FC2ブログ

納豆スパでゴー!

メモ#0384:

代わり映えのしない夜食を時折ブログに載せる私ですが、
そういえば、ちゃんとしたレシピを書いたことがない、と気づく午前2時。

先日の「納豆クリームスパ」が、なかなかの出来でしたので、ここにメモを残しておきます。
どちらかというと、「自分が忘れないため」のレシピです。

※ 分量 私の1人分(一般的には2人前)

スパゲッティ・・・・乾麺200グラム(太さはお好みで。個人的には、1.7㎜程度がよろしいかと思います。)
納豆・・・・・・・・・・1パック(40~50グラム見当。もっと多くても結構です。)
卵・・・・・・・・・・・・1個(Sサイズなら2個でも可、です。)
牛乳・・・・・・・・・・カップ1/2(100cc)

バター・・・・・・・・・「えっ!」て言うくらい。のほうが美味しいですが、まぁ10グラムくらいで。
醤油・・・・・・・・・・大匙1(15cc)
みりん・・・・・・・・・大匙1(15cc)(醤油とみりんはお好みの濃さで構いませんが、まずはこの程度で。)
鷹の爪・・・・・・・・1本(S&B一味唐辛子でも、もちろん構いません。糸唐辛子をお使いの場合は、味付けには使わずにトッピングにしましょう。)

青海苔・・・・・・・・少々(焼海苔でも構いません。)

※ 手順

① お湯を沸かしながら、まずは納豆を叩きます。
  まな板の方が叩きやすいですが、後始末が大変ですから、
  私は「完成品を盛り付けるお皿」の上で叩きます。
  お皿を傷つけないように、慎重に作業を進めてください。

  なお、「最初から引き割り納豆を用意する。」という手も、「アリ」、ですが、
  大粒納豆を叩いた方が、味は上です。

② 納豆がいい具合に割れましたら、卵と牛乳を加えます。
  納豆に付属のタレやカラシがついてきた場合、この時点で一緒に加えます。
  
  お湯が湧きましたら、スパゲッティを入れてゆでます。
  スパゲッティをゆでている間、納豆ソースをひたすら混ぜます。

  混ぜれば混ぜるほど、美味しい納豆クリームになりますので、
  この手順だけはテキトーにやってはいけません。

  一応の目安として、「スパゲッティが茹で上がる直前」まで混ぜましょう。

③ さて、スパゲッティが茹で上がりました。
  フライパンにバターを溶かし、あまり湯切りを徹底せずにスパゲッティを投入します。
  ナポリタンと違って、炒めスパではありませんから、火は弱火で。

④ 分量の醤油とみりんで味付けします。
  このあたりはお好みで、適宜調整してください。
  目安として、「ちょっと味が薄めの、バター醤油スパゲッティ」くらいで。

⑤ お皿の「納豆クリーム」を投入します。さっと混ぜ合わせる程度で。
  最後に、鷹の爪の輪切り、もしくは一味唐辛子をささっと振ります。

⑥ お皿に盛り付け、青海苔、または焼き海苔を手でちぎったヤツをぱらぱらと振りかけます。

⑦ 写真を撮影します。

⑧ いただきます。

2012年2月の納豆スパ

⑨ ブログにアップします。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは(^^

和風な納豆スパはよく見ますけど、納豆クリームとはまた斬新ですね♪
発酵食品は牛乳系とよく合うみたいです。

>⑨ ブログにアップします。

これ、重要ですよね(笑
我が家は「①猫にご飯をあげて、暴れないようにします。」と言う行程が入ります。

No title

こんにちは。

これ美味しそう!
バターと醤油と納豆って、絶対に相性良いはず。
ただ、お皿の上で納豆を叩くのが、かなり心配だわ。
慎重にやっても、ヒビが入りそう。

まいりました

納豆苦手な私なので
食べられませんが、
何故かこの写真を見ていると
自分の鼻の中が納豆の匂いになってきます
これ以上直視できません
私の負けです。(笑)

No title

こんばんは。
納豆のお風呂かと思っちゃった(笑)。

こんばんは☆

数ある納豆パスタの中で、このレシピは初めて見ました!
絶対美味しいと思います。
ちょっと香りの強いチーズを加えたカルボナーラのような味でしょうか?今度作って見ます!☆

No title

こんばんわ。

ああ、とても美味しそうに映りますよ。

納豆スパは未体験です。


もちろん、日本で生まれたメニューなんでしょうけど、いったい何県が発祥の地なんでしょうね???

あひる課長 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 和風な納豆スパはよく見ますけど、納豆クリームとはまた斬新ですね♪
> 発酵食品は牛乳系とよく合うみたいです。

意外と美味しいのが納豆&牛乳ですね。
そもそも、昔は「えー!スパゲッティに納豆?」という時代もあったでしょうし。
なんでも、やってみるものです(笑)。
ちなみに、純和風納豆スパも大好きです。

> >⑨ ブログにアップします。
>
> これ、重要ですよね(笑
> 我が家は「①猫にご飯をあげて、暴れないようにします。」と言う行程が入ります。

いろいろ大変ですね(笑)。

万見仙千代 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> これ美味しそう!
> バターと醤油と納豆って、絶対に相性良いはず。
> ただ、お皿の上で納豆を叩くのが、かなり心配だわ。
> 慎重にやっても、ヒビが入りそう。

ごくごく、軽い力で行ってください、心配な場合は、
あまり鋭利ではないテーブルナイフなどを使っていただければ大丈夫です。

「まな板を使って、あとできれいに洗う」のが、一番安全といえば安全です。

Re: まいりました

もーりーさんへ。
こんばんは。コメントありがとうございます。

> 納豆苦手な私なので
> 食べられませんが、
> 何故かこの写真を見ていると
> 自分の鼻の中が納豆の匂いになってきます

きっと、もーりーさんからはコメントを頂けないのではと思っておりました。

> これ以上直視できません
> 私の負けです。(笑)

今、「まんじゅう怖い」というお話を思い出しました。
「負け」なんて言っちゃって♪、
わかりました、またアップします。

あかちん さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 納豆のお風呂かと思っちゃった(笑)。

オチでそういう展開もイイですね♪、
では次回・・・やりません。

mariyakko さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> ちょっと香りの強いチーズを加えたカルボナーラのような味でしょうか?今度作って見ます!☆

スルドイですね。
私は「カルボっぽい何か」というスパゲッティをよく作りますが、
この料理は、チーズばかりか、ベーコンもないときに思いついたものです。

よりカルボっぽく仕上げたい場合は、卵は卵黄のみをお使いください。

たれかは さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> もちろん、日本で生まれたメニューなんでしょうけど、いったい何県が発祥の地なんでしょうね???

最初にメニューに載せたお店としては、
「壁の穴」が有名らしいですが、実際のところはどうなんでしょう・・。
探求してみると面白そうなテーマです。

No title

こんばんは。

なるほど、至極分かりやすいレシピかと思われます。私も料理の紹介をしたいと思いながら、素材や調味料なんかはテキトーな部分が多くて…書くとしてもほとんどが「適量」になってしまいそうです。

納豆といえば私の中ではご飯のお供一辺倒でしたが、新しい何かが開花した気がしました。

三流学士 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> なるほど、至極分かりやすいレシピかと思われます。私も料理の紹介をしたいと思いながら、素材や調味料なんかはテキトーな部分が多くて…書くとしてもほとんどが「適量」になってしまいそうです。

よく読んでみるとテキトーだったりします。
そのうち、「醤油・・・大匙1(ただし5倍でも可)」とか、書き出すかもしれません。
「匙」、「cc」、あたりはポイントかもしれません(笑)。

> 納豆といえば私の中ではご飯のお供一辺倒でしたが、新しい何かが開花した気がしました。

開花しましたか!
私も人生の中で何度か・・。
あれは確か、中一の頃、・・いや、ここでは申しますまい。

No title

はじめまして^^
やんと申します。

他の方のブログにこちらの記事が引用されており、
そこからこのブログに辿りつきました!

納豆スパ、めちゃめちゃおいしそうです!!
なので、真似して作ってみました。
やっぱり、めちゃおいしかったです^^♪

自分もブログをしていまして…
納豆スパのこと、アップさせていただこうと思います!!

今後もちょくちょく訪問させてもらいます^^

やん さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 他の方のブログにこちらの記事が引用されており、
> そこからこのブログに辿りつきました!
>
> 納豆スパ、めちゃめちゃおいしそうです!!
> なので、真似して作ってみました。
> やっぱり、めちゃおいしかったです^^♪

お試しいただけましたか!ありがとうございます!

> 自分もブログをしていまして…
> 納豆スパのこと、アップさせていただこうと思います!!

楽しみにしております。

毎度ワンパターンの料理が多い私ではありますが、
ご参考にしていただいて、大変喜んでおります。

> 今後もちょくちょく訪問させてもらいます^^

私も同様に。
是非、今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR