小樽で、「メン」を食べる。

メモ#1295:

さて先日、デイゲーム応援よりも、お出かけを優先することを宣言し、
久しぶりの小樽を満喫した私ですが、今回、またしても、小樽へ。

じつはちょっとした用事があったのですが、
用事を無事終えたあとは、観光です。

都通りを歩きます。
その昔、映画館であった、電気館ビルは健在です。

洋品店は繁盛

洋品店、「ギンザ」は頑張っているようですね。
なにしろ、「ミシン大売出し」との幟を立てるぐらいですから、
メインは地元のお客さんでしょう。

薬屋さんは?

同じビルの、おや、
「くすりのスズラン」は、シャッターが。

そして、温度計に注目すると・・・。

2度

「只今の気温 2度

この日は4月12日、水曜日だったのですが、とにかく寒い日でした。
この二日後には、最高気温が17度ですから、カラダが付いていけません。

さてこうなると、温かいものが食べたいですね。
ラーメンとか、この気温なら『鍋焼きうどん』なんかもステキです。

しかし、ここは小樽。

けいえん

この店に入りましょう。

メニュー01

メニューA面。
一般的な、「ラーメン屋」メニューです。

メニュー02

メニューB面。
一気に大衆食堂っぽくなります。
いつかは、「中華食堂のオムライス」をお願いしてみたいですね。

このお店がある、「都通り」は、
観光客が殺到する、「運河」や、「堺町通り」とは、
ちょっと離れたところにあるのです。
しかしこのお店、地元民と観光客、両方を上手く取り込んで、
見事に繁盛している様子です。

あくまで個人的な見解ですが、
客層としては、平日ですと、地元7割、観光3割って感じです。

そして観光客も、海外からではなく、
たとえば札幌などからの、「準地元」(私などもこのカテゴリーに入ります)、
もしくは、小樽観光が何度目かになる、「観光ヴェテラン」が、
主な客層ではないかと。

ひょいと戸をあけて、
いかにも、いつもそうしているように、カウンターの一番右に席を取る、
近所でお店をやっているであろう旦那さんが入ってきました。

「親子丼。」

うーむ。きっといつも、親子丼を頼んでいるに違いない。
ああ、きっと、お金が入った日はカツ丼なんだろうな。
あくまで個人の妄想ですけど。

オムライスやカツカレーもある、個性的なメニューから、
悩みつつ(実際は一秒も悩んでませんが)、私がオーダーしたのは・・。

けいえんあんかけ

そうです。あんかけ焼きそばです。

ああ。
なんとも美味い。
麺の焼き加減が絶妙です。

おそらくこのお店では、
お客の大多数が、「あんかけ焼きそば」を食するのであろうと、
私は確信しました。

だって、私の後客・女子2名、さらに後客・男子2名、
いずれも、「あんかけ焼きそば二つ」とオーダーしたのですが、
それを厨房に、

「メン2丁!」

で通すのです。

メンなら他にもイッパイあるのですが、
あんかけ焼きそばを、「メン」と。

今度行ったら、「メン一丁!」とオーダーしてみたい。
『何のメンでしょうか?』
とか言われたら恥ずかしいけど。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

優先順位を変更した私。

メモ#1294:

先日予告したとおり、3月31日から、らざーろ地方では春になりました。

これから秋にかけて、
野球の結果に一喜一憂し、
食欲、ひいては体調までも左右されてしまうのが、
例年の私でした。

これでは、いけません。
今年は、以下に掲げる重要な事実を、
肝に銘じて生活すると決めたのです。

すなわち、

1 「私が一生懸命、念力を送ろうと送るまいと、負けるときは負ける。」
2 「テレビ中継がSTVであろうとHBCであろうと、負けるときは負ける。」
3 「縁起の良いお夜食を作っても、負けるときは負ける。」

果たしてここまで、その事実どおりになったわけですが、
とにかく、春先は平日のデイゲームなどもあり、
テレビに張り付いているとお出かけが出来なくなるのです。
第一、張り付いてても負けるときは負けるのですから。

そんなわけで先の日曜日は、テレビ観戦よりもレジャーを優先しました。

母が、久しぶりに温泉へ行きたいとおっしゃいますので、
「朝里川温泉」へ。

「かんぽの宿」は、いつもすいているので(大丈夫かな?)、快適です。
その後は、ちょっとだけ市内へ。

あ。私の母校。

色内小学校

そのまま車を北へ進め、いつもの場所へ。

シュクヅ

運がよければ、ここから、『トドのダイビング』を「ただ観」出来るのですが、
ちょっと時間が遅かったようです。

といいますか、次回あたりはひとつ、
「小樽水族館見学」というオプションも入れてみたいですね。
たぶん、最後の訪問から20年以上は経っているはずです。
お食事も、あの「ニュー三幸」が入っているそうですから、楽しめそうです。

morisoba.jpg

閉店間際、銭函の蕎麦屋へ滑り込みます。
市内中心部に、有名店舗がいくつもありますが、
私はここの佇まい、味、かなり上位に評価してます。

試合ですか?負けましたとも。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

よろしいですか?明日から春ですよ。

メモ#1293:

今(3月30日夜)、外では雪が降っております。

でも、べったべたの雪ですしね。明日の日中には融けてしまうでしょう。
そうです。春です。いよいよ春です。

北海道以外にお住まいの方々が、
今日あたり札幌に来たならば、
「なんだ冬じゃん。」
とかお思いになるかもしれませんが、
地元に暮らす私たちの感覚としては、もう、ほぼ、春です。

この雪のせいで、イマイチ春っぽさに水を差されてしまいましたが、
「雪割り」はもう完了していますし、
私の部屋でもすでにストーブは稼動させていませんし。

では、キリがよいので、4月1日から、
「春」とさせていただきます。
あ、いや。
明日からプロ野球開幕ですね。
では、3月31日から、「春」ということで。

と、言うわけで、本日が、
「冬、最後の日」なのですが、なんだか、忘れ物をしたような気が・・・。

そうそう!
ハクチョウを観るのを忘れてました。

2017ハクチョウ

と、言うわけで車を走らせました。
今回は、なんと札幌市内でも、『ハクチョウの羽休めの場所』があると聞きましたので、
そちらへ。
なんか、白いモノがぽつぽつと見えます。

アップにしてみましょう。

2017ハクチョウアップ

居た居た。ハクチョウです。
観察をしていると、この近くに住んでいるというご婦人が通りがかりました。
お話を伺うと、「毎年見ているけど、今年は少ない」とのことでした。

近くで見ることはできませんでしたが、
なんとか、ハクチョウを見ることができて満足です。




ハクチョウとは何の関係もありませんが、
この日のお夜食は、久々の、
『納豆スパゲッティ』です。

2017納豆スパ

納豆も一緒にフライパンであわせるヤツも好きなんですが、
今回は炒めたスパゲッティに、納豆を乗せるヤツです。
なんとなく、納豆に火を通さないほうが、
「お腹に効きそう」な気がします。


関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

そういえば海苔も忘れた。

メモ#1292:

みなさん。
まさか忘れてないでしょうね。

私?
私は忘れてましたよ。
今年はカツ丼生誕104周年です。

104年カツ丼

そういえば、
一時期にがぁーっと燃え、
すぐに火が消えるのが私の悪いクセです。

何年か前(それさえも忘れました)、自作ピザに燃えたのですが、
その後、何事もなかったかのように・・。

でも、カツ丼は定期的に食べていたのです。
アップしていなかっただけで。
だって、美味いですしね。

せっせと100周年を祝っていたころは、
どうしても、「見た目」なども考えたりして、
やや厚めのカツを使うことが多かったのですが、
普段は、薄いカツを使います。

「ガブリ」というよりは、「しゃくっ」という食感のカツは、
充分に汁を吸い、それだけでオツマミの役割を果たします。

カツが薄い場合は卵を多めにし、
汁ダクのご飯と供に味わいます。

もう、カツ丼なんだか卵丼なんだかわかりません。
感覚的には、ちょっとお手軽な食堂風。

もしもカツ丼に、「並」と「上」を揃えている店であれば、
これぞまさに、「並カツ丼」。

100周年のころは、必ずといっていいほど、
「梅干」を添えてましたが、今回は無しです。並ですから。

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

私も一度、「ファミレス飲み」をしてみたい。

メモ#1291:

こんにちは!トラックバックテーマ担当の梅宮です今日のテーマは「醸造酒派蒸留酒派」です皆さんはお酒には醸造酒と蒸留酒があるのをご存じでしょうか醸造酒とは、原料を酵母によって発酵させたお酒で、ビール日本酒ワインなど、蒸留酒とは、醸造酒をさらに蒸留して造った、ウイスキー焼酎ジンなどだそうです。そんなの関係ねぇという声が聞こえてきそうですが、梅宮は蒸留酒は美味しくいただけますが、醸造酒を呑むと具合が悪くな...
FC2 トラックバックテーマ:「醸造酒派?蒸留酒派?」



「じょうぞうしゅはかじょうりゅうしゅはか?」

早口言葉のようですね、梅宮さん。

どちらかというと醸造酒派です。
主にビール(および、ビールっぽい何か)です。
私は、食べ物無しの、いわゆる空酒は苦手派でして、
料理に合うのはやはり醸造酒ではないかと思うのです。

では蒸留酒は飲まないかというと、結構飲むのです。
スナックなどへ行ったときは、ウィスキーか、甲類焼酎の水割りを嗜みます。
味?味なんかわかりません。
なにせ、歌うとのどが渇くじゃないですか。あとホラ、
美声を保つためには、のどをすっきりさせたいじゃないですか。

そんなときはビールではなくて、薄めの水割りでなければなりません。
正直言いますと、カラオケスナックでビールを頼むと、エライ高いというのも理由のひとつですが。

ちなみに、ビール以外で好きな醸造酒は何か問われれば、
ワインなども好きですが、もっぱら安いヤツしか飲みません。
フルボトルで500円台とかのが良いですね。
ミートソースなどを作るとき、お鍋にドボドボと注ぐのですが、
その際ちょっと、飲みます。ですから、基本的には、ワインは「赤」です。

そもそも高いワインなど飲まないのですが、
何度かいただいた時、有り難さがサッパリわかりませんでした。
ついでに言うと、よく、「白は冷やして・赤は常温で」と聞きますが、
私は、赤でも冷やしたほうが美味いと思います。皆さんはいかがでしょうか。

そういえばワインで思い出しましたが、
麻生にある「サイゼリヤ」は、夕方になると、奥様方と学生さんたちで大賑わいなのですが、
そんな中、「エスカルゴ」と「ステーキ」を肴に、
悠々とデカンタのワインを楽しんでいる青年がいたなぁ。

私はいつも車で移動するので、
サイゼでワインは未経験なんですが、母によると、
「あそこの白は美味いわよ。」とのことでした。
今度、グラタンのお供に飲んでみたい。確信できるのです。
「私にもわかる味」であろうことを。




ぱるまふう

おまけ画像は「パルマ風スパゲッティ」です。
ワインと一緒でもワンコイン。
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

らざーろ

Author:らざーろ
コメント、リンクはお気軽に。
あ、言い忘れてましたが、
「リンクを貼って欲しい方」もお気軽に。
拍手を喜ぶ傾向があります。
あと、過去記事へのコメントも大歓迎です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR