FC2ブログ

すいません、当時は8館でした。

メモ#0422:

先日、小樽へ「調べ物」へ行った私です。

当初の目的は達成できず、
喫茶コロンビアでエビグラタンを食べて帰ってきた訳ですが、
実はあの時、当初の目的とは違ったとはいえ、別の資料をゲットしてきたのです。

このときの状況を確認してみたかったのです。 → 『小樽東宝劇場で』

当時の私の記憶が正しかったかどうか、
新聞の縮刷版で確認してきました。字が細かくて、難儀でしたよぉ。

さてさて、まずは東宝劇場ですが、
やっぱり「サスペリア」と「ふたりだけの森」の二本立て。
そして、隣の花園映劇では、「遠すぎた橋」が上映中でした。
よっぽどインパクトがあったのでしょうねぇ、当時の記憶は正確でした。
えらいですね、半ズボン時代の私。

ついでに、当時(1977年7月)、小樽で公開していた映画を、
上記二館を含めてメモしておきましょう。
(この時点で、神秘のベールに包まれた私の年齢、バレバレです。)

東宝劇場」 → 『サスペリア』/『ふたりだけの森』
※ 当時は、いわゆる「レイテリング」がゆるくて、「成人映画と、それ以外」という分け方でした。
実際のところは、細かい規則があったかもしれませんが、劇場内にはコドモがイッパイでした。

花園映劇」 → 『遠すぎた橋』
※ 当時はの地方劇場では、「2本立て」が普通でしたが、この作品のように3時間を越える大作の場合は一本立て(そんな言葉あるのかな?)でした。

小樽東映」 → 『東映まんがまつり』(せむしの仔馬/あらいぐまラスカル 等 7本立て)

東宝スカラ座」 → 『八甲田山』
 ※ これも大作ですから「一本立て」。

小樽中劇」 → 『季節風(野口五郎主演)』/『愛情の設計(桜田淳子主演)』
 ※ 特にコメントはありません。

日活オスカー」 → 『悪魔のハーレム』/『淫売宿』
 ※ 特にコメントはありません。

電気館」 → 『エクソシスト2』/『メイディ4万フィート』
 ※ 札幌の映画館では、『エクソシスト2』の「一本立て扱い」でしたが、電気館では二本立て。
劇場の力関係なんかもあるんでしょうか。

富士館」 → 『河内のオッサンの唄』/『美女放浪記』/『女の股枕』
 ※ ・・どんな作品だったのでしょう、『女の股枕』・・・。

マノン」 → ※上映作品を書こうと思っていたら、どうも、ヌード劇場だった模様です。
「演目」の記載は自粛します。

と、いうわけで、当時の小樽市内の映画館は8館でした。最盛期は20館を越えていたらしいのですが、
その話は、また別の「調べ物」で・・・。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

サスペリアの音響装置。

こんばんは。
懐かしい映画名ばかりですね。
私は昭和30年代からの映画ファンです。
小学生当時は邦画ばかり、中学生になってから以降、洋画も併せて観るようになりました。
今では昔物語でシネラマ、70ミリ、センササラウンド音響、ファーカムサラウンド音響など、映画自体が大作、名作のオンパレードでした。
サスペリアはⅠとⅡがありましたね。
ファーカムサラウンドで館内に特殊スピーカーが備えられ風が吹けば館内を実際に流れているような音響でした。
今ではシネコン隆盛となったのと並行して邦画、洋画ともに昔でいうB級映画ばかりですね。
スクリーンサイズは、かつての田舎町の映画館並みでお粗末でチャッチィこと!
音響もドルビー、THXなどがありますが、映画隆盛当時からすると貧弱で寂しいものです。
映画をこよなく愛する私も近年、映画館に足を運ぶことは滅多にありません。
それと共に入場料が大人1,700円は世界一高いです。
かつての映画大国アメリカでも10ドル程度、ヨーロッパも同様の観賞料です。
さらに映画会社の思惑で3D映画はプラス300円、
つまらないB級映画に高い鑑賞料など払って観たくもありませんね。
十戒、ベンハー、スパルタカス、クレオパトラ、偉大な生涯の物語り、ネレトバの戦い、史上最大の作戦、ワイルドバンチ、ジョンウェインの名作など数えたらキリがないほど大作がありましたね。
今の若い世代層は可哀そうに思うのですがね。
長々と書いてゴメンナさいね。

Re: サスペリアの音響装置。

おから さんへ。
こんばんは。コメントありがとうございます。

映画館と、「宅配ピザ」の高さは許容範囲を超えますね。

あの当時は、「2番館」「3番館」と称される劇場もあり、
数ヶ月目の新作を格安で見せてくれる映画館もありました。
復活を望みます。・・・多分無理でしょうけど。

時代を感じますねぇ

当時の私は、まだ映画館へ行くことなど
全くなかったのですが
確かに、京都にもたくさんの映画館がありました

余談ですが、らざーろさんの
3つお姉さんです、私
再確認しました(笑)

Re: 時代を感じますねぇ

ぽんぽこやまのたぬきちゃん へ。
こんばんは。コメントありがとうございます。

> 当時の私は、まだ映画館へ行くことなど
> 全くなかったのですが
> 確かに、京都にもたくさんの映画館がありました

「シネコン」も悪くはないんですが、単館劇場の、「あの雰囲気」が好きだったんですよ。
小樽は、「シネコン」だけになってしまいましたね。

> 余談ですが、らざーろさんの
> 3つお姉さんです、私
> 再確認しました(笑)

コレが学生時代であれば、「三歳差」は大きな差ですが、
今くらいになると、「ほぼ同年代」ですね(笑)。

らざーろさんお久しぶりです

マノンではなく、マノン座ですね。多分v-390

富士館の前の看板が子供ながらにイヤでしたねv-404

Re: らざーろさんお久しぶりです

yuchan へ。
こんばんは。コメントありがとうございます。

> マノンではなく、マノン座ですね。多分v-390

おお、正式名称は「マノン座」でしたか。
ちなみに、当時の演目は・・・。やっぱり自粛します。

> 富士館の前の看板が子供ながらにイヤでしたねv-404

私が小樽に住んでいる間は、ずっと存在した劇場なんですが、
さっぱり覚えてません。どの辺にあったんでしょうか・・。

No title

らざーろさん、こんばんは。

帰ってまいりました。
そして喫茶コロンビアの前を通ってきました。
花園銀座街の寂れように泣き、都通りのひと気の無さにもっと泣き、築港のショッピングモールの広さとお客の多さに唖然としてきました。

半ズボンのらざーろ君は、ものすごい記憶力ですね。
どんどん「調べもの情報」を書いて下さいね。

万見仙千代 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 帰ってまいりました。

「お帰りなさい」と、北海道に住んでいる私が言うのも変ですね。
無事にご帰宅されて何よりです。

> そして喫茶コロンビアの前を通ってきました。
> 花園銀座街の寂れように泣き、都通りのひと気の無さにもっと泣き、築港のショッピングモールの広さとお客の多さに唖然としてきました。

そうでしたか。
かつての小樽の賑わいを知っている立場でも、
私のように、時折通っている場合と違い、
久しぶりに訪れた小樽の街は、多分、かなりのインパクトだったことでしょう。

お返事に書くのもアレなんですが、
昨日、「かま栄」の社長さんがなくなられまして、
ちょっと寂しい私であります。

> 半ズボンのらざーろ君は、ものすごい記憶力ですね。
> どんどん「調べもの情報」を書いて下さいね。

「調べもの情報」、今後も是非登場させたいと思っております。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR