FC2ブログ

そういえば、「ディスコ」と言う言葉も・・。

メモ#0944:

ひと昔前、
カフェバー」ってのが流行りましたね。
まぁ、「ひと昔」といっても、それはあくまで私の感覚であって、
人によっては「大昔」だったり、「生まれる前」だったりする場合があるわけです。

それが流行った時、私は高校生でしたし、
また、ブームはあっという間に過ぎ去り、
大人になった頃は、「カフェバー」という言葉自体が、恥ずかしさを伴うほどになり、
結局私は、「カフェバー」なるものへ行ったことがないのです。

ここ数年、「バル」または「バール」などと自称する業態も見られますね。
やはり、行ったことはありません。
だって恥ずかしくて。この私が、「バルで小粋に」なんて。
昔の、「カフェバー」と似たようなものかな、と思っておりましたが、
明らかに、「料理が美味そう」なので、やはり別モノと考えて良さそうです。

さて一方で、
カフェ」という呼称は(そもそも、それこそ大昔からありますが)、
すっかり定着した感があります。
カフェ」または「カフェー」と聞くと、反射的に、
女給さん」とイメージしてしまう私は、レトロ趣味をこじらせすぎでしょうか。

耳慣れない、そして言いつけない名称の店に、
なかなか行けない私ですが、まぁ、カフェなら、行けます。
たまには、街歩きの途中に、
「カフェオレとクロワッサン」で一息つくのも良いでしょう。

ただ、あれです。
カフェ」と銘打っておきながら、
「生姜焼きランチとあんみつが人気!」などという店は、
それはあれですよね、「喫茶店」ですよね。




さて、マクラが長くなりました。
マクラが長い場合、本編がいつも以上にツマラナイ傾向がある私です。覚悟してください。

どうも私、
ボロネーゼ」という料理名がシックリきません。
あれは、「ミートソース」です。

以前、こんな記事も書いたほどです。 → こんな記事

ミートソースが食べたくて、気軽な雰囲気の喫茶店に入ると、
おやおや、ミートソースが無い!?
良くみると、「ボロネーゼ」と書いてあったりします。
もうなんか、
ボロネーゼください」と言うのが恥ずかしくて・・。
メニューを指差し、

「これ」。

という口下手なオーダーをしてしまうのです。

ボロネーゼ」と称する店の場合、
麺とソースを炒め合わせている場合が多いのですが、
それは私にとって、「炒め合わせミートソース」です。

イタリア料理専門店以外では、
ボロネーゼ」などという呼称は使わないで欲しいなぁ。と思う昨今です。

そんな私の昨日のお夜食は、
ボロネーゼ」でした。

「ボロネーゼじゃなくてミートソースだろ!」とツッこんでいただいた皆様、
有難うございます。でも、ボロネーゼなのです。
だって、パッケージにそう書いてあるんですもの。

ボロネーゼのパッケージ

まぎれも無く「ボロネーゼ」です。

ボロネーゼの完成品

粉チーズが付属しているのが嬉しいですね。
箱のウラの、「オススメの作り方」どおりに作りました。
味も、もちろん美味しかったです。

いやぁ、たまには、「ボロネーゼ」もいいもんです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

「カフェバー」か「バル」。
平成生まれの私にとっては、「バル」の方が馴染みやすい気がします。
「カフェバー」となると、昭和時代の残り香の様な感じがして…いや、個人的には好きなのですが、どうもレトロな感じは否めませんね。

ボロネーゼは此処数年で一気に広がった印象がありますね。
個人的には、カルボナーラやペスカトーレ、タリアテッレと同時にテレビ辺りが使い出した気がします。

ミートソースというとややトマト分が多く、ボロネーゼだとワインや牛肉が多い印象を受けます。

No title

イタリアンはよくわかりませんがおいしければそれでいいんです(笑)
ただでさえ横文字に弱くなってきた女王さまですしね(「女王さまも年ですね」とか言ったらお・し・お・き♥)
「バル」って「洋風居酒屋でしょ」なんて身もふたもない言い方をするとあれですかね、怒られますかね。
「カフェバー」は記憶にないのですが「ディスコ」は覚えてます。行ったことないんですけど。
黒服のボーイさんが入口に立ってるんですよね。ジュリ扇・ボディコン・ワンレンでしたね。お立ち台がありましたね。シャンデリアが落ちましたね。要するに超バブr(ry

昔勤めていた大阪空港地下に、安くてボリューム満点・セルフサービスの「官庁食堂」というのがありました。
その入口で食券を売ってるおねーさんの制服が、なぜか「濃紺のワンピースに白いフリルのエプロン、頭には白いフリルのついたカチューシャ」というものだったんですよ。
メイド喫茶をレトロにした感じでしたが、何であんな制服だったのか今思い返してもさっぱりわかりません(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

KZ-1 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 「カフェバー」か「バル」。
> 平成生まれの私にとっては、「バル」の方が馴染みやすい気がします。
> 「カフェバー」となると、昭和時代の残り香の様な感じがして…いや、個人的には好きなのですが、どうもレトロな感じは否めませんね。

私同様、レトロ趣味をこじらせた感のあるKZ-1 さんのことですから、
どうでしょう、「ミルクホール」なんて。

> ボロネーゼは此処数年で一気に広がった印象がありますね。
> 個人的には、カルボナーラやペスカトーレ、タリアテッレと同時にテレビ辺りが使い出した気がします。

たしかに。

ただ私の蔵書には、すでに昭和30年代後半から40年代にかけて、それらの記述が見られます。
それに関しての記事はいずれ。

> ミートソースというとややトマト分が多く、ボロネーゼだとワインや牛肉が多い印象を受けます。

あと、私の印象では、
「ミートソース」は赤く、「ボロネーゼ」は、やや黒っぽいという・・。
まあ、お店次第なんですが。

女王さま へ。

こんばんは。ご機嫌麗しゅう。

> イタリアンはよくわかりませんがおいしければそれでいいんです(笑)
> ただでさえ横文字に弱くなってきた女王さまですしね(「女王さまも年ですね」とか言ったらお・し・お・き♥)

年ですね。あ、お仕置きをして欲しいわけではありません。

> 「バル」って「洋風居酒屋でしょ」なんて身もふたもない言い方をするとあれですかね、怒られますかね。

「洋風居酒屋」・・・。たしかに、私には、そうとしか思えません。

> 「カフェバー」は記憶にないのですが「ディスコ」は覚えてます。行ったことないんですけど。
> 黒服のボーイさんが入口に立ってるんですよね。ジュリ扇・ボディコン・ワンレンでしたね。お立ち台がありましたね。シャンデリアが落ちましたね。要するに超バブr(ry

その時代(ジュリアナ等)よりさらに10年以上前から、
流行っていたようです。もちろん行ったことはありません。
そのころは、「サタデーナイトフィーバー!」の時代でした。

> 昔勤めていた大阪空港地下に、安くてボリューム満点・セルフサービスの「官庁食堂」というのがありました。

ステキな響きですね。あ、そういう意味ではありません。

> その入口で食券を売ってるおねーさんの制服が、なぜか「濃紺のワンピースに白いフリルのエプロン、頭には白いフリルのついたカチューシャ」というものだったんですよ。
> メイド喫茶をレトロにした感じでしたが、何であんな制服だったのか今思い返してもさっぱりわかりません(笑)

まさに私がイメージする、「カフェーの女給さん」という服装ですね。
官庁だけに、「踏襲・踏襲」を続けてきたのでしょう。
今も続いていれば、逆に人気が出たかもしれないですね。

鍵コメ さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

後ほど改めてご連絡いたします。

No title

こんばんは~。
らざーろさんのところにお邪魔すると、
ほんっとにいつも笑わせて頂いてますe-343
今回は夜中なので、思いっきり笑えませんでしたけど・・・e-330

私も以前はミートソース派でしたが、ボロネーゼを一度食べると
ボロネーゼにはまってしまいました。
美味しいですよね~e-446
また是非食べて下さいね。

No title

上手にこんもり盛り付けすぎじゃないですか?
中に芯でも入ってるんですかねっていう位。。。
いや、私が盛り付けると脱力系になってしまうもので。。

あれ?カフェバー、恥ずかしいですか?
カフェレストランと並んで、普通に使えると思うんですけど。
うーむ。。結構、オシャレなイメージだけどなぁ。。
バルはちょっとやりすぎ感を感じます。
そんな私は、30代前半。

ニコナッツ さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 私も以前はミートソース派でしたが、ボロネーゼを一度食べると
> ボロネーゼにはまってしまいました。
> 美味しいですよね~e-446
> また是非食べて下さいね。

このレトルトは、たしかに美味いですね。
あと、「青の洞窟シリーズ」にも興味があります。
特売の時に、狙ってみましょう。

さやすけ☆ さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 上手にこんもり盛り付けすぎじゃないですか?
> 中に芯でも入ってるんですかねっていう位。。。
> いや、私が盛り付けると脱力系になってしまうもので。。

普段より小さいお皿に盛り付けちゃったものですから、
こうするほか無かったのです。
「ミートソース」の場合は、私も脱力系に盛り付けます。

> あれ?カフェバー、恥ずかしいですか?

私の世代にとっては、恥ずかしいです。

> カフェレストランと並んで、普通に使えると思うんですけど。
> うーむ。。結構、オシャレなイメージだけどなぁ。。

「一週廻って」、今はまた、オシャレイメージが復活したのでしょうか。
そのあたりに関しては、極めて疎い私なのです。

> バルはちょっとやりすぎ感を感じます。

ですよね、ですよね。
サシミと串焼きがウリなのに、「バル」なんて。

> そんな私は、30代前半。

ああー。どうりで。
干支が一周以上してますもん。

No title

おはようございます。


「カフェバー」。
懐かしい言葉です。
全く忘れていました。そんな頃もありました。
「トレンディドラマ」全盛の頃でしょうか?
心だけ昭和末期に戻るようです。

「ボロネーゼ」もアレですが、ファミリーレストランで「ピッツァ」と書いてあると、
なんだか注文するのが恥ずかしくなります。
「ピザ」でいいじゃないか?ファミレスなんだし。。。
と思う私はいつまでも昭和なのかもしれません。

愚夫愚父 さんへ。

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 「カフェバー」。
> 懐かしい言葉です。
> 全く忘れていました。そんな頃もありました。
> 「トレンディドラマ」全盛の頃でしょうか?
> 心だけ昭和末期に戻るようです。

やはり我々世代にとっては、懐かしさを思い起こさせる言葉ですよね。
最近、復活の兆しがあるようですが、
では復活したら行きたいか?と問われるとそうでもなく、私は居酒屋のほうが良いです。

> 「ボロネーゼ」もアレですが、ファミリーレストランで「ピッツァ」と書いてあると、
> なんだか注文するのが恥ずかしくなります。
> 「ピザ」でいいじゃないか?ファミレスなんだし。。。
> と思う私はいつまでも昭和なのかもしれません。

おっしゃるとおりです。
「ピッツァ」なんて、発音しにくいし、あとですね、変換もしにくいです(笑)。
プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR