FC2ブログ

それぞれの食卓。

メモ#0877:

危ない危ない。

「新しい記事を書く」をクリックしたら、
上の方に、「トラックバックテーマ」が表示されるんですが、
今日のテーマは、『自分の中の一番得意な絵』でしたので、
思わず、「せっぴの絵」などを披露しそうになりました。

それはさておき。

最近は、インタァネットの発達等により、
各地方、または、各家庭の「お食事事情」がすぐにわかるようになりました。
便利な時代ですね。

しかし、ひと昔前までは、

「多分、どの家庭でもこの作り方だろう」と思っていたものが、実は我が家独特のものであったり、逆に、
「この料理は、ヨソではやってないだろうな」と思ったものが、実は定番であったりする事実を、
割りと大人になってから知る、ということが、何度かありました。

前者の代表は、「湯豆腐にほうれん草をたっぷり入れる」で、
後者の代表は、「バター醤油かけごはん」です。




ふとした会話の中から、
「ええっ!お前んち、カレーにソースかけるの!?」
「いや、かけるっしょ、ふつう。」
「うそぉ、かけねーべや。」
などと、ソース談義に花が咲いたあの頃は、不便な時代でしたが、
それだけに面白みもあったといえるでしょう。あ、私はソースはかけませんが、
それもアリだと思います。

そんな頃、たしか小学校高学年か、中学校一年生くらいだったと思います。

ある雑誌、きっと、「小学6年生」とか「中一コース」とかの、「学習雑誌」だったと思います。
お決まりの、「読者投稿コーナー」がありまして、
まぁ、たいていはツマンナイのですが、
その中に、こんな投稿があったのを、今でもはっきりと覚えています。

『今日のメニューはトンカツよ、ということで、
 ウキウキして家に帰ったのですが、
 おにいちゃんったら、家族全員のトンカツに、
 ソースと間違えてお醤油をかけちゃったの。
 おにいちゃん、バツとして、全員のトンカツを食べさせられちゃったの。うふ。』


みたいな内容だったと思います。

ツマンナイのは私のせいではありませんが、面白い・ツマンナイは別として、
この違和感、皆さんもお感じになりませんか?

まず第一に、「家族全員のトンカツに、予めソースをかける」という行動。
結果として、醤油をかけてしまったわけですが、
そもそも、醤油やソースなどというものは、
各人が好みの量をかける(もしくは、かけない)ものであるはず、いや、我が家だけなのでしょうか・・。

第二に、「トンカツにお醤油をかけちゃったから、台無しになった」という感覚。
いいじゃないですか、お醤油でも。
私などは、数切れをソースで、数切れを醤油で、という頂き方をよくします。

そして、皆様方の中にも、「トンカツソースと醤油をブレンド」とか、
「ケチャップとマヨネーズ、さらにソース、そして醤油、ついでに山葵も」という、
特製ソースで召し上がる方も、きっと珍しくないと想像します。

第三に、「バツとして、全部食う」という行動。
翌日の学業などに支障をきたします。
とりあえず冷蔵庫に保存しておいて、アレンジを加えて頂くという選択肢が求められるところです。




そして最大の違和感。

頑なに、「トンカツはソースで頂くもの」と信じていたこの一家、
醤油をかけてしまったことで、投稿者の兄は罰を受けたのでありますが、
もし私がその場にいたなら・・・。

おニューの丼でカツ丼

「カツ丼にしようよ!」
という、適切なアドヴァイスにより、家族の団欒を維持することが出来たのに・・。

投稿者の兄のその後が、今でも心配です。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とんかつだろうがビフカツ(牛肉のカツ)だろうが何だろうが、ウスターソースをどばどばかけて食べてたのは死んだ父です。
塩サケ、糠漬け、卵焼きにもおしょうゆどばどば。
でも高血圧じゃありませんでした。たばこ(ショートピース)の吸いすぎによる肺気腫。

…はどうでもよいとして。

とんかつってソースでもおしょうゆでも何でもマッチするあたりがいいと思うんですが。

「罰として家族全員分のとんかつを食べさせられた兄」のその後も気になりますが、投稿者を含めた家族のその夜のメインのおかずはどうなったのかも気になります(笑)

No title

トンカツにお醤油普通ですよー。
最近は柚子胡椒&ポン酢とかチリソース掛けたり。
カレーにお醤油もありです。

ろでむ地方のお醤油は甘いのです。
全国販売されているお醤油はしょっぱくて掛けれないですよ。
これって地域柄ってやつですかね?

北海道ってろでむからしたら未知の世界です。
さんぎってなあに?って思いましたもん。
あ~ビール飲みたくなって来ました♪

むらまさ&女王さま へ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

どうでしたか。お父さまは「どばどば派」でしたか。
地域差もあるかもしれませんが、
私の両親か、もう少し上の世代(現在70から80歳くらい)の方々は、
比較的、ソース・醤油どばどば派の方が多いような気がします。

> とんかつってソースでもおしょうゆでも何でもマッチするあたりがいいと思うんですが。

同感です。
ほか弁の、「白身のフライ」なども、醤油が合いますね。

> 「罰として家族全員分のとんかつを食べさせられた兄」のその後も気になりますが、投稿者を含めた家族のその夜のメインのおかずはどうなったのかも気になります(笑)

白メシにソースでもかけて食べたのではないでしょうか(笑)。

ろでむ さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> トンカツにお醤油普通ですよー。
> 最近は柚子胡椒&ポン酢とかチリソース掛けたり。
> カレーにお醤油もありです。

全部「アリ」ですよね。

「ゆであずきに少量の塩」と同じように、
醤油を一滴たらすと、食材の甘みが引き立ったりします。魔法の調味料です。

> ろでむ地方のお醤油は甘いのです。
> 全国販売されているお醤油はしょっぱくて掛けれないですよ。
> これって地域柄ってやつですかね?

以前のソースのお話、今回の醤油のお話から想像するに、
「あの県」にお住まいではないかと・・・。

> 北海道ってろでむからしたら未知の世界です。
> さんぎってなあに?って思いましたもん。
> あ~ビール飲みたくなって来ました♪

私の住む北海道、料理の味付けに関しては
「甘さが強い」との評価ですが、
家庭間での差が激しいと思われます。

ちなみに、ビールに合うのは「さんぎ」ではなく、「ざんぎ」です。
「さんぎ」は、
「芸能人は歯が命」でおなじみの、「アパガード」を作っている会社です。

No title

子供の頃からソース嫌いだった私。
トンカツを前に (これにお醤油をかけたら美味しいんじゃないだろうか)と思ったものでした。
だけど私には勇気がなかった!
ほんの少しの勇気があれば、トンカツの新しい世界を私が押し広げたのに。
いまでは、醤油掛け、塩ふりトンカツが認定されて、本当に楽な世の中になったものです。

万見仙千代 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 子供の頃からソース嫌いだった私。
> トンカツを前に (これにお醤油をかけたら美味しいんじゃないだろうか)と思ったものでした。
> だけど私には勇気がなかった!
> ほんの少しの勇気があれば、トンカツの新しい世界を私が押し広げたのに。

「わぁ間違っちゃった。」と言って醤油をかける。というテがありましたね。

しかし、そのような姑息な手段など、浮かびもしない純粋な少女だったのですね。
ちなみに私の子供時代なら、ガンガン使いました、姑息な手段(笑)。

> いまでは、醤油掛け、塩ふりトンカツが認定されて、本当に楽な世の中になったものです。

食の多様さが認められるのは、良い事ですね。
考えてみれば、
「カツを卵でとじる」とか、
「味噌味のラーメン」とか、
発祥当時はかなりのインパクトだったのではないでしょうか。

冒険心が、新しい味の世界を切り開くのですね。
私としても、残りの人生で、「食わず嫌い」を一つでも多く克服することを目標にして行こうと思います!

え?イナゴですか?今日は遠慮しておきます・・・。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR