FC2ブログ

さよなら僕の百貨店。

メモ#1240:

旭川西武百貨店の、閉店が決まったようです。
これで、札幌以外の道内地方都市で、百貨店を有するのは、
函館と帯広だけになります。さびしいことです。




たとえば老舗の料理屋が閉店の運びとなったとき、
「ああ、惜しい、私の青春時代の味が・・。」とか言っておきながら、
実は最近、その店にはまったく足を運んでいなくて、手軽なファミレスやカフェでばかり、
食事をしていた・・・。

と、いうような、バツの悪さを私は今、感じております。

百貨店好きではありますが、
かといって、百貨店に足しげく、通っていたわけではありません。

皮肉なことに、ここ最近、「平日のオヤスミ」が以前と比べて増えた関係で、
百貨店の良さを再認識した矢先です。

たまに行くと、良いんですよね、百貨店。
もっとも私の場合、地下の食品売り場、いわゆるデパチカと、
最上階のレストラン街や催事場くらいしか行かないんですけれども。
雰囲気が良いんです。

まったくもって買う気の無い高級品売り場を冷やかしたりしますが、
その行為こそ、「これぞ休日」とでも言いましょうか、
『日常』から離れ、「はい、私は休日を満喫しましたよ。」という満足感を、若干の疲労とともに感じることができるのです。

総合スーパーやショッピングセンターでは、味わえない感覚です。

さて、そうは言っても百貨店は民間企業ですから、撤退に反対する権利はありません。
ましてやこの私、旭川市民でもありませんし。

百貨店好きの私としては、残される道として、
『撤退前に行ってみる。』ことが重要だろうと思われます。
いや、できない約束はしないほうが良いと昔の歌にもありますように、あったかな?
おそらく私は、「西武百貨店旭川店」には、一度も足を踏み入れることは無いのでしょうね。
そして撤退のニュースを、『残念だなぁ、惜しいなぁ。』といいつつ、どさんこワイドかなんかで観るのです。
そうに決まってます。

さよなら旭川西武百貨店。
きっと、閉店までには行けないよ。
行きたかったけどね。




函館西武には行きました。
昔、勤めていた会社で、私の担当エリアが道南地区だったからです。

ただ、そのときの印象としては、
『これは撤退もあるかも。』 と、正直なところ思いました。
数年後、実際に撤退しました。

そのほか、
私が足を踏み入れて、今は無き北海道の百貨店といえば、
残念なことにいっぱいあります。

まずは小樽、
「丸井今井小樽店」「大國屋」「ニューギンザ」。
私の心のふるさと、小樽が、『百貨店空白地域』となって久しいです。

それに釧路。
「丸三鶴屋(後の丸井今井釧路店)」。
本館・新館の2店体制で、私が道東に住んでいたころが売り上げのピークだったようです。
本館の最上階をすべて書籍売り場にするなど、
斬新な経営は当時注目を集めました。

そのほか釧路には、
「丸ト北村」という衣料品スーパー、
「釧路デパート」という、いわゆる寄り合いデパートがありましたが、
ここでは割愛します。長くなるからです。
私は北海道の寄り合いデパートを語らせれば日本でも有数nいや、割愛します。

北見には、「まるいいとう」がありました。
母が、『ルビーの指環』のレコードを買ったのは、
たしかここではなかったかと・・。

札幌、五番館(のちの札幌西武、のち撤退)・・・。
丸井よりも古く創業した五番館のことですから、
その経営破綻と西武傘下入りは、地元では大きく取り上げられましたが、
私の知る限り、五番館の経営失敗は、地元経済の地盤沈下というよりも、
経営努力の失敗によるものと認識してます。実際、駅前で競合する東急とは、
接客などで大きな差が・・。

札幌、ヨークマツザカヤ(もと松坂屋、のちロビンソン、のちラフィラ)。
すすきの交差点という、一見有利に見える立地が、逆に不利でした。
オクサマ方がゆったりとお買い物、という雰囲気よりも、
「これから飲みにいく人の待ち合わせ場所」として確立されてしまった感があります。
現在は、それを逆手にとって、レストラン街では昼呑みのオクサマ方で賑わっているようです。
ただし、現在のラフィラは百貨店ではありません。

他にもあります。
が、長くなるので割愛します。
そもそも、百貨店ではないのに地元では百貨店であると認識されている店が、
いくつもあります。それらの多くに関しても、閉店のニュースを耳にするたびにさびしくなる私です。
行ってないのにね。

頑張ってね西條さん。

あと、札幌の「寄り合いデパート」に関しては、
長くなるので割愛します。
私は北海道の寄り合いデパートを語らせれば日本でも有s、いや、割愛します。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

旭川西武百貨店の閉店
これ、TVニュースで見た気がします。
いや、ネットニュースかもしれないな。
小樽の3百貨店、名前を見ただけであっという間に昔に戻ってしまいます。
あの賑やかだった通り、今の様子を目の当たりにすると、ちょっと呆然としてしまうんですよね。

らざーろさんの「北海道の寄り合いデパートの話」
長くても良いから語って下さいな。

No title

こんばんはー
旭川の西武デパートには 3年前にいきましたよ
釧路にもたくさんデパートがあったんですね
去年行ったときは駅前通りは ゴーストタウン状態で寂しかったです(-_-;)
小樽も デパートあって、小さい頃、母親に連れていってもらい、お子様ランチかオムライスを食べた思い出が
丸井さんが閉店して 寂しい街並みになりましたよね
有名な中華料理店も相次いで閉店に追い込まれたようですね

万見仙千代 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 旭川西武百貨店の閉店
> これ、TVニュースで見た気がします。
> いや、ネットニュースかもしれないな。

ネットニュースに1票。
なぜなら、北海道では大きく取り上げられたこのニュースも、
全国的には、
「柏そごう閉店」のほうをメインにしてましたし。

> 小樽の3百貨店、名前を見ただけであっという間に昔に戻ってしまいます。
> あの賑やかだった通り、今の様子を目の当たりにすると、ちょっと呆然としてしまうんですよね。

大國屋あとのホテルは、建物も趣があるし、良いんですが、
「ニューギンザ・北海ホテル・丸井さん」があったエリアは、以前ブログでも書いたとおり、
「サ高住」です。いや、良いんですけど、サ高住でも。
ただ、せめて1階には、にぎやかな商業施設が欲しかったところです。

> らざーろさんの「北海道の寄り合いデパートの話」
> 長くても良いから語って下さいな。

いずれ必ず。ただ、ほんとに長くなりますよ(笑)。

とまと さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 旭川の西武デパートには 3年前にいきましたよ

いいなぁ。

> 釧路にもたくさんデパートがあったんですね
> 去年行ったときは駅前通りは ゴーストタウン状態で寂しかったです(-_-;)

実はパルコもあったんですよ。
ただし、「PARCO」ではなく、「PARKO」でしたが。

> 小樽も デパートあって、小さい頃、母親に連れていってもらい、お子様ランチかオムライスを食べた思い出が
> 丸井さんが閉店して 寂しい街並みになりましたよね
> 有名な中華料理店も相次いで閉店に追い込まれたようですね

なにしろ小樽は我が心のふるさとですから、なんとしても頑張っていただきたいのです。
そのためには、行かねば!食わねば!お金を使わねば!
・・・なんですが、私ごときでは経済効果も限定され・・・。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR