FC2ブログ

サラミと私。

メモ#0632:

夕食、というか、「晩酌」と言ったほうが正しいですね、
その時間中の出来事です。

あ、母が「生サラミ」をパクパク食べている。
あれ、そんなにお好きでしたっけ?

「あら、知らなかった?」

知りませんでしたよ。
第一、らざーろ母といえば、「お肉要らない系女子」として、一部で有名(?)、
ふたりで「さんぱち」に行こうものなら、私のラーメンは一気に、
「チャーシュー6枚乗せ。」に変身してしまうのです。

そんな母が、生サラミをバクバクと。

しかも、サラミといえば、
数ある食肉加工品の中でも、「豚の脂の存在感」が、
ひときわ感じられる食品です。
本来なら、母が一番ニガテなはず・・・。

どうやら、どこかの会合か何かで、割りと高級なサラミを食べて以来、
好物の仲間入りをしたようです。
うーむ、いつの間にそんな会合に。
まさか仮面などをつけてなかったでしょうね。




今までにも、何度か「食べ物の好き嫌い」について書きましたが、
母のような例は「幸運」と言うべきでしょう。

『初めて食べたものが、普段はあまり食指が動かないのだが、非常に質のよいものであった。結果、好物になった。』
一方で、
『初めて食べたものが、たまたま、鮮度の悪いもの、若しくは体調が悪い時であった。結果、ニガテになった。』

このような例は、私の周りにも数多く見られます。

さて、私はといえば、実は、「焼いてないサラミ」、若干、苦手なのです。

私は、子供の頃からお肉大好きオコサマだったのですが、
なにしろ母が、お肉がニガテなもので、
食卓にお肉が上る回数は、おそらく、当時の一般的家庭の平均より、
若干低かったのではないでしょうか。

あるとき、父がオツマミとして「ベビーサラミ」を買って来ました。
「らざーろ、これ食ってみれ、うまいぞ。」
あ、うまい!おにくだおにくだ!

「あんまり食べ過ぎるなよ。」

ウンわかった。じゃあもうひとつだけ。
もうひとつ、もうひとつ・・・。

翌日、胸焼けした私は、マーライオンのように(以下略)。

そんなわけで、私にとって、「サラミ」は、
長い間、「ニガテな食べ物」だったのです。

件の出来事から数年。
私にとって、ニガテ克服の幸運な出来事が起こりました。

雪印の「冷凍ピザ」です。

焼かれたサラミの美味いこと!
チーズとの相性が素晴らしいこと!
いっぺんに、この、
「ピザに乗っている丸いやつ」が好きになりました。

そうです、私にとっての幸運は、
「それが、サラミである。」ということを、知らなかったことです。
当時の私は、「ベビーサラミ」状のものが、サラミであると認識していました。

あの、冷凍ピザに乗っているものが、「サラミだよ」と、
誰かに知らされていたなら、
ひょっとすると私は、今頃、「ピザ嫌い」になっていたかもしれません。

焼かれたサラミによって、私の「サラミ嫌い」は克服されました。
ただ、正直に告白すると、
「焼かれてないサラミ」、いまだに、少々ニガテです・・。




そんなことを思い出しながら、晩酌は続きます。

「あら、サラミ食べないの?美味しいわよ。」

食べますとも。
もちろん、焼いてから。

焼かれたサラミと、グr
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます♪

食わず嫌いもあるけど、長い間苦手だったもので
好きになったものの代表格が「ウニ」です。

子どもの頃は見た目からして嫌い!!
大人になってからも高級ウニとご縁がなかったせいか
食べても美味しいと思ったことはなし。。。

それが、北海道に旅行して食べた
積丹のウニの美味しかったこと♡
いきなりウニ好きに変身しました(^_^;)

ちなみに子供の頃から嫌いで
いまだに克服できないものに
「らっきょう」がある私です(ここだけの話ですが^^;)

そふぃーおばさん へ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 食わず嫌いもあるけど、長い間苦手だったもので
> 好きになったものの代表格が「ウニ」です。

「ウニ」は、好き嫌いが分かれる食品の代表格ですね。

> 子どもの頃は見た目からして嫌い!!
> 大人になってからも高級ウニとご縁がなかったせいか
> 食べても美味しいと思ったことはなし。。。
>
> それが、北海道に旅行して食べた
> 積丹のウニの美味しかったこと♡
> いきなりウニ好きに変身しました(^_^;)

ああ良かった。克服されたのですね。
海産物に関しては、鮮度が決めてです。

ちなみに私もウニは大好きです。
北海道に生まれてよかった♪

> ちなみに子供の頃から嫌いで
> いまだに克服できないものに
> 「らっきょう」がある私です(ここだけの話ですが^^;)

お!らっきょう!
実は私、子供の頃は苦手で、
ある出来事をきっかけに克服したのです。

その出来事は、画面右側、
「月別アーカイブ」の、『2011年5月』をクリックしてみてください。
一番最初に、そのエピソードが出てきます。

No title

うん~~ 北海道で 貧乏な家は 肉などは めったいないですね
 ほとんど その当時は 嫌いな 魚類が 一杯出てましたね
  サンマ イワシなどなど 骨まで 食べれって
   嫌だったけど 年をとるにつれて だんだんと
肉から 魚に 変わって来ましたね
 その魚も あまり 食べたくなったような

No title

再登場です(^_^;)

『2011年5月』の記事は覚えてます(^_^;)
らざーろさん、すごい!!
らっきょう、克服できたんだ!!と尊敬しちゃいましたから☆

でも、ごはんの横のらっきょうがダメなのよね~(^_^;)
美味しいごはんに、らっきょうの汁が混ざり合うのが
あ~、もうダメ~

人生観がかわるような美味しいらっきょうに出会ってみたい私です♡
ごめんなさい!!
テーマはサラミでしたね(^_^;)

北海道のくま さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> うん~~ 北海道で 貧乏な家は 肉などは めったいないですね
>  ほとんど その当時は 嫌いな 魚類が 一杯出てましたね

父も、わりと魚が好きな人でしたから、
我が家の食卓も、魚が中心でした。
「肉がいっぱい食べられる料理」といえば、ジンギスカンでしたねー。

>   サンマ イワシなどなど 骨まで 食べれって
>    嫌だったけど 年をとるにつれて だんだんと
> 肉から 魚に 変わって来ましたね

確かに、若干嗜好が変わってきました。
ところが、昔安かった「ギンダラ」などが、
いまや、ちょっと豪勢なお肉よりも高値に・・。

>  その魚も あまり 食べたくなったような

おや。くまさんが草食化?

そふぃーおばさん へ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 再登場です(^_^;)

待ってました(笑)!

> 『2011年5月』の記事は覚えてます(^_^;)
> らざーろさん、すごい!!
> らっきょう、克服できたんだ!!と尊敬しちゃいましたから☆

覚えておいででしたか。光栄です。

> でも、ごはんの横のらっきょうがダメなのよね~(^_^;)
> 美味しいごはんに、らっきょうの汁が混ざり合うのが
> あ~、もうダメ~
>
> 人生観がかわるような美味しいらっきょうに出会ってみたい私です♡
> ごめんなさい!!
> テーマはサラミでしたね(^_^;)

ここで、そふぃーさんのラッキョウ克服を願って、
本当は記事にしようと思っていた秘伝のレシピを大公開。

1 ラッキョウと茹でタマゴを細かく刻み、マヨネーズで和えます。

以上です。

ラッキョウタルタルソースの出来上がりです。
これからの季節、牡蠣フライなどにどうぞ。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR