FC2ブログ

北の湖ファン目線の、輪島評。

メモ#1394:

横綱輪島が亡くなりましたね。

特段に、「輪島ファン」 だったわけではありません。
どちらかというと、北海道出身の「北の湖」 のほうが好きでした。
もっと正直に言うと、「アンチ輪島」 だったかもしれません。

しかし、輪島と北の湖とのがっぷり四つの大相撲は、まさしく、「横綱対決」 と呼ぶにふさわしいものでした。

北の湖は、下位力士との対戦では、
ほぼ、「マワシを取った時点で勝ち。」 という相撲でした。
ただし、苦手な相手や上位力士と対戦する場合は、
十分な 「右上手」 を狙います。

北の湖に右上手を取られると、相手力士はほぼ、「負け」 が確定しますから、
通常は、頭をつけたり腰を引いたり、突っ張ったりと、なんとか抵抗します。
そのため、多くの対戦相手の場合、がっぷり四つの大相撲にはなりにくかったのです。
ただその場合も、大抵、北の湖が勝ちましたが。

ところが輪島は違います。
何しろ彼は、「左下手」 が大好物という、稀有な力士でしたから、
左をしっかり挿しに行きます。

「右上手が欲しい北の湖」
「左下手が欲しい輪島」
相思相愛です。

結果、がっぷりになり、蔵前国技館が大いに沸いたのでした。




「もし、もっと稽古に励んでいたら」
「もうすこし生活を節制したら」
などという話は良く耳にしますが。あまり意味の無いことだと思います。

稽古も、実は、人知れずしていたかもしれませんし、
あの豪放な正確だからこその、輪島人気だったわけですし。

ただ、廃業後のプロレス時代や、
バラエティー番組でイジられているときは、痛々しいとしか思えませんでした。




今回の訃報とは関係無しに、
私はゆーちゅーぶで、往年の名勝負を観るのが好きです。
輪島に関して、
「腰高だった」
との批評を耳にしますが、当時は皆、腰高です。
手なんか、誰も付いてやしない(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしい全盛期

こんにちは、また名横綱がまた亡くなりましたね、
自身も子供時代は相撲好きでした。 個人的に故郷が近いため大関旭国を応援してました。(ほぼ晩年の頃でしたが)
当時は輪湖時代全盛で、他にも2代目若乃花(元若三杉)らが強く、旭国は優勝決定戦が1度あるだけで、幕内優勝は1度も成らず・・・、

当時は分かりませんでしたが、天才肌と技の輪島に、序の口から叩き上げの北の湖という、日本人好みの取組でした。、
輪島も、陰ではかなり稽古していたらしいですね、あの借金担保事件がなければどうなっていたか

秘境通のなべ さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> こんにちは、また名横綱がまた亡くなりましたね、
> 自身も子供時代は相撲好きでした。 個人的に故郷が近いため大関旭国を応援してました。(ほぼ晩年の頃でしたが)
> 当時は輪湖時代全盛で、他にも2代目若乃花(元若三杉)らが強く、旭国は優勝決定戦が1度あるだけで、幕内優勝は1度も成らず・・・、

たしか、14勝1敗という場所のときは、北の湖が全勝優勝でしたね。惜しかった・・・。

> 当時は分かりませんでしたが、天才肌と技の輪島に、序の口から叩き上げの北の湖という、日本人好みの取組でした。、
> 輪島も、陰ではかなり稽古していたらしいですね、あの借金担保事件がなければどうなっていたか

旭國は、親方として横綱を育てましたが、
ひょっとすると輪島も、良い弟子を育てたかもしれません。

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR