FC2ブログ

これも、ニッポンの食文化。

メモ#0511:

海外に在住されている方のブログに、時々お邪魔します。
美しい景色や、独自の文化、ニッポンとの違いで戸惑ったことなど、
いつも楽しく拝見させていただいておりますが、
やはり、もっとも興味をそそるのは、食文化です。

皆さん、その土地なりの食を楽しんだり、
工夫して日本食を作ってみたりと、
読むたびに興味がわきます。
楽しいなぁ。

今は、このように、各国の食文化を、
詳細に知ることができる時代になりましたが、
一昔前は、文献とか、テレビ頼りでした。

昔の文献やテレビで、
「各国の食文化」が紹介されてましたが、
あれって、あくまで「一例」に過ぎないと思うんですが、
いかがなモンでしょうか。

イタリア人やフランス人だって、
「朝は食わない、昼はマックで済ませて、夜は冷凍食品。」
などという人も、結構大勢居るでしょうし。

「食に対する興味が薄い」などといわれている、
イギリス人だって、そんな人ばかりじゃぁ、無いはずです。
毎晩、「創作お夜食」の製作に精を出す人も、
きっと沢山居るでしょう。




例えば、ニッポンの食文化について、

「コメを主食とし、ミソスープと供に、魚をメインとした料理で一式とする。
ツケモノとよばれるピクルスを添える場合もある。
近年、肉食も普及し、特にスキヤキなどを好む。
スシやサシミなど、生魚を簡便的に調理した料理が人気である。
鮮度が落ちた魚や野菜は、テンプラとして調理する。
家庭での食事は、家長である者(主として父親)が食事を開始する前は、
その他の者は食事できない厳格なルールが存在する。」


などと、
あ、上記の文章はは創作ですけど、多分、
一昔前のニッポン紹介本なんかには、こんなふうに書かれていたかもしれませんねぇ。

これがまたウマイんです

「スパゲッティの、プロセスチーズを粉にしたやつがけ。」
ニッポンの、ある日のお夜食です。
「第3のビール」と供に、頂きました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

日常食の中で、和洋中が混在する
現代日本の食文化って多様ですね。
逆に伝統的なものが少なくなってるのが
ちょっと寂しい気はしますけど。

お夜食のパスタ、シンプルだけど美味しそう(^-^)

日本食

海外生活をしてみて、本当にあらためて日本食って美味しいなぁと気づきました。場所がアメリカだからというのもありますが...。

こちらで大人気の「寿司」も「カリフォルニアロール」のことを指すことが大半で、「I Love Sushi~」と言っているアジア以外の外人さんはたいてい生ものが食べれません(笑)

生でお魚を食べる勇気ってよく考えるとすごいですよね?日本人万歳!!
(私は生ものはほぼ食べれないのですが...)

No title

今シンガポールに居ます <(_ _)>

食事は、、、、まずいですね~~~~

No title

すばらしくそれっぽい解説に、
読み終わるまで、何かの引用だと、
騙されてしまいました。
まだまだですね。

オーストラリア在住です。
ので、様々なアジアンが正解か不正解か別にして、
色々普及してます。
和食含めアジア飯は、味に奥行きがあって、
すばらしいですね。。

なをさん へ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 日常食の中で、和洋中が混在する
> 現代日本の食文化って多様ですね。
> 逆に伝統的なものが少なくなってるのが
> ちょっと寂しい気はしますけど。

確かにそうですね。
でも、日本人のことですから、
テレビで「昔のあの味はどこへ」なんて特集でも組めば、
一気に復活するかもしれません。

> お夜食のパスタ、シンプルだけど美味しそう(^-^)

結構ウマイです。
「ちょっとだけ作る」、のがコツです。
いつものように沢山ゆでると、さすがに飽きます(笑)。

punch8392 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 海外生活をしてみて、本当にあらためて日本食って美味しいなぁと気づきました。場所がアメリカだからというのもありますが...。

私の普段の食生活を見て、
「海外でも充分暮らしていけるね」と人は言いますが、
うーん、美味しい手打ち蕎麦に飢えそうですね。

> こちらで大人気の「寿司」も「カリフォルニアロール」のことを指すことが大半で、「I Love Sushi~」と言っているアジア以外の外人さんはたいてい生ものが食べれません(笑)

最近では、箸を上手に操って、マグロなどを食べるアメリカ人の動画をよく見かけるようになりましたが、
あれは、ごく一部の人でしたか。
住んで見なけりゃわからないものですね。

> 生でお魚を食べる勇気ってよく考えるとすごいですよね?日本人万歳!!
> (私は生ものはほぼ食べれないのですが...)

食べ物に限った話ではありませんが、
「日本人に生まれてよかったなぁ。」と思うことは数々あります。日本人万歳!!

AGA さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 今シンガポールに居ます <(_ _)>
>
> 食事は、、、、まずいですね~~~~

おお、シンガポールですか!

私の唯一の海外渡航先は、シンガポールなのですが、
基本的に、何を食べても美味かった記憶があります。
特にチキンライスなど。

おコメが、当然タイ米なんですが、
アレはアレで美味かったような・・・。
まぁ、短期間でしたからね。

さやすけ☆ さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> すばらしくそれっぽい解説に、
> 読み終わるまで、何かの引用だと、
> 騙されてしまいました。
> まだまだですね。

騙すつもりは無かったのですが・・(笑)。
今度から、文字をナナメにするときは気をつけます。

> オーストラリア在住です。
> ので、様々なアジアンが正解か不正解か別にして、
> 色々普及してます。
> 和食含めアジア飯は、味に奥行きがあって、
> すばらしいですね。。

確かに、海外で生活する場合、日本料理ではなくても、
アジア料理を食べるとほっとする場合があるようですね。

これも、「味の素」のおかげかもしれません。

No title

こんにちは(^^

確かに確かに。
肉じゃがとか、キツネ焼きとか、海外の方は知らないはず。
そう思うと、逆に海外の知らない料理もたくさんあるのではないかと思います。

日本の食文化、素晴らしい説明ですね。文才を感じます。

英訳して普通に海外で出版されていそうですよ、、、
民明書房館あたりから発売されていないでしょうか。

楽しい一日をお過しください(^^

あひる課長 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 確かに確かに。
> 肉じゃがとか、キツネ焼きとか、海外の方は知らないはず。
> そう思うと、逆に海外の知らない料理もたくさんあるのではないかと思います。

そうですよね。
海外の知らない料理を、ネットで見つけるのも楽しいものです。

> 日本の食文化、素晴らしい説明ですね。文才を感じます。

そんな、とんでもないです。

> 英訳して普通に海外で出版されていそうですよ、、、
> 民明書房館あたりから発売されていないでしょうか。

思わず調べてしまったではないですか(笑)。

No title

こんばんは。

記事とは全然関係ないんですけど、マサルさん勝ったじゃないですか!!
我が事のように、じゃない、らざーろさんの事のように嬉しいです。
おめでとうございます v-352

No title

小樽あんかけ焼きそばも日本の食文化かしら?(^_^;)
昨日、小樽に行ったら、確からざーろさんお薦めのお店、
お昼時なのに準備中でした~(泣)

お寿司食べたからいいけど(^_-)-☆


万見仙千代 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 記事とは全然関係ないんですけど、マサルさん勝ったじゃないですか!!
> 我が事のように、じゃない、らざーろさんの事のように嬉しいです。
> おめでとうございます v-352

早速のご訪問、ありがとうございます。
私、正直、ちょっと泣きましたよ。
ああ、嬉しくてどうして良いかわからない・・・!
とりあえず、これから川柳を考えます。

そふぃーおばさん へ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 小樽あんかけ焼きそばも日本の食文化かしら?(^_^;)

立派な、日本の食文化であると存じます。

> 昨日、小樽に行ったら、確からざーろさんお薦めのお店、
> お昼時なのに準備中でした~(泣)
>
> お寿司食べたからいいけど(^_-)-☆

ああ、準備中でしたか・・・
・・・え、「昨日」!?
これは、レポートを見逃せません!
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR