FC2ブログ

白熱の日ハム×オリックス戦!

メモ#0084:

今日のオープン戦の話ではございません。
2006年、私が札幌ドームでのファイターズ公式戦を初観戦したときの話です。

一塁側
試合開始30分前で、内野席はこんな入りでした。

センター側
レフト側応援席にも空きが目立ちます。今では考えられませんね。

試合は、一進一退の攻防。
8回裏、田中賢介のライトポール直撃のホームランで同点!
その後、新庄のレフト線への鋭いヒットで、一塁ランナー稲葉が長躯ホームイン!
これが決勝点となりました。

ヒーローインタビュー
最後の写真、ピントは空気に合ってますが、
インタビューを受けているのは新庄。

この年、彼はどんなに活躍しても、ヒーローインタビューを若手に譲ることが多く、
これが札幌ドーム公式戦での最後のお立ち台になりました。

(今月下旬以降、野球の記事がちょっと増えますよ。)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

我が大阪の球団と言えば、阪神タイガース、ではなく、
本来、オリックスバッファローズなのですが、地元での人気はイマイチのような。

近鉄・オリックスの合体以来、ますます人気が下がったような気がします。
あれから、もう5年以上経ちますが、地元密着の球団とは言えないような?

そちらの球団がうらやましい。。。

愚夫愚父さんへ。

こんばんは。
コメントありがとうございます。

もう20年くらい前でしょうか、ある仕事で、
関西出身の方と一緒になりました。
てっきり阪神ファンだと思い込んで野球のハナシを振ると、
彼は藤井寺市出身で、生粋の近鉄ファンでした。

今は、「ファン総取り」状態のファイターズを全力で応援しており、
また、このような状況を作った日本ハム本社の戦略が
非常にうまかったと感心しております。

ただ、昔は、「沿線ごとにファンが居る」関西のほうをうらやましく思っておりました。
(そういえば、日本ハムの本社は大阪でしたっけ?)

また野球シーズンとは・・・・・

こんばんは。
ぶしつけな意見として、ご覧くださいね。
昭和50年代までプロ野球大ファンの私です。
一軍、二軍の試合にも良く通い私設応援団にも加入する程、熱狂していました。
でも今はプロ野球は大嫌いです。
今年のオープン戦を観てもダラダラとした試合運び。
応援の楽器(特にトランペット)演奏も下手で耳障り興ざめます。
昔のようなスピード感、応援マナーの良さに戻らない限りプロ野球は衰退しますね。
元来、プロ野球好きの私も今では見限りました。

Re: また野球シーズンとは・・・・・

ごろんたさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

的外れなお返事になるかも知れませんが、
お許しください。

昭和50年代当時の「スピード感」や、「応援マナー」に関しては、
残念ながら私には分かりません。当時はスタンド観戦をしたことがありませんでした。

ただ、各種文献を読む限り、
「野球見物」という表現がまだ通用する時代だったようですね。
川崎球場なんかでは、コドモが外野席でキャッチボールして遊んだり・・。

そういった意味では、
最近のプロ野球の、試合観戦状況は、
あまり心地よくないものなのかもしれませんね。

ただ、私は今年も、C指定席で「応援半分、見物半分」を堪能したいと思います。

スピード感とマナーが良かったですよ。

こんばんは。
追記しますね。
私は、かつての南海フォークス大ファンでした。
南海フォークス全盛時代、大阪球場は当時、阪神甲子園球場よりも観客動員数が多かったのですよ。
特にダイナマイト打線の西鉄ライオンズ戦は超満員でした。
そして試合も投手もノーサインの人も多く、ピッチング間隔も早かったです。
応援は今のように、のべつなくダラダラと応援はしません。
一発逆転の緊張した場面では応援団はピッチャーがセットインすると球場内はシーンと静まり返り何とも言えない緊張感がありました。
ピッチャーは先発完投が当たり前。
途中降板はピッチャーのプライドが傷つくものでした。
従ってタイム少なく、いたずらに打者が打席を外したり、無意味な牽制球も皆無に等しかったのです。
ちなみに南海フォークスの応援には高島屋ブラスバンドが演奏していましたね。
グランド整備の時、ラッキーセブンの時にはマーチ演奏が楽しかったです。
下手なトランペットなど吹くと観客から取り上げられて当然でした。
今では夢のような話ですが、ダラダラとした試合は皆無で2時間半から3時間で試合終了していましたよ。
あの当時の野球は楽しかったなぁ~

Re: スピード感とマナーが良かったですよ。

ごろんたさん、コメントありがとうございます。

コメントを読ませていただいて感じたのですが、
是非、札幌ドームで観戦なさってください。
さすがに昭和50年代の趣はありませんが、
頂いたコメントと同じ感動を持っていただけると思います。
平成時代の札幌ドームの試合は、そんな感じです。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR