FC2ブログ

平成最後!かもしれない小樽観光。

メモ#1427:

ところで皆様は、
今年の、『スペシャルゴールデンウィーク10連休』 を、どのようにお過ごしになる予定でしょうか。
業種によっては、しっかりオヤスミをとれることもありましょうし、
逆に、『ひー、10連休なんて勘弁してくれよう。』 と、連休こそ忙しいという職場もあるでしょう。

さて私はといえば、
先日、職場から、「おそらく6連休になるよ。」 と伝えられ、
非常にワクワクしていたのですが、
本日、職場から、「あのぅ、らざーろさんは、出てぇ・・。」 と伝えられ、
いつもどおりの勤務体制になりそうです。

そうか。私がいないと職場がまわらないのだな。

と、思っておきましょう。




気を取り直して、今日は小樽へ。

銭函の蕎麦屋で蕎麦を手繰り、
朝里川温泉で仕事で疲れた体を癒し、
すぐに帰ってくる予定だったのです。

ところが、その蕎麦屋が定休日でした。
温泉の近くにも蕎麦屋があるのですが、
もう、ここまで来たなら行きましょう、と。

で、小樽中心部まで、来ちゃいました。
平日ですので、車は長崎屋に駐めます。

そこからほど近い、
前からリストアップしてあった、蕎麦屋へ。

やまやす


ひょっとしたら、幼少の頃、一度くらい行ったかもしれない老舗です。
屋号がステキですね。
ではメニューを見てみましょうか。

おしながき01
おしながき02


うーむ。
屋号に偽りのない価格設定。
午後1時を過ぎているのに、店内はほぼ満席です。

ラーメンにも心惹かれましたが、
私、初めての店では『もり』 を頼むべしという、メンドクサイこだわりがありまして、
今回は、もりそばを。母は、五目そばを。

やま安のもり蕎麦

私が何度も紹介している、
三笠の更科食堂もそうですが、
北海道の老舗では、つゆは、徳利ではなく猪口に盛り切りにするのがお作法なのでしょうか。
今度機会があれば検証してみたいですな。

そのつゆは、塩梅ほどよく、
蕎麦も、「しゃっきり」 と 「つるつる」 が均衡する絶妙なバランスです。
要するに、『早く食う』 に適した蕎麦です。

この時期の小樽はオフシーズンなので、
観光サンは見当たりませんでした。
常連さんとおぼしき男性は、そば単品に、オニギリをつけてました。
私が店内にいた時点でふたり居ました。

ぜひ、次はラーメンを。

さて、温泉に行くのを後回しにして、
例の、「祝津パノラマ展望台」 へ。
小樽へ行ったときは、ほぼ毎回足を伸ばします。
だって、タダなんですもの。

やま


トドの咆哮を聞きながら、
美しい海を眺めます。
この時期は、雪を湛えたはるか暑寒別の山々がきれいに見えます。

で、温泉です。
もちろん写真は載せません。
あ、リクエストがあったら、私の上半身くらいは載せても、あ、ウソです。

『何度行っても、常に、人が少ない。』
という、稀有なホテル兼・日帰り入浴施設です。
ヒミツです。
まぁ、昔の記事で書いちゃってるかもしれませんが。

加温も循環もしているので、
温泉マニアの方からの評価は低いかもしれませんが、
私にとっては、『源泉かけ流しでイモ洗い状態』 よりも、
『加温・循環だけど湯船ひとりじめ』 のほうが気分が良いのです。
温泉なんて、一番大切なのは気分ですからね。

で、帰って来ました。
さすけさんに怒られたことは言うまでもありません。

かまえい

『パンロール』 の端っこを少し与えて、許してもらいました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR