでした。
そして母が、「ラーメン」を、さらに、「大もり」をオーダー。

もりそばかしわそばラーメン

この3種を、二人で頂きました。


さらしなのかしわ蕎麦

かしわそば、です。ずいぶん久しぶりです。うまかった。


さらしなのラーメン

そして、これがラーメン。
いかにも「なつかし系」のレイアウトですが、
前回ご紹介した店のような、「お麩」は乗ってません。

なんともほっとする味です。

ところで、海苔が中央に配されているのも、意外と独特かもしれませんが、
じつは、これには合理的な理由があるのです。

果たして、その理由とは!?
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR