FC2ブログ

東京のラーメン

メモ#0011:

昔、東京に長期出張したときは、2日に1回くらいの割合でラーメンを食べてました。
昼は職場近くの定食屋か宅配弁当なので、ラーメン屋さんへ行くのは夜です。

私は、「夕飯には必ずビール」「長っ尻」派ですので、ラーメン専門の行列店や有名店には行きませんでした。
その辺にある、普通の大衆中華食堂です。
嬉しいことに、東京にはこういった店が、そこらじゅうにあるんですね。
そこで、まず酢豚レバニラ炒めなんかで瓶ビール
シメに、ワンタンメンというのがお決まりでした。

美味かったですね。素直に。

こういった大衆中華食堂麺の食感は、よく言えば優しく、悪く言えば頼りなく、
普段食べている札幌の「プリプリ・シコシコ」麺とは対極でしたが、
多忙を極めた当時の生活が、そんな「優しい」食感を求めたのでしょうか。

さて、当時からすでに「ラーメン・ブーム」などという言われ方はしていて、
テレビでもよく特集番組がありました。

ただし、「○○系ラーメン」というコトバはまだ発生してなかったと記憶しています。

「ベスト・オブ・ラーメン in Pocket」(文芸春秋社/1991年5月4版)。(初版は1989年10月)。
が出版されたのもこの頃です。
私の愛読書のひとつで、
2年足らずで4版ということはかなり売れたようですね。
ご所蔵の方も多いと思います。

207ページには、「ラーメン二郎」の「ぶたダブル」が掲載されています。

最近出版されたラーメン本の「二郎系」ラーメンと比較すると、
随分と、「優しい」盛り付けになってますね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR