FC2ブログ

ポークチャップでゴー!

メモ#1331:

ポークチャップ。

皆さんは、よく召し上がりますか?
地元のお店のメニューにありますか?

私の、ごく近所では、あまり見ないメニューですが、
北海道ではポークチャップをウリにしている有名店がいくつかあるようです。

『北海道 ポークチャップ』で検索すると、
なかなかの迫力画像がズラリと並んで圧巻です。

すでにご承知のとおり、本来は、骨付き豚ロースを意味する言葉が、
紆余曲折を経て、
「厚切り豚ロースのソテーにソース(主にケチャップベース)をかけたもの。」
という形態が一般的になったようです。

豚肉大好きな私ですが、
お店のメニューにあっても、まず頼みません。
昔ならイケたかもしれませんが、今ではちょっと、
完食が難しいのではと思うからです。

あと、このメニューは一般的に、
「豚肉の厚さ」がセールスポイントだったりしますから、
お値段もけっこう、するのです。
それだったら私は、普通の厚さの肉の「カツ」などを。
(お前の外食で麺類以外はほとんど見ないぞ、との声は無視します。)

毎年、この時期になると、いつも行くスーパーでも、
普段は並ばない食材を目にします。
先日は非常に分厚い豚ロースを発見しました。

作ってみましょうか・・。

分厚いロース

まずはしっかり、「最終的に表になるほう」に、焼き色を付けます。
このあと、トングを使って、側面にも焼き色を付けます。
私は普段の料理では、トングは使わぬ「菜箸派」なのですが、
この料理ではムリです。
いや、正確にはムリというほどではないんですが、手が疲れます。

たまねぎ投入

ひっくり返したら、たまねぎを投入します。
蓋をして、蒸し焼きにします。
たまねぎの水分によって、効率よく、豚肉が「蒸ささる」のです。

ソース作り

たまねぎがしんなりしたら、豚肉をいったん取り出し、
ケチャップ・ウスターソース・醤油・赤ワイン・砂糖・インスタントコーヒーなどを、
その日の気分によって投入します。
この日はケチャップ気分でした。
本来なら、もう少し黒っぽいソースのほうを好みます。

チャップ完成品

ソースまみれのフライパンに肉を戻し、ちょっと煮込んで完成です。
中までしっかりと火が通り、しかも柔らかいです。

では、いただきます。

ひと切れ目・・サイコーにうまい!
ふた切れ目・・実にうまい!ビールとの相性が最高だ!
三切れ目・・やっぱりうまい!・・ここらでちょっと別なツマミを・・。

・・・
・・・

飽きた。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

No title

こんばんは。

ポークチャップ、私が食べたことがあるのは、豚こまで作ったものでして。
ロースもなかなかの迫力ですね。

飽きましたか。
ケチャップ味は少々クドいかも知れません。
でも大丈夫。ポークチャップは変身をあと2回は残しているんですよ。
えーと、ナポリタンと・・・ハッシュドポーク?

ふぐにさん。 へ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> ポークチャップ、私が食べたことがあるのは、豚こまで作ったものでして。
> ロースもなかなかの迫力ですね。

私は寡聞にして、ポークチャップは厚切り肉に限る料理で、
豚こまポークチャップは初めて聞いたのです。
ためしに検索したら出ること出ること・・。
やはりB級グルメの世界は間口が広く、奥行きも深いですね。

> 飽きましたか。
> ケチャップ味は少々クドいかも知れません。

ケチャップを抑え、ワインとインスタントコーヒーを多めにすれば、
もう少し大人の味になったかもしれません。
ただ、いずれにしろ、この量は今の私には多すぎたようです。

> でも大丈夫。ポークチャップは変身をあと2回は残しているんですよ。
> えーと、ナポリタンと・・・ハッシュドポーク?

なるほど。
薄切りならその手がありますね。
今回のは厚切りなので、
ビールを足してソースで煮直し、もう一度同じ形状で頂きました。
食べきりました。

No title

こんにちは。

ポークチャップとは懐かしい。

子供のころレストランで食べる洋食の主力メニューでした(ほかにはハンバーグ、エビフライなどかな)。

分厚い豚肉を使用されてますね。
中まで火を通すの大変ではありませんでしたか?


たれかは さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> ポークチャップとは懐かしい。
> 子供のころレストランで食べる洋食の主力メニューでした(ほかにはハンバーグ、エビフライなどかな)。

そうでしたね。それとナポリタンも。

> 分厚い豚肉を使用されてますね。
> 中まで火を通すの大変ではありませんでしたか?

蓋しちゃえば大丈夫です。
一緒にタマネギを入れて、より「蒸し効果」を倍増させるのは、
私のオリジナルだと(勝手に)思っています。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR