FC2ブログ

お寿司が食べたい。

メモ#0989:

寿司・・。

寿司が食べたいです。

そういえば、私のブログに、「寿司」の写真が掲載されたことがあったでしょうか?
突然、そんなこと質問されても困りますよね。
本人の記憶としては、多分、無いと思います(あったらゴメンナサイ)。

もちろんこの場合、「いなりずし」「細巻・太巻」の類は除きます。
「握りずし」です。北海道では、しばしば、「生寿司」とも呼びます。

なぜこんなに食べていないかと言いますと、
理由は二つありまして、

① 実は、焼肉やピザ、グラタンやカツ丼などと比べると、それほど好物ではない。
② 高い。
③ 最近の回転寿司の、システムが難しそうで、入店を躊躇してしまう。

あ、理由は三つでしたね。

そんなわけで、ごく稀に、我が家で寿司を頂く場合、
「出前」となります。もちろん前述のように、めったには頼みません。

たとえば子供の頃、「ビーフステーキ」などは雲の上のゴチソウでしたが、
今はそうでもありません。

しかし、「寿司」に関しては、「めったに頼まない」ことが逆に幸いしたのでしょうか。
他の料理と比べると、「ご馳走感」が、高いレベルのまま保たれております。




寿司と言えば、そのネタに地域差がみられることも、興味の一つです。

あくまで私の個人的見解ですが、
「北海道の、ごく一般的な寿司屋の一人前」と、
皆様の地域との違いがあったら、教えていただけると嬉しいです。

なお、順番は、
「私が普段、食べる順」にしました。


一貫目 マグロ(赤身)。

寿司ネタの王者といえるでしょう。私も一番好きです。最初に食べます。
回転寿司で、単に「マグロ」と謳っている場合、多くはメバチだったりしますが、
メバチだって美味いです。
今までで一番美味かったと記憶しているのは、函館で頂いたヤツです。
接待で緊張していたので、店の名前も他に食べたものも、すべて忘れてしまいましたが、
マグロの味だけは覚えています。
なお、「上」「特上」の場合、中トロもしくは大トロが登場しますが、
私の場合、前半戦で食べてしまいます。


二貫目 ヒラメ(っぽいなにか)。

個人的な見解ですが、北海道ではわりと、「白身」人気が低いような気がします。
もちろん、高級すし店では、そんなことは無いのかもしれませんが、
私が行く、もしくは出前を頼むような庶民的な店では、そのような傾向があるように感じます。
一般に、「西ではタイ、東ではヒラメ」という表現を見かけますが、私もそう思います。
回転寿司や宅配寿司で、「エンガワ」とある場合、「なんとかガレイ」だったりしますが、
美味けりゃそれで良いのです。


三貫目 ウニ。

寿司屋には普通、「松・竹・梅」とか「並・中・上」などの「一人前盛り込み」を用意してますが、
北海道で、「上」か「特上」を頼んだ時に、
「ウニ」
が無ければ私は暴れます。
あとですね、軍艦の甲板部の半分をキュウリでごまかしてある場合も、暴れます。
回転寿司では、やや、「当たり外れ」が大きいネタですが、
一般の寿司屋で外れたことはありません。


四貫目 エビ。

もちろん生です。
かつて、「どさんこかるた」という記事でも書いたのですが、
北海道では、エビは生が基本です。
高級店の「特上」では、ボタンエビが使われます。
通常は、ホッコクアカエビとかそのへんでしょうか。


五貫目 サバ。

〆たものです。わりと強めに〆たものが好物です。
これも個人的な感想で申し訳ないのですが、
北海道では、「ひかりもの」の人気が、イマイチであるような気がします。
安いお店では、コハダにお目にかかる機会がめったにありません。
季節になると、多くの店で「サンマの握り」が登場します。
ただ、私、サンマは油が強すぎて、塩焼きで頂きたい主義です。


六貫目 イクラ。

人気ネタで、「上」以上の高級盛り込みには必ず顔を出します。
「並」だと、「とびっ子」がイクラの代わりに登場します。
なにしろ、「客」である我々が、自宅でイクラを漬けたりする環境ですから、
店としても気を抜けません。
店で食べるイクラは美味いです。


七貫目 サーモン。

オコサマには大人気なネタらしいですが、
私はイマイチです。とはいえ、決してキライではないのですが。
店、および、季節によって、「キングサーモン(マスノスケ)」が登場する場合もあります。

小休止 ガリ。

お茶。


八貫目 ズワイガニ。

地域にも寄るでしょうが、
北海道の場合、「上」にはズワイ、「特上」にはタラバが登場する場合があります。
寿司ネタとしては、好きなほうではないですが、ありがたく頂きます。
なお、「特上」に多いネタとして、「カズノコ」が見受けられます。
私が、「特上」より「上」を好む理由が、ここにあります。

お茶。

ふう。けっこう、オナカがいっぱいになって来ました。
私は小食なのです。


九貫目 ハマチまたはブリ。

私には珍しく、「子供の頃は好きだったけれども、今ではそうでもない」ネタです。
マグロのアブラは好きなんですが、ブリ、ハマチのアブラはなぜか苦手で・・・。
「好きなものを最初に食べる」主義ですので、このあたりで苦労することになります。
なお、「並」を頼んだ場合、このあたりで「イカ」「タコ」と格闘することになります。

お茶。

ガリ。

お茶。


十貫目 ホッキまたはホタテまたはツブ。

最終決戦です。
私が、「生の貝が苦手」と、あれほど口をスッパくしていっておるのに。
ただ、ホタテの貝柱なら大丈夫です。
ホッキの場合、さっと湯振りしたものだったり、
「生」そのものだったりと、店によって違います。
「特上」の場合、「エゾアワビ」が出現することもあります。
またしても個人的な感想で申し訳ないのですが、
東京のすし屋(が掲載された書籍)で良く見かける、
「赤貝」は、北海道ではあまり見ません。


〆 カッパ巻き

通常、巻物は「並」にしか登場しませんが、
「上」を頼んだ場合も、追加で頼みます。


以上で一応、一人前終了です。
もちろん、地域や季節によって他に多様なネタが登場します。

・・・、

お茶。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。北海道はお寿司の宝箱じゃないですか!!
噂に聞く所に寄ると回転ずしもネタがキラキラして新鮮だとか。
こちらも漁港があり新鮮ですが北海道にはかないません。

そんなろでむ支局員ですがお寿司は苦手なものから食べる
傾向にあります(笑)
カッパ巻き

赤身・白身

軍艦係

ひかり物

貝類

ガリガリガリ・・・お茶と言った感じです。

年相応に皮下○肪も増えて来ましたので4貫~6貫程度で
納めてます(笑)


ろでむ さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 噂に聞く所に寄ると回転ずしもネタがキラキラして新鮮だとか。
> こちらも漁港があり新鮮ですが北海道にはかないません。

北海道外で回転寿司に、というか、寿司を食べた記憶が無いのでわかりませんが、
文献で楽しんでいる範囲では、
西に行くほどネタがずいぶんと様変わりするので、興味があります。

> そんなろでむ支局員ですがお寿司は苦手なものから食べる
> 傾向にあります(笑)
> カッパ巻き
> ↓
> 赤身・白身
> ↓
> 軍艦係
> ↓
> ひかり物
> ↓
> 貝類
> ↓
> ガリガリガリ・・・お茶と言った感じです。
>
> 年相応に皮下○肪も増えて来ましたので4貫~6貫程度で
> 納めてます(笑)

と、言うことは貝類がお好きなのですね。

そちらの地方では、例えば「特上」に、
「フグ」なども登場するのでしょうか。

No title

大学受験で 東京の いとこの家へ
 よく来たなで 寿司屋へ
  北海道では 寿司屋イコール生ものを 扱うものと
   でも 江戸前寿司 ひと手間くわえて 出してくる
 エビは 茹でてるし アナゴは 出てくるし
  まあ 当時は アナゴとは 知らなく ウナギのかば焼きが
   マグロもづけで 出てくるし 卵も出てくるし
うん~~ 本当に 寿司屋って いとこに 聞いたことが
 今では 恥ずかしい 話ですね

北海道のくま さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

>  エビは 茹でてるし アナゴは 出てくるし
>   まあ 当時は アナゴとは 知らなく ウナギのかば焼きが
>    マグロもづけで 出てくるし 卵も出てくるし
> うん~~ 本当に 寿司屋って いとこに 聞いたことが
>  今では 恥ずかしい 話ですね

特に「茹でエビ」に関しては、
かつて多くの皆様からコメントを頂きました。

しかし考えてみると、
「全国チェーンの回転寿司」や「スーパー・コンビニ」の台頭で、
食文化に均一化が起こりつつある現在、
「寿司」の、地域性は残っていて欲しいものです。

No title

こんばんは。

「出前の寿司」、或いは「回っていない寿司」は私にとって憧れの存在です。
昔は法事の時なんかに太巻きと稲荷が出たりしましたが、あんなのは論外です。あれは寿司というか、カップラーメンと一緒に食べてお腹を満たすご飯物、という認識でして。

私は魚嫌いながらも寿司屋には行ってみたいという、道民の皆さんから糾弾されそうな人間なのですが、強いて挙げるとしたら

炙り牛ロース→合鴨→芽ネギ→焼きナス→麺類(鶏南蛮蕎麦なんかがあれば最高)→ねぎとろ巻→ズワイガニ→合鴨→玉子→炙り牛ロース→天麩羅の盛り合わせ→干瓢巻き→大トロ炙り

みたいな順で攻めますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

KZ-1 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 私は魚嫌いながらも寿司屋には行ってみたいという、道民の皆さんから糾弾されそうな人間なのですが、強いて挙げるとしたら
>
> 炙り牛ロース→合鴨→芽ネギ→焼きナス→麺類(鶏南蛮蕎麦なんかがあれば最高)→ねぎとろ巻→ズワイガニ→合鴨→玉子→炙り牛ロース→天麩羅の盛り合わせ→干瓢巻き→大トロ炙り

うむ、「魚嫌い」が極まってますね(笑)。

> みたいな順で攻めますね。

「攻めますね」とか言われても(笑)。
いやしかし、回転寿司だと「ハンバーグ」とか普通ですもんね。
実は私も、ちょっと頼んでみたい。

鍵コメ さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

私など、単なる「小食」なだけです。

ちなみに私、「積丹半島」の付け根あたりの町に住んでいた事も、あるのです。
私も、過去最高の「ウニ」は、あの当時食べたものです。

おはようございます。


お寿司は回ってるのに行くことが殆どですねぇ。

板さんが握ってくれるお店は半年に一、二度かな。
そういう店では握りよか、アテを何品か頼んでお神酒になりますね。

飲まずに、握りだけたべてりゃ、比較的安くつくのですが…。


わたしの近所の回ってないところは、時々北海道のネタでハッカクなんぞあったりします。
あと、しまそいや水だことか。


北海道は生のカツオの握りとかありますか?
こちらだと、極たまにみかけますね。


同じです。

嫁達は寿司が好きなようですが、私は「あえて食べに行きたいとまでは思いません」
魚は充分に火が通っていないと食べませんし、意外と寿司は塩分が多いのが気になります。
それでも「ひかりもの」が好きなんですが、その臭みを消す為とかで、生姜や葱をあしらうのは、止めて欲しい処。
肝心な「ひかりもの」の、生臭さが消えてしまいます。
秋刀魚、鰯、鯵、鰊、鯖等好きです(笑)。

たれかは さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> お寿司は回ってるのに行くことが殆どですねぇ。
>
> 板さんが握ってくれるお店は半年に一、二度かな。
> そういう店では握りよか、アテを何品か頼んでお神酒になりますね。

私の場合、回転寿司が年に1~2回、
出前が、来客の時などに数回、
「普通のすし屋」は、数年に1回でしょうか。
最後に行ったのは、小樽の店です、美味かったです。

> 飲まずに、握りだけたべてりゃ、比較的安くつくのですが…。

確かに。

> わたしの近所の回ってないところは、時々北海道のネタでハッカクなんぞあったりします。
> あと、しまそいや水だことか。

ハッカクは、季節になると、それこそ「小樽」の寿司屋に出ますが、
そちらでも見かけるとは!

> 北海道は生のカツオの握りとかありますか?
> こちらだと、極たまにみかけますね。

ほとんど見ません。

が、和食レストラン「とんでん」で、
「かつお祭り」などを催していた記憶があります。

MK さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 嫁達は寿司が好きなようですが、私は「あえて食べに行きたいとまでは思いません」

私も、親戚などが集まった際、「寿司と焼肉」の多数決で寿司に軍配が上がった場合、
若干、ガッカリするタイプです。

> 魚は充分に火が通っていないと食べませんし、意外と寿司は塩分が多いのが気になります。
> それでも「ひかりもの」が好きなんですが、その臭みを消す為とかで、生姜や葱をあしらうのは、止めて欲しい処。
> 肝心な「ひかりもの」の、生臭さが消えてしまいます。
> 秋刀魚、鰯、鯵、鰊、鯖等好きです(笑)。

そういえば、「アジ」などにはよく、薬味的な何かが乗ってますね。
私が書籍で、「ネタ当てゴッコ」で遊ぶ際、
薬味の有無でネタを判断することがあります。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR