FC2ブログ

冬の童話

メモ#0314:

あ、なんだか韓流ドラマみたいなタイトルですが、
大丈夫です(何が?)。

札幌にも、遅ーい、初雪が降りました。

北海道に長いこと住んでますと、
1月・2月とかの「真冬」は、「あーはいはい、今日も寒い寒い。
みたいに、もう体が慣れちゃってます。

「あー、寒いなぁ、これからもっと寒くなるんだろうなぁ。」
精神的に一番寒いのは、この時期だったりします。

初雪が降ると思い出すのが、
手袋を買いに』という童話。
新美南吉さんの作品です。あの、『ごんぎつね』の作者です。

ちなみに私は、泣きたくなったら『ごんぎつね』を読みます。
100回読んでも100回泣けます。
どんな時に泣きたくなるかは、秘密です。

さて、作者の新美さん、きっと、北の方の出身なのだろうと調べてみると、
愛知のご出身だったんですね。意外でした。

北海道出身の童話作家で、
かつ、「雪」を題材にするのが得意だったのが、
伊福部一馬さんです。

全文を引用すると、アレですので、一部だけ。
なお、旧かな使いは修正しました、ご了承ください。




 はつゆきのころ (作・伊福部一馬)

太郎はきょうも、せっせと大根を干します。
上手な干し方は、ばあさまからおそわりました。
「太郎は、大根の干し方、じょうずだなぁ。」と
ばあさまからいわれてから、このおしごとが好きになりました。

いよいよ、冬のじゅんびが始まります。

「早く、雪降らねえかなぁ」
と、太郎は思います。
雪が降れば、ともだちと雪合戦ができます。
大好きな、かまくら遊びもできます。

「太郎、ばあさまのところさおいで。」
太郎は、ばあさまの布団にもぐりこみ、お話を聞くのが好きでした。
「太郎はあったかいなぁ。」
「ばあさまは、つめたいね。」

「そうだよ、ばあさまは、だんだん冷たくなっていくんだよ。」
「ええー、そんなのいやだい。」


 ** 中略 **


木々の葉がすっかり落ちた頃、
太郎が学校から帰ってくると、
街のおいしゃ様が、家から帰るところでした。

おっかあは、涙を流しているようでした。
「ばあさまは、雪が降る頃には・・。」

太郎は駆け出しました。
涙は出ませんでした。
いちもくさんに、裏山へ駆け上がると、さけびました。

「お天道さまぁ、おら、なんでもしますから、
どうぞどうぞ少しだけ、雪を降らせないでくだせえ。」




以上、引用終わりです。
これ以上は涙でキーボードを打てません。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

らざーろさんおはよーございます

良いお話ですね。
泣けるのはわかるのですが
感動して涙が出るとき、鼻もダラダラ出てくるので、美しくないですよね。
で、勢いよく鼻をかむと素に戻ってします。
美しく泣かせてくれって感じです。
キーボードに鼻水たらさなかったですかv-361

No title

こんにちは(^^

なんとも心に滲みる話ですねぇ、、、
新美南吉さんは「ごんぎつね」「手袋を買いに」なんて、読みましたけど、
伊福部一馬さんは初めて知りました!

伊福部、、、珍しい名字ですよね。
ゴジラの作曲家・伊福部昭さんのご親戚でしょうか、、、

風邪ひきませんように、お身体にご自愛ください(^^

No title

こんにちは☆
今・下の娘がちょうど国語で
「ごんぎつね」なんです。
最後は、かわいそうですね・・・。

はつゆきの頃・・いいお話ですね・・・。
私も、キ~ボードが危険です(笑)

韓流ドラマ

泣けるお話の最中、申し訳ありません。

韓流ドラマファンとしては、題名がつい気になりました(笑)
韓流も結果は分かりきっているのですが、結構泣けますよ。

今、日本で流行ってるK-popなどは全然知りませんが。

No title

新美南吉さんの作品
子供の教科書に載ってましたね。
ということは、らざーろさんはうちの子供たちと同年代でしょうか。

私は動物が出てくると、それだけでお手上げです。
泣くまいと思っても、オイオイ泣いてしまいます。
「かわいそうなぞう」 なんて、軽くトラウマなんです。
思い出しただけで泣けて泣けて・・・
とっても再読する気になれません。
ほら、メガネが曇ってきちゃったし。

良いお話

こんばんは。
良いお話ですね、生死のお話も自然に出されていて。
北海道は例年より17日遅れの初雪だったとか。。。北関東では早朝、車のフロントガラスの結露/夜露が凍り付きました!
今季初めてだったと思います。
風邪引きさんも多くなってきました。暖かくしてお過ごしくださいね!

yuchan さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 感動して涙が出るとき、鼻もダラダラ出てくるので、美しくないですよね。
> で、勢いよく鼻をかむと素に戻ってします。

誰も見てないので、平気です。

> キーボードに鼻水たらさなかったですかv-361

今回は大丈夫でしたが、
『ごんぎつね』の場合は、思い出しただけで鼻の奥がツーンとします。

あひる課長 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> なんとも心に滲みる話ですねぇ、、、
> 新美南吉さんは「ごんぎつね」「手袋を買いに」なんて、読みましたけど、
> 伊福部一馬さんは初めて知りました!

知らない方が多いので、この機会にと思いまして・・。

> 風邪ひきませんように、お身体にご自愛ください(^^

ありがとうございます。
遠い北の国から、あひる課長さんのご健勝と、
レシピコンテストの優勝を願っております。

No title

こんばんは。
「手袋を買いに」「ごんぎつね」どちらも泣きました。
「スーホの白い馬」でも泣きました。
子供が小さかった頃、毎晩絵本の読み聞かせを
していたことを思い出します。
子供達は真剣に絵本を覗き込みながら耳を傾けているのに
感情移入の激しい読み手の私は嗚咽しまくり。
「おかあさん、なに泣いてるの?」と聞かれ
「泣いてなんかないよ~」と強がってました。
絵本は子供達より私が好きだったのかも・・・
いけない、いけない・・・
また思い出してウルッとしてます。

らざーろさんが紹介してくださった絵本探してみようっと。

☆さとさと☆ さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 今・下の娘がちょうど国語で
> 「ごんぎつね」なんです。
> 最後は、かわいそうですね・・・。

もう、あのラストシーンは、
・・・あ、思い出しただけで・・・。

> はつゆきの頃・・いいお話ですね・・・。

こちらのラストシーンは・・・。
おっと、ここでは引用できません。
著作権が切れていないのです。

Re: 韓流ドラマ

punch8392 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 韓流ドラマファンとしては、題名がつい気になりました(笑)

いかにも、ありそうですよね「冬の童話」。
っていうか、ありましたっけ?

> 韓流も結果は分かりきっているのですが、結構泣けますよ。

結果がわかりきっているところが、人気の秘密なのでしょうか。
母は、毎日どこかのチャンネルで観てます。

> 今、日本で流行ってるK-popなどは全然知りませんが。

私もです(笑)。

万見仙千代 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 新美南吉さんの作品
> 子供の教科書に載ってましたね。
> ということは、らざーろさんはうちの子供たちと同年代でしょうか。

私は「ニューギンザ」で買い物をした世代ですから、
お子さんと同年代ってことは無いと思います。
ちなみに、「覚えている最初のオリンピック」は「札幌」です。
多分、教科書に載っていたのは、私の時代より
かなり後年ではなかろうかと・・。

> 私は動物が出てくると、それだけでお手上げです。

わかります。

> 泣くまいと思っても、オイオイ泣いてしまいます。
> 「かわいそうなぞう」 なんて、軽くトラウマなんです。
> 思い出しただけで泣けて泣けて・・・

『ごんぎつね』が、私の中での、泣ける童話「西の横綱」だとすると、
「東の横綱」には、宮沢賢治の『よだかの星』を挙げます。
著作権が切れてますから、ネット上でいつでも読めます。

> ほら、メガネが曇ってきちゃったし。

あら、鼻水も・・。

Re: 良いお話

yokoblueplanet さんへ。
こんばんは。コメントありがとうございます。

> 北海道は例年より17日遅れの初雪だったとか。。。北関東では早朝、車のフロントガラスの結露/夜露が凍り付きました!

札幌では、「さらっと」程度なのですが、
東へ隣の隣マチ「岩見沢」では45センチ降りました。
さすがにトップニュースでした。

> 風邪引きさんも多くなってきました。暖かくしてお過ごしくださいね!

ありがとうございます。
今夜あたりは、「なべやきうどん」でも頂こうかと・・。

そふぃーおばさん へ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 子供達は真剣に絵本を覗き込みながら耳を傾けているのに
> 感情移入の激しい読み手の私は嗚咽しまくり。
> 「おかあさん、なに泣いてるの?」と聞かれ
> 「泣いてなんかないよ~」と強がってました。
> 絵本は子供達より私が好きだったのかも・・・
> いけない、いけない・・・
> また思い出してウルッとしてます。

子供の頃を思い出します。
母は、割りとストレートに読んでました。
稀に、父が読んでくれるときは、
結構アレンジが効いた話でした。

ちなみに、当時の絵本はまだ数冊あります。
一番好きだったのは、
『ぐりとぐら』でした。

> らざーろさんが紹介してくださった絵本探してみようっと。

今、私は、「謝るタイミング」を真剣に思案中です。

勘違いならごめんなさい

こんばんは
このお話、らざーろさんの創作なのかと思ったのですが…

ついこの前まで、新美南吉の故郷あたりで働いてました(笑)
愛知では有名ですが、確かに北国っぽいですね!

No title

こんばんわ。

これは何だか、とても泣けてきそうな文章ですね。
わたしも結構涙腺緩いのでこうゆうのは弱いんですよ。(もう、ジジイだから)

宮沢賢治の永訣の朝、とか小学生の頃、道徳の時間に読んだ文章の数々などに、しょっちゅう泣かされていたもんです。

いよいよと言いますか、やっとと言いますか札幌で初雪と言うニュースを先日耳にしました。
冬が始まるよ、いうところですね。

風邪など召さぬように、ご自愛くださいまし。





Re: 勘違いならごめんなさい

ぽんぽこやまのたぬきちゃん へ。
こんばんは。コメントありがとうございます。

> このお話、らざーろさんの創作なのかと思ったのですが…

・・・ついに、バレてしまいましたか。
次回の更新は謝罪文で始まります(笑)。

> ついこの前まで、新美南吉の故郷あたりで働いてました(笑)
> 愛知では有名ですが、確かに北国っぽいですね!

『てぶくろを買いに』の冒頭、
雪国の人としか思えませんでした。

たれかは さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> これは何だか、とても泣けてきそうな文章ですね。
> わたしも結構涙腺緩いのでこうゆうのは弱いんですよ。(もう、ジジイだから)

私も最近、めっぽう弱いんです。

> いよいよと言いますか、やっとと言いますか札幌で初雪と言うニュースを先日耳にしました。
> 冬が始まるよ、いうところですね。

ああ、今窓の外が白いです。
「始まっちゃった・・。」
この時期特有の、不思議な感覚です。

> 風邪など召さぬように、ご自愛くださいまし。

ありがとうございます。
これからネギたっぷりの鍋焼きです。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR