FC2ブログ

あんこ、美味しい。

メモ#0602:

今日もびしょ濡れです。
でも、今日の場合は「びしょ濡れ」を覚悟して出勤したので、
ダメージはそれほどでもありません。まだHPが7くらい残ってます。ホイミ。あ、HPが29に。

仕事を終えて帰ると、おや、タイヤキ。

たいやき

私が小学生の頃、「あの歌」で、一大ブームを巻き起こした、タイヤキ。
30年以上の時を経て、いま、ふたたび、静かなブームのようです。

「アタシなんか食べても、美味しくないんだからね!」とでも言いたげな、この表情。

そうかい、そうかい、では頭から。
まったく甘みの無い皮に包まれて、中身は超甘甘のつぶ餡が、しっぽまでギッシリ・・・。




10年ほど前、JR釧路駅で、私は札幌行きの特急列車を待っていました。
ちょうど10月でした。
釧路の10月は、寒いのです。

仕事を終えた私は、駅構内の蕎麦店で夕食を済ませました。
天麩羅と、小鉢2・3品、さらに盛り蕎麦が付いたセットです。
ひょっとすると、ビール込みのセットだったかもしれません。

満腹となり、心が穏やかになった私は、懐かしい釧路駅の散策へ。
食事を終えてなお、列車まで30分ほどの待ち時間があったので、構内をぷらぷらと。

大判焼き(今川焼きなどと同じものです)のお店が、駅の一番東側にありました。

ほほう、学校帰りの高校生が買っています。
お、ものすごい勢いで食べています。あ、二個目を攻めます。
途中、ペットボトルのウーロン茶をはさみ、あっという間に完食です。

件の高校生は、その後バス停へ。

それを見ていた私は、自分が食べていないのにも関わらず、
思わず、「ふう、うまかった。」と、つぶやいてしまいました。

ひとが、美味しそうに何かを食べている光景、
べホイミです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

少し前は 鯛焼きは あちこちで 店を 出してたけど
 もう 店じまいって所が 多いのでは

No title

懐かしいですね~あの歌。
私も小学生のころに流行ってました。
LPレコード(しか残ってなかった?)も持ってました。
父親に頼んであのたい焼きを紙で作ってもらいました(色づけ有)

頭から食べるかしっぽから食べるか迷うところです。
しっぽから食べて「しっぽまであんこが入ってるかどうか」の確認をするのが大阪人でしょうか?(笑)
冷めたらチン♪しますがあんこが熱くなりすぎて口の中をやけどしたことが何度もあります。
らざーろさんもきっとありますよね?(-。-)y-゜゜゜

今、たい焼きって値段、いくらくらい何でしょ?


わたし、子供の頃は50円位だったかしらん?

年齢を重ねるたびに…

あんこと和菓子好きに…
昔はケーキ大好きだったのですが最近はは何故か餡子やかりんとう、羊羹にに魅力を感じます(笑)
何でだろう?
泳げたいやきく君は皆口ずさんでましたね!
個人的にはクリームも好きです。

北海道のくま さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 少し前は 鯛焼きは あちこちで 店を 出してたけど
>  もう 店じまいって所が 多いのでは

それがですね。気づくと、多いですよ、鯛焼き屋さん。
昔と比べると、やや小ぶりな店が多いですが、
結構、頑張っているようです。

むらまさ&女王さま へ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 懐かしいですね~あの歌。
> 私も小学生のころに流行ってました。
> LPレコード(しか残ってなかった?)も持ってました。
> 父親に頼んであのたい焼きを紙で作ってもらいました(色づけ有)

やさしいお父様ですね。
あの歌の、ジャケットのイラストのような、
「泳いでいる」やつですね。子供心をくすぐられたものです。

> 頭から食べるかしっぽから食べるか迷うところです。
> しっぽから食べて「しっぽまであんこが入ってるかどうか」の確認をするのが大阪人でしょうか?(笑)

大ブームだったあの頃は、
あんこが少ない店が多かったような気がします。
今でも頑張っている店は、けっこう、あんこギッシリですね。

> 冷めたらチン♪しますがあんこが熱くなりすぎて口の中をやけどしたことが何度もあります。
> らざーろさんもきっとありますよね?(-。-)y-゜゜゜

あります。アツアツあんこは危険です!

今回のやつは、ラップに包んで、保温中の炊飯器に入れておきました。
いい具合でした。

たれかは さんへ。

こんばんは、コメントありがとうございます。

> 今、たい焼きって値段、いくらくらい何でしょ?

平均して、120~130円くらいでしょうか。

> わたし、子供の頃は50円位だったかしらん?

私が子供の頃も、それぐらいだったと思います。
ただ、もっとデカかったような気が・・・。
いや、私の手が小さかっただけかもしれませんが。

TOSIPAPA さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 昔はケーキ大好きだったのですが最近はは何故か餡子やかりんとう、羊羹にに魅力を感じます(笑)
> 何でだろう?

日本人には、そのようなDNAが組み込まれているかもしれませんね(笑)。

> 泳げたいやきく君は皆口ずさんでましたね!
> 個人的にはクリームも好きです。

いまや、クリーム、チョコ、チーズ、さらには「カレー」まで・・。
去年、初めてチーズ鯛焼きを食べましたが、ナカナカでした。

ただ、お土産にするなら、とりあえず「つぶあん」をチョイスします。

No title

こんばんは。

タイ焼き。

どうして「タイ」焼きなのでしょうか。
常日頃思っております。

イワシ焼きやサンマ焼きでは、あんこが入らないのはわかりますが。。。

マンボウやクジラではどうでしょうか?

きっとこちらの方があんこがたっぷりで、食べ応えあると思うのですが。

No title

こんばんは。

時々、ムショーに「たい焼き生地+餡子」の食べ物が食べたくなりますね。別に形は鯛であろうと大判であろうとコアラであろうと構わないです。
私は当日買ったものなら、暖めないで冷えたまま齧り付きますね。あのちょっと湿った生地が「待ってくれたか…」と哀愁を誘います。

地味にこの手のお菓子は、焼きそば屋さんとかたこ焼き屋さんが片手まで焼いてるのがまた美味しかったりすると思います。

>それを見ていた私は、自分が食べていないのにも関わ
>らず、思わず、「ふう、うまかった。」と、つぶやいてしまい
>ました。

孤独のグルメに出て来そうなシーンですね(笑)
これまた、北海道の寒い時期だから絵になるんでしょうね~。

愚夫愚父 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> タイ焼き。
>
> どうして「タイ」焼きなのでしょうか。
> 常日頃思っております。
>
> イワシ焼きやサンマ焼きでは、あんこが入らないのはわかりますが。。。
>
> マンボウやクジラではどうでしょうか?
>
> きっとこちらの方があんこがたっぷりで、食べ応えあると思うのですが。

努めて真面目に考察するに、
「オメデタイ」からタイなのではないかと思われます。

マンボウ、は、コッチに置いといて(よっこいしょ。)、

クジラ焼きは、有りかと思います。
ニッポンの伝統、捕鯨文化を啓蒙するため、
「クジラ焼き」、あって欲しいですし、食べてみたいです。
(探せば、あるかもしれませんね。)

KZ-1 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 時々、ムショーに「たい焼き生地+餡子」の食べ物が食べたくなりますね。別に形は鯛であろうと大判であろうとコアラであろうと構わないです。
> 私は当日買ったものなら、暖めないで冷えたまま齧り付きますね。あのちょっと湿った生地が「待ってくれたか…」と哀愁を誘います。

さめた鯛焼き(大判焼き・今川焼き・大判焼きなどを含む。)は、
ギリギリ、「冷たくは無い」時点で食べると、餡の味がはっきり判って、それはそれでうまいですよね。

ただ、これからの季節、わが地域では、
ほっておくとカチンコチンになる危険もあります。

> 地味にこの手のお菓子は、焼きそば屋さんとかたこ焼き屋さんが片手まで焼いてるのがまた美味しかったりすると思います。

そうなんですよね。
これがニクイところです。
また逆に、鯛焼きメインのみせで、片手間に出しているラーメンが絶妙だったりするところが、
侮れなく、かつ、楽しいったらありゃしない。

> >それを見ていた私は、自分が食べていないのにも関わ
> >らず、思わず、「ふう、うまかった。」と、つぶやいてしまい
> >ました。
>
> 孤独のグルメに出て来そうなシーンですね(笑)
> これまた、北海道の寒い時期だから絵になるんでしょうね~。

気づきませんでしたが、
言われてみますと、たしかに、「寒さ」も大事なエッセンスですね。

程なくして、寒い寒い冬がやってきますが、
「寒いからこそウマイ」ものを糧に、なんとか頑張っていきますよ。
まずはタイヤ交換から。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR