FC2ブログ

天気がよいから、あの場所へゴー!

メモ#1373:

さてさて。
働き方改革のせいなのかどうなのか。
少なくとも、私の生活が早寝早起きになったことは事実です。

おかげでじっくりと、
花を愛でたり、麺を愛でたり、行動的な日々が続いているのは喜ばしいところです。

とはいえ、
五月中旬の、寒いやら雨がしとしと降るやらが続いては、
いかに行動的な私といえども屋外での行動を控えることに。

そんな中、久しぶりに晴天が。

私、海を見たいの。

長崎屋裏面

この画像を見て、
私がどこへ来たかを即答できる方はかなりのツウです。
『長崎屋』 を、ウラ?から写してみました。
そうです。小樽です。

たしか前回の小樽訪問の際、
「小樽の駐車場事情」 について言及したかと思います。

そもそも少ない。
あっても不当に高い。
そんなことじゃぁ、小樽観光にマイナスだ、と。

同様なことをお嘆きな方々に、
本当は教えたくないけれどお勧めの駐車場が、
『長崎屋』 なのです。

何しろ小樽駅正面。
長崎屋で1000円のお買い物すれば、駐車料金は2時間無料。

考えてみてください。

地下一階には食料品売り場がありますから、
その日のオツマミなどをちょいと買い物すれば、あっという間に1000円です。
どうせ札幌に帰ったら買うようなものをそこで買うわけですから、
実質、タダです。

しかも、もし、長崎屋で買い物をしなくとも、

「1時間260円」
という、格安。

ただし、お勧めしたはいいけれど、
おそらく、土・日・祝日は、すんなり駐車するのは難しいでしょう。
今回は月曜日でしたが、私が駐車した瞬間に満車となりました。

ところで、この、『長崎屋小樽店』 ですが、
当然、観光名所というわけではありません。
運河や堺町通りからは、若干離れてますし、
そもそも地元市民向けの店だからです。

しかし、
『地元民向け』 という、このスタンスが、
私のような、
『小樽大好な準地元民』 にピッタリなのです。

フロアガイドをご覧頂きましょう。 

フロアガイド

おっと撮影禁止でしたか。ご容赦を。

フロアガイドの大事な部分

その地下1階および1階部分には、
飲食店が充実しているのです。

地元密着の店もあれば、全道展開のチェーン店も。

観光客目線で言えば、
地元密着路線であって欲しい気持ちもわかりますが、
私が小樽市民であれば、『札幌などで有名な、あの店に入って欲しい』 という気持ちになるでしょう。
小樽の駅ビルは、観光客だけのものではありません。
第一義的に、市民のものなのです。

そこで私(と母)は、
札幌市内でも頂ける、お蕎麦のチェーン店で食事をしました。
「小樽ならでは」 を期待していた方、ごめんなさい。
でも、ここは好きなんだからしょうがない。

おたるでカキアゲそば

札幌の、元町イオンでよく食べる、
「母がカキアゲ蕎麦、私が盛り蕎麦、カキアゲをシェアして、実質的にカキアゲ蕎麦二人前」。
長いですね。略して『らざーろスペシャル』 を頼みました。
多くの店で有効な手段ですが、『ゆで太郎』 でこれと同じ手法を使うと、
びっくりするほどお安く、『カキアゲ蕎麦二人前』 が成立することになります。
なお、写真のカキアゲは一人前です。
コレを二分割していただきました。

お食事をして、普通にお買い物金額が1000円を越えました。
あとはゆったり散歩をしましょう。

やぶはん

小樽で、おそらく一番有名な蕎麦屋であろう店には、行列が。
もちろん、私も食べたことがあります。
雰囲気もよく、美味いです。

また、小柱をつかった、「あられ蕎麦」 などを品書きに出すなど、
蕎麦文化の発展や復興に熱心で、私は尊敬している店なのですが、
行列があると私は遠慮してしまいます。

まあ、私なんぞが行かなくても。
この店の理念はしっかりしているので、行列があろうがなかろうが、
今後も繁盛していくであろうと思われます。

行列しているお客さんに、戯れに、
「もし、とってもおなかがすいていて、どうしてもお蕎麦が食べたいのなら、
 すぐ近くの長崎屋に、蕎麦店が二つも入ってますよ。」
と、声をかけたくなりましたが、
どうやら日本語が通じなさそうな方々もいたので、遠慮しました。

おや?

まるで『長崎屋レポート』 みたいじゃないですか。
違うんです。海が見たいの。
祝津へ向かいます。




おっと。これは見逃せない。

りゅうほうでぎょうれつ

つい先日、
ケンミンショーで、小樽のあんかけ焼きそばが取り上げられてました。
そこで放送されたうちの一店、『龍鳳』 には行列が。




お待たせしました。海です。

しゅくづ

何度も来てますが、今回が一番、キレイでした。

しゅくづブルー

海からは、時折、トドの咆哮。
一方、山からは、ウグイスのさえずり。

トドとウグイスを一度に楽しめて、
しかも、タダ、と言う場所が、ほかにあるでしょうか。

「トドとウグイスを両方飼っている人」

以外には無理なんじゃないでしょうか。
贅沢なひとときを過ごしました。




かまえいのかまぼこ

この日のおつまみです。
長崎屋で買いました。
限定の、アスパラベーコン揚げ、おなじみのパンロール、チーかま。

よい休日を過ごしました。

 (おいおい、らざーろさん、朝に出勤した後なので、休日ではないよ。)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

小樽いいですね。

写真を拝見してすぐに長崎屋とわかった私はツウなんですね。オットが小樽出身なのでたまに行きます。
長崎屋といえば「どんど」でしょうか。ソース焼きそばに酢をかけるというアレです。たまーに、むしょーに食べたくなるんですよねぇ。

ようちゃん へ。

こんばんは。コメントありがとうございます。


> 写真を拝見してすぐに長崎屋とわかった私はツウなんですね。オットが小樽出身なのでたまに行きます。

間違いなく、ツウです。

> 長崎屋といえば「どんど」でしょうか。ソース焼きそばに酢をかけるというアレです。たまーに、むしょーに食べたくなるんですよねぇ。

「どんど」には、心惹かれます。
母と一緒ではなくて、私が一人で行ったなら、間違いなく寄っているでしょう。
あと、この日は暑かったので、ソフトクリームにも惹かれました。

こんばんは

長崎屋ですね。
あそこは大いに重宝してます。
何しろ便利な場所にあるから、ちょっと時間が余っちゃったなんてときに、あそこの丸くなっているベンチに腰かけて、休んだりしてるんです。
一度なんて、女性演歌歌手の生歌まで聞いちゃいました。
こんなお蕎麦屋さんがあるんですね。

祝津、相変わらず最高の美しさですね!!
今年の夏は、祝津には行けるかなぁ。

万見仙千代 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 長崎屋ですね。
> あそこは大いに重宝してます。
> 何しろ便利な場所にあるから、ちょっと時間が余っちゃったなんてときに、あそこの丸くなっているベンチに腰かけて、休んだりしてるんです。
> 一度なんて、女性演歌歌手の生歌まで聞いちゃいました。

どうやら、そういうイベントも多いようですね。
今回は、地元FM局の公開放送で、
しろうとカラオケ大会などをやっておりましたよ。
ちっとも、観光客向けではないところが魅力です。

> こんなお蕎麦屋さんがあるんですね。

最近、(札幌市内で)よく行く店です。
決め手は、やはり味でしょうか。
なお、地下には両国の分店があり、おそばが食べたければ長崎屋へゴーです。

> 祝津、相変わらず最高の美しさですね!!
> 今年の夏は、祝津には行けるかなぁ。

今回は、雨が続いた後の晴天ということで、
空気が澄んでいたんでしょうね。
本当にキレイでした。

No title

トドとウグイスを両方飼っている人は、なかなか中国の大富豪でもない限り、いないような気がしますね。長崎屋かぁ、なるほどですね!

TORU さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> トドとウグイスを両方飼っている人は、なかなか中国の大富豪でもない限り、いないような気がしますね。長崎屋かぁ、なるほどですね!

トドを飼う場合、
やはり保健所の許可かなんかが必要で、
予防注射なんかもして、
玄関に、

「魹」

というシールを貼っておかなきゃいけないんでしょうかね。

次回も一応は長崎屋の駐車場を狙います。
ダメなら小樽バイン特約で。それでもダメなら「かま栄」でしょうか。

No title

ううむ、小樽の海は美しい...。


北海道はこれからの時期、どんどん良くなる法華の太鼓でしょうね。

たれかは地方はじっとり、ホカホカしてきました。
もう暫くすると入梅かも???


行列、いやですね。
高校のときの数学でも...。

あっ、行列違い。

たれかは さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> ううむ、小樽の海は美しい...。

美しかったですね。もう少し暖かくなったら、
今度は海岸で遊んでみたいです。

> 北海道はこれからの時期、どんどん良くなる法華の太鼓でしょうね。

良くなってきました。
出不精が直りつつある私ですから、今後もあちらこちらへ出かけたいと思います。

> 行列、いやですね。
> 高校のときの数学でも...。
>
> あっ、行列違い。

私も嫌い、・・・というか、
高校数学で習ったかどうかも記憶に無いほどです。
「∑」とか見慣れない文字を使うヤツでしたっけ。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR