FC2ブログ

売れている理由

メモ#0036:

「肥満解消のための外食カロリーブック For Businessmen」(平成4年5月17日発行10版)。
ベットの横に常に置いてある、私の愛読書です。

初版が平成2年(1990年)2月9日発行ですから、二年余りで10版。
20年経った今でも、大型書店で改訂版を見かけます。

知る人ぞ知る本かと思っていましたが、これだけ版を重ねるということは、
ひょっとすると数十万部は売れてますね。

タイトル通り、この本はダイエット用です。
過去、他にも外食メニューのカロリーや、栄養価の一覧を記したものはありましたが、
この本は、必要な栄養を摂取しつつ、しかしカロリーのとりすぎにならぬよう、
効率的な食べ残し方」を提示したところが大変画期的でした。

いくつか例を挙げますと、
「鍋焼きうどん」1600kcalコースの人の場合、
「めんは二口残す。えび天は衣を多少残し、他は全部食べる。」

「鶏肉とピーマン炒め定食」1800kcalコース、
「ごはんは3/4強食べる。鶏肉とピーマン炒めは汁を残して1/2食べる。
他は全部食べる。」


「ミックスグリル〈セットつき〉(ロイヤルホスト)」1400kcalコース、
「ライスは2/3強食べる。チキンの照り焼きは1/2食べ、ハンバーグは1/3食べる。
ソーセージ、つけ合わせ、スープは残す。」


などなど。

「食べ残すくらいならはじめから頼まなきゃいいのに。」とか、
「そもそも、ダイエットを志すような人が、ミックスグリルセットを注文するんだろうか?」とか、
ツッコミどころはありますが、まあそれはそれとして、
この本では上記のように、数々のメニューとその食べ残し方が、料理写真とともに
事細かに記載されています。

私は、ダイエットを目的にこの本を購入したわけではありません。

私は、この記事とかこの記事に記したとおり、そもそもお品が書きが大好きで、
また、美味しそうな料理が掲載されているブログ記事をおかずに、飯が食える人間です。
そんな私にとって、この本はまさに「お品書きパラダイス」といっていいでしょう。
また、巻末には協力店一覧が掲載されており、
「この写真の料理はどの店かな?」と推理するのも大きな楽しみです。

この本、意外と私のような人が買っているのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございました(-^〇^-)
今後とも宜しくお願いいたします。
http://tousimania1.blog129.fc2.com/

BY 投資マニア

Re: タイトルなし

投資マニアさま、
コメント、感謝です。

なるほど
そんなふうに本を楽しむのもありですね。

それにしても、ダイエットとは言え食べ物を残すのは僕としては許せませんね・・・
残した食べ物は無駄になっちゃうのに・・・

出されたもの、頼んだものは絶対に食べきるのが、命に対する最低限の礼儀では無いのか・・・

のりさん

こんばんは。

コメントありがとうございます。

ごく稀ですが、たまに、とんかつ屋で、衣をはがして食べる女性を見かけます。
お店に対して失礼な行為ですが、のりさんのおっしゃるとおり、それ以上に、豚に失礼です。
この記事で紹介したこの書籍、「こんなもったいないことがないように、気をつけよう。」
という啓蒙書であってほしいと、私は願っております。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR