FC2ブログ

らざーろさん、ついに念願のアレを食べる。

メモ#1238:

約二週間のご無沙汰でした。こんばんは、玉置宏です。いや違います、らざーろです。

その間、何をしていたかと言いますと、
外食もちゃんとしましたよ。他に、仕事でミスして落ち込んだり、
お夜食を味わったり。あと、仕事でミスして落ち込んだり。
他には、雪かきをして、さすけを散歩に連れて行ったり、
あと、仕事でミスして落ち込んだり・・・。

でも立ち直りました。なぜなら明日はオヤスミだからです。

では、たまっていた写真をご披露いたしましょう。
そうですね、
『行列して食べたラーメン』と、
『懐かしいスパゲッティ』の、
二本を用意しているのですが、そうですか、スパゲッティをご希望ですね。
そうします。




鉄板スパゲッティと言えば、
全国的には名古屋が有名らしいのですが、
北海道で生まれ育ち、そして一時期道東で暮らした私にとっては、
なんといっても、釧路の、『泉屋』です。

私も、『鉄板スパゲッティ』と聞くと、反射的に『泉屋!』と応えてしまうほど、
記憶に刷り込まれているのです。

ただ、むかーし書いた記事にもあるのですが、
私にとっての、
『鉄板スパゲッティ』原体験は、別の店でした。

こちらの記事を、お時間があったならご参照くださいませ → こちらの記事

この記事にある、
『鉄板スパゲッティの原体験』を、
久々に味わってきたのです。

場所は、小樽の本店と言いたいところなのですが、
実は、支店です。
どこの支店かと言いますと・・。

テレビ塔からの景色

ここです。さっぽろテレビ塔です。
あのお店の支店が、ここにあったなんて。

あんかけ小樽風

母は、あんかけ焼きそばを。
本店と比較すると、量は控えめ、具はゴージャス、との感があります。

念願のひとさら

そして私がオーダーした、
念願の、『ポークカツイタリアン』です。

食するのはひょっとすると30年以上ぶりかもしれませんが、
確かに、あの頃の味です。
唯一、麺の太さが変わったように感じるのは、ご時勢でありましょう。
というか、私が子供の頃などは、
スパゲッティといえば太い麺しかありませんでしたから。

間にひき肉

このメニューの特徴は、
ロース肉の間にひき肉を挟んで揚げた、ボリュームいっぱいのカツです。
コレがまた、美味いんですよねー。
ビールに合うような味付けです。

あ。

今度こそは地下鉄で行って、
ビールを飲みたいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんはー
釧路の泉屋さん 数ヶ月前にデビューした私が通りますよ(⌒0⌒)/~~
ニュー三幸は小樽でも未入店ですが
機会があったら いってみたいです

No title

三幸の支店がテレビ塔にあるの??!!
いやぁ、知らなかった。
今でもね、小樽で学校の同期会とかいうと、三幸でやるらしいのよ。
小樽っ子のソウルフードかもしれないわね。
(前にも書いたけど)スパゲティが鉄板に乗ってジュウジュウいいながら出て来るなんて、本当に本当に驚いたもの。
あまりにも三幸の思い出が強烈過ぎて、他のお店で食べる気になれないのよ。
だけど、小樽に行くと他に食べたいものが多過ぎて、三幸には行かないんだわ。
美味しい物が多過ぎるって、悩みの種よね。
あれ、興奮して長々書いてしまいました。
失礼いたしました。

とまと さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> こんばんはー
> 釧路の泉屋さん 数ヶ月前にデビューした私が通りますよ(⌒0⌒)/~~
> ニュー三幸は小樽でも未入店ですが
> 機会があったら いってみたいです

ぜひ、ご賞味ください。ナポリタンも、もちろん鉄板に乗ってます。
他に、「ビーフシチュー」なども看板料理らしいです。

万見仙千代 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 三幸の支店がテレビ塔にあるの??!!
> いやぁ、知らなかった。

意外ですよね。
昔、テレビ塔の3階は、ゲームコーナーとか、安価な大衆食堂があったような気がします。
三幸のおかげで、高級感がかもし出されたような・・。

> 今でもね、小樽で学校の同期会とかいうと、三幸でやるらしいのよ。
> 小樽っ子のソウルフードかもしれないわね。
> (前にも書いたけど)スパゲティが鉄板に乗ってジュウジュウいいながら出て来るなんて、本当に本当に驚いたもの。
> あまりにも三幸の思い出が強烈過ぎて、他のお店で食べる気になれないのよ。
> だけど、小樽に行くと他に食べたいものが多過ぎて、三幸には行かないんだわ。
> 美味しい物が多過ぎるって、悩みの種よね。
> あれ、興奮して長々書いてしまいました。
> 失礼いたしました。

お気持ち、十分にわかります。
私も小樽へ行くと、アレも食べたい、コレも食べたいと悩みます。
実は私も、頻繁に小樽へ行く割には、三幸へ行った回数は数えるほどです。

毎回書いてますが、今度こそ、JRかバスで行って、ビールを。

No title

こんにちは。

ううむ、何ともデラックス感の溢れるひと皿ですね。

写真、見ただけで美味いのが判ります。
これは確かにビアに合わせたいですねぇ!!

どこか、近所でやってるお店無いかなぁ。

たれかは さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> ううむ、何ともデラックス感の溢れるひと皿ですね。

そうなんです。
子供の頃、はじめて見た私は、王様の食事のようだと思ったものです。

> 写真、見ただけで美味いのが判ります。
> これは確かにビアに合わせたいですねぇ!!

いまだに、ビールと一緒に味わったことがありません。
いつか、必ず。

> どこか、近所でやってるお店無いかなぁ。

『ハンバーグスパゲティ』なら、
けっこうどこでも見かけるのに、
『カツスパゲッティ』は、希少なようですね。あ、北海道ならチョコチョコ見かけますけれど。

もし、京都方面で見かけたら、ぜひともブログでご報告くださいませ。

No title

こんばんは。

>『ポークカツイタリアン』

男らしいスパゲティです。
まさにガテン系!

ビールにあう味付け・・・嗚呼、私も食べてみたい。

麺大盛りで!


ところで、リンク先の過去記事を拝見したら
私がコメントで、なんのひねりもない一首を詠んでいたので
思わず噴き出してしまいました(^^;

ふぐにさん。 へ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> >『ポークカツイタリアン』
>
> 男らしいスパゲティです。
> まさにガテン系!

かなりのボリューム料理のように見えますが、
実際のところはそれほどでもないです。
子供の頃は、ずいぶんとボリューミーだと思いましたが、
久々に食べてみると、ぺろっといけました。
おそらく、レストランというよりビアホールの系統なので、
何種類も料理を頼んでもらうため、盛りを加減しているのかもしれません。

> ビールにあう味付け・・・嗚呼、私も食べてみたい。
>
> 麺大盛りで!

とにかくビールと一緒にいただくのが、私の夢です。

> ところで、リンク先の過去記事を拝見したら
> 私がコメントで、なんのひねりもない一首を詠んでいたので
> 思わず噴き出してしまいました(^^;

いえ、あれは秀逸でした。
いつもありがとうございます。

No title

こんばんは。ディーン・フジオカです。あ、嘘です。


"念願のアレ"で山岡家のラーメンを想像してしまった私。
今でも10日に1回の割合くらいで山岡家へ足を運んでおります。
多分、店員さんに顔と食べるものを覚えられました。

>ロース肉の間にひき肉を挟んで揚げた、ボリュームいっぱいのカツです。

う~ん、工夫を凝らしてあるんですね。ご飯にも合いそう。
あ、でも掛かっているのがミートソースなんですよね。
ミートソースとご飯は合うのか…この辺も検討の余地ありですね。
いずれ、現地に行かねば…あ、でも現地に行くと多分、
回転寿司の「花まる」とかに行ってしまいそうです。

KZ-1 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> こんばんは。ディーン・フジオカです。あ、嘘です。

嘘がイマっぽいです。

> "念願のアレ"で山岡家のラーメンを想像してしまった私。
> 今でも10日に1回の割合くらいで山岡家へ足を運んでおります。
> 多分、店員さんに顔と食べるものを覚えられました。

「いつでも行ける」ことを良い事に、一度も行っておりません(笑)。
年中無休だわ営業時間は長いは同じ町内にあるは、で、
結局行かなかったりして。

> >ロース肉の間にひき肉を挟んで揚げた、ボリュームいっぱいのカツです。
>
> う~ん、工夫を凝らしてあるんですね。ご飯にも合いそう。
> あ、でも掛かっているのがミートソースなんですよね。
> ミートソースとご飯は合うのか…この辺も検討の余地ありですね。

『両者は非常に合う』との実証例として、
かつて、私がアップした喫茶店、『カフェひので』における、『ミートソース丼』
が挙げられましょう。 → http://cafehinode.com/meal.html

> いずれ、現地に行かねば…あ、でも現地に行くと多分、
> 回転寿司の「花まる」とかに行ってしまいそうです。

そうなんですよね。
普通、北海道に旅行に来た場合、
「海鮮」とか「ジンギスカン」とか「ラーメン」とかになって、
「洋食」とはならないのです。小樽なら、特に。

『連泊』してもらえるようなアピールが必要です。

新幹線が開通するにあたり、そのあたりを、私も微力ながらアピールをする所存です。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR