私は初心者ではない。

メモ#1297:

なんだかここ数年、

「パクチー」

がブームのようです。

ええ?
あれが?
そうですか。

いや、結構。
文句は言いますまい。
ある食材が流行るということは、良いことです。

ところで私、
皆様ご存知のように(実はブログに一回だけ書いていたようです。)、
パクチーが苦手です。

しかし、どうしたことでしょうか。

私のようなオッサンが、「パクチーが苦手」というと、
あたかも鬼の首を取ったように、

「らざーろさぁーん、食わず嫌いはダメですよぅー。」などと、小娘が。
いかにも、これだからオッサンはダメなのよ、と言いたげな口調で、小娘が。

小娘どころか、小僧ですら、
「らざーろさぁーん、ナウなヤングはパクチーっすよ」などと。
ミツバとイタリアンパセリの違いも判らぬその口で、よく言えるな、小僧。




私の、「パクチー嫌い」は、
決して、「食わず嫌い」では無いのです。

私はほんの一時期、シンガポールに滞在していたことがあり、
観光ではなく、お金も潤沢ではないので、
食事は住居の近くか、職場の近くの、
「ホーカーセンター」で済ませることがほとんどでした。
日本で言うところの、「屋台村」っぽいところを想像していただければよいと思います。

当時の私の好物は、シンガポール名物の、
「海南チキンライス」。
「シンガポールチキンライス」とも言いますが、なにしろ、
シンガポールではチキンライスといえばソレですから、
わざわざ、「シンガポールチキンライス」などとは言いません。「チキンライス」です。

滞在中の食事は、二日に一度の割合で、そればっかり食べてました。
美味いんですもの。
それに、普通の店で2ドル~3ドル。
(オーチャードロードあたりの、観光客向けの店では、もっと高いのもあったようです。
 このあたりは、日本と同じですね。)
当時(1993年)のレートは1シンガポールドルが70円弱でしたから、
一食150~200円ちょっとです。

しかし、どのお店にも、必ず乗っていたのでした、パクチーが。

はじめの頃は、
「ほほう、個性的な香りだなぁ。」とか思いながら食べていたのですが、
徐々に、
「なんだか、『キャベジン』のニオイに似てるなぁ・・。」となり、
しまいには、
「・・・じゃまだなぁ・・。」と思うようになってきたのです。

先ほど、『二日に一度はチキンライス』と書きましたが、
それを食べない日には、
「ダックライス」とか、あと、わすれましたが「なんとかライス」とか、
それらを食べてましたが、それにも乗っているのです、パクチーが。

つまり私は、日本国の成人男子が一生分に食べる以上の、
「パクチー」を食べてきたのです。
その上で言うのです。「パクチーが苦手だ」と。

ですから、決して食わず嫌いだとか、
新しいもの嫌いではないのです。




あらなつかしや、パクチー。

私が大好きな、某中華料理店。
汁無し担担麺のトッピングとして、
あらなつかしや、パクチーとご対面。

もちろん、しっかりと頂きましたよ。
苦手ではありますが、食えるのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR