FC2ブログ

パンが無いからお菓子を食べた私。

メモ#1391:

あの地震を語るには申し訳ないほど被害が小さかった、我が家です。

しかも、語ることによって風評被害を助長してはいけないと、
数日逡巡していたのです。

が、考えてみれば、風評被害が起こるほどに、私のブログに影響力があるのなら、
年明けグラタン』 はすでに新年の風物詩となり、
小樽あんかけ恋の街』 はオリコン1位を獲得していなければならないのです。

現状、そうはなっていないことを冷静に判断すると、
ナニを書いても影響が無い、との結論に達しました。




その日は、もともと3時半に起きる予定でした。
したがって、前日はアルコールも控え、早寝したため、
脳内が、目覚める準備をしていたのでしょうね。
「あ、じしんだ。しかも、おおきい。」と、発生直後から自覚しました。
とはいえ、日ごろ、「地震が起きたらああしよう、こうしよう。」と考えていたにもかかわらず、
朝3時8分とかだと何も出来ませんでした。
実行できたのは、唯一、『掛け布団を頭にかぶって丸くなる。』 ことだけでした。

直後は電気が来ていたので、
テレビニュースで情報を確認していたところ、停電が起きました。
その後はポケットラジオで情報を収集していました。

私は野球が好きで、しかも、状況によってはトイレでも風呂場でも聴くので、
ポケットラジオは手元に常に置いてあり、
しかも、そのための電池の買い置きがあったのが、幸運でした。

さらに、我が家では毎月坊さんを呼ぶという、
近年では少なくなった、比較的コアなブッディストであるため、
ローソクの在庫が豊富でありました。

ローソク照明の有効な手段は、すでにブログで書いたとおりです。

物的被害が、『茶わんとグラス数個』 におさまったことを確認した私が、
次に取った行動が、『出勤』 です。

いや、こんなときに出勤なんて、と、お思いの方もいらっしゃいましょう。
ただ、家の被害も少なかったし、
職場の確認もすべきだし、
携帯はなにやら不通のようだし、
そもそも、この時間は私の出勤時間だし。

「じゃ、気をつけてね。」
では行ってきます。多分、すぐ帰ってくるとおもいますが。

そんな会話をして職場へ向かいましたが、
あらー。信号が全部消えてる。
これは怖い。

なにしろ時間が時間なので、交通量は少なく、なんとか無事に、職場へ。

すると、もう、全員が職場の前でスタンばっているじゃありませんか。さすが日本人。
私を含め、みなさん、なんだかテンションが高いのです。
まるで、大きなアトラクションを経験した直後のようでした。
みんな無事だね。では帰りましょう、という流れになるかと思いきや、
詳細は書きませんが短時間ながら勤務して、帰宅したのでした。

そのうちに、被害の状況が明らかになってきました。
情報源はラジオですが、時折、車のエンジンをかけて、カーオーディオのワンセグを観てました。
ご近所でも、車でテレビを観ている人を数人見かけました。

地震直後は、
「家族も周辺も無事だった。」 ことでまず安堵し、
職場で同僚たちと、あのときの驚きについて語り合い、妙に高いテンションになった私でしたが、
時間がたって情報が入ると、徐々に暗い気持ちになってきました。

どうやら、停電が長引くらしいのです。
うーん。今日一日ならなんとかなるけど、
数日なら、冷蔵庫の食材は全部、廃棄だなぁ・・。
いやそれよりも、北海道全体の経済が、とんでもないことに・・・。

そこで私が取った行動は、
『寝る』 です。
だって、それ以外に方法がないじゃないですか。
早朝出勤で、臨時休業かと思いきや仕事はしたし、なによりも、
精神的に疲れたのです。

夕方、まだ停電が続いてました。
前日、うすっぺらいカツを揚げて、『スパカツ』 を作ったのですが、
そのときのカツが2枚残っていたので、『カツとじ』 をつくり、
家族で食べました。

翌朝も出勤なので、早く寝ました。
うつろうつろとしていたところ、
兄の、「あ、電気ついたー」 と言う声を聞いた様な気がしましたが、
眠たいのでそのまま寝ました。

翌朝。つまり地震から約24時間後です。
午前3時半に私は目覚めました。
階段の照明のスイッチをつけると、おお、明るい。電気が来た。

そうか。ようし、出勤だ。
仕事があるのか。じつに残念うれしい。
では朝飯を。

あ、そうか。
いつもは前日のうちに、次の日を朝食を用意するのです。
なにしろ早朝出勤。
朝は、なるべく時間を掛けずに栄養を補給したいのです。
ところが、私がいつも食べる、パンは、ありません。

こんなときに、贅沢を言ってはいけない。
そうだ。お菓子があった。

と、つぶやいて、買い置きの、『ミニエンゼルパイ』を食べました。

食べながら、さっきの自分のつぶやきを思い返して、笑いました。

そうか、パンがないから、しょうがなくて、お菓子か・・・。

出勤すると、職場にはまだ電気が通ってなく、
私は自宅へトンボがえりしたのでした。
その後、ぐっすり寝たのはご想像の通りです。




パンと牛乳の品不足は、
その後も続きましたが、今はすっかり解消されました。

ひさしぶりの、さすけ。

あ。
さすけも元気です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

やはり情報収集はラジオでしたか
野球好き、そしてコアなブッディスト(笑)、で良かったですね
乾電池がなくて困った方々もいたそうですから
オシャレなアロマキャンドルよりもシンプルで長いローソクの方が明るくて長持ちしそうですよね

そして3時半に起きる生活も停電時には役に立ちますね
電気がなくなるとお日様の光がとてもありがたく感じます
暗い時間は寝る、これはとても有効な時間の使い方だと思います

私もラジオが好きで、今でも日本に帰った時は運転中に好きなラジオ番組を聞いたりします
高校生の頃はテレビよりラジオが好きでした
聞くことだけに集中できるので、テレビで見るよりも情報が記憶に残りやすい気がしませんか?想像力もたくさん使いますし
らざーろさんの文才はラジオの影響もあるのね~なんて思いました^^

牛乳が手に入るようになって良かったですね
さすけちゃんも元気そうで何よりです

No title

書き残しておくと、次の時に気持ちの準備がしやすくなりそうですね。
北海道の地震では、都内で北海道産の牛乳がしばらく消えました。我が家も牛乳不足が数日続いていました。(僕は飲まないので関係ないのですが)今は回復しましたね。

ペイズリー さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> やはり情報収集はラジオでしたか
> 野球好き、そしてコアなブッディスト(笑)、で良かったですね

実際のところは、それほどコアではないんですが(笑)。
というか、「仏壇も神棚もある」という、他国のコアな宗教のヒトからみると、
きっと驚かれるであろう、『ひと昔前の日本人』とでも表現すべきでしょうか。
いずれにせよ、ローソクは神棚にも使いますので、欠かせません。

> そして3時半に起きる生活も停電時には役に立ちますね
> 電気がなくなるとお日様の光がとてもありがたく感じます
> 暗い時間は寝る、これはとても有効な時間の使い方だと思います

この生活サイクルになってから、まだ日が浅いのですが、
今回はそれが良かったと思います。

> 聞くことだけに集中できるので、テレビで見るよりも情報が記憶に残りやすい気がしませんか?想像力もたくさん使いますし

ここしばらく、他の都府県へ旅行へ行ってませんが、
昔はよく、仕事の都合でアチコチへ。
その際は、必ずAMラジオを聴きました。
地元の情報がわかり、旅行(本当は出張なのですが)気分を増強させてくれるからです。
CMも、その地域独自にモノがテレビと比べ多く、楽しいです。

同僚と一緒だと、カーオーディオか、FM東京系列の音楽番組を聴かされました。
そんなものいつでも聴けるのに。

> 牛乳が手に入るようになって良かったですね
> さすけちゃんも元気そうで何よりです

さすけ、見直しました。
地震を怖がるどころか、ワン!と吠えて立ち向かおうとするのです。

TORU さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 書き残しておくと、次の時に気持ちの準備がしやすくなりそうですね。

「次」はやだなぁ、と思ったら、
また台風ですか。
電池を買い足しておこうかな。

> 北海道の地震では、都内で北海道産の牛乳がしばらく消えました。我が家も牛乳不足が数日続いていました。(僕は飲まないので関係ないのですが)今は回復しましたね。

私も飲まないのです、普段は。
でもほら、グラタン・・。

No title

おはようございます。

先日の地震でご自宅のほうは被害無かったとはいえ、不自由な暮らしぶりであられたのですね。

電気が使えないと、現代生活においてはQOLがダダ下がりですよね。
そういう中でも冷静で機転の利いた行動をとられていて、色々と勉強になります。
実際、自分がその状況に置かれた場合、同じように行動できるかどうかは判りませんが...

とりま、お風呂の浴槽に水を張りました。

たれかは さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 先日の地震でご自宅のほうは被害無かったとはいえ、不自由な暮らしぶりであられたのですね。

「不安」ではありましたが、意外と、「不自由」でもなかったかなと、今では思っております。

> 電気が使えないと、現代生活においてはQOLがダダ下がりですよね。
> そういう中でも冷静で機転の利いた行動をとられていて、色々と勉強になります。
> 実際、自分がその状況に置かれた場合、同じように行動できるかどうかは判りませんが...

私の場合ですが、けっして冷静ではなく、
一ににも二にも、運が良かったことなぁ。と、思うばかりです。
京都時代はマンションでしたが、
男の一人暮らしは一般的に、買い置きが少ないものです。
当時の冷蔵庫はスッカスカでした。
もしそのような、「マンション独身冷蔵庫スッカスカ生活」で、
平穏に暮らせるかと問われると、多分、難しいでしょう。

> とりま、お風呂の浴槽に水を張りました。

またも、台風が心配ですね。
どうか偏西風が強くなって、列島から遠ざかるよう、願います。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR